So-net無料ブログ作成

256GBのmicroSDXCカードを購入 [ポータブルオーディオ]

スポンサードリンク




ポータブル音楽プレーヤーやら、スマホやら、タブレットやらで、microSDXCカードが使える機器が、自分の手元にも増えてきた。

ただ、現状は、こうした製品は、製品の発売時に発売されていた容量のメモリカードに対してのみ、動作を保証するのが通例で、それ以降に発売された大容量のメモリカードについては、動作を保証しないのが普通だ。

そのため、基本的には、例えば64GBなり128GBまでのmicroSDXCカードが読み書き可能と書かれた機器が、256GBのmicroSDXCカードの読み書きができるかどうかは、保証外となる。

ただ、基本的には、microSDXCカードが読み書きできるのであれば、exFATのファイルシステムを認識する機器なので、おそらく256GBのmicroSDXCカードの読み書きはできるはずだ(デバイスドライバのワークエリアが256GBのファイル数に足らなくて、問題を起こす可能性がないとは言えないが)。

そこで、そろそろ1枚、256GBのmicroSDXCカードを購入し、手元にあるmicroSDXCカードをサポートする機器で、本当に読み書きできるのかどうか、試してみることにした。

幸いにして、2万円以上した256GBのmicroSDXCカードの値段は、だいぶ下がっており、1.3万円を切るレベルにまでになってきた。
本来は1万円を切ったら買おうかな、と思っていたのだが、試したい機器が増えたこともあり、1枚買ってみることにしたのだ。

30010008806088449203_1.jpg

256GB microSDXCカードの実力と用途 - 日本サムスン「EVO Plus 256GB」 | マイナビニュース

私が探したときで一番安かったのは、サムスンの「EVO Plus 256GB」というモデルで、楽天市場で200円引きのクーポンが利用できるお店があり、結局、12,550円で購入できた。現時点では、これが底値だと思う。

784.jpg

SanDisk Extreme 256GBは、A1・U3対応の超高速microSDXCカード - XPERIAだけをレビューするブログ。

ヤフオクには、これを下回るサンディスクの商品も見かけるのだが、中国の並行輸入品などと書いてあって、怖くて手が出ない。
今回は安全を見て、Amazonで新品を買うことにした。

IMG_20170713_213157.jpg

故障や容量偽装のチェック| check flashの使い方 | SDカード博士のSDカードナビ

届いた商品は、本体のみだったので、ストックのSDカードアダプタに挿して、パソコンで偽物ではないかcheck flashツールでスキャンを行うが、これがかなり時間がかかる。
夜寝る前に仕掛けて、朝まで走らせるのがいいと思う。

結果は、特に問題なしで、ホッと一息。

今のところ、microSDXCカードが使えるという機器で、使い始めたばかりのAndroidスマホ「AQUOS SERIE SHV32」、電子書籍リーダーとして使おうと思っておる「AQUOS PAD SH-05G」、ウオークマン「NW-A17」、ハイレゾプレーヤー「Shanling M1」について、256GBが使えるか試してみようと思う。

問題なければ、最終的には、まず最初の1枚はウオークマン「NW-A17」で使うことになりそうだ。

関連記事:
いつの間にか256GBのmicroSDXCカードが続々と・・・:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

7月28日順番出荷 microSDカード マイクロSD microSDXC 25...
価格:12780円(税込、送料無料) (2017/7/22時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました