So-net無料ブログ作成

coviaのi-dio Phoneが税込6,980円に値下がり [スマートフォン]

スポンサードリンク




V-LOW周波数帯域で放送されているデジタルマルチメディア放送「i-dio」のチューナーを内蔵し、単体でi-dioが聴ける唯一のスマホであるcoviaのi-dio Phone(CP-VL5A)だが、i-doo受信機としては動作不安定で、動作も重いと、評判がよくないまま、ほとんど見かけなくなったのだが、

00000003279212_A01.jpg

ワンセグ搭載の5型SIMフリースマホ「i-dio Phone」が税込6,980円!しかも未使用 (取材中に見つけた○○なもの) - AKIBA PC Hotline!

先週末、秋葉原の白ロムを多数扱うお店「イオシス」に、未使用のi-dio Phoneが大量に入荷し、価格も税込6,980円という安い値段で販売されているそうだ。

Android5.1(Lollipop)搭載SIMフリースマートフォン i-dio Phone | covia

主なスペックを見ていくと

・筐体サイズ:143x71.5x10.6mm、重量:158g
・バッテリー容量:3000mAh(交換可能、急速充電対応)
・ディスプレイ:5型HD(720×1280ピクセル)IPS液晶
・OS:Android 5.1
・SoC:Qualcomm「Snapdragon 410(MSM8916)」、4コアCPU(1.2GHz)
・RAM:2GB
・内蔵ストレージ:16GB
・カメラ:メイン800万画素、フロント200万画素
・通信機能:4G LTEのBand 1/3/19/21(2.1GHz/1.8GHz/800MHz/1.5GHz)、3GのBand 1/6(2.1GHz/800MHz)に対応
・microSIMカードスロット(SIMロックフリー)
・microSDカード(Max 32GB)
・FMラジオ内蔵(ワイドFM対応、イヤホンアンテナ)
・ワンセグチューナー内蔵(伸縮式アンテナ利用)
・i-dioチューナー内蔵(伸縮式アンテナ利用)
・DAC:ハイレゾ再生可能 USB-DACが外付け可能なだけでした
・内蔵センサー:A-GPS、加速度センサー、輝度センサー、磁気センサー、近接センサー

といったところ。
基本性能的には、SIMフリースマホとしては2万円台ぐらいで売られているローエンドからミッドレンジクラスか。
SoCもRAM容量も並みだし、ディスプレイ解像度もHDで低め。
OSも、Android 5.1で、既に古くなりつつあるので、あと2年使えるかどうか。

その中では、バッテリー容量は3,000mAhと大きめで、交換も可能なのはメリット大。
通信機能は、ドコモ系のSIMカードを使うなら全く問題なし。
i-dio Phoneというだけあって、DACがハイレゾ対応だったり、i-dio以外にもFMラジオやワンセグ放送が受信でき、オーディオ機能には力が入っている。

このスペックで、未使用品が6,980円なら安いと思う。

おもちゃとして買ってみてもいいし、奥さんがガラケーからスマホに切り替えたいと言っているので、それ用に買ってもいいかも。

今のところ、ネットで探すと送料分高いので、秋葉原付近に仕事で行ったとき、現物を見た上で、よければ買って帰るかな。

関連記事:
i-dio Wi-Fiチューナーが届いた:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Covia SIMフリー スマートフォン ワンセグ対応 i-dio Phone ...
価格:6980円(税込、送料別) (2017/12/19時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。