So-net無料ブログ作成
検索選択

AQUOS PAD SH-05Gを購入 [タブレット端末]

Androidファブレット「MediaPad X1」の後継ぎを検討:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

日常持ち歩く電子書籍リーダーとして使っていたAndroidタブレット「MediaPad X1」の跡継ぎとして、「AQUOS PAD SH-05G」の購入を検討していたが、先日、ヤフオクで購入した。

価格は、送料込み2万円強といったところだったが、ちょうど「ヤフオク毎日くじ」で「10%ポイント還元」が当選していて、実質2,000円引きで買えた。

sh05g_2.jpg

主な特長|AQUOS PAD SH-05G|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ

「AQUOS PAD SH-05G」は、2015年7月に、NTTドコモから発売された、Xi対応で通話も可能なAndroidタブレットだ。
発売からちょうど2年が経つため、最初に買った人の割賦が完了し、機種変更の時期を迎えることもあり、最近、値段が下がり始めている。
もうちょっと待てば、さらに下がる気もしたのだが、「MediaPad X1」のバッテリー劣化が激しくなってきたのと、液晶画面にも変なムラが出始めたこともあり、今買ってしまうことにした。

AQUOS PAD SH-05G レビュー by 法林岳之

SHARP AQUOS PAD SH-05G購入レビュー | Note 805

「AQUOS PAD SH-05G」のSoCは、発熱で速度が上がらないことで評判が悪かったSnapdragon 810(オクタコア)で、当初は不具合も多かったが、ファーム更新で安定し、バッテリーの持ちも改善されているようだ。

サイズは、174×105×8.0mmで、重さが約216gという、7インチタブレットとしては、今でも最軽量。
画面は、WUXGA(1920×1200ドット)の高解像度IGZOパネルで、縦横比も電子書籍に近く紙面が比較的大きく表示できる。
しかも、横幅は、狭額縁だった「MediaPad X1」の110mをさらに下回り、105mmしかないので、楽に片手持ちができる。
サイドに音量ボタンもあるため、これで、ほとんどの電子書籍アプリのページをめくることができ、混雑した電車の中で立ちながらも、電子書籍を楽々読むことができる。
しかも、このコンパクトさで、防水(IPX5/7)対応なのだ。

私が、この機種を、常用の電子書籍リーダーとして選んだ最大の理由はここに尽きる。

正直、それ以外はどうでもよかったのだが、一通りスペックをおさらいしておく。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ポータブルオーディオ「Shanling M1」が届いた [ポータブルオーディオ]

20160815213201.png

ヤフオクで購入したポータブルオーディオ「Shanling M1」が届いた。
納品書を見たら、購入先は、イヤホン専門店「eイヤホン」だったようだ。

だったら、商品チェックもしっかりしているので安心だ。と思いながら、梱包を解いてみると、予定外に同梱物ノが多い。

20170627_204417674.jpg

一番大きい「Shanling M1」の箱の他に、レザーケースとアームバンド2本。
これは、純正オプションで、新品を購入すると1,980円する。

さらに、「KZ ZS3」というステレオイヤホンのパッケージが。
これは、「Shanling M1」とは直接関係ない普通の商品だし、パッケージが開梱されていないので、新品に見える。

51wozsiGyJL._SL1000_.jpg

ヲチモノ- 【イヤホン】KZ 『KZ ZS3』 レビューチェック

調べると、低価格ながら、インイヤー式のケーブル脱着式で、音も主準以上と、なかなか評判のいいイヤホンらしく、2,200円ぐらいするようだ。

「Shanling M1」本体の箱は、ビニールパックは破られているものの、中身の本体や付属品は非常に綺麗な状態。
付属品も、ほとんどパッケージが破られておらず、印象的には、「eイヤホン」の店頭展示品ではないだろうか。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

液晶ディスプレイ付きのSSD/HDD対応メディアプレイヤー [AV機器]

sanko.jpg

9型液晶付きのSSD/HDD対応ポータブルメディアプレーヤー。14,800円 - AV Watch

サンコーから、2.5インチのSSDやHDDのベアディスクを装着して使う、9型液晶ディスプレイ付きの「SSD/HDD対応液晶付きすごいメディアプレイヤー」(PPHDPLY6)を、7月3日から発売したそうだ。

直販価格は14,800円(税込)。

SSDやHDDは、2.5インチのSATAタイプが装着できるとあるが、厚みに関しては、大容量の12mm厚タイプが収納できるのかは不明。

液晶ディスプレイは、9インチだが解像度について明記はなく、画質についても動画再生に耐えうるレベルかどうかは不明。
秋葉原のサンコーレアモノショップで、実機で確認が必要だな。

筐体は、260×187×39mm(幅×奥行き×高さ)で、約722ggあり、いわゆる液晶画面付きのポータブルDVDプレーヤーを少し大きくした感じ。
もう一回り小さく、軽くらななかったかなぁ?とは思う。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

auがMVNO対抗の「ピタットプラン」を発表 [携帯電話]

au、MVNO対抗を明確に打ち出した「au ピタットプラン」発表会 - ケータイ Watch

auが5段階定額の新プラン「au ピタットプラン」、最安で月額1980円~ - ケータイ Watch

auが、低価格なMVNOに対抗して、5段階定額の新プラン「au ピタットプラン」を発表した。

「au ピタットプラン」は、パケット使用量に応じて、5段階の定額を支払う料金プランとなっていて、最終的に、20GBを超えると通信速度が制限される料金体系となっている。
その一方で、端末の割賦期間中の「毎月割」は適用されない。

「au ピタットプラン」には、音声通話プランのタイプに合わせて「au ピタットプラン(スーパーカケホ)」「au ピタットプラン(カケホ)」「au ピタットプラン(シンプル)」の3種類が用意され、従来のプラン同様、「誰でも割」「auスマートバリュー」に加入するとさらに割引になる。

さらに、12月31日までに端末の購入を伴う新規・機種変更で「au ピタットプラン」に加入すると、「ビッグニュースキャンペーン」により、12カ月間は毎月1,000円が割り引かれるキャンペーンが実施される。

au01_s.png

3種類の中では、無料通話が含まれない「au ピタットプラン(シンプル)」が、月額料金が一番安く、「誰でも割」「auスマートバリュー」「ビッグニュースキャンペーン」の3つを適用すると、月額1,980円(~1GB)~4,980円(5~20GB)となる。

MVNOにも対抗できる安さにも見えるが、「ビッグニュースキャンペーン」の有効期限は1年なので、2年目からは月額2,980円(~1GB)となるため、さほど安いとは思わない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

愛車が5年目の車検(6) 次の新車の購入時期 [乗り物]

2012年6月に購入した我が家の愛車、三菱のデリカD:2(スズキ・ソリオのOEM車)は、5年目の車検が完了した。

sz_ZVR.jpg

スズキ・ソリオ

この間、スズキ・ソリオは、衝突防止機構も付き、本格的ハイブリッドカーまで発売され、大きく進化し、全く別物になってしまったことに驚いている。

とはいえ、我が家的には、今すぐ買い替えるつもりはなくて、あと4年乗って9年目ぐらいから、新しい車に乗り換えようと思っている。

それは、過去の車の購入経験で、大体新車を買って10年前後で、あちこちが故障し始める、という実体験があるからだ。
しかも、結構修理にお金がかかるような故障が、である。

これまでは、大体そうした故障が起きると、それを修理したとしても、また別の場所の故障が起きたりして、結局お金がかさむので、それよりは一気に新車に乗り換える方がいい、と考えて、車を乗り換えてきた。

乗りかえるとしたら、当然だが、まずは三菱から車は買うつもりはない。三菱車に乗っていて、直接の被害はなかったが、こんなウソツキ会社、もうこりごりだ。

さらに、4年後というと、下の子供も就職してい可能性も高く、子供は二人とも完全に子離れし、場合によっては、家を出ている可能性も高い。

すると、車に乗るのは、普段は夫婦二人のみ。

今でさえ、家族4人が同時に車に乗るのは、一月に1回あればいい方なので、子供たちが独立でもしたら、帰省してきたときぐらいしか、我が家の車には乗らないだろう。

そう考えると、5年後に買う車は、さらにダウンサイジングして、軽のハイトワゴンでも十分な気がしてくる。

軽自動車の衝突安全性も、昔に比べればかなり向上しているし、それ以前に、衝突防止機能の進歩が目覚ましい。
それに、事故を貰った時の安全性も重要だが、子育てを終えて年を取ってからは、むしろ自分が事故を起こさない対策の方が、世間や子どもたちに迷惑を掛けないためにも、重要になる。

4年後に車を買い替えて、それからまた10年前後、その車に乗ることを考えれば、多少奮発しても、衝突防止機構は必須だろう。
最近は、軽の衝突防止機構も普通の乗用車並みに機能アップしてきており、4年後はさらに進歩して、ある程度の自動運転機能も載りそうだ。
だったら軽自動車でも十分な気がしてくるのだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感