So-net無料ブログ作成

衣類乾燥機がいよいよ寿命を迎えたみたい [白物家電]

スポンサードリンク




もし、衣類乾燥機を買い替えるとしたら | トドのつまりは・・・ - 楽天ブログ

日立のドラム式衣類乾燥機DE-N5S6をずっと使ってきて、一度動かなくなったのを、ベルト交換で延命して使ってきた。

それが、再び乾きが悪くなってきた。
排気はされているので、以前のベルトが切れた故障ではないのだが、以前であれば1回で乾燥していた洗濯物の量が、乾燥時間も伸び、終わっても完全に乾いておらず、再度乾燥させる必要が出てきた。

対処方法を見ると、次の通りで、今のところ明確な原因は分からない。

・乾燥フィルターが目詰まりしている→これまでも何度も水洗いしており問題し
・排水口が詰まっている→排水ホースなどを確認してみたが、特に問題はない模様

また、故障ではないが、フィルターの枠が乾燥途中で必ず外れてしまい、何度も付け直しに行かなければいけないという問題も日常化している。

製品自体も、15年近く使っており、そろそろ製品寿命なのかもしれないな、ということで、買い替えを検討することにした。

DE-N60WV.jpg

衣類乾燥機 DE-N55FX : 日立の家電品

価格.comでランキングを見ると、一番売れているのは、使用中のDE-N5S6の後継機種にあたる日立のDE-N55FXという乾燥容量5.5kgの機種だが、製造中止になったらしく、ほとんどの店で在庫がない。底値は4.5万円ぐらい。
もうちょっと前なら、在庫処分で安くで手に入ったようなのに! タイミングが悪い。

DE-N55FX.jpg

衣類乾燥機 DE-N60WV : 洗濯機・衣類乾燥機 : 日立の家電品

代わって、サイズは変わらず乾燥容量が6kgに増えた新機種DE-N60WVが、11月中旬に発売されるようだが、こちらは価格は、発売前で税込み7万円もして高く、悩ましい状況だ。

日立以外だと、パナソニック、東芝、シャープぐらいしかなく、シャープは日立のOEMで価格も高い。パナソニック、東芝も、同容量なら日立より高い上に、機能面では差はない。
以前はあった元三洋電機のAQUA(ハイアール)も、衣類乾燥機は撤退したようだ。
商品の選択肢がないので、値段も下がらないみたいだな。

値段も機能も大差ないなら、日立のDE-N55FXがベスト。というのも、現在使用中の衣類乾燥機DE-N5S6の後継機なので、外寸が全く同じで、多分台への取り付けねじ穴位置も同じはず。
現在使用中の日立製の衣類乾燥機用のスタンドも、まったくサイズ調整せずに、そのまま設置できる筈だからだ。

だいたい、ランキング一位のDE-N55FXの発売が、2005年4月1日ということは、10年以上現行商品として発売されていたことになり、商品の回転が速い家電業界では驚きのロングセラーだったことになる。
見方を変えれば、ほとんど見捨てられた商品ジャンルだということなのだろう。

新製品のDE-N60WVは、発売後、実際に価格がどの辺に落ち着くか様子を見てみたい気はするし、DE-N55FXの店頭在庫処分品も、まだありそうなので、もう少し探してみたい気はする。
ヤフオクなどで、中古も探してみようとは思うが、寿命や清潔さを考えれば、相当新しい中古じゃないと、ダメだろうな。

なお、我が家には、皺が出やすいほとんど使わないが、縦型の洗濯乾燥機もあり、電気代は高し時間もかかるが、電気ヒーター式の浴室乾燥機もあるので、衣類乾燥機が壊れても、しばらくは何とかなるといえばなるため、じっくり様子を見て探したい。

関連記事:
もし、衣類乾燥機を買い替えるとしたら | トドのつまりは・・・ - 楽天ブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました