So-net無料ブログ作成

激安BluetoothイヤホンFiracore「Wireless Sports Headphone」 [ポータブルオーディオ]

スポンサードリンク




IMG_20180203_085718.jpg

Firacoreの「Wireless Sports Headphone」を購入:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

Amazonで購入したBluetoothイヤホン、Firacore「Wireless Sports Headphone」が届いた。

IMG_20180203_090203.jpg

立派な箱を開けると、立派なイヤホンケースが入っており、

IMG_20180203_090136.jpg

中には、イヤホン本体以外に、イヤーパッド、イヤーフックなどのサイズ違いの交換パーツやmicroUSB充電ケーブルが入っている。それ以外には、簡単な英語のマニュアルがついている。

ただし、Firacoreは、日本で公式販売しており、1年間の無料保証も付くらしい。

イヤホン本体は、「SoundPEATS Q12」に比べると大ぶりで、重い。
それを反映してか、耳に巻きつけるようにして、イヤーフックを耳に巻きつけるようにして固定する方式。
きちんと装着すれば、ズレることはないが、そこがいい加減だと、だんだん重さでズレてくる。

メーカーロゴの大きな電源ボタンを長押しすれば、ペアリングモードになり、スマホ側からペアリング操作をすればOK。特に難しい点はない。

さて、肝心の音質だが、低音は50Hzぐらいまではしっかり出ており、しかも芯がある低音で悪くない。ところが、高音が、おそらく10KHz以上の音が出ていない感じで、嫌な音は出ないのだが、打楽器系の繊細さが出ない。
【追記】Firacore「Wireless Sports Headphone」は、コーデックとしてSBCのみサポートし、高音質なapt-Xはサポートしていないそうだ。道理で、高音がイマイチな訳だ。

さすがに「SoundPEATS Q12」とは、価格だけの違いはあるようだ。

もっとも、タイムセールで1,699円で購入したBluetoothイヤホンであることを考えれば、文句は言えない。
ロック、ポップスを聴く程度なら、それほど気にはならないし、私のように、メインではラジオの録音を聞くのには十分な音質だ。

一方、「SoundPEATS Q12」に比べて、バッテリーの持ちは明らかにいい。
丸一日の出張で持ち歩いたが、帰宅時までバッテリーは切れることがなかった。
本体が重い分、大きめのバッテリーが搭載されているのだろう。

電波の掴みは、若干「SoundPEATS Q12」より弱い気もするが、大きな差ではないだろう。

とはいえ、ラジオ番組を聞くには十分な音質なので、普段、ラジオ番組を聞くのには、バッテリー長持ちのFiracore「Wireless Sports Headphone」を常用し、そのバッテリーが切れたら、サブとして「SoundPEATS Q12」を使うというのがよさそうだ。

あるいは、ガッツリ音楽を聴きたいときは、音がいい「SoundPEATS Q12」を使うことになるだろう。

関連記事:
Firacoreの「Wireless Sports Headphone」を購入:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。