So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ワークマンの雨具がコスパ最高らしい [ショッピング]

スポンサードリンク




160831_1.jpg

奥さんが、テレビか何かで、ワークマンというブルーカラーの作業服の専門店のレインウェアや雨靴が、安くて性能もいいという話を知ったそうで、週末の食品の買い出しの帰り、車で近所にあるワークマンに行ってみた。

1431ma01.jpg

ワークマンのレインウェアが超使える!おすすめモデル7選【口コミも】|YAMA HACK

ワークマンの透湿レインウェア購入顛末記、そして数度の雨ロケインプレ | 釣りの総合ニュースサイト「LureNewsR(ルアーニュース アール)」

まず、防水のレインウェアは一番安いものなら1,900円からで、しかも、膝やひじ、おしり部分の補強もあり、丈夫で動きやすくなっているのだそうだ。
さらに、ここから少しお金を出せば、防水でありながら、蒸れない透湿性能を持つものや、豪雨でも大丈夫な耐水圧10000mmのものなど、様々な製品が販売されている。

サイズも、女性向けのものも豊富に用意されている。
ただ、女性から見れば、黒などの地味な色が多く、デザイン性は高くないのが難点みたいだが、実用性だけ求めるなら、コストパフォーマンスは抜群みたいだ。

ただ、今回は、奥さんは、現在使っているレインウェアに問題がある訳ではないので、現物を確認するだけで、購入はパス。

36co02.jpg

CB200 厨房シューズ コックシューズ | 水回りで滑りにくい衛生・食品用靴 | ワークマン 公式オンラインストア

今回、購入しに来たのは、雨靴にも使えるこちらの靴。

現在、奥さんが現在使っている長靴が、あまりにサイズぎりぎりらしく、履くのも脱ぐのも他人に手伝ってもらわないと難しいぐらいなのだ。
なので、もうちょっと楽に履ける雨用の靴が欲しかったところに、テレビ番組で、ワークマンにちょうどいい靴があることを知り、買いに来たらしい。

購入した靴は、テレビ番組で紹介されていたという「厨房シューズ コックシューズ」(CB200)というもので、厨房などでコックが履くための靴として作られたものらしいのだが、水に強いだけでなく、油でも滑らない靴底になっているらしい。
もちろん、4cm深さまでの防水対応だそうなので、雨の中でも大丈夫。
実際に履いてみたが、23.5cmが奥さんにピッタリで、気に入った模様。
色は黒と白しか選べず、デザインも地味だが、価格は、たった1,900円という安さだ。

IMG_20180301_083213.jpg

もう一つ、980円で防水の女性用ショートレインブーツがあったので、こちらも購入。S660という型番が書かれているが、ネットで検索しても出てこないし、値段も安いので、おそらく在庫処分品なのかも。
こちらは、ワークマンにしては女性向けに多少デザインを工夫した雰囲気があるな。

仕事場との往復は、今後、雨の日は、浸水でもしていない限り、これらを履いていくそうだ。

関連記事:
ユニクロが、激安のセミオーダージャケットを発売:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CB200 厨房シューズ
価格:1900円(税込、送料別) (2018/3/12時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。