So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Android搭載デジカメ「COOLPIX S810c」を購入 [デジタルカメラ]

スポンサードリンク




COOLPIX S800c.jpg

新製品レビュー:ニコンCOOLPIX S800c - デジカメ Watch Watch

以前ご紹介した「COOLPIX S800c」は、Android搭載デジカメとしては安かったので、試しに購入し、コンパクトデジカメとしての使い勝手や性能はそこそこ良かったものの、

・Androidのバージョンが2.3で、最近のアプリが使えない:クラウドストレージのアプリも大抵インストールできず、古いバージョンのDropboxを探してインストールし、何とか使える状態にはしたものの、これもいつまで使えるか分からない。
・Android側の動作が不安定:デジカメ側の動作は快適なのだが、Android側の動作が不安定で、急に遅くなったり、突然リブートしたりする。
・バッテリーの持ちが悪い:街中を撮影していて、3時間が限界。2時間過ぎたあたりから、バッテリーの警告が出始め、その確認のために画面を頻繁にタッチしなければいけないのが、煩わしい。
・暗所撮影がそれほど強くない:コンパクトデジカメとしての画質や性能は平均レベルで、夜景などの撮影になると、ノイズも多いし、カメラを固定しリモートシャッターにしないと手ブレが厳しい。

といった値段なりの弱点があり、持ち歩き用のWi-Fi対応デジカメとしての地位は「IXY 630」に譲り、使わなくなっている。

IXY 630.jpg

キヤノン、クリエイティブショット搭載の「IXY 630」 - デジカメ Watch Watch

「IXY 630」は、汎用OSは搭載しないので、写真をアップロードできるクラウドがキヤノンの専用サービスのみである弱点はあるものの、PC側でGoogleフォトと同期を取ることで、他のスマホの写真などと一緒にデータを管理している。

これはこれで全く不満はなかったのだが、つい秋葉原で衝動買いをしてしまった。

COOLPIX S810c.jpg

ニコン COOLPIX S810c 海外発表。Android 4.2 & WiFi 搭載、Google Play 対応のコンパクトデジカメ - Engadget Japanese

「COOLPIX S810c」は、「COOLPIX S800c」の後継機で、一回り大きく重いものの、OSがAndroid 4.2になり、背面モニタが約123万ドットの3.7型TFT液晶に、記録メディアがSDカードからmicroSDカードに、バッテリーが約1.7倍のEN-EL23 (3.8V/1850mAh)に増え、手ブレ補正機能もレンズシフト式に変更されるなど、大幅に機能アップしている。

ただ、「COOLPIX S810c」は、日本では未発売で、なかなか日本では手に入らず、価格も高止まりしているのだが、秋葉原のジャンク屋を巡回していたら、箱も付属品も全部揃い、程度もよい中古が、税別12,800円で売られているのを発見。
Amazon.comで買うと2万円を越えるので、これなら安いと、つい衝動買いしてしまったのだ。

IMG_20160917_164046.jpg

日本は未発売のはずだが、なぜか日本語の取扱説明書が付いている。何故かよく分からない。

その他のスペックは、1/2.3インチ16メガピクセルのCMOSセンサを搭載し、光学ズームは12倍。
オートフォーカスはコントラスト検出方式。
動画はMOV形式で、1920x1080p/30fpsが最高解像度。
記録メディアは64GBまでのmicroSDXCカードを保証する。

Android側の仕様としては、Cortex-A9プロセッサ(シングルコア?)、1GBのRAM、4GBの内蔵ストレージ、802.11 b/g/n WiFi、Bluetooth、GPSなど。
Google Playに対応し、Androidのバージョンも4.2なので、DropboxやGoogleフォトの最新バージョンのアプリもインストールできるため、私のように写真を最終的にGoogleフォトで管理している人間にとっては、ダイレクトにGoogleフォトにアップロードできるのが嬉しい点。
ただ、Android 4.2の寿命もそろそろ尽きつつあり、今後はインストールできないアプリも増えてきそうだ。

サイズは113x63.5x27.5mm、216gあり、111.4x60.0x27.2mm、184gだった「COOLPIX S800c」より、手に持っても一回り大きく、重いのが分かる。サイズはともかく、216gという重さは、コンパクトデジカメとしてはちょっと重めに感じてしまうかも。

とりあえず、Wi-FiやGoogleアカウントを設定し、クラウドアプリなどをインストールし、使える状態にした上で試用中だ。
一番気になるのはバッテリーの持ちで、街歩きに使うなら、6時間ぐらいは持って欲しいのだが、果たしでどうだろうか。

関連記事:
Android搭載デジカメ「COOLPIX S800c」を購入:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
naniwa48さんの管理ページ:So-netブログ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】Nikon コンパクトデジタルカメラCOOLPIX S810c ホワイト
価格:12800円(税込、送料無料) (2017/1/14時点)





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

通りすがり

1年以上前のエントリにコメントするのもなんなのですが、
Coolpix S810c、日本未発売モデルということになっていますが、
実はエディオン限定?で国内でも販売されたのです。
当時私もそちらから購入したのですが、
それに日本語マニュアルが付属していました。
by 通りすがり (2018-04-07 02:13) 

naniwa48

通りすがりさん、有益な情報、ありがとうございます。
エディオンのお店が行動範囲にないもので、知りませんでした。
結局、バッテリーの持ちが1日持たず、「IXY 630」を常用していますが。
by naniwa48 (2018-04-07 07:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました