So-net無料ブログ作成
検索選択

パソコン ブログトップ
前の5件 | -

AMDの新CPU「Ryzen 7」が久々のヒット [パソコン]

正直、デスクトップPC用のハイエンドCPUなんて、もはや全く興味はなかったので、AMDの新CPU「Ryzen 7」が発表されたときも、ふーんと聞き流した程度だった。

ドスパラ、Ryzen 7搭載ゲーミングPCを4機種投入 - PC Watch

iiyama PC、「Ryzen 7」搭載で約13万円からのミドルタワーPC | マイナビニュース

TSUKUMO、Ryzen 7搭載BTOデスクトップPC 2機種 - PC Watch

「Ryzen 7」が発売されるや否や、各社から「Ryzen 7」搭載のパソコンが、一斉に発売。
こんなこと、最近なかったことで驚き、改めて「Ryzen 7」について調べてみた。

amd.png
ASCII.jp:インテル超え確実!? Ryzen 7最速ベンチその実力とは? (1/2)

【レビュー】AMD「Ryzen 7 1800X」はIntelの牙城を崩せるか? ~各種ベンチマークを実施 - PC Watch

Ryzen 7のラインナップは、Ryzen 7 1800Xは5万9800円、Ryzen 7 1700Xは4万6800円、Ryzen 7 1700は3万8800円とのことだが、ベンチマークを取ると、「Ryzen 7 1800X」が、実売価格約12万円のハイエンドCPU「Core i7-6900K」とタメを張るか、むしろ、トータルでは上回るスコアを出すというから、凄い。

【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】AMD「Ryzen 7」の半導体チップの姿 - PC Watch

「Ryzen 7」は、8個のCPUコアを統合するハイエンドCPUで、CPUコアは、新設計の「ZEN」マイクロアーキテクチャベースで、AMDとしては久々のハイエンド製品。

このところ、AMDは、ローエンドCPUは完全に「Atom」に制圧され、ハイエンドCPUは「Core i7」に完敗の性能のCPUしか出せず、その間で、細々と製品を出しながら、PS4、X-Box Oneのゲーム機用SoCで何とか食いつないでいる感じだった。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コストパフォーマンスがいいデスクノートパソコン [パソコン]

最近は、2in1のキーボード付きタブレットが売れ筋のようで、普通のノートパソコンは、機能面でも差別がができず、売り場でもあまり目立たない存在になりつつある。

10万円を超えるノートパソコンに、FWXGA (1366×768ドット)の画面しか搭載されていないケースも多く、フルHD画面のピュアタブレット端末が平気で2万円を切る状況で、そんなもの、誰が買うのだろうと思っている。

01_px400.jpg

8万円台でもSSDとHDDを両搭載するノートPC - 日経トレンディネット

マウスコンピューターの「LuvBook Jシリーズ LB-J520B2」は、最近では、なかなかコストパフォーマンスが優れたノートパソコンに見える。

CPUには、個人用には十分な性能を持つCore i5を搭載。
13.3型液晶画面の解像度は、フルHD。
ストレージには、500GBのHDDを搭載して、価格は77,800円からと手ごろ。
以前だと、これだけのスペックが揃っていると、確実に10万円を超えていたので、ようやく手頃な価格になってきた感じだな。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミニタワーPCをデュアルディスプレイにする [パソコン]

imga6456c94zik1zj.jpeg

TSUKUMO「エアロストリームRM5J-C34/Sカスタムモデル」レポート | トドのつまりは・・・ - 楽天ブログ

TSUKUMOのミニタワーPCには、子供に貸していたが戻ってきた液晶ディスプレイ「SyncMaster171MP」を、D-sub15ピンで繋いでいたが、新たに購入した液晶一体型PC「dynabook REGZA PC D71」にHDMI入力があり、ディスプレイとしても使えるため、ミニタワーPCをデュアルディスプレイ化できないか考えてみた。

まず、TSUKUMOのミニタワーPCには、D-sub出力端子と、DVI出力端子の2つのディスプレイ端子があり、それぞれの端子に適合するディスプレイが繋げられればデュアルディスプレイが実現できる。
また、直接適合するディスプレイがなくても、変換アダプタ等で変換できれば、それでもいい。

IMG_20170204_214306.jpg

今回の場合、D-sub端子に、「SyncMaster171MP」(D-sub入力端子)を既に繋いでいるので、まずはDVI出力端子に、「dynabook REGZA PC D71」のHDMI入力端子を接続することを考える。
DVI端子はI/D兼用なので、アナログでもデジタルでも出力できるが、問題は音声出力ができないので、「dynabook REGZA PC D71」の内蔵スピーカーで音が出せないこと。

これを解決するベストの方法としては、PCのDVI-D出力端子の映像と、音声出力端子を、音声入りのHDMI出力に変換するアダプタを購入することだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東芝の液晶一体型PC「dynabook REGZA PC D71」のセットアップ [パソコン]

IMG_20160612_185814.jpg

液晶一体型AVPC dynabook REGZA PC D81・D71トップページ

少し前に、HDMI入力があり、ディスプレイとしても使用できる液晶一体型パソコン「dynabook REGZA PC D71」を購入したことをご報告したが、その感想を簡単に書いていきたい。

最初に電源を入れて戸惑ったのは、付属のワイヤレスキーボードは即使えたのに、なぜか付属のワイヤレスマウスが使えなかったこと。
ペアリングはどうするのか、ネットで取扱説明書を調べると、パソコン本体の電源ボタンにマウスを近づけ、マウス裏のボタンを5秒以上押すといいらしい。実際、その操作で、マウスが動くようになった。

ちなみに、付属のリモコン、キーボード、マウスは、ワイヤレスだがBluetoothではないらしく、Bluetoothデバイスの一覧には表示されない。2.4GHz帯の独自規格で接続されているようだ。
マウスだけが最初使えなかったのは、おそらく展示品なので、別の展示品とマウスが入れ替わってしまったのかもしれない。

デジタルチューナー用のminiB-CASカードは、どこに挿すかと思いきや、本体下側に挿す。スロットに蓋はないが、プッシュロック式なので、カードが落ちることはない。

ACアダプタは裏側に端子がありそこに接続するが、アダプタ本体がかなりデカいのは、デスクトップPCだから仕方ないところか。

テレビアンテナ端子も、裏側にあり、家のアンテナ端子から同軸ケーブルで接続。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

東芝の液晶一体型PC「dynabook REGZA PC D71」の中古を購入 [パソコン]

少し前のことになるが、私の書斎で使っていたミニタワーPC用の液晶ディスプレイを、先日、子供用に買ったフルタワーPC用に取られてしまったので、代わりのディスプレイを探していた。

思い切って4kディスプレイというのも考えたが、私の使っているPCデスクが、横幅が52cmまでのディスプレイしか置けないため、ワイドディスプレイであれば、おおよそ22インチが限度で、それでは4kディスプレイは収まる商品がない。
となると、フルHDで1万円ぐらいの安いディスプレイをターゲットに探すことにした。

そこで、秋葉原をメジャーを片手に、横幅52cmに収まるディスプレイを探し回っていたところ、ディスプレイではなくこんなPCを見つけ、結局、買ってしまった。

20xxsozo_k0000704559_1.jpg

液晶一体型AVPC dynabook REGZA PC D81・D71トップページ

「dynabook REGZA PC D71」という東芝の液晶一体型PCだ。
このPC、フルHDの21.5型ワイド液晶を備え、横幅が5.16cmと、私のデスクにジャストサイズ。
そして、このタイプの液晶一体型PCは、大抵、ディスプレイとしても使える筈だと思い確認したら、確かにHDMI入力端子があり、ディスプレイ単体として起動し使用可能。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - パソコン ブログトップ