So-net無料ブログ作成

BS/CS用サテライトファインダー [AV機器]

スポンサードリンク




IMAG0007.jpg

上海問屋 DN-83050 (アンテナ調整 サテライトファインダー) |アンテナケーブル・パーツ|ケーブル|周辺機器・ソフトウェア通販のドスパラ

BS/CSアンテナを屋外に設置し調整するのは、素人が一人だと、けっこうむずかしい。
地デジだと、電波がそれなりに強ければ、適当にアンテナの方向に向ければ受かってしまうが、BS/CSは指向性が強いため、かなり微妙な調整が必要。

なので、リビングのテレビで受信感度を確認しながら、屋外のBS/CSアンテナの方向を調整するのは、2人が分担して、携帯電話で通話しながら行わないと困難だった。

最初の取り付けだけではない。BS/CSは、強風などで、少しでもアンテナの向きがずれると、簡単に映らなくなってしまう。
そのたびに、面倒な調整を行う必要が出てしまう。

上海問屋 DN-83050 (アンテナ調整 サテライトファインダー) |アンテナケーブル・パーツ|ケーブル|周辺機器・ソフトウェア通販のドスパラ

こちらのBS/CS用サテライトファインダーは、そういった問題を解決し、一人でBS/CSアンテナの調整が行えるツールだ。

BS/CSアンテナと、この機器のアンテナ側入力端子を接続し、テレビから来るケーブルをテレビ側入力端子に接続すると、内蔵のアナログメーターで受信レベルを確認することができる。
なお、テレビ側の接続は要らないのではないかと思うかもしれないが、テレビ側からの給電が必要なため、そちらも接続しないと動作しない。

これがあると、テレビの受信レベルを見ることなく、アンテナの手元で受信レベルが最大になるように、向きを調整することができるため、一人でBS/CSアンテナの角度調整が可能になる。

価格は1500円前後するので、安くはないし、めったに使わない機器だと思うと、高いと思う人も多いかもしれない。
しかし、BS/CSアンテナの向きがずれて、1回再調整をお願いしたりしたら、それだけで5000円以上は取られてしまう。
そう考えると、BS/CSを受けている人なら、持っていて損はないと思う。

ちなみに、同様の地デジ用ツールも売られているが、そちらはまず必要ない。衛星放送ほど指向性は強くないので、ある程度電波が強ければ、だいたい方角があっていれば受かってしまうからだ。
あらかじめ、自宅から送信局または中継局の方角を、地図で調べておき、コンパスで確認しながら、だいたい方角を合わせればそれでOKのはず。

ただし、遠距離受信を行う場合は、方角がシビアになるため、その場合、地デジ用のファインダーがあると便利だ。
まれなケースだとは思うが。

関連記事:
地デジ難視聴対策の衛星試験放送とは? | トドのつまりは・・・ - 楽天ブログ



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ


スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました