So-net無料ブログ作成

4kのネット配信の動向 [ネット配信]

スポンサードリンク




ニュース - YouTubeが4Kビデオに対応、解像度4096×2304はフルHDの4倍:ITpro

4kの映像配信を2010年に世界で最初に始めたのは、YouTubeだった。
当時、何でYouTubeが始めたのか理解できなかったが、その後、提携先のソニーのテレビなどで、YouTubeの4k放送を再生する機能を搭載しており、ようやく意味のあるサービスに変わりつつある。

というか、内容を問わなければ、現状、4kコンテンツの数が一番多いサービスであるのは間違いない。
4k動画が撮影できるデジタル一眼レフのカメラも増えているので、手軽に、4k動画をアップロードする人も増えたのも一因だろう。

「スマートTVアプリ」スペシャルサイト | テレビ ビエラ | Panasonic

Panasonic 4K Channel Japan - YouTube

パナソニックの4kテレビ専用の「Panasonic 4K チャンネル」も、実態はこのYouTubeサイトっぽいから、パナソニックのテレビ以外でも見られそうだ。

Sony Japan | ニュースリリース | 家庭での4K映像視聴体験拡充へ4K対応商品ラインアップ展開と4Kコンテンツ環境整備加速

一方、ソニーは、YouTubeの4kコンテンツも見られるが、ソニー独自のプレミアム配信サービス「Video Unlimited 4K」も開始しているようで、米国では「Netflix」との協業でも4k配信を計画している。
さらに、米国では、既に専用STBによるダウンロード配信サービスも行っており、映画配信を自らも行う強みを生かし、独自展開が目立つな。

ひかりTV 4Kはじまる。フルハイビジョンの約4倍!超高精映像の感動をご家庭で!|ひかり TV

一方、日本では、NTTぷららの「ひかりTV」が10月から4kのVOD配信のトライアルサービスを開始する。

シャープ、4K放送/VOD対応の新4K液晶TV「AQUOS UD20」 - AV Watch

対応テレビを、シャープが先陣を切って発表。住友電工ネットワークスが開発した4K対応STBもリリースされる。

NTT東日本/NTT西日本が提供するフレッツ光ネクストを使い、H.265/HEVCの映像コーデックを採用し、約30Mbpsの通信速度で、秒間60フレームの4K映像を配信するという。
スカパー!に比べればビットレートが低いのは、いまだ100Mbpsの家も多いフレッツ光の環境を配慮したのだろう。
ただ、インターネット回線の速度保障はNTTが行うから問題ないのだろうが、宅内のネットワーク環境も、買い替えが必要かもしれないな。

アクトビラ、“インターネットで4K/8K配信”に意欲 - ITmedia LifeStyle

一方、アクトビラも、2014年中に4kの試験配信を始めたいらしいが、NTTぷららのように回線のQoSの保証がないためか、ダウンロード型の配信もやりたいみたいだ。

Amazonが4Kコンテンツ配信に向けてSamsungやワーナー・ブラザースなどとパートナーシップを締結 - GIGAZINE

米国では、Amazonが4kコンテンツ配信を計画中みたい。さすがに、タブレットではあまり意味がないので、テレビに繋ぐSTB「Fire TV」のようなサービス形態が主眼だろう。

ただ、4kのネット配信には、回線もサーバも大幅に強化が必要で、そのコストに見あう収益が、素人目に見ても増やせる見込みが立たない以上、お金を取るサービスとして成立するのかは疑問を感じる。

米国や欧州では、それ以前に、家庭のインターネット環境が4k配信に耐えられる状況にないので、有料配信してもクレームだらけになりそうだ。

そうなると、行き着くところは、ダウンロード配信だろうか?
そこまでして、4kで見たいコンテンツが続々あれば、だが。

関連記事:
2020年の東京オリンピックで4kテレビの皮算用:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました