So-net無料ブログ作成

ネット家電 ブログトップ
前の5件 | -

Android TV搭載TV BOXが今頃? [ネット家電]

Android TV

Android TVというと、「NEXUS PLAYER」を持ってはいるが、完全にホコリをかぶったまま。そろそろ、テレビから外そうかと思っている。
ソニーのテレビがAndroid TVを採用したことから、もっと盛り上がるかと思いきや、ソニーのAndroid TVは独自の進化を遂げ、ソニーのブラビアしか動かないアプリも多く、日本においては、Android TVとしての盛り上がりは起きなかった。

例えば、ソニーのブラビアでは、ニコニコ動画/生放送や、Aamzonビデオのアプリが動作するが、これらは、「NEXUS PLAYER」など一般的なAndorid TV端末では動かない。
正直、「Amazon Fire TV Stick」の方が、使い道が広いので、そちらばかりを使っている。

なので、4K/HDR対応というスペックアップはあるにしても、今頃、同時に2機種ものAnorid TV搭載TV BOXが発売されたことに、多少困惑している。

iodata.jpg

アイ・オー、Android TV搭載4Kメディアプレーヤー。USB/microSD動画を簡単再生 - AV Watch

まずは、アイ・オー・データ機器から、Android TV搭載の4Kメディアプレーヤー「AV-ATB100」。
店頭予想価格は32,800円前後というから、結構高い。

テレビなどにHDMIで接続し、USBメモリやmicroSDカードの4K動画を再生できるメディアプレーヤーだそうで、再生アプリ「HomeMedia」がプリインストールされ、付属のシンプルなリモコンで操作可能。

4K動画の再生対応フォーマットはH.265/HEVCとVP9のみで、フルHD以下なら、MPEG-4 AVC/H.264やMPEG-2などの再生も可能だが、「HomeMedia」がサポートするのは、接続されたUSBストレージなどに入っているファイルのみ。

DLNAなどのネットワーク再生は対応しないし、他のAndroid TV対応アプリもインストール可能だが、サポート外となるという。

JPEG/PNG/GIF/BMPの静止画表示にも対応するが、静止画の最大解像度は4kではなく、1,920×1,080ドット。

音声はAAC/MP3/FLAC/リニアPCM/ドルビーデジタル/ドルビーデジタルプラスに対応に対応するが、説明のどこにもハイレゾ対応とは書かれていない。

3万円以上もするのに、なんだこりゃ?という感じだ。

それに比べると、同じ日に発表されたピクセラのAnorid TV搭載TV BOXは、作り込み感があり、注目せざるを得ない。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

Amazon新型「Fire TV」を日本でも発表 [ネット家電]

firetv.jpg

Amazon.co.jp、HDR 4K対応のストリーミング端末「Fire TV」 ~Fire TV Stickよりも40%性能向上 - PC Watch
Fire TV

Amazon.co.jpは、HDR/4Kに対応したストリーミングデバイス「Fire TV」を発表した。
価格は8,980円で、本日より予約受付を開始。10月25日より出荷するそうだ。

スティック型の「Fire TV Stick(新型)」よりも40%CPUが速く、HDR 10、Dolby Atmosの両方の方式に対応したHDRもサポートし、4Kでの60fps表示も可能となった。

HDMI出力も、コンテンツ提供元の著作権保護ができるHDCP 2.2対応の「HDMI 2.0」を備えており、4Kコンテンツも問題なく表示できるようだ。

アプリとしては、Amazonプライムビデオ、Netflix、Hulu、AbemaTV、DAZNなどさまざまなコンテンツに対応。従来どおり、TV側にHDMIで接続し、Micro USB端子による給電が必要となる。

音声認識リモコンも付属するが、そのデザインは、「Amazon Fire TV Stick」のものと同じに見える。

筐体はスティック型より少し大きめだが十分コンパクトで、邪魔になることはなさそう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

日本は音声UIの本命はスマートスピーカーとは考えていないみたい [ネット家電]

続々参入してきたスマートスピーカーベンダー:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前、日本の企業が、スマートスピーカーの分野で出遅れていることに、不満を書いたのだが、その後、じっくり観察すると、日本メーカーも全く何もやっていない訳ではないようだ。

24_07-3.jpg

NTTドコモ、コミュニケーションデバイス「petoco(ペトコ)」を発表! 2017年夏よりトライアル販売開始 | ロボスタ - ロボット情報WEBマガジン

NTTドコモが、「petoco」というコミュニケーションデバイスを発売するようだが、これはスマートスピーカーというよりは、対話に表情を付けて返すコミュニケーションロボットだろう。
ドコモは早くから「おしえてコンシェル」など音声認識UIを実現していて、日本語の世界では、現時点で一番優秀なAIだろう。
LINEなんかよりよっぽど実績があるから、いい物が出来そう。

robohon.png

シャープの小型ロボット「ホームアシスタント」の開発は、今どうなっているのか?【大河原克行の白物家電 業界展望】 - 家電 Watch

また、シャープも以前から、音声認識によるAIを、「ロボホン」や「ココロボ」「ヘルシオ」などのスマホや白物家電に組み込む動きを続けており、家電でどう音声UIを使うかについては実績を積んでいる。

2015-07-16_05h17_21.png

ソフトバンクの「ペッパー」、孫社長のロボットの夢実現には道険し - Bloomberg

コミュニケーションロボットという分野で言えば、ソフトバンクが2014年に「Pepper」を発表し、徐々にではあるが業務用途には使われ始めている。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

新型のFire TV Stickを購入 [ネット家電]

Amazonプライムディで、無線LANルータなどを購入したことを書いたが、もう一つ、買ったものが、新型のFire TV Stickだ。

IMG_20170714_193357.jpg

Fire TV Stick

現在旧型のFire TV Stickをリビングのテレビに挿して使っているが、Amazonプライムビデオは、一つのアカウントで同時に2コンテンツを試聴できるため、子供が自分の部屋で観る用にもう一台あってもいいかな、と思っていた。

そんなところに、Amazonプライムディで、3,480円に値下がりしていたので、貯まっているポイントで買ってしまったのだ。

IMG_20170714_193836.jpg

新型のFire TV Stickは、旧型から値段据え置きで、CPUがクアッドコアで高速になり、音声リモコン機能が追加された。
無線LANも11ac対応になり高速化されており、コストパフォーマンスは一段と高くなった。

続きを読む


au2017年夏モデルと「au HOME」って何だこれ? [ネット家電]

au、2017年夏モデルを発表 - ケータイ Watch

au/KDDIが、2017年の夏モデルとして、スマートフォン4機種、フィーチャーフォン2機種を発表した。
すでに夏モデルとして、5月23日にグローバルモデルをベースとした3機種が発表済で、それを加えると、スマートフォンは合計7機種となる。
auは、ここ数年、シーズンごとの新モデルが5機種前後であることが多かったが、今回は、マートフォン7機種、タブレット1機種のNTTドコモを超える機種数となった。

スマホは、既に発表のグローバルモデルベースの3機種、Galaxy S8 SCV36、Galaxy S8+ SCV35、Xperia XZs SOV35に加え、オリジナルモデルが、AQUOS R SHV39、HTC U11 HTV33、TORQUE G03 KYV41、ua phone QXというラインナップ。
さらに、Androidベースのフィーチャーフォンとして、MARVERA KYF35と、かんたんケータイ KYF36が発売される。

今回は、あまり共通する新機能などはないようだが、個別のモデルを見ていくと、それぞれ何か特徴がある。

「HTC U11 HTV33」は、側面の感圧センサーによる「握るUI」、自動でユーザーの耳に合わせて音質調整を行い、ノイズキャンセリング機能も搭載するハイレゾ対応イヤホン、VRデバイス「LINK」の付属と、かなり尖ったモデルとなっている。
ただ、イヤホンジャックが非搭載となり、付属イヤホンは、USB Type-C端子に接続するという。これが市場でどう受け止められるだろうか。

「TORQUE G03」は、京セラ伝統のタフネススマホで、今回は、特にディスプレイガラスの強化に力が入っている模様。

「AQUOS R SHV39」は、120Hz駆動、HDR対応のIGZOディスプレイや、今夏モデル最速の下り最大590Mbps対応のほか、人工知能「エモパー」と連動して回転する充電台「ROBOQUL(ロボクル)」が同梱され、スマホが常に人の方を向いて対話ができるという。

「Qua phone QX」は、スマホ初心者でも通話がしやすい細かな工夫が満載なのが特徴。
フィーチャフォンからの乗り換えユーザーに分かりやすいよう、前面の液晶画面の下に電源ボタンがあるのは、ホームボタンと間違えそうで好みが分かれそうではある。

続きを読む


前の5件 | - ネット家電 ブログトップ