So-net無料ブログ作成

アップルから地味な新製品発表 [スマートフォン]

スポンサードリンク




日本では昨日は休日だったし、花粉症が酷くて寝込んでいたので、アップルの新製品発表が今朝あるなんて、全然気づいていなかったな。
朝にニュースを読んで初めて気づいた。ただ、知らなくても「話題に乗り遅れた」感が全くない、地味な新製品だな。

se02_s.jpg

Apple、4型の「iPhone SE」を発表 ~A9搭載でiPhone 6sと同じ性能 - PC Watch

まずは、iPhone 5sとほぼ同サイズの4インチ画面搭載ながら、iPhone 6sシリーズと同等の性能の「iPhone SE」。
価格は16GBが399ドル(日本では52,800円)、64GBが499ドル(同64,800円)で、日本でも3月24日より予約開始し、3月31日より出荷するとのこと。

今の為替レート(1ドル=111円)を考えると、日本の価格が高過ぎはしないか?

リアカメラは、1,200万画素と、ようやく他社並みの解像度になり、4K動画の撮影にも対応する。
VoLTEや、NFCによるApple Payなどに対応するそうだが、これはiPhone 6sでも対応していた気が。

本体サイズは、58.6×123.8×7.6mm (幅×奥行き×高さ)、重量は113gで、iPhone 5sと同サイズで、1g重い。
本体色は、シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの4色。

スペック的には、目新しさは特にないが、iPhone 5sからの買い替え需要に応えた新製品、といったところだろうか。

iPhone 6sに比べて、価格も安いので、日本でも大手キャリアと契約時は、実質0円になるのだろうか?
それとも、総務省を気にして、iPhone 6sの方を値上げして価格調整するのだろうか?

その点が、一番気になるな。

03.jpg

Apple、9.7型に小型化された「iPad Pro」を発表 - PC Watch

タブレット端末については、12インチ画面のモデル1機種だった「iPad Pro」シリーズに、9.7インチ画面の新製品が登場。
「iPad Air 2」と同じサイズだが、画面解像度やCPUなどは、12インチモデルとほぼ同等で、カメラなどはiPhone SE並みにアップグレードされており、「iPad Air 2」の上位モデルという位置づけになるようだ。

価格は32GB Wi-Fiが599ドル(日本では66,800円)、128GB Wi-Fiが749ドル(同84,800円)で、今回さらに、256GB W-Fiモデルも用意され、899ドル(同102,800円)とのこと。
こちらも、日本で3月24日より予約を受け付け、3月31日より出荷される。
本体色は、シルバー、ゴールド、スペースグレイに、ローズゴールドが追加される。Cellularモデルはプラス1万6千円。

True Tone技術を搭載し、環境に合わせて画面の色温度を変え、自然な見え方にする機能も追加され、カメラは1,200万画素に高画素化され、4K動画撮影や、Live Photosにも対応。
FaceTime HDカメラも500万画素に強化された。

写真撮影には適さない形のタブレットで、そんなに写真を撮るかどうかは、別にして、1000万画素以上のカメラを搭載したタブレット端末はAndroidでも稀であり、この辺のカメラの充実ぶりはあまり例を見ない。

音質も重視し、スピーカーを4基内蔵したというが、依然としてハイレゾ対応はしない方針なのがアップルらしい。

本体サイズは169.5×240×61mm(幅×奥行き×高さ)、重量はWi-Fiモデルが437g。

なお、12型モデルにも256GBモデルが追加され、価格は1,099ドルとのこと。

アップルがメモリカードをサポートする気がない以上、4k動画が撮影できるなら、256GBモデルの登場は当然だろう。
遅過ぎたぐらいだ。

9.7インチモデルは、Androidタブレットと比べても437gと最軽量クラスだし、欧米人でも大き過ぎた12インチモデルよりは、売れるんじゃないだろうか。

Apple Watchが値下げ - PC Watch

そして、不振が伝えられるApple Watchは、価格を299ドルからに、50ドル値下げした。日本での実質販売価格は、すでに値下げされていたりするので、特に感想はなし。

iOS 9.3提供開始。“心地よい眠り”のNight Shift。メモやApple Music強化 - AV Watch

そして、新製品が地味な分、今回の一番の目玉は、iOSの最新バージョン「iOS 9.3」のリリースかもしれない。
これが、予想以上に力の入ったアップグレードで、改良点や追加機能が盛りだくさんだ。

・新機能Night Shift:夜間にディスプレイの色が暖色系の色域に切り替わる
・Apple Lightning-Digital AVアダプタを使ったマルチチャンネル出力をサポート
・個人情報を含むメモをTouch IDまたはパスコードで保護可能になったほか、メモ機能の改良点多数
・Newsの機能、操作性改善
・ヘルスケア機能の機能、操作性改善
・Apple Musicの機能、操作性
・写真機能で、Live Photoから静止画像抽出などの改良
・iBooks、PDFをiCloudに保存してすべてのデバイスで使用できるようにする機能などを追加
・教育機能の機能、操作性改善
・CarPlayの機能改善
・ハードウェアキーボード使用時の機能、操作性改善

などなど、バグフィックスも多いので、従来機種のユーザーもアップグレードはした方が良さそうだ。

ということで、私がまだ使っているiPhone 5にも対応しているので、早速アップグレード開始。
なお、今回のアップグレード後、アクティベーションにはSIMカードが必要だった。
FJZ22で使っていたauのnanoSIMカードを一時的に挿して、使えるようになったが、普段、白ロムで運用していてnanoSIMカードを持っていない人は要注意だな。

といっても、普段使っている機能、アプリでは、それほど目新しさはないかもね。
一方、アップグレード内容が多いので、使えなくなったり、動作が不安定になるアプリがないかは、少々不安だったが、逆に、iOS9.0.2で、ずっと起動できなかった楽天の「マンガニュース」アプリが起動できるようになっていたりするな。

何か気になる点があれば、また書き込みたいと思います。

それ以外に、次のバージョンアップも発表された。

iTunes 12.3.3提供開始。iPhone SEやiPad Pro対応 - AV Watch

Apple TVがアップデート。tvOS 9.2でSiriによるパスワード入力対応など - AV Watch

iTunesが、12.3.3に更新され、Apple TVが、tvOS 9.2に更新された。
iTunesは、デグレードすることも多いので、今回は問題なければいいのだが

関連記事:
iPhone 5をiOS 9.0.2に更新:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました