So-net無料ブログ作成

ラジオ録音用に256GBのUSBメモリ購入 [パソコン周辺機器]

スポンサードリンク




Android STB「A1000G QUAD」に、「録音ラジオサーバー」アプリを載せて、ネットラジオを録音し、DLNA配信するサーバー化を検討している。
「A1000G QUAD」は、HDDも繋がるが、消費電力を考えると、大容量のUSBメモリが欲しいので、安いものがないか探していた。

しばらくヤフオクを中心に探していたが、あまり出物がなく、安くて1.3万円前後と、Amazonなんかの底値よりむしろ高い。

DSC_0184.jpg

結局、Amazonのマーケットプレイスの中古で、256GBのUSBメモリを発見、購入した。

hidisc.jpg

株式会社磁気研究所

こちらのUSB3.0対応のHDUF101S256G3という製品で、Readが80MB/sと、USB3.0の価値はないほど遅いが、ネットラジオの録音には、それほど書き込み速度は要求されないので、これでも十分だろう。

価格は、税、送料込みで、9,015円。新品だと、256GBの同じものが、Amazonで1.2万円前後するので、まあまあ安いし、可動部がないUSBメモリなら故障もないだろうということで購入決定。

届いたUSBメモリは、中古でパッケージもマニュアルもなく、本体のみ。
大容量の割にコンパクトな上、スライドレバーでUSB端子が飛び出すタイプで、キャップを紛失しないからいい。

USBメモリなどにエラーがないかどうか徹底的にチェックできるフリーソフト「Check Flash」 - GIGAZINE

あまり知らないブランドなので、まずは、フリーソフトcheck flashで、偽装や不良がないか書き込みチェック。
安物なので、USB 3.0にもかかわらず、書き込みは遅そうだとは分かってはいたが、全領域チェックに半日以上かかった。
ただ、遅いだけで不良はなく、ネットラジオをちびちび書く分には、何とか使えそうだ。

最後に、パソコンでNTFSでフォーマットして、Android STB「A1000G QUAD」に挿すと、問題なくドライブとして認識した。

録音ラジオサーバー - Google Play の Android アプリ

一方、「録音ラジオサーバー」アプリは、着実に1,000ダウンロードを達成し、V1.0.9まで地道に更新はされているが、更新内容は今のところバグフィックスのみ。
現在メインで運用しているWindowsベースのラジオサーバーを置き換えるのは、機能的にまだまだ無理だが、将来のバージョンアップに期待して、今から用意しておこうと思う。

関連記事:
Radikoの予約録音ソフト・最近の動向:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました