So-net無料ブログ作成

電子書籍リーダーに適したAndroidタブレットを発見(1) [電子書籍]

以前、新たな電子書籍リーダーとして使うAndroidタブレットとして、次のような条件を満たす端末を探していることを書いた。

・7インチ液晶画面がWUXGA(1920×1200ドット)で、電子書籍の表示には適したアスペクト比16:10
・片手でホールドしやすい横幅が110mm以下
・片手持ちで疲れない250g以下の重量
・microSDカードスロットを備え、microSDXCカードが使えること
・OSが、Android 6.0以降で、microSDカードを内蔵ストレージとして使用する機能があること

Huawei Honor MediaPad X2 - GEM-703L (3GB/16GB, Silver)価格&特徴 - EXPANSYS 日本

これらの条件を満たす製品として「MediaPad X2」しか見つけられなかったのだが、この製品、日本では未発売でほとんど出回っておらず、価格も決して安くないため、気軽には手を出せずにいた。

その後、ネットを見ていて、偶然、画面のアスペクト比以外は、ほとんど条件を満たしている、安価なAndroidタブレットを、2機種発見した。

main_img.jpg

LAVIE Tab Eの仕様について|NEC LAVIE公式サイト

その一つが、NECから発売されている7インチタブレット「LAVIE Tab E TE507/FAW」で、新品でも1.6万円台で販売されているから、ローエンドクラスのタブレット端末だ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「Firefox 58」がリリースされたが、改善されないこと [インターネット]

2017.25.09.FFQuantumBeta_Quantum-1400x770.png

Firefox Quantumで使うならこれ! Firefox 57の代替アドオンを紹介するエントリが人気【やじうまWatch】 - INTERNET Watch

大幅に高速化されたことで話題になった「Firefox Quantum (57)」だったが、その後、Windows版で使えなくなった旧アドオンの代わりも大体見つかり、操作にも慣れて使いやすくはなっている。

Tab Mix WebExtension (experimental) ? Firefox 向けアドオン

特に、Webブラウズに関わるタブの挙動についてきめ細かなカスタマイズできて便利で、愛用していた「Tab Mix Plus」の、FireFox Quantumでも動くWebExtensions対応ベータ版がリリースされたのは、私にとって大きい。
もちろん、まだβ版であり、実装されていない機能も多いのだが、今ある機能だけでも十分嬉しいし、今後の開発にも期待が持てそうだ。

しかし、一方で、以前のバージョンから気になっていたことだが、たくさんのタブを開いたときに、ページのレンダリングが進まなくなる現象は、変わらず起きていた。

さらに、その状態に困っていったんFireFoxを終了して、もう一度起動したときに、常駐プロセスがフリーズしたまま生きており、それが邪魔をして再起動できない旨のエラーが出て、強制終了が促される。
ここで、強制終了しないと、再起動ができない現象が相変わらず起きていた。

現象的にみると、ブラウザUIの操作自体は普通にできるので、HTMLかJavaScriptのレンダリングエンジンあたりが、フリーズしているように見えるのだが、これが解決せず困っていた。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スマートリモコン「sRemo-R」の初期設定 [白物家電]

早速、「sRemo-R」をセットアップしていこう。

sRemo-Rサポートサイト | 「sRemo-R」に関するサポートサイトです

セットアップの手順については、公式サイトでもかなり詳しい説明があり、さらには、

スマートリモコン sRemo-R(エスリモ・アール)レビュー センサー内蔵でAlexaスマートホームスキルとIFTTTにも対応したおすすめのスマートデバイス

スマートリモコン「sRemo-R」を買う前に確認してほしいこと - おばかさんよね。

スマートリモコン sRemo-R(エスリモ・アール)レビュー センサー内蔵でAlexaスマートホームスキルとIFTTTにも対応したおすすめのスマートデバイス

こちらのサイトの情報を参考にさせて頂いたが、いずれも詳しくセットアップ手順や、機能の詳細が説明されていて、とても参考になった。

今から、自分が同じようなことを書いても意味がないなぁ、と感じたので、多少変化球で、ということで、大抵の方が、iPhoneシリーズでセットアップを行っている中、私は、ホコリをかぶっていた初代iPad miniでやってみることにした。

sRemoR on the App Store

ということで、まずは、iTune Storeで無料のiOSアプリ「sRemoR」を、iPad miniにインストールし起動する。
といっても、「sRemoR」は、スマホ用アプリであり、iPad用アプリではないため、画面表示はスマホ画面をそのまま拡大した状態になるし、画面のレイアウト自体も、iPhoneに比べて崩れている部分や、バランスが悪い部分もある。

写真 2018-02-14 21 25 30.png

ただ、リモコンを画面に表示して操作する上では、iPhoneより明らかにボタンが大きく、押しやすいだろう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新aiboの作り込みの丁寧さ [玩具]

app-detail-1-0.jpg

“まるで本物”の新aibo ペットのように「育て方で個性が出る」 (1/2) - ITmedia NEWS

ソニーが、1月11日に、AI技術を活用した犬型ロボット「aibo」を、10年ぶりに発売した。

テレビなどのメディアでも盛大取り上げられていたが、私自身は、しょせん会話もできないのに、20万円近くし、毎月通信料も掛かるペットロボットに、そこまで興味を持てずにいた。

ところが、お店で実物を見たら、予想を超えた作り込みに、さすが10年の月日は伊達ではなかったと感心してしまった。


まず、コンセプト上、従来との一番の違いは、従来の「aibo」が架空の動物という設定だったのに対し、今回の新「aibo」は、明確に犬型ロボットと銘打っていること。

22軸の超小型アクチュエーターで動きを表現するが、従来のAIBOよりも2軸増えただけらしいのだが、アクチュエーターの動きの連動性が高まり、その動きも完全に犬に寄せたことでリアルになっており、本当に生き物っぽい。
おそらく、本当の犬にセンサーをつけて、モーションキャプチャーで動きを取り込んだのではないだろうか。

新たに目には有機ELパネルを搭載したが、画像でまぶたや瞳を動かすことで、より細やかな表情を見せるようになり、生き物っぽくて可愛いと思う一方、心の底のどこかがザワつくのも感じる(いわゆる不気味の谷と呼ばれる現象かも)。

皮膚の感触も、少しひんやり感はあるものの、思ったよりメカメカしくなく、触り心地も悪くないし、撫でてやると、気持ち様な表情やしぐさをするのが、妙にリアル。
よくここまで作り込んだな、と感心するほどだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スマートリモコン「sRemo-R」が届いた [白物家電]

スマートリモコン「sRemo-R」 | IoTを実現するスマートなリモコン

Amazonで購入したスマートリモコン「sRemo-R」は、すぐに届いたのだが、色々事情があって、なかなかセットアップができない状態なので、まずは簡単にご紹介。

2018-02-08 00.31.29.jpg

私のもとに届いた商品は、安物のカフスボタンでも入っていそうな箱の外観。

2018-02-08 00.32.15.jpg

中身は、本体以外は簡単なマニュアルのみというシンプルな構成だ。

さて、セットアップを始める前に、いくつか気になった情報を。

スマートリモコン sRemo-R(エスリモ・アール)レビュー センサー内蔵でAlexaスマートホームスキルとIFTTTにも対応したおすすめのスマートデバイス

スマートリモコン「sRemo-R」が、Amazon限定で発売されたものの、入荷したらすぐに売り切れるようで、なかなか購入できない人が多いみたいだ。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感