So-net無料ブログ作成

PS VRが全世界で値下げ [ゲーム機]

playstationvr-top-article01-20171002.png

SIE、PS VRを3月29日から全世界で価格改定--国内は1万円値下げ - CNET Japan

ソニー・インタラクティブエンタテイメント(SIE)は、3月28日、PlayStation 4用VRシステム「PlayStation VR PlayStation Camera同梱版」(PS VR)を、全世界で値下げすることを発表した。

日本では、従来の44,980円(税別)から34,980円(税別)へ1万円の値下げとなるが、海外では、北米では399USドルから299USドルに、欧州では399ユーロから299ユーロに、それぞれ改定されており、感覚的には、若干北米の方が安い感じか。

北米は、PS4の販売台数自体が、日本に比べて格段に多いから、力の入れ具合も違うのだろう。

私自身は、初代のPS VRを、少し前に3万円で購入したので、それよりはまだ高いから、「買って損した!」とまでは行かないが、買う前にこの値下げを知っていたら、買わなかっのは間違いない。

正直、時間もなくて、これまでPS VRで、PS4で、ネット経由で手に入るサンプルゲーム、YouTubeのVRコンテンツをいくつか遊んだ程度で、あまり活用できておらず、早く買った分元が取れた、という感じもない。

せっかく買ったのだから、そろそろ、何かゲームを買おうかな。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スマートスピーカーによる家電制御って実用になるのか? [白物家電]

Amazon Echo(Alexa)でスマートホーム化 ~今できる家電操作とは~

Google Homeでスマートホーム化 ~対応製品や赤外線家電操作について~

これまで、スマートリモコンを介して、スマートスピーカーから家電機器を制御する話は、何度か取り上げてきており、実際に、我が家でも、リビングにあるGoogle Homeから、テレビ、エアコン、照明の電源ON/OFFなどが行える状況にはなっている。

一方で、スマートリモコンを使わず、ネイティブ対応で、スマートフォンやスマートスピーカーから、家電機器を制御する動きも、活発化しつつあり、対応製品も出てきてはいるのだが、どれも首をかしげざるを得ない。

少なくとも、日本の家庭では、どれも実用性があるとは思えないのだ。

philips-hue-431650-bulb-single-lg._v370602166_.1476192272.jpeg

フィリップスが提供するワイヤレスでスマートな照明 | Hue の紹介

最初に、スマートスピーカーで制御できることで話題になったのが、フィリップスの「Hue」というLED電球。
ただ、当たり前だが、それなりの家のリビングダイニングや個室にスマートスピーカーを置いたとして、その部屋の照明にLED電球を使うことがどれだけあるだろうか?
レビュー記事などを読んでも、誰もそこを突っ込まないのか不思議でならない。
天井から、電球1個がぶら下がり、それをスマートスピーカーで操作する部屋なんて、イメージし難いだろう。

pic1.jpg

ガラス&天然木製・北欧風天井照明(5灯)LED電球&ECO球対応が送料無料

もちろん、複数のLED電球を装着するシーリングライトも存在するよ、と突っ込む人もいるかもしれない。だが、こうした照明に「Hue」を挿したとして、スマートスピーカーから一度にすべてのLED照明を点灯したり消灯するように設定するのは、簡単ではなかったりする。

照明に続いて、出始めたのが、スマートコンセントと呼ばれる商品群だ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

iPhone SEの液晶ガラスカバーが割れたので修理 [スマートフォン]

日常持ち歩いているiPhone SEは、一応ハードジャケットは付けていたのだが、路上で落とししまい、しかも、液晶面からアスファルトに激突して、液晶ガラスカバーが割れてしまった。

DSC_0277.JPG

派手に割れたが、不幸中の幸いで、液晶やタッチパネル自体は大丈夫で、ガラスカバーの損傷のみに留まったみたい。

通勤途中にあるiPhone SEの修理をやってくれるお店を探したところ、数店舗あり、ガラスカバーの交換だと、一番安い店で4,780円から、高い店だと9,800円まであり、結構バラつきがある。
そこで、まず、一番職場から近く、値段も一番安い上に、Webクーポンも発行されている店があったので、早速当日、帰宅途中に立ち寄ってみた。
すると、状態を見て、Web上に書かれたのと全く違う値段を言われ、しかも、フレームがゆがんでいる可能性が高い、ということで、さらに1,500円の料金表にない追加料金が加わり、税込1万円近い料金を言われた。

Webの値段表とあまりに違い、何だか不信感もあったので、「考えてまた来ます」と言って出て、次に、目を付けていた別の店に行ってみた。

そこは、若い女性が一人でパソコン教室もやっている店で、症状を見て、ガラスカバーの交換で済みそうなので、料金は税別7,800円(税込8,424円)だという。
しかも、予約して来店した場合は、税込料金から1,000円引きになるというので、先週の日曜日に予約で修理をお願いした。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なぜ安いクオーツ時計は時間がずれるのか? [科学技術]

職場で、ある同僚が使っている展示会の景品でもらった卓上のクォーツ時計がやたらずれる、という話になった。
1か月に5分ぐらいずれるという。
それを聞いて、我が家のトイレにある卓上クォーツ時計(景品で貰ったもの)も、正月に合わせた時刻が、現在10分遅れとなっているのを思い出した。

ただ、そこでふと不思議に思えて、同僚に問題提起してみた。

「安物だからと言って、水晶振動子の精度が下がるわけでもないだろうに、なんでズレるのかな?」

これに誰も答えられなかったことから、調べたり考えたりし始め、ようやく一つの回答にたどり着いたので、それをご紹介したい。

皆さんは、どんな原因を思い浮かべただろうか?

まず、クォーツ時計についておさらいしておこう。

【時計業界の歴史を知る】クォーツショック後、王者パテック・フィリップは何をしていたのか? | トケイ通信 by KOMEHYO

水晶振動子の固有周波数の精度が高いことを利用し、それを時計に応用したのがクォーツ時計だ。
それまでのぜんまいネジを利用した機械式時計より時刻精度が高い上に、大量生産が可能で値段も圧倒的に安いことから、あっと言う間に時計業界を席巻するようになり、機械式時計は趣味の商品の地位へ押しやられ、スイスの老舗時計メーカーがいくつも倒産に追い込まれたことは、ご存知の方も多いとと思う。

水晶振動子 - Wikipedia

例として、ある水晶振動子の固有周波数が32000Hz(Hzは1秒間の振動数)であれば、水晶振動子の出す電気信号を32000回カウントすれば、それが1秒ということになる。
水晶振動子の固有周波数は、気温などにより多少の変動はあるものの、極めて安定しているため、一般的なクオーツ時計の時間精度は月差±20秒のレベルと言われている。

グランドセイコーやザ・シチズンの高い時計のように、さらに工夫を加えて、年差5~10秒の精度を誇る腕時計もあるぐらいだ。

一方、いくら安物の時計とはいえ、安物の水晶振動子を使うと、固有周波数の精度が低いというようなことは、水晶振動子の原理的に考えづらく、そうした理由で時計の時刻のずれが大きくなることは考えにくい。

じゃあ、なぜ安物のクォーツ時計はズレるのだろうか?

それは、先ほど書いた「水晶振動子の固有周波数の精度からすれば、クォーツ時計の時刻精度は月差±20秒に収まる」という論理に、一つ前提が抜けているからだ。

水晶振動子の固有周波数の揺らぎは非常に小さいのだが、部品として納品される水晶振動子の固有周波数自体には、工業製品であるからには、ある程度のバラつきがある。

クオーツ時計が今ほど世間にあふれていなかった頃は、個々の製品に使われている水晶振動子の固有周波数を計測し、そのバラつきに応じて、時計側の時定数を微調整して、水晶振動子の個体差の影響を抑えていた。

だからこそ、月差±20秒に収まる精度が保てたのだ。

ところが、現代では、物凄い量のクォーツ時計が、しかも信じられないような低価格で量産されている。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

このリモコン凄いな [白物家電]

随分前のニュースなのだが、最近知り、素晴らしいと思ったのでご紹介。

エコリモコン_588x.jpg

ASCII.jp:電池も配線も不要な“環境発電”のウォッシュレット・リモコン

「電池不要なエコリモコンの実用化」で第26回「電波功績賞」電波産業会会長賞を受賞 2015年06月17日 : ニュースリリース : TOTO

TOTOが、ウォシュレット用の「電池不要なエコリモコンの実用化」で、一般社団法人電波産業会主催の第26回「電波功績賞」電波産業会会長賞を受賞した、という3年前の報道だ。

「電波功績賞」は、電波の有効かつ適正な利用に特別の功績を挙げた個人又は団体を毎年表彰するもの。

TOTOの「エコリモコン」は、ボタンを押す力を利用して自ら発電し、通信に必要な電力を全てまかなうことで、電源工事や電池交換を不要としたという。

そのため、機械式のストロークのある鍵盤型ボタンを採用し、このボタンを押すと、押す動きを回転運動に変換して、発電機を回転させる。

そんなもんで、赤外線信号を安定して出せるものかな?と思ったらもう一工夫あった。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感