So-net無料ブログ作成

ドコモMVNOの使い放題プランも調べてみた [スマートフォン]

スポンサードリンク




WiMAXサービスの下限が、現状3,0000円弱のレベルになることが分かって、ドコモMVNOの使い放題プランも無視できなくなっていたので、調べてみた。

速度制限なしで使い放題の格安SIMカードを比較 | SIM-FAN

U-mobileが、税込2,678円で使い放題だが、思ったように速度が出ないとの評判も多い。

ぷららモバイルLTEは、税込2,980円。3Gbpsに速度は制限されるが、実効速度は、U-mobileよりいいらしいとの評もあるが、最近、速度が落ちているとの評も多い。

b-mobileは、税込2,138円と一番安い。速度面での評価は芳しくなかったが、最近改善されているとの評もある。

やはりというか、ドコモMVNOのSIMは、どの会社も速度が出ないという評判が多い。
電波状態とは関係なく、良くて2~3Mbpsで、1Mbpsを切ることが普通と言われると、やっぱりWiMAXの方が快適に思える。

平日1時~17時に高速LTEが使い放題――格安SIM「スマモバ」の「PREMIUM PLAN」 - ITmedia Mobile

気になったのは、この「スマモバ」の「PREMIUM PLAN」というプラン。

平日は深夜1時~夕方17時、土・日は深夜1時~朝9時までが、LTEが使い放題という、新しいアイデアのSIMサービス。
それ以外の時間帯は、128kbpsに速度制限されるが、仕事中心に使うには最適かもしれない。

それでいて、モバイルルータ込みのプランで月額2,480円(税別)(基本料金2480円、端末代金1000円×36回、月々割マイナス1000円×36回)。
初期費用として、SIM登録事務手数料3,000円(税抜)は掛かるが、ドコモLTEが使い放題であることを考えると、この値段は安いように見える。

また、夜が遅くなる問題も、auのスマホのテザリングで7GBまで使えるのを夜に使えば、十分カバーできるだろう。

これならWiMAXよりいいかもと思い、詳しく調べてみると、いくつか微妙な点もあるようだ。

まず、契約が24カ月縛りなのに、端末の割賦が36か月契約なので、2年後に解約しようとしたら、割賦の残額12,000円を払わないといけない。
割賦が切れる3年後には、解約に手数料がかかるので、実質、手数料なしで解約できるのは4年後となってしまう。

また、「スマモバ」自体の評判も、イマイチだ。
他のMVNOと比べても速度が出ないという評も多いし、小さい会社だし、事業規模も小さいので、事業としての継続性も心配だ。

ということで、WiMAXサービスを上回る魅力があるかというと、そうでもないかな、という結論に落ち着きつつある、

ただ、3月に、WiMAXのお得なプランを探して契約するとして、それまで期間縛りがない「ぷららモバイルLTE」あたりを、繋ぎで使ってみるのも手かもしれないと思う。

「U-Mobile」も、データ専用プランは期間縛りがないし、Amazonで大幅にパッケージ版が安くなっているので、契約事務手数料も事実上値引きされている。。

それで速度が満足できるなら、WiMAXではなく、ドコモMVNOでもいいかもしれないのだから。

さて、モバイルルータに挿してどの程度速度が出るかな?

ここで満足できれば、5月のauスマホの機種変更も、MVNOの通話付きSIMに変更してもいいかもしれない。

関連記事:
GMOとくとくBB通常プランを断念:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました