So-net無料ブログ作成
検索選択

ソニーから予約録音ができるラジオの後継機 [ラジオ]

ソニーの予約録音ができるCDラジオ「ZS-RS80BT」:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前、このブログで、ソニーの予約録音ができるCDラジオ「ZS-RS80BT」をご紹介したことがあるが、

01.jpg

ソニー、Bluetooth搭載のCDラジオ。ワイドFM対応で約14,000円 - AV Watch

その後継機種「ZS-RS81BT」が、ソニーから発表された。
5月27日に発売され、価格はオープンプライスで、店頭予想価格は14,000円前後だという。

「ZS-RS81BT」は、「ZS-RS80BT」同様、BluetoothとUSBメモリ/SDカード再生にも対応したCDラジオで、ワイドFM対応のAM/FMラジオを内蔵し、USBメモリ、または、SD/SDHCカードに、最大10件までのラジオの予約録音ができるという、ラジオ好きにはなかなか便利なラジオ受信機でもある。

実際、前機種の「ZS-RS80BT」は、1万円以上のモデルの中でシェア約30%(全モデル内で約5%)を獲得し、ベストセラーだったという。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ONYX BOOX C67ML」のその後 [電子書籍]

KIMG0144.JPG

「ONYX BOOX C67ML」について、その後、カスタマイズしたことについて、メモしておきたい。

ぽつんぽつんと書くブログ

こちらの情報によると、ランチャーメニューは、私が使ってみたNovaはメモリ食いなのでよくなく、Zeam Launcherがいいとのことで、試してみたが、「ONYX BOOX C67ML」では、デフォルトの設定非常に使いづらく、設定変更自体が困難であったために利用は断念。

スマートランチャー (Smart Launcher) - Google Play の Android アプリ

現在はこれを試用中。多少不便もあるが、動作が軽いし、あらゆるアニメーションをOFFにすれば、E-ink特有の残像が極力減らせるのがいい。
壁紙はモノトーンの明るめのグレーを設定すると、アイコンや文字の表示の邪魔にならず、ちょうどいい加減だ。

また、上記サイトによれば、画面右上の丸い矢印アイコンは、画面の再表示ではなく、表示モードの切替らしい(結果として再表示も行われるが)。矢印の中にA2と表示されているときの状態は、グレースケール表示をやめ、画面を白黒日だけで表示することで、表示を高速化できるらしい。
ただ、このA2モードにすると、肝心のフォントが読みづらくなってしまうので、結局電子書籍リーダーとしてはあまり意味がなく、あまり使い道はないかも。

それ以外に、

・戻るボタンの長押しで、フロントライトのON/OFFが切り替えられる

・右ボタンの長押しで、画面のリフレッシュができる

・画面の左右にボタンがあり、音量のアップダウン、左右カーソルに切り替えて使えるが、これは、アプリの設定によってはページめくりにも使える。

と言ったノウハウを発見。

現状感じている問題としては、

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

体を少しずつ動かそうと思う [ヘルスケア]

以前から、年齢と共に体重とコレステロール値が上昇しており、医者からも少しでも運動をするように言われていたのだが、なかなかできずにいた。
それが、4月になり、仕事が一段落したこともあり、少しずつ体を動かすことにした。

スポーツクラブは、家の近くにも、職場の近くにもあるが、かなり前に、入会してみたものの続けられず、かなりの金額を無駄にしてしまった経験があり、今回は、職場のそばにある市営のスポーツセンターにあるトレーニング室で始めようと思う。

早速、近くにある市営のスポーツセンターを覗いてみたが、1回の利用が300円で安いし、慣れてくれば回数券などもあるようで、シャワールームも無料で利用できるらしい。

ただ、以前やった時には、最初から頑張ってしまったために、体全体が筋肉痛になるだけでなく、吐き気までして寝込んでしまい、仕事への影響が出てしまったため、早々と止めざるをえなかった。

