So-net無料ブログ作成
検索選択

ネット家電 ブログトップ
前の5件 | -

「Fire TV Stick」で「TVer」を見たい [ネット家電]

「Fire TV Stick」で、付属リモコンを使って、「TVer」の見逃し配信が見られる手段が、何かないだろうか、考えてみた。

Fire TVでTVerをテレビで観てみたよ。必要なアプリがいくつかあるよ。 | NURUMAYU ~こんな夜には温もれない~

まず、Android用の「TVer」アプリをインストールして、利用する方法について、こちらのサイトに記載されている。

ただ、この方法を使っても、「TVer」アプリは、「Fire TV Stick」付属のリモコンでは操作できず、Bluetoothマウスなどで操作する必要がある。これは、ソファーで大画面テレビを操作しながら「TVer」を見るという使い方にはあまり適さない。

【裏技】FireTVStickでテレビ番組視聴アプリ「TVer」を再生/表示する対処設定方法

こちらは、スマートフォンに「TVer」アプリをインストールし、その動画再生画面を「Fire TV Stick」にミラーリング表示する方法。これなら、一応ソファーに座りながら、スマホで操作して、テレビで動画を見られそう。
ただ、ミラーリングは、原理上画質が劣化するので、できれば、付属リモコンで操作して、「TVer」が見られる方法を探したい。

それを実現する一つの仮説としては、「TVer」は、パソコンのWebブラウザで見られるので、「Fire TV Stick」にも、動画再生が可能で、付属リモコンで操作できるWebブラウザがあれば、「TVer」が見られるかもしれない。

しかし、「Fire TV Stick」には、Webブラウザはプリインストールされていないし、マーケットにも公開されていないようだ。
Android TVでも、Webブラウザはプリインストールされていないが、一応、GooglePlayでは、Android TVで動作するWebブラウザは公開されており、そのブラウザで「TVer」サイトは、一応見られるから、「Fire TV Stick」の状況は、それより悪い。

続きを読む


新型「Fire TV Stick」がようやく日本でも発売 [ネット家電]

Amazon-Fire-TV-Stick-with-Alexa-Voice-Remote-01.jpg

Amazonから新しいFire TV Stickが発表:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

このブログでも以前ご紹介した、米国では昨年10月に既に発売されている新型「Fire TV Stick」について、新しいニュースが。

「Fire TV Stick」新機種が4月6日発売。4コアCPU/11ac対応Wi-Fiで4,980円 - AV Watch

ようやく4月6日に、日本でも発売されるそうだ。

ただ、米国発売時には大きな売り文句だった音声アシスタント「Alexa」への対応が、今回の発売に対しては全く触れられていないため、新型でも、現時点では「Alexa」には対応しないものと思われる。
以前にも、「Alexa」の日本語対応が難航しているという噂は聞こえていたので、ついにしびれを切らして、日本でも「Alexa」なしで発売することにしたのかもしれない。

だとすると、新型の方が、操作レスポンスがいいし、3Dゲームの実行性能は上なのは確かだろうが、「動画配信を見る」という目的だけで見ると、旧型でも新型でもさほど違いはないため、今のところ、今使っている旧型を、わざわざ買い替えなくてもいいかな。

ただ、これから買う方は、価格は従来モデルと同じ4,980円(税込)というが、新型同様の音声リモコンつき付きの旧型モデルは、今でも6,980円で売られており、性能も劣る旧機種を、今さら買う意味は全くないだろう。絶対新型を買うべきだ。

続きを読む


久々にNexus Playerの電源を入れてみたら・・・ [ネット家電]

google-nexus-player-japan1.jpg

Nexus Player(8) 結論・Nexus Playerはお蔵入り:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前、Nexus Playerをカスタマイズして、使えるようにしようと試行錯誤したが、結局使い物にならないと判断し、使うのをやめたのは、昨年5月のことだった。

それ以来、電源も入れていなかったのだが、最近、「Amazon Fire Stick TV」を購入し使い始めたときに、Nexus Playerと対比して「Amazon Fire Stick TV」と比べて「いい」と書いたところ、知り合いより「おまえ、最近、Nexus Playerを使っていないだろ!」とお叱りを受け、その通りだったので、久々に試しにNexus Playerの電源を入れてみた。

Google、Android 7.1.1をNexus端末(Nexus6/5X/6P/9/Player)とPixel端末(Pixel/Pixel XL/Pixel C)向けに配信開始。iPhoneの3Dタッチにインスパイアされたアプリショートカット機能を搭載。 - Multi Style NX

すると、まずOSのアップデートが来ていて、実行したら、一気に、Android 7.1.1にまでアップグレードされてしまった。
Android 7.1.1というと、Androidの最新バージョンだ。すげー!
我が家にたくさんあるAndroid端末では、一番新しいバージョンの端末になっちゃった。

ただ、更新に結構時間がかかった割には、更新後の画面を操作してみても、あまり変わり映えしない。
設定画面のUIは変わったが、設定内容自体は、それほど大きく変わったようには見えない。
調べると、Android 7.1.1の改良点のほとんどは、AndroidTVには関係ない機能が多く、実際のところ、普通に使う分には、ほとんど変わる点はないみたいだ。

なお、Android 7.1.1にアップグレードすると、私の場合、予め設定し経ったGoogleアカウントは消えてしまったようで、改めてGoogleアカウントの設定が必要だった。

一方で、Nexus Playerで動くAndroidTVアプリについても、使っていない間にかなりの進展があった。

続きを読む


Android TVが「Google Assistant」に対応するらしい [ネット家電]

Android TVが対話型音声操作「Google Assistant」対応へ - AV Watch

Android TVプラットフォームを、今後数カ月以内に対話型の音声アシスタントサービス「Google Assistant」に対応するらしい。
まず米国において、Android 6.0/7.0ベースのAndroid TVが対応予定とのこと。

「Google Assistant」は、音声認識に対応によるナビゲーションUIで、人間の話す文章を理解し、それに対応した処理を行ってくれるという。

このニュースを見て、我が家で休眠中の「Nexus Player」も「Google Assistant」が使えるかも、と喜んだ。

google-nexus-player-japan1.jpg

Nexus PlayerにAndroid 7.0 Nougatが降ってきた | juggly.cn

「Nexus Player」は、既に「Android 7.0 Nougat」へのアップグレードが来ているからだ。

ところが、ニュースリリースの対応機器を見ると、「Android TV(Android 6.0/7.0)を搭載したソニーBRAVIAやシャープAQUOS、AirTV Player、NVIDIA SHIELD TV、Xiaomi Mi Boxなど。NVIDIA SHIELD TVが最初の対応製品となる予定」とあり、「Nexus Player」は含まれていないじゃないか! がっかり。

「Nexus Player」は既に販売も終了しているからな。ただ、だったら今秋に「Nexus Player」を「Android 7.0 Nougat」にアップグレードした意味はなんなのだ?

Google Assistant coming to Android TV (including the Nexus Player) | Android Coliseum

調べると、情報が交錯していて、対応するかのような情報も散見されるため、まだかすかに、「Nexus Player」も「Google Assistant」に対応するものと、淡い期待を抱いている。

続きを読む


Android TV端末「Air Stick」は買いか? [ネット家電]

Android TV端末というと、すでに製造中止となった「Nexus Player」を持っているが、今は全く電源を入れていない。

汎用OSのAndroid TVであるにもかかわらず、同じAndroid TV端末のソニーのテレビでは利用できるアプリが、「Nexus Player」では利用できないケースが結構多く、全くやる気を感じないからだ。

それだったら、確実に「Amazonプライムビデオ」が見られ、「AbemaTV」「niconico」なども利用できる「Amazon Fire Stick」の方が使い道があり、現在は、これがメインのネット動画端末となっている。

ということで、もはや全く期待していない「Android TV」だが、今頃ではあるがちょっと面白い端末が発売された。

世界最小のAndroid TV端末「Air Stick」。「TSUTAYA movie」との連携も - AV Watch

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)グループのCCC AIRが、12月20日より発売する、テレビとHDMI接続するAndroid TV搭載デバイス「Air Stick」だ。

価格は発売記念特価の9,800円(税別)とのことで、まずは、e☆イヤホンの秋葉原店、梅田EST店、名古屋大須店と、CCC AIRの直販サイトで取り扱うそうだ。

product01.jpg

Air Stick

Android TVとしては、スティック端末は初だと思うし、世界最小なのは間違いない。
ただ、これまでの経験上、こうした端末を無理やりスティック型しても、放熱や拡張性の麺からメリットはないというのが、私なりの結論で、コンパクトであることにはあまり価値は感じない。

続きを読む


前の5件 | - ネット家電 ブログトップ