So-net無料ブログ作成

モバイルWi-Fiルータ「W02」と「NAD11」を比較 [モバイル]

スポンサードリンク




DSC_1264.jpg

さて、WiMAX2+と4G LTEをサポートする「W02」と、WiMAX2+とWiMAXをサポートする「NAD11」の感度や速度を比較してみよう。

どちらもSIMカードを差し替えて、ハイスピードモードで使ってみたが、ほとんど速度差を感じない。
私が、キャリアアグリゲーション対応のエリアで使っていないことが大きな原因で、今後エリアが広がれば、差が出てくるのだろうが、現状、私の行動範囲では、「W02」が数%速いことが多いが、速度が逆転するケースもあり、ほとんど速度差を感じないと言っていいだろう。

なので、今後は、WiMAXでノーリミットモードも使える「NAD11」を基本的に使うことにする。

さて、公表されたエリアマップ的には、WiMAX2+とWiMAXのエリアはほとんど変わりがないが、まずは、一日「NAD11」を使ってみると、実感としてはWiMAX2+の方が広く感じる。
特にビルの窓から離れた室内だと、WiMAX2+の方が電波が強いことが多い。
さらに、WiMAX2+でアンテナ1本の状態でも、WiMAXでアンテナ3本の状態よりも速度が変わらなかったりするのも、その実感に影響を与えていると思う。

我が家内では、WiMAXの電波強度は弱いため、「NAD11」をノーリミットモードで使うと、速度は1Mbpsを切る。ただ、これはMobile Slimでも同様だったので、仕方ない。

一方、ハイスピードモードでは、我が家内でもアンテナ2本が立つことがあり、速度も圧倒的に速い。
気を付けないと、家のルータに繋いでいるつもりで、WiMAX2+に繋がっているのに気づかず、パケットを消費してしまうかもしれないな。

私の普段の行動範囲で、2か所だけWiMAXの電波が弱くて、ほとんど速度が出ない場所があり、そうした場所ではハイスピードモードを使うが、それ以外では、ほとんどノーリミットモードでも十分な気がするな。

ただ、エリア的に見れば、WiMAX2+でも、auの4G LTEに比べれば、圧倒的狭い印象は否めない。auスマホでは、アンテナ3本のエリアが、WiMAX2+ではアンテナ1本というケースも多いのだ。

ただ、WiMAX2+を使っていて、アンテナがほとんど立っていなくても、それなりのWebブラウズぐらいはできてしまうのは、さすがの4Gだな。

なお、すでに宅外で使う機器は5GHz対応になっているので、Wi-Fiについては、11aの5GHzを使用することにする。
その方が、電波の混雑も少なく、スループットも高いことが多いからだ。

バッテリーの持ちについては、フル充電後、朝8時からノーリミットモードで電源を入れっぱなしにしていたら、14時頃に電源が切れた。
「NAD11」は、仕様上は7時間ほど持つはずだが、中古品で、1年使用して解約したと書いてあったので、バッテリーは少し劣化はしている模様。
MobileSlimは、17時ぐらいまでは平気で持っていたので、それに比べればかなり劣るな。
当面は、モバイルバッテリーやパソコンで充電しながら使うしかないが、これから2年使うことを考えれば、替えのバッテリーの購入も、考えておいたほうがよさそうだ。

「NAD11」を、実際に使い込んでみた感想は、また改めて。

関連記事:
WiMAXモバイルWi-Fiルータ「W02」が届いた:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



白ロム 【UQWiMAX版】Wi-Fi WALKER WiMAX...

白ロム 【UQWiMAX版】Wi-Fi WALKER WiMAX...
価格:6,980円(税込、送料込)

白ロム 【UQWiMAX版】Wi-Fi WALKER WiMAX...

白ロム 【UQWiMAX版】Wi-Fi WALKER WiMAX...
価格:6,980円(税込、送料込)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました