So-net無料ブログ作成

マイクロソフトが新型ゲーム機「Xbox One X」発表 [ゲーム機]

スポンサードリンク




xboxonex.jpg

新型ゲーム機「Xbox One X」発表 ゲームも4K画質で - 日経トレンディネット

以前、「Project Scorpio」という開発コードでご紹介したことがある新型ゲーム機が、「Xbox One X」という名称で、正式に発表された。実施の発売は、11月7日とのことだ。

「PS4」との勝負で不利な状況になりつつある「Xbox One」の挽回策となるのだろうか? スペックを比べてみよう。

最強性能の新ハード『XboxOne X』とPS4 Proをスペック比較!これがマイクロソフトの本気だ!:はちま起稿

「PS4」は、その後、「PS4 Pro」という上位機が発売されており、「Xbox One X」はその対抗モデルと捉えられがちであるが、スペックをじっくり見れば「それは違う」と言っていいと思う。

「Xbox One X」と「PS4 Pro」のハードウェアスペックを単純に見比べると、「Xbox One X」の勝ちだ。

CPUコアは同等だがクロック周波数は「Xbox One X」の方が高く、RAM容量も12GBと8GBの「PS4 Pro」より多い。
光ドライブも通常のBDドライブを搭載する「PS4 Pro」に対し、Ultra HD BDドライブを搭載し、4K/HDR対応の市販のUltra HD Blu-ray Diskの再生が可能だ。
そして、何よりGPUの処理性能が、「PS4 Pro」が4.2TFLOPSであるのに対し、6TFLOPSと明らかに上回る。
とはいえ、これが「Xbox One X」専用コンテンツがバンバン出で来るほどの性能差かというと、そこまでの差ではない。
Ultra HD Blu-ray Diskだって、かなりニッチな存在で、PS2が一番安いDVDプレーヤーでもあったことがPS2の起爆剤になった時代とはもう違うだろう。

しかし、違った観点でハードウェアスペックを見ていくと、分かってくることがある。

ソニー「PS4.5」と任天堂「NX」の噂について:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

まず、ソニーがなぜ「PS4 Pro」を出したのか?を考えながら、「PS4」とのスペックを見比べると、

・CPUは8コアのままクロック周波数が1.6GHzから2.1GHzに向上
・メインメモリの8GB DDR5は変わらず
・GPU性能は1.84 TFLOPSから、2倍以上の4.2TFLOPSに向上

これらの性能向上は、「PlayStaion VR」を接続した場合に、ゲームの画質を落とさず、左右の映像をレンダリングすることを狙ったものと思われる。だから、GPU性能が2倍でいいのだ。
「PS4 Pro」でも一応4Kゲーム対応は謳ってはいるものの、対応は一部のゲームに留まる。
これは、現在のゲームを素直に4K化するには、GPU性能が足らない(本来は4倍欲しい)し、4K化によってテクスチャ用のメモリなどを増やしたいが、RAMが増えてないからだ。
このスペックでは、ゲーム側で工夫しないと、現状のゲームソフトを簡単には4K化できないのは明白だ。

それに対し、「Xbox One X」は、現状、VRデバイスの接続に対しては何もアナウンスがない一方、4K対応をメインに訴求している。

実際、「Xbox One X」のスペックを、「Xbox One」と比べてみると、

・CPUは8コアのままクロック周波数が1.75GHzから2.3GHzに向上
・メインメモリが8GBのDDR3から12GBのDDR5に、容量も速度も向上
・GPU性能は1.31 TFLOPSから、4倍以上の6TFLOPSに向上

GPU性能は「Xbox One」の4倍を超え、メインメモリも増量され、読み書き速度も向上しており、「Xbox One」のゲームを、工数を掛けずに4K化できるスペックと狙ったものと言えると思う。

NetflixやYouTubeの4K動画や、ソニーが対応してないUltra HD Blu-ray Diskの再生にも積極的に対応しているのも、4K/HDRで差別化しようという意図の表れだろう。

とはいえ、4Kテレビの普及率は、世界的に見ればまだまだ高いとは言えず、ゲームの4K化が、すぐに「Xbox One X」の起爆剤になるとは思えない。

PSVR、全世界販売台数100万台突破 E3での新作発表に期待 | Mogura VR - 国内外のVR最新情報

とはいえ、PS VRの出荷台数もまだ100万台。

『プレイステーション4』 世界累計実売台数6040万台を突破!ソフト販売本数は4億8780万本!! : オレ的ゲーム速報@刃

PS4本体の出荷台数は、同時期に6000万台を超えているので、普及率はたったの1.6%だ。
しかも、PS VRの品薄状態がなかなか解消しないのを見ると、PS VRが搭載する有機ELパネルの歩留まりがなかなか向上しないのかもしれない。

それよりは4Kテレビの普及は着実だ。初期の地デジテレビの寿命を10年と考えれば、買い替え需要は確実にあるからだ。
となると、中長期的に見れば、「Xbox One」が盛り返すことはあり得るだろう。

VRなのか、4K/HDRなのか、その決着がつくまではまだ数年はかかりそうだが、結局、(3Dの時と同様に)どちらもゲームの起爆剤にはならないと分かったら(その可能性は十分あると思っている)、性能は「Nintendo SWITCH」でも十分、あとはゲームの質次第、というところに競争原理が戻ってしまうかもしれないな。

関連記事:
「Xbox One S」の狙いはどこに?:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Xbox One S 500 GB (Minecraft 同梱版)
価格:26978円(税込、送料無料) (2017/6/14時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SONY PlayStation4 Proプレイステーション4 プロJet Bl...
価格:43500円(税込、送料無料) (2017/6/14時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました