So-net無料ブログ作成

インターネット ブログトップ
前の5件 | -

NURO光の宅内工事がようやく完了 [インターネット]

光回線インターネットNURO 光 | NURO 光

auひかりからNURO光への移行を行っているが、予定より少し遅れている。

NURO光の工事は、宅内工事と宅外工事に分かれていて、まず、宅内工事を行い、その後、2週間後以降に、宅外工事を行うのだが、本来ゴールデンウィーク明けの月曜に宅内工事を行ってもらう予定が、私の仕事の都合で不可能になり、延期してもらった。

その後日程調整したが、土日は別料金(3,240円)が掛かるらしく、ようやく今週月曜日に年休を取り、宅内工事が完了できたところだ。

その模様を簡単にレポート。

img8955143ezik5zj.jpeg

工事担当者が1時ごろ到着し、まず確認したのは、現在、auひかりが繋がるリビングの光コンセント。

我が家の場合は、テレビ台の裏側にあるので、予め掃除をして、場所を開けておいた。

さっそくコンセントカバーを開けて状況把握。
auひかりの光ファイバーは、電話回線を通すパイプの中に一緒に通っているので、そのパイプに宅外からもう一本光ファイバーを通し、ここからNUROひかりの配線をひっぱり出します、とのこと。

ただし、他に電話端子があれば、そこを開けないと、一発では通せないかもしれないとのこと。

実際、外から光ファイバーを押し込んで行ったが、リビングの光コンセントには到達せず。

逆にリビングの光コンセントから、樹脂製のヒモを押し入れていくと、2階の寝室の壁で引っかかっている音がする。

リフォーム(3)-3 畳ベッドの設置 | トドのつまりは・・・ - 楽天ブログ

長らく動かしたことがなかった畳ベッドを動かすと、壁にコンセントと電話回線のパネルを発見。
このカバーを開けると、下からのひもと上からの光ファイバーが露出しているのが見えた。

工事担当者がこのヒモと光ファイバーをガムテープで固く結び、リビングの光コンセントからヒモを引っ張ると、見事、光ファイバーが貫通した。

ここまでくれば、後は簡単。

IMG_5551.jpg

auひかりのコンセントの脇から光ファイバーを引き出し、もう一つNUROひかりの光コンセントを設置。もし、もう一度auひかりが使いたくなれば、工事不要で再び使える状態だ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

auひかりからNURO光に変更を決断(2) [インターネット]

無料で解約できる4月中にauひかりから、NURO光への切替は不可能と分かり、解約金がかかることが分かったため、どうしようか悩んでいたが、ふと思いついたことがあり、試してみた。

現在私は、3年縛りのずっとギガ得プラン(4,900円)を契約しているが、auひかりには、料金は上がるがいつでも解約できるプランもあったはず、と思い調べると、ちゃんと今でも標準プラン(6,300円)というのがあるではないか!
1,400円もアップするが、違約金を払うよりは安い。

しかも、このプラン変更は、更新月ならマイページで無料で直ちに行える。詳細を確認すると、プラン変更は、毎月20日以降だと翌月適用になるらしく、日付を見ると18日!
慌てて変更を申し込み、滑り込みで4月分から標準プランに変更することができた。

よし、これで、5月に入って解約しても解約金はかからないぞ。

2017-12-14-19.34.58.jpg

光回線インターネットNURO 光 | NURO 光

そこで、再度、NUROひかりのフリーダイヤルに電話し、開通手続きを再開してもらうよう依頼した。

ここで、改めてNUROひかりのサービス内容について、改めてチェックしておこう。

NURO光の解約方法と注意点、解約金が発生してしまうケースについて

NUROひかりは、基本、契約の縛りは2年単位で、2年ごとの解約月以外は、解約金が9,500円かかる。
月額料金は、税別4,700円で、光電話を契約すると、プラス税別500円。
ホームゲートウェイのレンタルは無料で、内蔵Wi-Fiも無料で利用できるので、後は、必要なのは実際の通話料金ぐらい。
auひかりのように、内蔵Wi-Fiが、auスマートバリューに加入しないと無料にならないような縛りはない。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

auひかりからNURO光に変更を決断(1) [インターネット]

現在、auひかりホーム(一戸建て)のずっとギガ得プランを契約してるのだが、2018年3月が3年満了の契約更新月にあたり、3月または4月であれば、違約金なしで解約できるのだが、最初は解
約するつもりはなかった。

月額料金は、光で最安値のNURO光より数百円高い程度だし、auスマートバリューで、スマートフォンの料金も少し割引があるので、わざわざ他の光サービスに乗り換えるほどのメリットはな
いと思っていたからだ。

p_index_01b.jpg

auひかり ホーム 高速サービス(5ギガ/10ギガ)|auひかり|So-net (ソネット)

しかも、auひかりホームの高速サービスの受付が、4月に入って現在加入中のSo-netでも始まり、auスマートバリューに加入し3年縛りの契約にすれば、1GBの現行プランと同じ料金で、5ギガ
プランに乗り換えられ、無償で最新スペックのWi-Fi機能を搭載したホームゲートウェイに交換してもらえるということで、4月に入りSo-netで変更手続きができるようになれば、これに申し
込むつもりでいたのだが、そこで次の気になるニュースを発見。

高すぎ? 「auひかり ホーム」解約時の撤去費「2万8800円」の理由 「拒否したら賠償金」の記載は「修正す る」とKDDI - ITmedia NEWS

「auひかりホーム」解約時、従来のプランだと、光配線はそのまま維持したまま解約するか、解約時に光配線を撤去するかが選べ、撤去する場合1万円の工事費がかかるため、大抵の人間は配
線を維持したまま退会するのが普通だった。
その方が、もし再度「auひかりホーム」を契約したくなった場合、工事が不要で再契約できるメリットもあるからだ。

ところが、今回、新たに加わった「auひかりホーム高速サービス」に加入すると、もしそれを解約する場合に、解約料以外に、光配線を撤去す場合の撤去費が28,800円に大幅値上げになり、
光配線を維持する場合は、設備維持費用として、毎月、自社のアクセスエリアなら月額99円、シェアードアクセス方式のエリアの場合は、NTT東日本エリアなら月額341円、NTT西日本エリアは
577円を支払い続けなければならなくなったらしいのだ。ちなみに、私の家はシェアードアクセス方式みたいで月額341円となる。

これは、もう、「いったん契約すると離れられないよ」と言われているようなものだ。
この記事を読んで、5ギガプランへ変更する気が一気に薄れてしまった。
そもそも、我が家の使い方で、1Gbpsでも何ら速度的に支障は感じていなかったのだから。正直、5Gプランに変更しても、体感上はさして変わることはないだろう。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「auひかり ホーム10ギガ/5ギガ」用の新ホームゲートウェイ「BL1000HW」 [インターネット]

既存の「auひかり ホーム]利用者が、「auひかり ホーム10ギガ/5ギガ」プランを利用するには、ホームゲートウェイを「BL900HW」から新しい「BL1000HW」に交換する必要があるが、この「BL1000HW」が、なかなかのハイスペックで、auスマートバリュー契約者のみとはいえ、無料でレンタルできる製品とは思えないほどなのだ。

1000_1.gif

Aterm Support Information | BL1000HW | トップページ

公式サイトを見ると、メーカーは、「BL900HW」同様、NECのようだ。

外観は、写真を見ただけだと、角ばっていた「BL900HW」(H 193×D149×W42)に比べて、デザインの妙でコンパクトに見えてしまうが、スペック表を見ると、H219 x D205 x W34mmと、やや薄くはなっているが、むしろ大きくなっており、重さ(ACアダプタを除く)も、0.5kgから1.0kgに増えている。

最大消費電力も約17Wから、約34Wへと2倍に増えているが、有線も無線も速度が大幅に向上しているから、やむを得ない部分なのかもしれない。

特に10Gbit Etherについては、ギガビットイーサに比べて消費電力が大きくなり過ぎることが問題で普及が進まなかったのが、LSIの製造プロセスが4世代ほど進み、消費電力も価格も下がって、ようやく普及の兆しが出できたという段階だからだ。

まず、有線LANインタフェース側から見ていこう。

光メディアコンバータに接続するWANポートは、当然ではあるが、最大10Gbps回線に対応するため、10GBASE-T/5GBASE-T/2.5GBASE-T/1000BASE-T/100BASE-TX (オートネゴシエーション対応)に対応する。

対して、スイッチングハブとして動作するLAN側ポートは、4ポートを備え、そのうち、
1ポートは、10GBASE-T/5GBASE-T/2.5GBASE-T/1000BASE-T/100BASE-TX、他の3ポートは、1000BASE-T/100BASE-TX対応となっている。
WANが10Gbpsであれば、その速度をフルに活かせるのは1ポートのみとなるが、10GBASE-T対応ポートの数を増やすと、消費電力が大幅に増えるため、やむを得なかったのだろう。
現状でも、WANが5Gbpsであれば、ギガビットイーサの3ポートはほぼフルスピードが利用でき、さらに1ポートは1Gpbsを超える速度が利用できることになり、バランス的にはいい。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「auひかり ホーム10ギガ/5ギガ」プランがスタート [インターネット]

我が家では、So-netの個人向けFTTHサービス「auひかり ホーム」を、3年縛りの「ずっとギガ得プラン」で利用しており、auひかり電話も利用しているので、税込5,292円で、1Gbpsの回線を利用できている。

NURO 光 紹介キャンペーン | NURO 光

それより割安の回線というと、2/10GbpsのNURO光ぐらいしかなかった。
ただ、家族でauのスマートフォンを利用していることもあり、auスマートバリューで携帯電話料金が割引になっているのに加え、ホームゲートウェイも無料で借りられているため、なかなか他のサービスには移りにくい状況ではあった。

そんなところに、「auひかり」から、NURO光に匹敵するような、新しいプランが発表された。

p_index_01b.jpg

世界最速、超ひかり。「auひかり ホーム10ギガ」を3月1日より受付開始 | 2018年 | KDDI株式会社

3月1日より受付開始された、通信速度上り/下り最大10Gbpsの「auひかり ホーム10ギガ」と、通信速度上り/下り最大5Gbpsの「auひかり ホーム5ギガ」だ。

正直、現在の1Gbbsの回線でも、何か困っていることがあるか?と言われれば、あまりない。

ただ、「auひかり ホーム5ギガ」は、「ずっとギガ得プラン」に加入すれば、3年間は月額利用料を毎月500円割引し、従来の1Gbpsと同じ料金となり、auスマートバリュー利用の場合は、4年目以降も毎月500円割引となり、auスマホを使い続ける限り、月額料金は従来と変わらず使い続けられるらしい。

しかも、現在の1Gbpsのプランから「auひかり ホーム5ギガ」へのプラン変更は無料で、それに伴い必要になるホームゲートウェイの交換も無料。
しかも、新しいホームゲートウェイ「BL1000HW」は、現行の「BL900HW」から大幅にスペックアップしていながら、auスマートバリューに加入していれば、引き続き無料で借りられる。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - インターネット ブログトップ