So-net無料ブログ作成

ガラホ「LG Wine Smart LGS01」に神プランSIMを使ってみる [携帯電話]

スポンサードリンク




月298円で200kbps通信無制限「神プラン」を用意した格安SIM『ロケットモバイル』開始。ポイントサービスも提供 - Engadget Japanese

「LG Wine Smart LGS01」で試してみようと思って、ロケットモバイルの月額298円(税込321円)で使える「神プラン」のSIMを申し込んでみた。

速度は200kbpsが上限だが、使い放題で、月額321円と安く、しかもアンケートなどに答えてポイントを稼げば、実質無料で利用できるようになるというプランだ。

ロケットモバイル、6カ月間500円引きのキャンペーンを延長 - ケータイ Watch

さらには、ちょうど、こちらの「神プランが最大6カ月間無料で使える」キャンペーンも延長されたので利用できる。ラッキーだな。

一応、汎用性も考えてnanoSIMで申し込んだので、「LG Wine Smart LGS01」には、microSIMのアダプタを介して、使うことにする。

さて、ネットで申し込んだら、早くも翌々日には到着。

microSIMカードスロットは、バッテリーの裏。

この機種の場合、nanoSIMカードを、microSIMのアダプタを介して、スロットに挿す場合、カードを裏向きに差してアダプタにセットし、スロットに滑り込ませる形になるため、滑り込ませるときに、カードがアダプタからずれてしまいそうで危険。
それで、スマホの端子ピンを壊してしまったこともあるので、注意が必要だ。
なので、安全性を考えて、nanoSIMカードは、両面テープでmicroSIMのアダプタに貼り付けてから、差し込んだ。

IMG_20160816_190808.jpg

なお、この機種、フィーチャフォンの癖にストラップホールがないな、と思っていたら、ヒンジの右についている細長い穴がそれだった、穴は1個しかないので、ストラップホールと気付かなかったが、ストラップのひもを中に通すと、ふたを開けた中に引っ掛ける出っ張りがあり、そこに紐をひっかけて、ふたを閉じればストラップが固定される。

メモリカードスロットもフタの中に横向きに挿す形となっており、今回はストックの32GBのmicroSDHCカードを挿した。

モバイル通信は、NTTドコモのネットワークを選択した後、マニュアル通りAPNを設定すればOKで、問題なし。
サポートする周波数帯は分からないのだが、我が家でも、1本だけだがアンテナが立っている。何とか、ドコモMVNOでも使えているな。

きょうは何見る?:SIMロックフリーガラホ LG Wine Smart 2015年10月 - livedoor Blog(ブログ)

その後調べた情報によれば、ドコモ網でサポートする周波数帯については、3G(FOMA)が、2100MHzのみ、4G LTE(Xi)が、2100MHz、1800MHz、700MHzとなっている。
したがって、3GについてはいわゆるFOMAプラスエリアには非対応で、田舎では不利かも。
Xiについても、1800MHzは東名阪の一部のみで、700MHzはまだ未展開ということで、実質上2100MHzのみのサポートに等しい。
2100MHzは、エリアは比較的広いが、あまり速度は出ないし、プラチナバンドの800MHzより周波数が高いので、電波がビル内に届きにくい。
実際持ち歩いていると、職場内では、LTEを掴めてもアンテナが1本しか立たず、しばしば3Gに落ちてしまう。同じ2100MHz帯なら、3Gの方がカバーエリアが広いので、これは当然か。
ただ、3Gでも掴めさせすれば、200kbpsのプランなので、速度にはあまり影響はなさそうだが。

速度は200kbpsなのだから当然通信は遅い。家ではWi-Fiがあるからいいが、外ではメール以外は、モバイルWi-Fiルータが必携かも。

なお、テンキーが使えないアプリは、アプリ起動時に、タッチパネルで操作するようにメッセージが表示されるのは親切。
ただ、テンキーが使えるアプリでも、そのメッセージが表示されることもあり、どういう基準でそのメッセージが表示されるのかは今一つよく分からないところもある。

また、auのガラホだと、テンキー部分をタッチパッドとしてなぞって、画面上のカーソルを動かして操作する(タッチクルーザーEX)が、それとは違い、画面そのものをタッチして操作できるので、断然使いやすい。

まずは、必要最小限のアプリとして、Japan Connected-free Wi-Fi、App Mgr III、RBB Today Speed Test、Dropbox、LINE、Twitterアプリをインストール。

Japan Connected-free Wi-Fiは、屋外でもできるだけWi-Fiが使えるようにするため。
App Mgr IIIは、インストールしたアプリのメンテナンスのため。
RBB Today Speed Testは、通信速度の計測のため。
Dropboxは、インストールしたいアプリや、移行したいデータの受け渡し用。
LINE、Twitterは、家族用のLINEグループ以外に、職場や友達との連絡、その他情報収集用に使うが、LINEについては、年齢認証が必要なのでとりあえず登録をパス。

これで、LINE以外、スマホアプリが一通り使える状況にはできた。
ただ、ここで終わっては面白くない。普通のAndroidアプリが動くだけなら、わざわざガラホという特殊な形状の電話機を使う意味がない。

今回挿しているのは、通話やSMSは使えない「神プラン」のSIMカードではあるが、せっかくの折り畳み携帯なのだから、電話機として何とか使えないか、IP電話をインストールして試してみよう。

関連記事:
ガラホ「LG Wine Smart LGS01」を入手:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

SIMフリー Wine Smart(ネイビー) Aランク LGS01 白ロム 利...
価格:18144円(税込、送料無料) (2016/8/13時点)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

☆◆ レイ・アウト LG Wine Smart LGS01 専用 反射防止・防指...
価格:410円(税込、送料無料) (2016/8/13時点)





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました