So-net無料ブログ作成
検索選択

ラジオ ブログトップ
前の5件 | -

「ラジオバンクII」がワイドFMに対応したそうだ [ラジオ]

0010000000012.jpg

地道な改良で魅力が増した「ラジオバンクII」 | トドのつまりは・・・ - 楽天ブログ

以前、予約録音ができるラジオとして、「ラジオバンクII」(DRS-200)という製品を取り上げたことがあるが、

ラジオバンク

2011年発売の古い製品だし、公式サイトには、ワイドFMには非対応と書かれており、もはや過去の製品と言うイメージしか持っていなかったのだが、

【ワイドFM対応】FM電波でAMが聞ける! DRS-200 20件の予約録音設定と、micro SDカードで長時間使用できるAM/FMラジオの決定版! | すべての商品 | トマトショップ ベセトジャパンオンラインストア

それが、最近メールで教えて頂いた情報によると、ファームウェアが更新されワイドFMに対応したとのこと。

たしかに、「ラジオバンクII」(DRS-200)を販売しているネットショップサイトを見ると、高らかに「ワイドFM対応」を謳っているな。

元々、毎週予約や曜日指定予約も行える最大20番組の予約録音機能や、日本語表示の液晶画面とリモコンによる分かりやすい操作、聴いている番組を10秒さかのぼって録音できる機能があるなど、ラジオ好きには便利な機能も充実しているうえに、発売当初は2万円弱だった価格も、1万円を切るところまで下がっていて、値ごろ感もある。

気になったのは、宣伝広告ではワイドFM対応が謳われているのに、公式サイトにはワイドFM対応のファームが公開されていないように見えること。
過去に販売した製品は放置したままだとすると、ユーザーサポートとしてはいただけないので、メールで問い合わせてみた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新しい?ラジオ「Hint」 [ラジオ]

hint_03_588x.jpg

放送とネットをつなげる新しいラジオ「Hint」、ニッポン放送などが開発 (1/2) - ITmedia LifeStyle

ニッポン放送のアナウンサー、吉田尚記氏が立ち上げたプロジェクトで、新しいラジオ「Hint」を開発したそうで、「CAMPFIRE」によるクラウドファンディングによりサポーターを募集しており、目標支援金額の1100万円をクリアできれば、cerevoという会社から製品化されるという。

クラウドファンディングの支援金額は21,500円からのコースとなっており、そのコースの場合、製品化されれば「Hint」が1台プレゼントされるほか、上位金額のコースなら、さらにニッポン放送リスナーが喜びそうな名誉特典などが用意されている。

そのラジオ「Hint」だが、まるでステンレスボトルのような円筒形をしており、一見ラジオには見えないデザインだ。

上向きのフルレンジスピーカーを拡散板で360度全方位に均等に音をどける仕組みで、壁際に置くというよりは、部屋の真ん中のテーブルに置いて、生活動線の中で、どこからもラジオがクリアに聴けることを目指したのだろう。

そして、ちょっとびっくりしたのが、ワイドFM対応のFM専用ラジオであることだ。ニッポン放送が企画に絡んでいて、AMラジオ機能を切るという思い切りには驚いた。

Bluetooth 4.2も内蔵し、スマートフォンの楽曲を再生するBluetoothスピーカー機能もある。

「さらにPodcastや各種ストリーミングサービス、radikoプレミアムにも対応する予定」とあるが、多分これらの機能を内蔵するのではなく、スマホのこれらのアプリの音がBluetooth経由で「Hint」で聴けるようにする、という意味だと思う。

続きを読む


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ネットラジオレコーダー6」が発売された [ラジオ]

maxresdefault.jpg

ネットラジオレコーダー6

少し前になるが、Radikoなどのネットラジオを予約録音できるパソコンソフト「ネットラジオレコーダー」シリーズが、バージョンアップされ「ネットラジオレコーダー6 」が発売されたそうだ。

前バージョンの「ネットラジオレコーダー5」は、「radiko.jp」「radikoプレミアム(会員登録要)」「らじる★らじる」「コミュニティFM」を予約録音できるソフトだった。
予約は、番組表から単発または曜日指定で毎週予約もでき、最大3個までのキーワード予約録音もできる。また、同時間帯に2番組を同時予約録音できる。
録音開始時刻には、スリープ状態が解除され録音を開始(Windows版の場合)し、録音は、MP3やMP4(AAC)形式に変換されて保存される。

ネットラジオレコーダー6 - インターネットラジオを安全・確実に録音できるソフト - | 株式会社GING

今回改良された「ネットラジオレコーダー6 」の改良点は多い。

・2016年中に発売を予定している「スマホ版ネットラジオレコーダー(別売)」をスマホにインストールしておくと、PC版で予約録音したラジオ番組を移動中にスマホで聴くことができ、スマホ単体でもラジオを聴いたり録音することができる
・Windows・Macハイブリッドになり、1本でPC3台までインストールできるようになった
・前作までは、録音が完了した時点でフォーマットの変換処理を行っていましたが、新バージョンでは録音しながらフォーマット変換処理を実行するようになった
・予約録音前に、事前に「接続テスト」を行える機能が追加された
・録音したファイルから不要部分を切り取るツールに、番組と番組の変わり目やCMの位置などを自動で検出する「シーンチェンジ検出機能」を新たに搭載して、CMカットなどが楽になった
・番組表が、番組録音中の状態や、予約番組、現在時刻などの表示が分かりやすく表示されるようになった
・録音済みファイルを再生する際、通常の再生以外に、連続再生・リピート再生・シャッフル再生が可能になった
・録音済みで不要になったファイルを、複数まとめて削除可能になった
・録音および予約画面で「録音完了後、PCをシャットダウンする」にチェックを入れていると、録音完了時にパソコンをシャットダウンする機能が追加され
・録音済みファイルの保存先フォルダを自動で振り分ける際、「放送局名」と「月」以外にも、タイトル・アーティスト・ジャンル・アルバムでも分類できるようになった
・録音済みファイルに自動でファイル名を付与する際、[年], [月], [日], [曜日], [時], [分] 単位できめ細かくファイル名を指定できるようになった
・サポートするコミュニティ局に増減があった場合、局リストのアップデート機能が付いた

続きを読む


nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「DN-13572」による簡易ラジオサーバーの可能性 [ラジオ]

世の中には、ラジオ放送を受信して、メモリカードなどに予約録音できるラジオは、いくつか存在する。
ところが、録音したファイルを、そのラジオから直接ネットワーク配信して聴けるようなサーバー機能を持った民生機器としてのラジオは存在しない。

だから、我が家では、代わりに、Windowsタブレットをベースに、Radikoを録音して、DLNA配信するサーバーを構築しているのだが、できれば、音質のいいFM放送を予約録音し、それが直ちにネットワーク経由で聴けるようにできないかと、ずっと思っていた。

なので、「DN-13572」を見たときに、これをUSBメモリに予約録音できるラジオと組み合わせれば、簡易的なラジオサーバーが構築できるかもしれないと思ったのだ。

実は、「DN-13572」以前に、「AirStash」でも同様のことを考えたことがあった。
「AirStash」を録音できるラジオにUSB接続すれば、録音自体はできそうなのだが、ラジオが予約録音を終了し、スタンバイモードに落ちても、「AirStash」は電源ボタンを長押しして明示的に電源を入れないと、Wi-Fiが有効にならない。

「AirStash」がWake on LANに対応していれば、接続機器側から電源を入れられるのではないかと思ったが、そうした仕様は書かれておらず、開発元にも英語で問い合わせてみたが、現状ではそのような機能を搭載する予定はないとのことで、諦めざるを得なかった。

しかし、電源ボタンがない「DN-13572」であれば、セルフパワードのUSBハブを介してラジオにUSB接続しておけば、ひょっとしたら、ラジオがスタンバイ状態に落ちても、Wi-Fiの電波が出続けるはずだと思い、ダメモトでいいから購入して試してみたくなったのだ。

もっとも、「DN-13572」の仕様だと、予約録音中に、アプリからうっかり「Wi-Fiモード」で接続してしまうと、ラジオから「DN-13572」のマスストレージ接続切断されてしまうので、録音が失敗してしまう可能性が高い。
そのため、予約録音中の時間帯は、アプリからのアクセスを避けるよう注意する必要があるが、予約録音していない時間帯であれば、Wi-Fi経由で、アプリから録音したラジオ番組が聴けるはずだ。

続きを読む


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ポータブルラジオサーバーPJ-35によるラジオ録音の状況 [ラジオ]

PJ-35.jpg

ラジオサーバー ポケット PJ-35 | 学習 | オリンパス

ポータブルラジオサーバーPJ-35は、購入以来、ラジオの予約録音にフル稼働しているが、TBSラジオだけでも毎週録音したい番組が非常に多いため、現状、TSBラジオの予約録音専用になっている。

というのも、PJ-35は、同時には1番組しか録音ができないため、他局の予約を入れようとしても、TBSラジオの帯番組と重なってしまうことが多く、どちらかはRadikoolで予約録音せざるを得ない。
それだったら、PJ-35は、TBSラジオ録音の毎週録音専用にしてしまった方が、録音失敗も少ないし、続きの番組を録音する場合も、新たに選局しないからギャップも小さくて済むのだ。

PJ-35に設定したTBSラジオ(ワイドFM)の予約録音は、毎週予約で、予約件数が16件。
帯の番組の予約も含まれるから、実際に録音されるのは、24番組にも及ぶ。

PJ-35の予約録音機能は、番組表などは使えず、時間指定なので、基本、毎週固定で録音する番組のみの予約を入れている。

TBSラジオでも、一回限りの特番はRadkoolで番組表から予約している。その方が、手間も楽だし、予約日時を間違えて打ち込んだりする失敗が少ないからだ。

PJ-35の外部アンテナ端子には、家のテレビアンテナの同軸コネクタを直結してある。
我が家の場合、屋根にVHFの八木アンテナが東京タワー(東京スカイツリーとはほぼ同じ方向)に向けて立ったままになっており、テレビアンテナ端子に繋げば、元々アナログテレビの1chの帯域であるワイドFMの感度は抜群で、ヒスノイズは皆無。
さらに、それより低い周波数のJ-WAVEやTOKYO FMにも、十分な電波強度が得られ、ノイズレスでクリアに受信できる。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - ラジオ ブログトップ