So-net無料ブログ作成

3Dプリンタは個人に普及するか? [工具]

スポンサードリンク




IDC Japan 国内3Dプリンティング市場予測:3Dプリンタ市場は「終わった」のか? (1/2) - TechFactory

順調に伸びてきた3Dプリンタ市場が、ここ3年、出荷台数では減少傾向に転じているという。

特に、個人向けも含むデスクトップ3Dプリンタの市場の減少が激しいようで、現状の3Dプリンタが、パーソナル市場で簡単に受け入れられるほど成熟した製品になっていないことが明らかになりつつある。

一時のブームみたいなものが過ぎ去り、アーリアダプタ層が購入してしまったら、なかなかそこから市場は広がらないのは、仕方ないところだろう。

プロフェッショナル3Dプリンタの市場については少々事情が異なり、それまで順調に伸びていた市場だけに、ここ3年売れていないのは、それ以前のブームで企業の導入が急増した反動だろう。
そもそも、3Dプリンタは量産に向いていないから、企業でのニーズはほとんどプロトタイピング。なので、そもそもそんなに大量に売れる訳がないのだが、それを上回る売れ方をしたのが異常だったのだ。

2016年国内の3Dプリンタ出荷台数は減少、造形受託や造形材料の市場は成長傾向 (1/2) - MONOist(モノイスト)

一方で、面白いのは、3Dプリンタの出荷が伸び悩む一方で、3Dプリンタを利用したサービスの市場は順調に拡大していること。
プロフェッショナルなニーズだけでなく、個人向けにアクセサリや、フィギアを制作したりという個人向けのサービスも広がっている。
3Dプリンタの出荷台数は減っているのに、それを利用したサービスは順調ということは、ある意味、3Dプリンタの投資効率の良さを表しているとも言える。
何に使うかよく分からず騒いでいた3Dプリンタブームは去ったかもしれないが、3Dプリンタ自体は、地道にこれからも利用が広がるのは間違いなさそうだ。

一方で、個人向けの3Dに挑戦し続けるメーカーもまだあるようだ。

3dp.png

税別約3万円の低価格3Dプリンタ「BS CUBE」 - PC Watch

ボンサイラボという初耳の会社が、3Dプリンタ「BS CUBE」を、発売するという。
TSUKUMOおよびAmazon.co.jpにて予約販売するそうで、税別価格は34,900円だが、9月30日までの期間限定で税別29,800円にて販売するというから激安だ。

ボンサイラボ社は、日本における3Dプリンタの普及促進をグローバル戦略の一環とし、中国広東省広州市に開発/生産/販売/サポート拠点の現地法人を設立して「BSシリーズ」の展開を予定しており、本製品はその第1弾だそうだが、グローバル戦略を取るなら、なぜまず日本での普及が大事なのかが、論理が飛び過ぎていて分かりにくい。

スペックを見ていくと、造形サイズは110×110×125mm(幅×奥行き×高さ)と小さめだが、サイズも210×195×279mm(同)で、重量は2.8kgと軽量コンパクト。
これなら、本棚やリビングボードの上にも余裕で置けるだろう。

対応フィラメントはPLAフィラメント1.75mmで、積層ピッチは0.1~0.4mm(推奨0.2mm)。フィラメントがPLAのみなのはこの価格なら仕方ないが、積層ピッチが推奨0.2mmというのはやや粗めかも。
あまり、曲線の多い形状や、高精度を必要とする部品のレンダリングには向かないかもしれない。

また、保証期間は半年と短い。短さの問題もあるが、それより、日本でのサポート体制が、センドバックなのか持ち込みなのか、そのあたりも含めて、明らかにしてもらわないと、買うのは怖いな。

推奨フィラメント(250g、全9色)も、本体と同日より予約受付を開始し、税別価格は1,280円だそうだ。「推奨」というからには、同じ1.75mmのフィラメントであれば、他社のものも使えるということだと思う。

従来の3Dプリンタに比べてコストパフォーマンスは高いとは思うが、果たして、値段を下げたからといって、これがコンシューマ向けに大量に売れるかというと、難しいだろうな。

そもそも、現在のコンシューマ向け3Dプリンタというのは、紙のプリンタで例えれば、モノクロ印刷しかできず、用紙は1枚1枚手差しで、インクリボンは、プリントしたい色をいちいち印刷前にセットする必要がある。
それどころか、給紙機構に問題があり、その1枚の用紙を、きちんと垂直にセットしないとジャムるし、ヘッド周りも手でマメにクリーニングしないと詰まってしまい、プリントできなくなる。

そんな程度の完成度だ。それじゃ、まだまだ一般に普及するはずないよね。

関連記事:
フルカラー3Dプリンタ「RoVa4D」:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボンサイラボ BS CUBE PLA3Dプリンター クリアブルー
価格:32184円(税込、送料無料) (2017/8/5時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】XYZプリンティングジャパン 3FM1WXJP00B ダヴィンチ M...
価格:35800円(税込、送料無料) (2017/8/5時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。