なので、今回は、最初はお年寄り並みの軽い負荷で様子を見ながら、仕事に影響がない範囲で徐々に運動量を増やす方向で考えている。

そのためまずは、ジムに通うのではなく、現在は、まず、毎日の会社からの帰り、降りる駅の4駅分前の駅で降りて、そこから歩いて帰るようにしている。

それでさえ、週末には、体中が筋肉痛になり、右肩は四十肩みたいになり、上がらなくなった。
ただ、ゴールデンウィーク前に始めたので、とりあえず右肩痛以外はゴールデンウィーク中に何とか解消した。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コンパクトスマホ「Polaroid pigu」を使ってみて [スマートフォン]

pigu004_480x-f7d9d.jpg

コンパクトスマホ「Polaroid pigu」を購入:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

「POSH Micro X S240」の代わりに、コンパクトスマホ「Polaroid pigu」を、ラジオの録音を聞くために、試しに使ってみた。

タッチパネルの感度や、操作に対するレスポンスは、ポータブルオーディオとして使っている分には、特に問題ない。
ところが、タッチパネルが敏感すぎるきらいがあり、ネックストラップからぶら下げてラジオを聞いていて、揺れて画面がタッチされたかのような挙動が起きることが、頻繁に起きる。「POSH Micro X S240」でも、同じような現象は起きていたが、「Polaroid pigu」はさらに酷い気がする。これが感圧式ならわかるが、静電式にしては、こうした誤動作が多すぎると思う。

バッテリーの持ちも、「POSH Micro X S240」が650mAhなのに対し、1400mAhと倍以上あるのに、実際の動作時間はほとんど変わらない。朝から聴き続けると、昼過ぎにはバッテリーが切れてしまう感じだ。
中古だからかもしれないので、本来の性能ではないのかもしれないが。

肝心のアプリの動作については、radikoアプリは問題なく動き、タイムフリーも聴ける。全く不満はない。

ラジオクラウドアプリも、動作には問題なし。「POSH Micro X S240」では解像度が低いせいで表示できなかった前後のスキップボタンも表示され、動作する。
ただ、ラジオクラウドをダウンロードしてオフラインで聴くには、実用上問題がある。
「Polaroid pigu」は、初期状態で、内蔵ストレージの残容量は2.5GB程度しかないのだが、ラジオクラウドアプリは、コンテンツのダウンロード先が内蔵ストレージ固定なので、十数個のコンテンツをダウンロードしたところで、残容量がゼロになってしまう。
こまめに聴いたコンテンツは削除しないといけない。

また、ダウンロードしたコンテンツが、パソコンとUSB接続してパソコンにコピーできないかと思って試したのだが、メディアデバイスとして接続しても、マスストレージとして接続しても、ダウンロードしたコンテンツは見えない。
アプリの造りだから仕方ないのだが、アプリの専用ストレージエリアにダウンロードするため、クラウドアプリ以外からはアクセスが不可なのだ。
ラジオクラウドを活用するには、スペック不足と言わざるを得ない。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

radikoolが久々の大型バージョンアップ [ラジオ]

radikoや、らじる☆らじるが、予約録音できるWindowsソフト「radikool」で、久々の大型バージョンアップが発表された。

Radikool | お知らせ Radikool4.6.0リリース

5月2日に発表されたRadikool4.6.0正式版がそれだ。
基本構造は従来を継承しながら、開発を断念したv5.0の新機能を取り込んだものとなっている。
我が家でも早速radiko録音サーバーで使っているが、単体での動作は大きな問題はないが、メモリ使用量が増えているのか、あるいは、メモリリークがあるのか、長時間起動しているとクラッシュしたので、現在調査中だ。

どがらじ 0.9.17 リリース(2017/5/2) | どがらじ

タイムフリーも予約できる「どがらじ」は、5月2日にVer 0.9.17が公開された。
このソフトはコツコツと地道に改良されており、安定度も増しているので、なるべく最新版にアップデートした方がいいと思う。
こちらも、radiko録音サーバーで使用中。

超!A&G+とradikoとらじる☆らじると音泉と響を録音するツール「AnGe4w」 | ひろたかのアニメ感想ブログ

「超!A&G+」「radiko」「らじる☆らじる」「音泉」「響」が予約録音できるWindowsソフト「AnGe4w」は、4月14日に公開されたv0.21cが最新版。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感