So-net無料ブログ作成
検索選択

インターネット ブログトップ
前の5件 | -

今、一番安いインターネット回線 [インターネット]

一戸建てで、今、インターネット回線を引く場合、どこが一番安いのだろうと思って、調べてみた。

まず、光回線では、

格安プロバイダはBBエキサイト | 高品質で業界最安プロバイダ

「光コラボレーション」の「BBエキサイト光」ファミリータイプが、月額費用が、税込4,708円で、一番安いみたい。
他の光コラボ同様、速度は最大最大1Gbpsです。
ただし、初期費用として、別途工事費がかかるのですが、もし、既にフレッツ光の工事が済んでいる家であれば、工事費なしで、入会手数料のみで加入することができます。

NURO光に乗り換えるメリット・デメリット

もし、一から光回線を引くなら、NUROひかりが一番安いようで、月額費用が税込5,122円。無線ルーターレンタル代やセキュリティ代もコミコミの価格で、速度は最大2Gbpsと業界最速。ただし、関東など地域限定だ。

光回線は、価格でいえば、このどちらかだろう。

さらに安い回線となると、廃れたとはいえ、ADSLがまだ使える。

Yahoo! BB バリュープラン | インターネット | ソフトバンク

こちらのプランは、契約料・初期費用が0円で、60か月間は、アナログ回線代込みで、月額税込み2,857円で使える。
さらに、ソフトバンクスマホを組み合わせることで、スマホのパケット代の割引も24か月間得られる。
速度は、最大でも12Mbpsで、交換局との距離が遠ければ、1Mbpsを切るケースもあるので、速度重視の人は避けた方がいい。

中間案としては、WiMAX2+サービスを使うこと。

WiMAXキャンペーン比較!お得なワイマックス2016年5月版

一番安いプランだと、ギガ放題で、月額税込みで3,414円が一番安いみたい。
ただ、加入手数料もかかるし、期間縛りの解約条件がいろいろあって、実態はそこまで安くはない。
また、使い放題とは言っても、3日で3Gbps使うと速度制限も掛かり、本来の意味での使い放題とは言えないが、速度制限が掛かっても現状は6Mbpsぐらいは出るので、使い物にならない程ではないようだ。
ただし、モバイルルータは、外に持ち出してしまうと家では使えなくなるので、家族持ちには適さない。独身向けだな。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

So-net光(auひかり)「ずっとギガ得プラン」への変更 [インターネット]

auからドコモ光パック対抗プラン登場:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

我家では、So-net光(auひかり)の「ギガ得プラン」を契約中だが、新たにできた「ずっとギガ得プラン」が、他社のプラント比較して客観的にお得なのかが気になっていた。

大手携帯三社のブロードバンド割引をガッツリ比較?|?無線にゃん

誰かが調べてくれるだろうと思っていたが、こちらのサイトが一番よく分かった。
これによれば、基本的には、極端な使い方でもない限り、どこのキャリアでも大差ないことが分かる。
また、我が家のように、旧プランのスマホ2台に、フィーチャフォン3台という構成だと、auがややお得っぽい。

なので、今回は、So-net光(auひかり)を「ずっとギガ得プラン」に変更して継続することは決めた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

auからドコモ光パック対抗プラン登場 [インターネット]

キャリア3社の光セット割はどこに違いが? - 今MNPするならどこのキャリアがおトクか考えた (1) 3キャリアのセット割をおさらい | マイナビニュース

ドコモ光パックは、光回線と同時にスマホを契約した場合の割引については、分かりにくい上に、あまり大してお得でない印象が強かったが、光回線自体は、auひかりより約500円安く、お得ではあった。
ただ、これを受けて何かしらの対抗プランが、auからも出てくるだろうとは思っていたが、ようやく登場した。
たぶん他社のプランが出揃うのを待っていたのかもね。

「auひかり ホーム」に新料金プラン「ずっとギガ得プラン」が追加 - KDDI | マイナビニュース

それは、最大1Gbpsの光回線サービス「auひかり ホーム」の新料金プラン「ずっとギガ得プラン」で、3月1日より提供される。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

NTT東西の光コラボサービスが続々 [インターネット]

固定と携帯のセット割「ドコモ光パック」発表、10GB/1万3500円~ - ケータイ Watch

NTTの「光コラボ」を活用した「ビッグローブ光」、2月1日からスタート - ITmedia Mobile

ニフティが「@nifty光」を発表 -- NTT光卸しモデルを導入 - CNET Japan

光回線と家族3人のスマホが月1万円で使い放題――「販売、付加価値、サポート」で勝負するU-NEXTの光コラボ戦略 - ITmedia Mobile

フリービット、NTT東西の光卸による「DTI 光」スタート、ISP込みで月額3600円から -INTERNET Watch

ソフトバンク、光回線と携帯のセット割「スマート値引き」 - ケータイ Watch

NTT東西による光サービスの卸売りを利用した、光サービスの発表が立て続けにあった。

現在契約中のauひかりのso-netプランに、ひかり電話をプラスし、さらにauの回線をスマホ2回線、フィーチャフォン3回戦を契約し、トータル、毎月17,000円ぐらい払っている我が家だが、auひかりの契約が、2015年2月で2年毎の更新月を迎える。

なので、他のサービスに乗り換えたらどの程度お得なのかは、非常に興味のあるところだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

無料Wi-Fiサービス提供の広がり [インターネット]

このところ、無料Wi-Fiサービスを提供するというニュースが非常に多い。
日本を訪れる外国人観光客が過去最大の1100万人を超え、2020年の東京オリンピック開催に向け、国としても政策としてさらに観光客を呼び込もうとしているのが、大きな推進力になっているのだろう。

これまでの無料Wi-Fiというと、草の根方式や、広告付きの限定的なサービスがほとんどだったが、それは、無料Wi-Fiを維持し、拡大していくビジネスモデルが確立しにくい事情があったからだが、ここにきて、地方自治体やJRや私鉄などの鉄道会社も、サービス向上の一環として投資してでも、積極的に無料Wi-Fiサービスの整備に動き出したのが、大きな原動力になっているようだ。

明日12月1日から地下鉄143駅で無料Wi-Fiが利用可能に! 事前にアプリを入れておくと何かと捗るぞ~!! | ロケットニュース24

都営地下鉄と東京メトロの143駅で利用可能になる無料Wi-Fiは、1回の接続は3時間までだが、利用回数の上限はなし。

小田急電鉄、無料無線LANサービス「odakyu Free Wi-Fi」12月から提供開始! | マイナビニュース

小田急線新宿駅・小田原駅とロマンスカー車内、箱根エリアの主要駅・港、箱根海賊船内で、iOS / Android向け専用アプリ「odakyu Free Wi-Fi」が必要で、利用の際はSNSのアカウントかSMSによる認証が必要なので、パソコンでは使えないみたい。
利用可能期間は30日間で、サービス対象エリアでは、海外客向けに、利用方法を6つの言語(日本語、英語、中国語簡体字・繁体字、韓国語、タイ語)のガイドブックを配布する。

JR西日本、初の列車内無料WiFi サービスを提供。訪日外国人向けに12月1日開始 - Engadget Japanese

JR 西日本が、関西新空港と大阪を結ぶ特急「はるか」の全63両でも、Wi-Fiが利用できるようになるが、まず事前(訪日前)にメールで利用登録してゲストコードを取得する必要があり、基本外国人専用らしい。利用期間は初回ログインから8日間とのこと。

JR EAST FREE Wi-Fiをつかおう!! - その他音楽カテゴリ - Mizuho徒然帳 - Yahoo!ブログ

埼玉県・NTT東など、観光地に無料Wi―Fi まず長瀞町に  :日本経済新聞

NTT東日本は、既に首都圏の13駅で、1回3時間までの無料Wi-Fiを提供しているが、さらに、自治体と連携して、観光地を中心に、外国人向けに無料Wi-Fiを順次整備してゆく方針らしい。まずは、秩父、川越、熊谷などがターゲットになる模様。

セブンスポットとファミマWi-Fi、LAWSON Wi-Fi?コンビニの無料Wi-Fiサービスはどれが使えるのか徹底比較 (1) セブンスポット(セブンイレブン) | マイナビニュース

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンでも、既に時間や回数の限定はあるもののWi-Fiサービスが広がっている。

ビックカメラが店頭で利用できる無料Wi-Fiサービス開始、まずは有楽町店から | オクトバ

ビックカメラも、有楽町店から始め、ビックカメラ各店で無料Wi-Fiが利用可能にするそうだ。事前登録やアプリダウンロードなどの必要はなく、利用方法も手軽だ。

広島市、外国人観光客誘致で無料Wi-Fi実証実験、インバウンド限定キャンペーンで | トラベルボイス(公式)

広島市も、自治体主導で、外国人観光客向けに、無料Wi-Fiサービスの実証実験を行うという。

外国人向けに行うサービスが多いが、日本人でも使えるサービスも、本当に外国人でないと使えないサービスもあり、自分が使えるかどうかは個々に見極める必要がある。

また、いずれも、実際のアクセスポイントの整備を、自分で行っているわけではなく、Wi2 300やNTTBP、au Wi-Fiサービスなど、既存の公衆無線LANサービスに、鉄道会社や自治体が包括的な法人契約をし、Wi-FiのMVNOサービスのような形で無料Wi-Fiを実現しているようだ。

無料の公衆無線LANの整備について、誰に向けてどこがお金を出すべきなのかが、はっきりしたことで、今後、大都市圏では、無料の公衆無線LANサービスが拡大するのは間違いなさそうだ。

BBセキュリティ|SoftBank

一方で、善意の無料Wi-Fiスポットを装うハッキングサイトもあるらしいので、提供元が不明の無料アクセスポイントにはむやみにアクセスしないよう注意が必要だろう。
こちらも、今後、利用者が増えるのを狙ってきて、増えそうで怖いな。

関連記事:
急激に増えつつあるWi-Fiアクセスポイント | トドのつまりは・・・ - 楽天ブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - インターネット ブログトップ