So-net無料ブログ作成
検索選択

ネット家電 ブログトップ
前の5件 | -

新型のFire TV Stickを購入 [ネット家電]

Amazonプライムディで、無線LANルータなどを購入したことを書いたが、もう一つ、買ったものが、新型のFire TV Stickだ。

IMG_20170714_193357.jpg

Fire TV Stick

現在旧型のFire TV Stickをリビングのテレビに挿して使っているが、Amazonプライムビデオは、一つのアカウントで同時に2コンテンツを試聴できるため、子供が自分の部屋で観る用にもう一台あってもいいかな、と思っていた。

そんなところに、Amazonプライムディで、3,480円に値下がりしていたので、貯まっているポイントで買ってしまったのだ。

IMG_20170714_193836.jpg

新型のFire TV Stickは、旧型から値段据え置きで、CPUがクアッドコアで高速になり、音声リモコン機能が追加された。
無線LANも11ac対応になり高速化されており、コストパフォーマンスは一段と高くなった。

続きを読む


au2017年夏モデルと「au HOME」って何だこれ? [ネット家電]

au、2017年夏モデルを発表 - ケータイ Watch

au/KDDIが、2017年の夏モデルとして、スマートフォン4機種、フィーチャーフォン2機種を発表した。
すでに夏モデルとして、5月23日にグローバルモデルをベースとした3機種が発表済で、それを加えると、スマートフォンは合計7機種となる。
auは、ここ数年、シーズンごとの新モデルが5機種前後であることが多かったが、今回は、マートフォン7機種、タブレット1機種のNTTドコモを超える機種数となった。

スマホは、既に発表のグローバルモデルベースの3機種、Galaxy S8 SCV36、Galaxy S8+ SCV35、Xperia XZs SOV35に加え、オリジナルモデルが、AQUOS R SHV39、HTC U11 HTV33、TORQUE G03 KYV41、ua phone QXというラインナップ。
さらに、Androidベースのフィーチャーフォンとして、MARVERA KYF35と、かんたんケータイ KYF36が発売される。

今回は、あまり共通する新機能などはないようだが、個別のモデルを見ていくと、それぞれ何か特徴がある。

「HTC U11 HTV33」は、側面の感圧センサーによる「握るUI」、自動でユーザーの耳に合わせて音質調整を行い、ノイズキャンセリング機能も搭載するハイレゾ対応イヤホン、VRデバイス「LINK」の付属と、かなり尖ったモデルとなっている。
ただ、イヤホンジャックが非搭載となり、付属イヤホンは、USB Type-C端子に接続するという。これが市場でどう受け止められるだろうか。

「TORQUE G03」は、京セラ伝統のタフネススマホで、今回は、特にディスプレイガラスの強化に力が入っている模様。

「AQUOS R SHV39」は、120Hz駆動、HDR対応のIGZOディスプレイや、今夏モデル最速の下り最大590Mbps対応のほか、人工知能「エモパー」と連動して回転する充電台「ROBOQUL(ロボクル)」が同梱され、スマホが常に人の方を向いて対話ができるという。

「Qua phone QX」は、スマホ初心者でも通話がしやすい細かな工夫が満載なのが特徴。
フィーチャフォンからの乗り換えユーザーに分かりやすいよう、前面の液晶画面の下に電源ボタンがあるのは、ホームボタンと間違えそうで好みが分かれそうではある。

続きを読む


Amazon Fire TV Stickのファーム更新が来た [ネット家電]

最近、「Amazonプライムビデオ」を見るのに、「Amazon Fire TV Stick」を使っていなかった。

先日購入したパナソニックのBDレコーダーBRG2020のネット機能に、Amazonビデオアプリがプリインストールされており、当たり前だがBDレコーダーに付属のリモコンで、録画番組を見る感覚て、シームレスに「Amazonプライムビデオ」のコンテンツを見ることができ、結構便利だからだ。

そんなこともあり、久しぶりに「Amazon Fire TV Stick」の電源を入れてみたら、テレビに何も表示されず、うんともすんとも言わなくなり焦ってしまった。

KIMG0265.JPG

何度かコンセントを入れ直して、ようやく正常に起動した・・・と思ったら、トップメニューが以前と全く違うじゃないか。
自動でファームが更新されたらしい。

我が家では、Amazon Fire TV Stickを使わないときは、コンセントから抜いているので、おそらく、電源を入れた時に最新版のファームへの更新が自動実行されてしまい、更新が完了するまで、うんともすんとも言わない状態になったのかもしれない。
なら、納得だ。

ただ、ファーム更新でそれなりの時間使えなくなるのなら、そのようなメッセージを一言でいいから画面に表示して欲しかったな。

新ファームのバージョンは、5.2.4.1。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon Fire TVおよびFire TV Stickのソフトウェアアップデート

Amazon Fire TV & Fire TV Stick Software Update History | AFTVnews

・ランチャーメニューのUIが一新され、左右カーソルでメニューを選び、選択メニューに応じて表示されるリストを上下カーソルで選ぶ形に変更された。
・使用しているアプリやストリーミングサービスのインターネット通信データ量の情報を確認できるようになった。
・Amazonビデオやの再生時の画質を設定することができるようになった。
・PINコード入力によるPrime Photosアプリの制限が可能になった。

続きを読む


「Fire TV Stick」で「TVer」を見たい [ネット家電]

「Fire TV Stick」で、付属リモコンを使って、「TVer」の見逃し配信が見られる手段が、何かないだろうか、考えてみた。

Fire TVでTVerをテレビで観てみたよ。必要なアプリがいくつかあるよ。 | NURUMAYU ~こんな夜には温もれない~

まず、Android用の「TVer」アプリをインストールして、利用する方法について、こちらのサイトに記載されている。

ただ、この方法を使っても、「TVer」アプリは、「Fire TV Stick」付属のリモコンでは操作できず、Bluetoothマウスなどで操作する必要がある。これは、ソファーで大画面テレビを操作しながら「TVer」を見るという使い方にはあまり適さない。

【裏技】FireTVStickでテレビ番組視聴アプリ「TVer」を再生/表示する対処設定方法

こちらは、スマートフォンに「TVer」アプリをインストールし、その動画再生画面を「Fire TV Stick」にミラーリング表示する方法。これなら、一応ソファーに座りながら、スマホで操作して、テレビで動画を見られそう。
ただ、ミラーリングは、原理上画質が劣化するので、できれば、付属リモコンで操作して、「TVer」が見られる方法を探したい。

それを実現する一つの仮説としては、「TVer」は、パソコンのWebブラウザで見られるので、「Fire TV Stick」にも、動画再生が可能で、付属リモコンで操作できるWebブラウザがあれば、「TVer」が見られるかもしれない。

しかし、「Fire TV Stick」には、Webブラウザはプリインストールされていないし、マーケットにも公開されていないようだ。
Android TVでも、Webブラウザはプリインストールされていないが、一応、GooglePlayでは、Android TVで動作するWebブラウザは公開されており、そのブラウザで「TVer」サイトは、一応見られるから、「Fire TV Stick」の状況は、それより悪い。

続きを読む


新型「Fire TV Stick」がようやく日本でも発売 [ネット家電]

Amazon-Fire-TV-Stick-with-Alexa-Voice-Remote-01.jpg

Amazonから新しいFire TV Stickが発表:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

このブログでも以前ご紹介した、米国では昨年10月に既に発売されている新型「Fire TV Stick」について、新しいニュースが。

「Fire TV Stick」新機種が4月6日発売。4コアCPU/11ac対応Wi-Fiで4,980円 - AV Watch

ようやく4月6日に、日本でも発売されるそうだ。

ただ、米国発売時には大きな売り文句だった音声アシスタント「Alexa」への対応が、今回の発売に対しては全く触れられていないため、新型でも、現時点では「Alexa」には対応しないものと思われる。
以前にも、「Alexa」の日本語対応が難航しているという噂は聞こえていたので、ついにしびれを切らして、日本でも「Alexa」なしで発売することにしたのかもしれない。

だとすると、新型の方が、操作レスポンスがいいし、3Dゲームの実行性能は上なのは確かだろうが、「動画配信を見る」という目的だけで見ると、旧型でも新型でもさほど違いはないため、今のところ、今使っている旧型を、わざわざ買い替えなくてもいいかな。

ただ、これから買う方は、価格は従来モデルと同じ4,980円(税込)というが、新型同様の音声リモコンつき付きの旧型モデルは、今でも6,980円で売られており、性能も劣る旧機種を、今さら買う意味は全くないだろう。絶対新型を買うべきだ。

続きを読む


前の5件 | - ネット家電 ブログトップ