So-net無料ブログ作成

「YotaPhone 3」が発表された [スマートフォン]

スポンサードリンク




「YotaPhone 2」をようやくMarshmallowに更新完了(2):トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

サブに使っているスマホ「YotaPhone 2」をAndroid 6.0にアップグレードしたことを書いたばかりだが、以前から噂がありティザー広告も公開されていた後継機種「YotaPhone 3」が、2017年8月26日に、ロシアのYota社から正式発表されたようだ。

00.jpg

ディスプレイサイズが、表面のOLEDがフルHDで5.5インチ、裏面のE-inkが5.2インチと、OLEDが、5インチ、E-inkが4.7インチだった「YotaPhone 2」より一回り大きくなっており、本体サイズ、重量は未公開だが、おそらく「YotaPhone 2」よりデカく、重くなっている可能性は高い。

「YotaPhone 2」でも、私には、サイズが我慢できる限界ぎりぎりだったので、「YotaPhone 3」はさすがに大き過ぎると感じるかもしれない。

新しい点は、OLEDの下に、指紋センサーを内蔵したホームボタンが配置されたこと。

CPUは、QualcommのSnapdragon 625オクタコア、RAMは4GBのミッドレンジ仕様だが、「YotaPhone 2」よりは明確に高速化されているはず。
内蔵ストレージは、64GBモデルと128GBモデルの2つあるが、いずれもmicroSDカードスロットがなく、後から容量拡張ができないのは痛い点かもしれないだ。

カメラは背面1300万画素、前面1200万画素と、最近の自撮りブームに配慮して、インカメラも解像度は高い。

バッテリー容量は3,300mAhで比較的大容量だが、交換は不可。

外部インターフェイスはUSB Type-Cとなった。

OSはAndroid 7.1.1 NougatベースのYotaOS 3.0が動作するとのこと。

「YotaPhone 2」までは、Andorid OSそのものが乗っている旨書かれていたが、今回、別の「YotaOS 3.0」という名称を使っているのは、Nougatで認証プロセスが変更され、E-inkをサポートすることが弊害になり、Nougatの認証に通らなかったのかもしれない。
もしそうなら、GooglePlayがインストールできない筈だが、その点、どうなっているのかが気になるな。

「YotaPhone 3」はJD.comというサイトで、9月5日より予約注文の受付が開始される予定だそうで、128GBモデルの価格は27,900ルーブル(約5.21万円)、64GBモデルが21,500ルーブル(約4.01万円)。

現時点では、結構高いし、またされた割に新しい魅力に乏しいので、すぐに買う予定はないが、「YotaPhone 2」を使っていて、E-inkの時計表示などが、スマホの電源を入れなくても表示し続けられるのが、とても便利だと思っているので、「YotaPhone 2」の寿命が尽きた頃、「YotaPhone 3」の値段が下がっていたら、買うかもしれない。

関連記事:
「YotaPhone 2」をようやくMarshmallowに更新完了(2):トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。