So-net無料ブログ作成

マクセルからiVDR/BD/HDDレコーダの新製品 [AV機器]

スポンサードリンク




BIV-TW1000.jpg

マクセル、Wスロット&スマホ視聴対応のiVDR/BD/HDDレコーダ - AV Watch

日立マクセル、トリプルチューナーと2基のiVスロット搭載のBDレコーダー | マイナビニュース

もう製品は出ないのかもな、と諦め気味だった日立マクセルから、iVDR/BD/HDDレコーダ「アイヴィーブルー」の新製品が発表された。
しかも、欲しいと思った機能が追加されており、テレビでiVDRを使っているユーザーには、かなり魅力的。
新モデルは、1TB HDDとiVDRスロット×2の「BIV-TW1000」と1TB HDDとiVDRスロット×1の「BIV-WS1000」の2機種。
価格はオープンプライスだが、店頭予想価格はBIV-TW1000が9万円前後。 BIV-WS1000が7万円前後とのことで、馬鹿高くはないし、過去の製品を見れば、かなり早く値下がりしそうだ。

上位機の「BIV-TW1000」は、1TB HDDと、2つiVDRスロット、BDXL対応のBDドライブを備え、地上/BS/110度CSデジタルチューナを3台装備。
下位機の「BIV-WS1000」は1TB HDDと、1つのiVDRスロット、BDXL対応のBDドライブを備え、地上/BS/110度CSデジタルチューナを2台装備。
消費電力と年間消費電力量は「BIV-TW1000が」29W、24kWh/年、「BIW-WS1000」が26W、22kWh/年で、3Wの差は、チューナーとトランスコーダーが1つ多いことによるのだろう。
外形寸法は「BIV-TW1000」が430×277.7×55.9mm(幅×奥行き×高さ)、「BIW-WS1000」が430×271.2×55.9mm(同)。重量は3.0kgで、iVDRスロットが1つ多い割に、ほとんど変わりはない。

共通の機能としては、次の通り。
・最高12倍の長時間録画(AVC変換)に対応
・気になるジャンルや好きなタレント名、キーワードを設定し、マッチした番組を自動録画する「お好み録画」機能を搭載
・Ethernetを装備し、「スカパー! プレミアムサービスLink」(録画・ダビング)に対応
・シンプルな操作性を実現する「カンタンメニュー」を採用
・DLNAサーバ機能を装備し、DLNA対応のテレビやパソコンなどをつないで、ネットワーク経由で、iVカセットや内蔵HDDの録画番組視聴が可能
・DLNAムーブイン機能に対応し、テレビのDLNAムーブOUT機能を備えた機器から、「アイヴィーブルー」にコンテンツをダビングできる。
・スマートフォンやタブレット機器などでの録画番組視聴に対応
・SDカードスロット(SDXC対応)やUSB端子も備える
・BD-R/RWからiVカセットへのダビングに対応
・光デジタル音声出力とアナログ音声出力も装備
・コンポジット/アナログ音声入力も備え、VHSデッキやビデオカメラなどからの外部入力録画も可能
・新デザインのリモコンを採用し、14社のテレビの操作に対応する。

さらに、上位機の「BIV-TW1000」は、次の機能に対応。
・iVカセットからiVカセットへのダビングに対応
・4K/24pのアップコンバート出力が可能
・「スカパー! プレミアムサービスLink」を含め最大4番組の同時録画が可能(「BIV-WS1000」は最大3番組)
・イーサネット端子に加え、IEEE802.11a/b/g/nの無線LANに対応

パナソニックのDIGAなどに比べて、決して機能豊富とは言えないが、特に欲しかったDLNAサーバ機能が搭載されたのは大きな進歩。
iVカセットからiVカセットへのダビングや、BD-R/RWからiVカセットへのダビングも嬉しい機能だが、ダビング中の制約事項がどの程度あるのか、気になるところ。

一方で、DLNAクライアント機能はないし、他社では製品が出始めた宅外のリモート視聴にも対応しない。
著作権保護のSeeQVaultや、Hybridcastなんて対応されるわけもないし、旧シリーズにはあった気がした、アクトビラなどのネット動画機能さえも削除されたみたいだ。

追記)コメントによると、DLNAクライアント機能には対応するようです。

ここら辺は、今後も、他社から1~2年遅れて対応することになるのだろうか。あるいは、永遠に対応されないかも。

ただ、日立のテレビなどを買い、運悪くiVDR-Sから離れられなくなってしまった人なら、このレコーダは買う価値がありそうだ。

関連記事:
マクセルからiVDRスロット搭載BDレコーダー:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 4

通りすがりのiVユーザー

DLNAクライアント機能は対応しているみたいですよ。あと、iVへの直接AVC録画、キーワード録画、録画予約赤丸表示、オートスキップ再生。
by 通りすがりのiVユーザー (2014-10-08 01:00) 

naniwa48

通りすがりのiVユーザーさん、ご指摘ありがとうございます。
DLNAクライアントにも対応したいんですね。記事も訂正しました。
iVへの直接AVC録画は、ダビ10にならないことを考えると、あまりメリットがない気が・・・
それと、オートスキップ再生はARIB規格的にはだいじょうぶなんだろうか?
by naniwa48 (2014-10-08 08:00) 

 通りすがりのiVユーザー

iVへの直接AVC録画は、Wowow等の有料視聴ユーザ(自分も含め)には、欲しい機能です。(元から、コピワンなので、内蔵HDDに録画する意味がないですので、Wスロットと合わせると、オンリーワンの便利さになるかも)

オートスキップ再生(取説では、”チャプター自動再生”)は、判る人にしか判らない機能なので(笑) ARIBの件は良く知りませんが、T社は、「CMをカットする方法を説明します」なんて書いているくらいですから、形骸化してような・・・

by 通りすがりのiVユーザー (2014-10-08 22:03) 

naniwa48

通りすがりのiVユーザーさん、こんにちは。
なるほど、コピワンの放送はあった方がうれしいですね。
日立のテレビはCM部分をカットではなく早送りしてARIB規格を回避しているみたいですので、そういう仕様かもしれません。
by naniwa48 (2014-10-09 07:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました