So-net無料ブログ作成

ダイキンの加湿空気清浄機「MCK70S」をしばらく使ってみて [白物家電]

【レビュー!!】ダイキンのハイグレード空気清浄機「MCK70S」がコスパ最強すぎるのでオススメする

ダイキンの加湿空気清浄機「MCK70S」を使い始めて、1か月以上経つので、ちょっと感想をメモしておきたい。

購入した2015年モデルの「MCK70S」と、最新の2016年モデル「MCK70T」との違いは、デザインが違うほか、新たに「おまかせボタン」という空気清浄と加湿機能双方に対応する自動運転ボタンが付いたことだそうだ。
ただ、我が家の場合、加湿の連動は必ずしも必要ではなく、「MCK70S」でも十分だったので、これでよかったと思う。

というのも、我が家の場合、リビングダイニングの暖房は、基本、石油ファンヒーターで行なっており、燃焼で水蒸気が発生するため、室内はほとんど乾燥しないからだ。
実際、「MCK70S」の加湿機能は弱に設定したままだが、湿度計を見ていても、ほとんど50%以上をキープしており、加湿にはあまり気を使う必要はない。

水タンクの水もあまり減らず、未だ空になったとのランプがつかない。水タンクは、定期的な掃除が必要とのことで、水が空になった時にやろうと思っていたら、全然その時期が来ないので、今週末は、プレフィルターの掃除と併せてやった。

購入後、初めてのフィルター掃除は、3週間後となった。取扱説明書には、2週間に1回掃除をするように書かれているのだが、あっというまに3週間経ってしまったので、どんな状態か心配したが、

KIMG0103.JPG

前面の蓋を開くと出てくるプレフィルターを見ると、結構、確かにほこりがついている。

これを外して、水洗いした方がいいようだが、はぼきでほこりを取ったら、ほぼ完全に取り切れたので、今回は掃除機のみで掃除。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

全自動衣類折りたたみ機「laundroid」の体験型カフェ [白物家電]

share.png

全自動衣類折りたたみ機「laundroid」の体験型カフェがオープン(製品デモ動画あり) | TechCrunch Japan

セブンドリーマーズが、パナソニック、大和ハウス工業との共同で開発中の全自動衣類折りたたみ機「laundroid」を展示し、試せるカフェレストラン「laundroid cafe(ランドロイド・カフェ)」が、3月18日にオープンした。


/ laundroid caf? | ランドロイド・カフェ | / laundroid caf? | ランドロイド・カフェ

場所は、東京・表参道で、カフェでは、昼にはコーヒーやかき氷、夜には「焼かない焼き肉屋『29ON(ニクオン)』」のディナーを楽しむことができるという。
営業時間は午前11時から午後11時までで、年中無休(年末年始を除く)で営業するそうだ。

そして、このカフェには「ランドロイド・ルーム」と呼ばれる「laundroid」の体験スペースが併設されていて、プロジェクトマッピングを利用して「ランドロイドのある生活」を疑似体験できるようになっているそうだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あれ?ひょっとして空気清浄機は不要だった!? [白物家電]

ダイキンの加湿空気清浄機「MCK70S」を、電源を入れっぱなしで使っているが、今のところ全く問題はないのだが、ふと、気になることがあり、とある取扱説明書を読んだら、「あちゃー、空気清浄機は買わなくてもよかったかもしれない」という事実を知ってしまった。

MSZ-ZW284-W.jpg

三菱電機の新しいエアコンの感想:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

我が家のリビングダイニングには、以前にもご紹介した三菱電機のエアコン「霧が峰 MSZ-ZW284」が、ちょうど1年前に設置されている。

三菱電機 ルームエアコン霧ヶ峰ムーブアイ:三菱の特長(清潔へのこだわり)

この製品の機能を確認していたら、

・「帯電ミクロフィルター」でPM2.5、花粉をキャッチ。
・「ピュアミスト」電気を帯びた水の粒子が衝突し、菌・ウイルス・カビ菌の活動を抑制。
・「フィルターおそうじメカ」で、フィルターのお手入れ不要。

という文言を発見。

「帯電ミクロフィルター」は、シャープのプラズマクラスターイオンと似たようなもで、吸い込んだほこりを帯電させ、それを空気清浄フィルターでキャッチし、そのほこりは、「フィルターおそうじメカ」で自動的に掃除されてダストボックスに貯まる。
しかも、一応、PM2.5対応のフィルターとなっているので、それより大きな花粉はまず間違いなくキャッチされるはず。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ダイキンの加湿空気清浄機「MCK70S」が届いた [白物家電]

【レビュー!!】ダイキンのハイグレード空気清浄機「MCK70S」がコスパ最強すぎるのでオススメする - 徒然なるままに・・・

ダイキンの加湿空気清浄機「MCK70S」が、宅配便で届いた。

KIMG0055.JPG

届いた箱が、思いの外デカい。開梱して本体を取り出してみると、やっぱりデカくて重い!
重さは、12.5kgもあるので、奥さんが気軽に移動させるるのは難しそう。

KIMG0056.JPG

本体サイズも、620×395×287mmもあるので、どこに置くかかなり悩んだが、リビングダイニングと和室の両方で効果があるようにしたいので、その境目に置いた。

そばのコンセントから電源を接続し、水を補給して早速使い始めている。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ダイキンの加湿空気清浄機「MCK70S」について [白物家電]

41HBWyyRy2L._SY450_.jpg

【レビュー!!】ダイキンのハイグレード空気清浄機「MCK70S」がコスパ最強すぎるのでオススメする - 徒然なるままに・・・

購入したダイキンの加湿空気清浄機「MCK70S」のスペックを確認しておこう。

適用床面積(加湿空気清浄) は、11畳(木造和室)、18畳(洋室)とある。
かなり広い部屋で使えそうに見えるが、我が家の使用場所は、基本12畳のLDKで、さらに、できればその隣の6畳和室も開け放して使うことも多い。
となると、これでもギリギリのスペックだと思う。

メインのほこりフィルターは、目の細かなHEPAフィルターを採用。
目が詰まりやすいという問題を解決するため、他社では採用例が少ない電気集塵方式を採用するため、長期間吸塵力が持続し、HEPAフィルターは10年に一度の交換でいいそうだ。
ちなみに、2週間に一度程度、プレフィルターは水洗いが必要で、プラズマイオン化部も掃除機でほこりを吸う必要があるが、この手間は他社並みではある。

センサーについても、ニオイセンサーとホコリセンサーが搭載されれ、ほこりセンサーは、2.5μm以下の小さなホコリ用のセンサーと、より大きなホコリ用のセンサーを別々に搭載する「ダブルホコリセンサー」で、PM2.5の微小粒子の検知速度を高めているとのことで、この辺も他社にない機能。

脱臭フィルターについては、あまり気にしていないが、ダイキンは、光速ストリーマユニットでフィルターにプラズマ放電を行うことで、ニオイ粒子を酸化分解させているとのこと。
このため、脱臭フィルタの目詰まりも生じにく、脱臭フィルターは、基本的に交換の必要がないそうだ。
また、この方式では、ニオイだけではなく、排気ガス(NOx)も分解できるとのことで、大気汚染が酷い中国では、日本製の空気清浄機が重宝がられるのも分かるな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感