So-net無料ブログ作成

複数の通信を束ねるソフトはないものか? [モバイル]

スポンサードリンク




先月は、WiMAX2+の7GB上限を使い切り、その余波で、auスマホのパケット上限5GBも使い果たしてしまった。
一応、モバイルルータでノーリミットモードのWiMAXは使えたものの、やはりau LTEやWiMAX2+に比べれば速度も遅いし、電波も弱いので、速度上のストレスを感じる場面も多々あった。

そこで、遅くても、複数の回線を束ねて高速化してくれるソフトってないものか?と思った。

Arrows Z FJZ22などでは、LTEとWi-Fiの両方を使って通信を高速化する機能が入っていたが、Windows用に同様の機能を持つようなソフトがないか調べてみた。

複数のモバイルルーターや無線LANを束ねて安定した高速インターネット接続を実現する「Dispatch」を使ってみた - GIGAZINE

まず発見したのが、この「Dispatch」というソフト。なかなか本格的なソフトに見えるだけに、フリーソフトではなく、3ヵ月間964円から契約できるライセンス制のソフトだ。

インターネット回線は束ねると早いんです!(Speedifyをサクッと導入する方法) : GOROLIB DESIGN - はやさはちから -

こちらは、プロトコルごとに回線を割り当てるような方式で、設定次第では、うまく機能しそう。
こちらもシェアウェアだが、1ヶ月の通信量が1GBまではフリーで使える。

ネットワークの共有・高速化ツール「Connectify」の最新版「Connectify 7」が公開 - 窓の杜

複数の通信を束ねるだけでなく、PC自体をホットスポット化することもできる。
こちらも、基本機能はLite版として無償で利用できるが、そのほかの上位機能はPRO版(55ドル)の購入が必要。

調べた限りではこれぐらいかな。

フリーソフトの範囲の機能でも、月末近く、パケット上限を使い果たしたときに、USB接続のWiMAXモバイルルータのノーリミットモード+速度制限されたUSBテザリングのau LTEの200kbs+公衆無線LANみたいな形で、多少でも速度向上できないかな?

まずは、無料で使える「Connectify 7」のLite版を試してみようと思っている。

関連記事:
WiMAXモバイルWi-Fiルータ、初の速度制限:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました