So-net無料ブログ作成

怪し過ぎる日韓海底トンネル計画 [乗り物]

スポンサードリンク




事業紹介 | シベリア鉄道復権で日系企業のロシア進出を後押し - 三井物産株式会社

シベリア鉄道が、東アジアからくラジオストック経由欧州への物流ルートとして復権しつつあるそうだ。
遠回りする船便よりも早く、枯れたインフラで輸送料金も安いということで、日本から欧州への自動車や家電製品の輸出にも利用が増えているらしい。
そういうニュースを読むと、対馬海峡に海底トンネルが通り、北朝鮮も貫通して、日本から直接ヨーロッパまで鉄道が通ったらいいのにな、とコスト度外視の夢物語としては思う。

全文表示 | 対馬市議会が「日韓海底トンネル」推進決議 建設には7兆8000億円、採算取れるのか : J-CASTニュース

しかし、実際に建設費を試算すると、7兆8000億円は掛かり、収益だけで見ればとてもでは採算は合わないらしいので、政治的判断で税金を投入しない限り実現性はないし、今の日韓関係を見れば実現性は皆無と言っていい。

ところが、この日韓海底トンネルに関して不可思議な動きがあるらしい。

韓国人「私たちが知らないうちに日韓海底トンネルが推進されていますね」 韓国の反応|かんこく! 韓国の反応翻訳ブログ

知らぬ間に始まっていた対馬から韓国へのトンネル本格掘削 - NAVER まとめ

日韓政府とは無関係なところで、日韓海底トンネルが推進されており、昨年には、対馬で日韓海底トンネル調査関連の起工式が行われたという。

日韓トンネルプロジェクトを推進する国際ハイウェイ財団

トンネルを計画しているのは、国際ハイウェイ財団という一見国の外郭団体かと思える名称だが、実は全く関係ない、統一教会傘下の団体だ。

韓国人による対馬の土地買占め問題へ国会議員が動いた - 陸奥月旦抄

対馬というと、韓国資本による土地買占めが問題になっているとは聞いていたが、こんな工事のためにも土地を購入していたんだな。

国際ハイウェイ財団は、すでに佐賀県唐津にも斜坑基地建設のための敷地を確保しており、唐津から540m、今日まで120億円をかけて既に掘削を始めているという。

やや日刊カルト新聞: 統一教会の進める日韓トンネルは“ハリボテ?”、現地視察の全国弁連弁護士に独占インタビュー 本紙は『やや日韓カルトトンネル』と命名

ただ、Webでの宣伝文句とは裏腹に、実体の工事は全く進んでいない状況がレポートされてもいる。

国際ハイウェイ財団は、HPで募金を募ったり、統一教会からの寄付金(年間およそ6,000万円)などで費用を賄っているらしいが、彼らだけで7兆8000億円と言われる建設費用が用意できる筈もなく、いったい何を目指して工事をしているのか、謎は深まるばかりだ。

関連記事:
「超電導リニア体験乗車」が開催される:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました