So-net無料ブログ作成

科学技術 ブログトップ

量子コンピュータって実用になるんだ [科学技術]

わかりやすい量子コンピュータ - NAVER まとめ

量子コンピュータについては、従来のシリコンチップベースのコンピュータに代わる新たなコンピュータアーキテクチャであり、量子力学的な原理を利用して、量子ビットで1ビットの情報を扱う「量子ゲート」を実現し、それをベースに量子計算機を構築したものだそうだ。
1990年代にその原理が発表されたが、2000年代に入り、様々な方法による実装に、実験レベルでは成功したことまでは知っていたが、実用化という意味ではまだまだ先の技術だと思っていた。

img_5.jpg

D-Wave、”GeForce GTX 1080比で1万倍高速“な量子コンピュータ「D-Wave 2000Q」 ~量子ビット数が前製品から2倍に - PC Watch

それが、1月24日、カナダD-Wave Systemsから、量子コンピュータ「D-Wave 2000Q」の商用利用提供開始が発表されたというニュースに驚いた。
この分野は不勉強で全く知らなかったのだが、D-Waveは量子ゲートによるコンピュータではなく、「量子アニーリングによる最適化計算に特化した専用計算機」とのことで、利用分野が限定された計算機ではあるものの、それでも今の時期に商品化できたのはびっくりだ。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

軌道エレベーターの基礎実験が始まる [科学技術]

こうのとり6号機 打ち上げ成功に関係者ら喜び | NHKニュース

12月9日に、国際宇宙ステーションに物資を届ける日本の宇宙輸送船「こうのとり」6号機の、H-IIBロケットによる打ち上げに成功したそうだ。
12月1日には、ISSへの補給任務を担ったプログレス補給船が、ソユーズロケットでの打ち上げに失敗していただけに、今回の成功に各国は胸をなでおろしていることだろう。

さて、ニュースで見たところによると、「こうのとり」6号機には、ISSの補給以外に、そこになかなか面白い実験装置が、2つ搭載されていることを知った。

20161213-OYT1I50026-L.jpg

宇宙エレベーターへ第一歩…実験衛星、ISSへ : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

「軌道エレベーター」(あるいは「宇宙エレベーター」)の基礎実験を行うための実験用超小型衛星が積まれているらしいのだ。

初めての方へ──宇宙エレベーター早わかり | 一般 | JSEA 一般社団法人 宇宙エレベーター協会

宇宙と地球をつなぐ「軌道エレベーター」の仕組みと技術的課題がよくわかるムービー - GIGAZINE

「軌道エレベーター」とは、宇宙にある静止衛星と、地上とを1本のケーブルでつないで、その上をエレベーターを走らせ、人や物資を運搬する未来技術で、私的には、アーサー・C・クラークが、1979年に出版した「楽園の泉」というSF小説で、その可能性について初めて知った。

ただ、その当時の技術では、実現性は全くないと思えたのだが、その一番の問題点が、地上と宇宙を繋ぐ極めて軽くて丈夫なケーブルが作れないことだったのだが、日本人が発見した「カーボンナノチューブ」により、このケーブルが作れる可能性があることから、一気に実現性が高まっており、大手ゼネコンの大林組が大学などと共同研究を進めて、2050年の完成を目指している。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ノーベル賞で喜ばしかったことと残念だったこと [科学技術]

2014年のノーベル物理学賞は日本人研究者が受賞、青色LEDの発明に対して - | Technity

2014年のノーベル物理学賞に、青色発光ダイオード発明の功績が評価され、名城大学の赤崎勇教授、名古屋大学の天野浩教授、カリフォルニア大学の中村修二教授が選ばれたことが発表された。

3人の果たした役割は、赤崎勇教授が、青色発光ダイオードを実現する高品質の窒化ガリウム結晶を生成する低温結晶化技術を確立し、その下で、天野浩教授が実際に世界で初めて青色発光ダイオードを作り、その後、中村修二教授が、当時在籍した日亜化学工業で量産技術を確立した、といったところか。

赤色、緑色の発光ダイオードは、古くから実用化されていたが、1993年に青色発光ダイオードが製品化されて以降、3原色を組み合わせて白色光を出せるようになった。
信号機から始まり、様々な照明や、液晶バックライトなど幅広い分野で使われ、エネルギー効率が優れ、照明であれば、電球に比べて1/3の消費電力で同等の輝度が得られるため、世界中の省エネルギー化に貢献していることが、評価されたようだ。

今回の発表で、「あれ?」と思ったのは、「青紫色半導体レーザー」については、授賞理由に含まれていないこと。
青紫色半導体レーザーは、青色発光ダイオードと仕組みはほぼ同じで、さらに高純度の結晶により波長の揃った発光を実現して、それを共振させることでレーザー光を実現する。中村修二教授は、日亜化学工業で、世界初の「青紫色半導体レーザー」も実用化しており、これについては再度ノーベル賞受賞の可能性もあるのかもしれない。
ただ、大きな産業的な貢献は今のところBlu-rayぐらいで、青色発光ダイオードに比べたらちょっと小粒か。

ニック・ホロニアック - Wikipedia

また、発光ダイオードについて謎なのは、1960年代に発光ダイオード(当時は赤色のみ)自体を発明したホロニアック氏が、いまだノーベル賞を受賞していないこと。
順序から言えば、まずホロニアック氏が受賞していないとおかしいのだが、本当に謎である。

2014年ノーベル生理学・医学賞:空間を把握する脳のメカニズムを解明した3氏に | 日経サイエンス

一方で、ノーベル生理学・医学賞では、英ロンドン大学ユニバーシティーカレッジのオキーフ博士と、ノルウェー科学技術大学のモーザー博士夫妻が選ばれたのだが、脳における動物の空間把握のメカニズムの解明など、脳科学的な発見についてだが、こちらも「えっ!?」と驚いた面があった。

なぜなら、彼らの発見のベースになっているのが、fMRI(functional MRI)という東北福祉大学の小川誠二教授が確立した技術のはずで、fMRIの発明により、脳細胞の活動に伴う血流の変化をMRIでリアルタイムに観測することで、脳の立体的部所の活動の様子を視覚化できるようになったからだ。
今回のノーベル賞も、このfMRIがあってこその発見であり、私が驚いたのは、まさかfMRIの発明より、それを使った成果が先にノーベル賞を取るとは思いもしなかったからだ。

実際、fMRIを使った脳科学の進歩は目覚ましく、人間の活動に対し、脳のどの部分がどうか動くかが、どんどん解明されるようになり、昨今、そうしたニューストピックが一般ニュースサイトにまで発表されることも多い。
あまりに研究者には便利なので、「人間が○○したときに、脳の××がこう活動した」といった類の安易な研究もやたら増えたのは、どうかとも思うのだが、その中からノーベル賞が出た訳だし、今後も、ノーベル賞級の発見がいくつも出るはず。

Procrastinator's column:小川誠二先生、今年のノーベル賞受賞を逃す

こちらの方の意見によれば、2003年にMRI自体の原理の発明で Lauterbur 氏らがノーベル賞を受賞しており、その発展形の小川先生の受賞はすぐには難しいようだ。
ただ、fMRIを使ったノーベル賞級の発見が続々出てくれば、いずれ小川先生の受賞は十分ある気がする。
発光ダイオードにおけるホロニアック氏のような扱いなってしまわないように、願わざるを得ない。

関連記事:
LED照明が普及する中で:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



【送料無料】電気・電子材料 ...

【送料無料】電気・電子材料 ...
価格:4,644円(税込、送料込)




ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
科学技術 ブログトップ