So-net無料ブログ作成

ようやくスマホ「Micro X S240」がPCで認識できた [スマートフォン]

スポンサードリンク




スマホ「Micro X S240」を、付属のmicroUSBケーブルで、常用しているノートPCに接続してみたのだが、どうしてもPCで認識してくれず、聴きたいラジオの録音や動画ファイルが転送できなくて、困っていた。

とりあえずDropbox経由でファイルを転送していたが、時間もかかるし、自宅外だとパケットも消費するので、早くやめたいところ。

同様の問題事例がないかググっても見たが、元々この機種を持っている人も少ないせいか、困っている人を見かけないので、原理原則に立ち返って検証を行ってみた。

まず、最初は、付属のmicroUSBケーブルが充電専用なのかと思ったが、他のスマホに使ったら、ちゃんと通信もできたから、そうではないことが判明。

しかも、このケーブルで他のPCに繋いでみたら、Windows 10の標準ドライバがインストールされ、「Micro X S240」側でも接続方法の選択肢が表示され、無事接続できることが判明した。

だとすると、どうやら問題は、常用しているノートPC側にあるらしい。

そこで、まず考えられそうなセキュリティソフトの設定の問題かと思ったが、調べても特に引っかかる点はない。

次に、USBハブを介して「Micro X S240」を接続していたのを、USBハブを取り外して、「Micro X S240」をPCに直結してみたところ、ちゃんと認識して、「Micro X S240」に表示されるメニューでMTP接続を選択したら、内蔵ストレージもmicroSDカードも読み書きできるようになった。

面白いのは、一度認識できた後であれば、USBハブを再度PCに取り付け、USBハブ経由で「Micro X S240」に接続しても、これ以降問題なくPCで認識し始めたこと。

ここら辺のUSBの挙動は、いつまでたってもよく分からんわ。

IMG_20161001_191731.jpg
さて、PCで無事認識されると、「Micro X S240」側では、次の選択肢が表示される。

・USB storage
・メディアデバイス(MTP接続)
・カメラ(PTP接続)
・Charge only
・Built-in CD-ROM

USB storage接続にすると、microSDカードのみが、PCでドライブとして表示される。
MTP接続にすると、PCに、「Micro X S240」というデバイスが表示され、その中からmicroSDカードと内蔵ストレージの両方にアクセスできるので、こちらの方が便利だ。
PTP接続はデジカメ接続用に作られたプロトコルなので、直に画像処理アプリなどを立ち上げるには便利だが、私は使ったことがない。
Charge onlyにすると、PCとの接続は切れ、USB給電のみが行われる。
Built-in CD-ROMという選択肢は、Androidスマホで見たことがない、どんなモードかよくわからない。

なお、この製品をPCにMTP接続しても、なぜかタスクバーの通知領域の「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」アイコンをクリックして表示されるデバイスリストに表示されないため、PC側で取り外し操作ができない。

なので、安全性を考えれば、「Micro X S240」側で、接続をCharge onlyに切り替えて、PC側から「Micro X S240」が見えなくなってから、ケーブルを抜くのがいいと思われる。

なお、このMTP接続だが、PCと接続中も、「Micro X S240」のスマホ側でもファイルシの操作が可能なのだが、排他制御とかは大丈夫なんだろうか?
念のため、USB接続中は、ファイル操作はしない方がいいんだろうな。

関連記事:
コンパクトスマホ「Micro X S240」を購入:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ポスト投函送料無料】Perfect Shield Micro X S240 【...
価格:980円(税込、送料無料) (2016/10/1時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました