So-net無料ブログ作成
検索選択

ウェアラブルデバイス ブログトップ
前の5件 | -

スマートウォッチ、終わったな・・・ [ウェアラブルデバイス]

【保存版】まだ持ってないの?はじめてでも後悔しないスマートウォッチ・ベスト11を発表するぞ! - Brian'z Imagination

アップルがApple Watchを発売してから約2年が経過し、今だ、スマートウォッチを推すメディアもあるようだが、それもそろそろ限界が来つつあるようだ。

大抵の会社は、新ジャンルの製品で1年目の赤字は大目に見てもらえる。2年目の赤字も、それが1年目より改善が見られれば、目をつぶってもらえる。5年経っても黒字化できなければ、普通は撤退だ。
スマートウォッチも発売から2年もたち、販売状況が改善されなければ、撤退するメーカーが出てくるのも当然だろう。

スマートウォッチの時代は終わったのか? | TechCrunch Japan

Apple Watchの今年の販売台数は110万台だが、昨年に比べて73%も少ないという。これはまずい。
トップメーカーだから、真っ先に撤退はないだろうが、製品は大幅に改善したのに、販売が大幅に減るというのは、事業として危険信号だ。

アップルだけではない。

Fitbitに資産売却したスマートウォッチメーカー Pebble、製品保証をすべて打ち切る | スラド ハードウェア

PebbleはFitbitに買収され、スマートウォッチ事業からは完全撤退が発表された。しかも、ユーザーにとっては、製品保証もすべて打ち切るという悲惨な状況。ベンチャーはこれがあるから怖い。

モトローラ、近く新型スマートウォッチをリリースする計画はなし--The Verge - CNET Japan

Motorola Mobilityも、新製品を出さないだけでなく、現行製品のアップデートも実施しない。その理由として、「毎年改良を重ね続けようとわれわれが思うだけの十分に幅広い魅力がない」と述べており、要するに売れていないのがすべての原因と言っていい。

SonyのSmartWatch 3が公式ストアで9,880円に値下がり コストコでは8,980円 ? Dream Seed

ソニーも、出した製品を大幅値下げし、在庫処分状態。

ウェラブルデバイスブームは失敗に終わるのか?:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前にも書いたが、そもそも腕時計自体を付ける人が減っている上に、現在のスマートウォッチは、腕時計として満たすべき電池の持ちや耐候性能を備えておらず、成功するとは思えなかった。
最近はメーカーも気づいて、改良しつつあるが、それでも普通の腕時計のレベルには程遠い。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「Apple Watch Series 2」も発表されたが・・・どうでもいいや [ウェアラブルデバイス]

aw.png

50m防水になってポケモンも遊べる「Apple Watch Series 2」 - PC Watch

「Apple Watch」も新型「Apple Watch Series 2」が発表されたが、価格は38mmケースが27,800円~、42mmケースが30,800円~。

さて、「Apple Watch Series 2」は、水深50m防水となったのが一番の改良みたい。

「防水ぐらい、最初からやっておけよ!」というのはさておき。

水深50mという数値に、実用的な意味が何も見えないのは、アップルらしからぬこと。
アップルって、他社にない「水深50m」を実現するなら、それによりどんなに新しい体験ができるかを、しっかりアピールする会社だったのにね。
数値だけ他社に勝てばいい、というのは、古い日本の家電メーカーみたいで、カッコ悪いな。

また、GPSを内蔵し、位置のトラッキングできるようになったのも、重要な改良だが、これもなぜ最初からやらなかったのか、と思う。

しかも、それを活かすアプリケーションが、「ポケモンGO」というサードベンダー頼りというのが、まずアップルらしくない。

それに、スマホでも外付けバッテリー必携の「ポケモンGO」を、「Apple Watch」で動かしたら、バッテリーは半日も持つとは思えないし、かといって「Apple Watch」に外付けバッテリーをぶら下げて歩いたりしたら、そんな不格好なこと、「Apple Watch」の存在意義の否定でしかない。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カシオが発表したスマートウォッチのさすがとガッカリ [ウェアラブルデバイス]

以前から噂があったカシオの新しいスマートウォッチ「WSD-F10」が、Internaional CES 2016で発表された。

WSD-F10.jpg

カシオ、アウトドア向けAndroid Wear「WSD-F10」発表 - ケータイ Watch

カシオの新スマートウオッチは何がスゴい? 革新的な「二層液晶」でバッテリーが1カ月以上持つ - 日経トレンディネット

CES 2016の会期前日のプレスカンファレンスセッションにおいて、カシオ計算機はスマートウォッチの新製品「WSD-F10」を発表した。

「さすが」だと思うのは、腕時計メーカーとして譲れない線をしっかり守ってきたこと。

カシオなので、まずは、G-SHOCKがベースになるのは当然だろうが、今回は「トレッキング」と「サイクリング」、「フィッシング」の3つのアウトドアアクティビティをメインのターゲットとするアウトドア志向が強い腕時計となっている。

ディスプレイ部に、バックライト付きドットマトリクス式のはカラー液晶と、反射型セグメント式のモノクロ液晶の両方を重ねて搭載し、モノクロ液晶で単純な時計として使用する「タイムピースモード」では、内蔵充電池で約1カ月以上駆動できる。
普通の腕時計に比べて、長いとは言えないが、それでも他社のスマートウォッチには圧倒的な差を付けた。

また、耐環境性能としてはMILスペックに準拠し、耐水性能は5気圧防水を確保するなど、アウトドアでの使用を考慮しているあたり、腕時計メーカーとしての実績がないメーカーには、手が出せないゾーンだろう。
5気圧防水は、やや弱い気がするが、今回の想定ターゲットに海が入っておらず、ゴツさとのトレードオフで割り切った部分かもしれない。
それでも、他社が防滴仕様でお茶を濁しているのに比べれば、飛躍的な進歩だ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

帽子型ウェアラブルデバイスの可能性 [ウェアラブルデバイス]

ウェアラブルデバイスと言えば、Apple Watchのような腕時計型や、Google Glassなどのメガネ型が代表的だが、いずれも絶好調という訳でもないし、個人的にも、どちらも買うつもりがない(理由は既に何度も書いている)。

それ以外のウェアラブルデバイスとして、ペンダント型、靴型、ネクタイピン型、ベルト型、イヤリング型なんかのアイデアも出ているが、メジャーな存在になりそうな気はしない。

このままいくと、ウェアラブルデバイスの市場は、ポシャる可能性が高いとさえ思っているが、こちらの製品だけは、何か魅力を感じた。

music hat.jpg

通話もOK、イヤホン付きの「Bluetooth帽子」が販売中 - AKIBA PC Hotline!

あきばお~で販売されている「Bluetooth帽子」で、帽子に、スピーカーやマイクを内蔵し、Bluetooth 3.0+EDRに対応するので、かぶるだけでペアリングしたスマホの通話や音楽を聴くことができるという。
充電は、microUSB端子から行い、連続動作時間は約6.5時間、充電の所要時間は2時間とのこと。
帽子の内側に、カナル型のイヤホンが伸びていて、それを耳に差した上で、帽子をかぶる形となるようだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Apple Watchの販売状況が早くも悪化? [ウェアラブルデバイス]

APPLE WATCH.jpg

Apple Watchはいまいち売れてない? (ITmedia ニュース) - Yahoo!ニュース

あれ、Apple Watchの勢いが落ちてる…? : ギズモード・ジャパン

今年4月に発売されたApple Watchの米国でのx、発売日に3.5万台を販売したものの、6月に入り売れ行きが右肩下がりで、4,000台に落ち込む日もあるようだ。

私は、特に意外とも思わない。アップル製品の場合、どんな製品でも、熱心な信者が買ってくれるから、最初はそれなりに売れる。
問題は、信者にあらかた行き渡った後の、真の売れ行きだ。
今のApple Watchの売れ行きは、まさにその真の売れ行きなのだと思う。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - ウェアラブルデバイス ブログトップ