So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

このリモコン凄いな [白物家電]

スポンサードリンク




随分前のニュースなのだが、最近知り、素晴らしいと思ったのでご紹介。

エコリモコン_588x.jpg

ASCII.jp:電池も配線も不要な“環境発電”のウォッシュレット・リモコン

「電池不要なエコリモコンの実用化」で第26回「電波功績賞」電波産業会会長賞を受賞 2015年06月17日 : ニュースリリース : TOTO

TOTOが、ウォシュレット用の「電池不要なエコリモコンの実用化」で、一般社団法人電波産業会主催の第26回「電波功績賞」電波産業会会長賞を受賞した、という3年前の報道だ。

「電波功績賞」は、電波の有効かつ適正な利用に特別の功績を挙げた個人又は団体を毎年表彰するもの。

TOTOの「エコリモコン」は、ボタンを押す力を利用して自ら発電し、通信に必要な電力を全てまかなうことで、電源工事や電池交換を不要としたという。

そのため、機械式のストロークのある鍵盤型ボタンを採用し、このボタンを押すと、押す動きを回転運動に変換して、発電機を回転させる。

そんなもんで、赤外線信号を安定して出せるものかな?と思ったらもう一工夫あった。

洗浄便座との通信には、赤外線通信ではなく、消費電力量が少ない電波通信技術(2.4GHz、IEEE802.15.4)を使用し、ボタンを動かすことで発生できる微弱な電力でも、十分安定した通信が行えるようにしたそうだ。
なるほど、だから「電波功績賞」な訳だ。

「エコリモコン」は、「ウォシュレット1PS」(2014年10月発売)で、製品化され、現在も、アプリコットP AP2A・AP2、PS2A・PS2・PS2An・PS2nシリーズで採用されている。

電池切れを気にしなくてもいいし、素晴らしくスマートなアイデアの商品だと思う。

難点としては、リモコンの構造自体が複雑になり、通信用LSIも特殊なので、通常の赤外線リモコンに比べてかなりコストが高くなってしまうことで、今のところ高級機にしか使えないようだが、TOTO内でも採用製品はかなり増えているので、今後はもっと広がることが期待できそう。

さらには、トイレ以外にも応用が利きそうな技術なので、是非とも他の家電メーカーなどでも採用する製品がもっと増えて欲しいな。

関連記事:
トイレ操作パネルの絵記号がようやく統一だって:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TOTO ウォシュレットPS エコリモコン PS2An オート便器洗浄タイプ フ...
価格:104139円(税込、送料無料) (2018/4/15時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2018年4月発売予定 TOTO ウォシュレット 【TCF5533AD】セット品...
価格:95484円(税込、送料無料) (2018/4/15時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。