So-net無料ブログ作成

リムーバブルHDDケース「スライディング裸族」欲しいかも [パソコン周辺機器]

スポンサードリンク




バルクのHDDドライブを、裸のままセットして、外付けHDDとして使用するためのケース「裸族シリーズ」は、私も、便利かなと思って1台購入したが、結局、あまり使っていない。

ノートパソコンには、内蔵HDDを補うために、バスパワードのポータブルHDDを使う。
従来の「裸族シリーズ」シリーズは、デスクトップパソコンにE-SATA接続するのが、速度も速く最適な商品なのだが、実際のところ、パソコンに十分なHDDを積んでしまうと、めったにリムーバブルでHDDを使う用途は発生しない。
一応、購入してミニタワーパソコンに繋いではいて、HDDはささってはいるものの、本体HDDで事足りてほとんどアクセスしないし、HDDを差し替えたことも一度もない始末だ。

なので、「裸族シリーズ」は、「最初に想像したよりは全然使わない」というのが、私の結論だ。

今回、「裸族シリーズ」の新製品として発売された「スライディング裸族」は、これまでの裸族とは全く違うコンセプトの製品で、これは、「一つ買ってもいいかも」と思っている。

01_s.png

【やじうまミニレビュー】センチュリー「スライディング裸族」 ~バルクドライブを組み込んで外付けHDDとして使えるリムーバブルケース - PC Watch

「スライディング裸族 CSDRU3B6G」は、USB3.0接続のHDDケースだ。
従来あるポータブルHDDケースなどと違うのは、HDDのベアドライブを裸のまま装着して使うこと。

これまでもUSB3.0接続のHDDケースというのは、いろいろ出ているが、本当に外付けの追加ストレージとして使うなら、ケースではなく、商品としてHDDが入ったポータブルHDDを買った方が、価格は安いし、作りもいい。

一方で、HDDケースのもう一つの用途として、パソコンの環境移行がある。パソコンを乗り換えたり、HDDを増量したりするとき、交換先のHDDをこうしたHDDケースにセットして、交換元のパソコンに繋ぎ、元の環境からOSまるごと、あるいは、ファイルなどを移行して、環境を移行するときに便利なので、私も1台持っている。

ところが、こうしたHDDケース、HDDの脱着が、ネジを何本もしめたり外したりして、結構面倒なのだ。

「裸族シリーズ」なら、ベアドライブをスライドする形でセットするだけで、即使えて物凄く手軽。取り外しも、本体のレバーを倒すだけで、HDDのコネクタに負荷を掛けず、取り外しできるよう配慮されている。

しかも、装着するHDDは、3.5インチ/2.5インチの両方のベアドライブにも対応、もちろん、HDDだけでなく2.5インチのSSD使える。
3.5インチHDDは、付属のACアダプタが必要だが、2.5インチならACアダプタなしでも、USBのバスパワードで動作する。

一点惜しいなと思うのは、ここまでやっていて、外部インタフェースがUSB 3.1に対応していないこと。そこまでやっていれば、タブレット端末にも対応できて、完璧だったのにな。

現在の底値は、3000円弱で、ケースとして見れば決して安くはないので、このアダプタにHDDを装着して、常時外付けHDDとして使用するのは、あまり意味がないが、先ほど書いたように、3.5インチ/2.5インチの両方に対応するし、まさざまなパソコンなどの環境移行や大きなファイルのコピーなど際に、一時的にHDDをセットして使うには、とても便利なケースだと言えるだろう。

なので、常時使う予定はないが、そうした、いざというときに、1台持っていると、何かと便利だと思うので、購入しておこうと思う。

関連記事:
ユニークな「裸族のお立ち台TV」:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



Centuryスライディング裸族 SATA6G (CSDRU3B6G)
価格:2810円(税込、送料別)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました