So-net無料ブログ作成

乗り物 ブログトップ
前の5件 | -

スペースXが、ロケットによる旅客輸送を計画? [乗り物]

800px-BFR_Mars.png

、ロケットで旅客輸送 主要都市間30分で  :日本経済新聞

電気自動車のテスラモーターズを創立し、ハイパーループ構想でも話題を呼ぶイーロン・マスク氏が、ロケットによる高速旅客輸送を計画しているというニュースを読み、あまりに突飛だったので、さらに詳しいニュースを探して読んでみた。


東京~ハワイを30分で結ぶことも可能なスペースXの新型巨大ロケット「BFR」とは? - GIGAZINE

すると、意外?にも、GIGAZINEが、短く正確にまとめており、参考になった。

2017年9月27日から29日にわたってオーストラリアで開催された宇宙関連カンファレンスにおいて、イーロン・マスクが、SpaceXが開発を進めている火星移住計画に用いられる予定の超巨大ロケット、コードネーム「BFR」を発表したそうだ。

BFRは、打ち上げ時に用いるブースターと、乗員や貨物を搭載する上段ロケットからなる2段式で、全長106メートルの巨大なロケットだそうだ。

ブースターも、上段部も、同社の「ファルコン9」ロケットのようにミッション完了後に、(まるでサンダーバード1号のように!)地上に戻って着陸することができ、再利用が可能なことにより、コストを削減できるらしい。

このロケット「BFR」を使って、巨大な人工衛星の打ち上げや、国際宇宙ステーション(ISS)への物資供給を低コストで行うことができるそうで、さらには、月への到達、そして火星探査などのミッションにも用いることが可能ということらしい。

そして、この発表のメインは、BFRを使い「いかにして火星探査を行い、戻ることができるか?」だったようだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サイバーナビ「AVIC-ZH99CS」の修理は断念 [乗り物]

サイバーナビ「AVIC-ZH99CS」の修理について、メールで問い合わせてみたところ、まず、SDカードをフォーマットし直して、ペアリングしてみるよう指示があった。
しかし、フォーマットし直しても、ナビ側でSDカード自体を認識しないので、ペアリングもしようがない。

やっぱり修理しか手はないようだ。

引取修理 | 修理のご案内・インターネットでのお申し込み | 修理 | パイオニア株式会社

こそで、修理依頼の手順について調べてみた。

カーナビの場合、引取修理か送付修理という形になり、持込修理や、出張修理はできないらしい。

引取修理と送付修理の違いは、引取修理が、運送会社が梱包する箱を持参して取りに来てくれ、そこにナビを入れて送るのに対し、送付修理は、予めWebで予約の上、自分で箱を用意してナビを梱包して送るという違い。

引取修理の代金は、修理料金+配送手数料1600円がかかり、もし、未修理返却となった場合も点検料1500円+1600円がかかる。

送付修理の代金は、修理料金+配送手数料800円がかかり、もし、未修理返却となった場合も点検料1500円+800円がかかり、料金は送付修理が800円安い。

ここで問題なのは、ナビは「自分で取り外して送れ」ということ。引取修理と言っても、車から外して引き取ってくれる訳ではないのだ。

このナビの取り外しと、修理後の取り付けの工事費を、オートバックスなどのお店に頼むと合計4万円ぐらいは掛かるらしい。

もちろん、自分で取り外しができれば、4万円もタダにはなるが、そもそも今のナビも取扱説明書読んで無理だと思い諦めて、ディーラーに取り付けてもらったぐらいなので、無理なものは無理だ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

サイバーナビのSDカードスロットが壊れたみたい [乗り物]

サイバーナビ AVIC-ZH99CSの購入 | トドのつまりは・・・ - 楽天ブログ

我が家の愛車には、パイオニアのサイバーナビ「AVIC-ZH99CS」が取り付けてあって、5年以上使ってきたのだが、ここにきて重大なトラブルが発生。

最近、車の中で、SDカードにコピーしたラジオ番組の録音を聴くことが多いのだが、毎週1回ぐらいのペースで、SDカードをナビから取り出し、パソコンでSDカードに新しい番組をコピーし、またナビに戻す、ということをやっていたら、ナビがSDカードを認識しなくなってしまった。

症状としては、SDカードがささっていない状態になるケースと、「このSDカードは使えません」というメッセージが表示されるケースがあるが、いずれにせよSDカードの中身が見えないのは間違いな。

最初は、時々認識しないことがあるな、という程度だったのが、先週ナビに挿してもうんともすんとも言わなくなった。
SDカード側が壊れたのかと思いきや、パソコン側では問題なく読み書きできる。そこで、別のSDカードをナビに挿してみたところ、これも認識せず。

どうやらナビ側のSDカードスロットが壊れたみたいだ。

これは痛い。
このSDカードスロットは、ナビの地図更新にも使うので、これでは地図更新もできなくなってしまう。
こんなことになるなら、ラジオ番組を聞くのには、USBメモリを使えばよかった。
普段は、ナビの純正USBケーブルの先には、iPod接続ケーブルが繋げてあるので、そちらを使うことなど思いつかなかったな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中国が、時速4,000kmの新交通システムの開発を進めているという [乗り物]

S9VB-fykiuaz1896117.jpg

中国がHyperloopを超える最高時速4000kmの「高速飛行列車」を計画 - GIGAZINE

【やじうまPC Watch】飛行機より5倍速い、時速4,000kmの列車を中国が開発中 - PC Watch

中国航天科工集団公司(China Aerospace Science & Industry)が、8月30日(中国時間)に、時速4,000kmに達する新交通システム“高速飛行列車”のコンセプトを提示した。
コンセプトだけでなく、すでに開発プロジェクトは進められており、20を超える国内外の開発研究機構とアライアンスを構築し、200項目以上の特許を取得しているという。

こうした鉄道を超える新交通システムの開発を行っているのは、米国のHyperloop Oneなどが有名だが、中国航天科工集団公司は、それらを遥かに上回る時速4,000kmを実現すると言っており、大変高い目標を掲げている。

はたして、この目標は実現可能なのだろうか?

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ハイパーループ」がいよいよ実証試験段階へ [乗り物]

「ハイパーループ」はいつ実現されるのか?:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

「テスラモーターズ」や民間宇宙ロケットサービスの「スペースX」を創業したイーロン・マスクが構想を発表し、傘下のベンチャー企業で実現に向けて動いている「ハイパーループ」について、以前にも書いたことがあったが、かなりの進展があったようだ。

「ハイパーループ」とは、減圧されたチューブ内を高速で列車を走らせる交通システムで、新幹線やリニア新幹線に比べ、大幅に建築コストを下げられるという触れ込みでスタートしたが、空気浮上、空気推進という最初のアイデアはうまくいかず、結局、減圧したトンネルの中を走るリニア新幹線みたいなものに着地しつつあるが、その場合当初のコスト見込みがどう変わったかについては、イーロン・マスクは未だ明らかにしていない。

一方実証実験という意味では、前回の記事時点よりは大きな進展があった。

米国内での建設計画については、完全に停滞した感はあるが、ドバイで建設する計画でうまくオイルマネーの資金を引き出し、より本格的な試験車両(ポッド)を作り、実証実験を進めているようだ。
確かに中東なら、砂漠の中、まっすぐな路線が引けるから、「ハイパーループ」には合ってはいそうだ。

fav-pod.jpg

Hyperloop One、フルスケールのテストコースで初走行に成功。ただし速度は100km/hちょい - Engadget 日本版

5月には、ネバダに建設されているテストコースで実物大のポッドを公開したが、その際の最高速度は、111km/hにとどまった。

Hyperloop Oneの実物大ポッド、で時速310kmで走行――ネバダのテストコースで記録更新 | TechCrunch Japan

しかし、7月29日にフルスケールのポッドの走行テストを行った際は、これまでで最高の310km/hを達成したという。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 乗り物 ブログトップ