So-net無料ブログ作成

Seagateから3.5インチHDD搭載のポータブルHDD!? [パソコン周辺機器]

スポンサードリンク




Innov8.jpg

Seagate、ACアダプタ不要の3.5インチ外付け8TB HDD - PC Watch

Seagate Technologyから、世界初というコンセントによる電源供給を必要としない8TB容量の3.5インチ外付けHDD「Innov8」が発表された。4月初旬より発売し、349ドルで販売される予定だそうだ。

ポータブルHDDというと、2.5インチHDDを搭載するのが常識の中、この製品は消費電力の大きな3.5インチHDDを搭載しながら、ACアダプタなしで使えるという。

その肝は、バッテリを内蔵していること。

HDDが一番消費電力が大きなのは、電源投入時などプレートを定速回転まで動かすときのスピンナップ時。
その時の電力を、内蔵バッテリーで駆動し、HDDが定速回転になれば、USB給電で、ACアダプタなしでも動作するという。

ただし、パソコンなどとは、USB Type-Cケーブルで接続するそうで、通常のUSB端子に接続するには変換アダプタが必要なほか、USB3.1では、最大給電能力が20V・5A(100W)となっているが、USB3.0は、5V・900mA(4.5W)、USB2.0は、5V・500mA(2.5W)と規定されており、USB3.1以外に変換した場合に、どの程度の機器で動作するかは不明だ。

HDDの消費電力とか速度とか

ただ、こちらのサイトなどを見ると、3.5インチHDDでも、スピンナップ時は12Wでも、アイドル時は4W程度のHDDもあるようなので、USB3.0なら、ギリギリ動作するかもしれないが、USB2.0の機器での利用は絶望的だと思われる。

持ち運べる電源不要のHDDとして、8TBの容量は破格であり、現状、入手が容易なポータブルHDDの最大容量が2TBで、価格が通常1万円を超えることを考えると、8TBで349ドルという価格は無茶苦茶高い訳ではない。

放送局や、映画制作の現場などで、撮影した動画を持ち運ぶには間違いなくニーズはありそうだし、そうでなくても、クラウド経由でデータのやり取りするには、データ量も大き過ぎたり、転送時間が掛かり過ぎるようなデータのやり取りには、ニッチだが、一定のニーズはある製品だと思う。

関連記事:
バッファローのUSB3.0ポータブルHDDを購入:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



東芝 HD-PE30TK(ブラック) ポータブルHDD 3TB ...

東芝 HD-PE30TK(ブラック) ポータブルHDD 3TB ...
価格:18,769円(税込、送料別)

【A-DATA】ポータブルHDD 3TB USB3.0接続 ...

【A-DATA】ポータブルHDD 3TB USB3.0接続 ...
価格:19,890円(税込、送料別)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました