So-net無料ブログ作成

新aiboの作り込みの丁寧さ [玩具]

app-detail-1-0.jpg

“まるで本物”の新aibo ペットのように「育て方で個性が出る」 (1/2) - ITmedia NEWS

ソニーが、1月11日に、AI技術を活用した犬型ロボット「aibo」を、10年ぶりに発売した。

テレビなどのメディアでも盛大取り上げられていたが、私自身は、しょせん会話もできないのに、20万円近くし、毎月通信料も掛かるペットロボットに、そこまで興味を持てずにいた。

ところが、お店で実物を見たら、予想を超えた作り込みに、さすが10年の月日は伊達ではなかったと感心してしまった。


まず、コンセプト上、従来との一番の違いは、従来の「aibo」が架空の動物という設定だったのに対し、今回の新「aibo」は、明確に犬型ロボットと銘打っていること。

22軸の超小型アクチュエーターで動きを表現するが、従来のAIBOよりも2軸増えただけらしいのだが、アクチュエーターの動きの連動性が高まり、その動きも完全に犬に寄せたことでリアルになっており、本当に生き物っぽい。
おそらく、本当の犬にセンサーをつけて、モーションキャプチャーで動きを取り込んだのではないだろうか。

新たに目には有機ELパネルを搭載したが、画像でまぶたや瞳を動かすことで、より細やかな表情を見せるようになり、生き物っぽくて可愛いと思う一方、心の底のどこかがザワつくのも感じる(いわゆる不気味の谷と呼ばれる現象かも)。

皮膚の感触も、少しひんやり感はあるものの、思ったよりメカメカしくなく、触り心地も悪くないし、撫でてやると、気持ち様な表情やしぐさをするのが、妙にリアル。
よくここまで作り込んだな、と感心するほどだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

ドローンのエントリーモデルMJX「X400」を購入 [玩具]

規制外のドローンがあるらしい:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

日本国内の厳しい法規制(ドローン航空法)の対象外となる入門用ドローンという商品ジャンルがあることを、以前ご紹介したが、

71MWuO3vu8L._SL1500_.jpg

スマートフォンと連携し、FPV飛行のエントリーモデルに最適な MJX「X400」レビュー | DRONE MEDIA

そうした「おもちゃ」としてのドローンが、Amazonのセールで安売りされていて、つい買ってしまった。

香港のMJX社(MeiJaxin Toys)の「X400」シリーズのホワイトモデル「X400」で、同社製のFPV用0.3MPカメラモジュール「C4005 FPV」もセットになって、4,999円と激安だったのだ。

X400Wは輸入品だが、2.4GHz帯のWi-Fiで通信を行い、日本の技適認証も通っているので、安心して使える製品だ。
リモコンの操作可能距離は100m程度とのことだが、2.4GHz帯の制約なので仕方ないところ。

六軸ジャイロ飛行制御システムを備え、購入から飛行・FPVまでのセットアップを少ない手間ででき、初心者には最適なドローンとなっており、人気のある機種らしく、検索すると、日本でもレビューを書いている人が非常に多い。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

規制外のドローンがあるらしい [玩具]

ドローンというと、公共施設やイベントで、勝手に飛ばしてトラブルを起こしている人が、ニュースで取り上げられるのを時々見るので、買っても、飛ばせる場所がないだろう、という気がして、これまであまり興味がなかった。

一方で、最近、1万円以下の安い値段で、おもちゃのようなドローンがよく売られており、結構そうしたドローンを買う人が多いことも知っていたので、そうした人たちが、どんな場所で飛ばして遊んでいるんだろう?というのは、興味があった。

[ドローン初心者に知ってほしい]200g以下のホビードローンにも適用される法規制まとめ | FLIGHTS

そこでちょっと調べてみたのだが、2015年11月にドローン航空法が施行され、ドローンを飛行時には、許可申請書類を提出が義務付けられるようになり、例えば、ドローンを飛行禁止区域(空港付近、人口集中地区、高さ150m以上の空域など)で飛ばしたり、自動車・建物等と30m未満の距離で飛ばすことは、原則禁止(違法)なのだそうだ。

ただし、このドローン航空法は、重量200g以上の機体のみに適用され、200g未満のドローンには適用されないらしい。
確かに、200gというと、完全におもちゃであり、たとえ人に当たっても、目などに当たらなければ、まず怪我をするようなことはないだろう。
そおらく、人に当たったら、むしろドローンのプロペラの方が直ちに破損しそうだ。

このような200g未満の法規制の対象外となるドローンを、一般的に「ホビードローン」と呼び、こうしたホビードローンが世間では人気らしいのだ。
200g未満しかないが、カメラも搭載して空撮もでき、5000円を切る製品もいくつかありるのだから、安い。

なるほどね。だからみんなが気軽に買うのか。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

少女マンガ誌「ちゃお」に、ロボット掃除機の付録 [玩具]

Cobs_1597890_699b_1.jpg

史上初! 少女マンガ誌『ちゃお』、ロボット掃除機の付録で最新号発売 - エキサイトニュース

2017年で創刊40周年を迎えるという、小学館の少女マンガ誌「ちゃお」(毎月3日発売)4月号(3月3日発売・特別定価580円)の付録に、"史上初の家電ふろく"ということで「プリちぃおそうじロボ CHI-01」が付いてくるいう。

「プリちぃおそうじロボ CHI-01」は、「ちゃお」連載のマンガ「プリプリちぃちゃん!!」の主人公である地底人の「ちぃちゃん」が上に載ったデザインで、小さな円形となっている。

自動走行で机の上などをお掃除でき、机の端や段差に到達すると、それを機械的センサで検知して、方向転換をしてくれるので、落下することはないとのこと。

「ちゃお」4月号には、その他にも、「キョロちゃんイースターHAPPYメッセージカード」「アイカツスターズ! 新聞」の付録がつき、人気連載「12歳。」でも新章がスタートするとのこと。

なお、マンガ「プリプリちぃちゃん!!」についても、4月15日よりMBS/TBS系列28局ネット「アニメサタデー630」でテレビアニメ化されるそうで、そこら辺のプロモーションも兼ねての付録なのだろう。

続きを読む


「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」創刊 [玩具]

news_thumb_ATOM_0222_11.jpg

「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」創刊 ~講談社、手塚プロダクション、NTTドコモ、富士ソフト、VAIO5社による共同プロジェクトが発足 - PC Watch

読者がコミュニケーション・ロボット「アトム」を組み立てる「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」が創刊されるそうだ。
ディアゴスティーニかと思いきや、講談社だという。

4月4日創刊で、約1年5カ月かけて刊行され、全70巻を予定しているという。
創刊号の価格は特別価格で830円。通常号は1,843円で、全巻合計の税別本体価格は184,474円だというから、結構な金額ではある。
なお、VAIOによる組み立て代行サービス(限定1,000台)も利用でき、その場合の組み立て済みセットの価格は、212,900円だという。


「アトム」の身長は44cmで、重量は1,400g。可動部は18(頭部2、腕6×2、脚10×2)。外装はABS樹脂。
CPUボードは専用のメインボード(VAIO製)とRaspberry Pi 3(Model B)。
92万画素のHDカメラ、マイク、スピーカー、両眼LED(7色)のほか、胸に2.4型のタッチパネル付き液晶ディスプレイを持つという。
インターフェイスはIEEE 802.11b/g/nの無線LAN、Bluetooth 4.1をRaspberry Pi 3に搭載する。
電源はACアダプタ(7.8V/6A)のほか、リチウムイオン充電池(3.6V/5,800mAh)を内蔵。

20140828.jpg

会話ロボット最先端! PALRO(パルロ)【公式】 富士ソフト

完全なオリジナルではなく、富士ソフトが販売している「PALRO」がベースとなっており、基本的な設計、開発は富士ソフトが担っているようだ。なるほどね。

続きを読む