So-net無料ブログ作成
検索選択

パソコン ブログトップ
前の5件 | -

Firefox 55リリースでようやく問題が解決 [パソコン]

私は、PC用のWebブラウザに関しては、使い慣れたアドオンが多いFirefoxをメインに、Chromeを併用しているが、最近、タブをたくさん開いたときに、Firefoxの調子がよくなかった。

元々、Chromeの方が、タブをたくさん開いたときの動作は遅く、Firefoxの方が使い勝手がよかったのだが、Firefoxもバージョンが50を超えたあたりから、タブをたくさん開くと急に動作が遅くなり、しかも、フリーズしたり、異常終了することも増えた。

Firefoxのタブをたくさん開いたままにしておくと、プロセスとしては生きているのだが、Webのレンダリングエンジンが死ぬらしく、Webサイトを全然読み込まなくなったり、リンクをクリックしても反応しなくなったり、画面が突然崩れたりする。
そこで、終了ボックスをクリックして、Firefoxを終了させると、一見正常終了したかに見えて、プロセスが生きたままになっていて、再度Firefoxアイコンをクリックすると、「生きているFirefoxを強制させろ」とエラーメッセージが出て、立ち上がらない現象が、よく起きていた。
こうなると、タスクマネージャーから、Firefoxプロセスを殺さないと、再度立ち上げられなくなってしまい、ストレスがたまった。

「Firefox」、1691個のタブを15秒で開く高速処理 - CNET Japan

この現象については、どうやら開発側でも把握はしていたようで、リリースされたバージョン55では、ようやくタブをたくさん開いたときの動作速度や、使用メモリ量が大幅に改善されるといっていたので、期待していた、

「Firefox 55」正式版がリリース、WebVRに対応しパフォーマンスも劇的に向上 - GIGAZINE

2017年8月9日、待望の「Firefox 55」がリリースされたが、なかなか自分のPCに降ってこない。
9日の午後3時ごろ、ようやく更新ができるようになった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10万円を切る高性能デスクノートパソコンが続々 [パソコン]

note_n1502-01.jpg

TSUKUMO、Kaby LakeとSSD搭載で税別49,800円からの15.6型ノート - PC Watch

TSUKUMOから、税別直販価格49,800円からのエントリー向け15.6型ノートPCが5機種発売された。
ただ、この発表で、本当の注目は49,800円のローエンド機ではない。

ワンランク上の「eX.computer N1502K-310/T」(ネットショップ限定モデル 税別価格:62,778円)が、

・CPU:インテル Core i3-7100U
・RAM:DDR3L 4GB PC3-12800
・SSD:240GB SSD (シリアルATA接続)
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
・グラフィックス:インテル HD Graphics 620
・ディスプレイ:15.6インチ フルHDノングレア液晶ディスプレイ
・無線LAN:IEEE 802.11 ac/a/b/g/n 対応
・OS:Windows 10 Home (64ビット版)

と、CPUはCore-iシリーズで、ディスプレイもフルHDD、SSDも240GBを搭載して、この値段は安い。

さらに、ハイエンドの「eX.computer N1502K-720/T 税別価格:89,800円)に至っては、
・CPU:インテル Core i7-7500U
・RAM:DDR3L 8GB PC3-12800
・SSD:500GB(M.2接続)
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
・グラフィックス:インテル HD Graphics 620
・ディスプレイ:15.6インチ フルHDノングレア液晶ディスプレイ
・無線LAN:IEEE 802.11 ac/a/b/g/n 対応
・OS:Windows 10 Home (64ビット版)

と、CPUがCore i7に、RAMも8GBに、SSDも400GBにアップグレードされて、10万円を切る安さ。
こちらもコストパフォーマンスは高い、と思ったら、さらに上手がいた。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

これも「VAIO type P」の後継狙いか? [パソコン]

これは「VAIO type P」の再来か?:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

先日、「VAIO type P」の後継とも言える文字入力重視のモバイルノートパソコン「KS-PRO」をご紹介したばかりだが、もう一つ、同じようなコンセプトで間もなく新製品が出る模様だ。

1-3.png

「VAIO type P」再来か?7型ポケットPC「GPD Pocket」--6時間で20万ドル超を集金 - CNET Japan

「GPD Pocket」という製品がクラウドファンディングで資金募集していて、Windows 10版が399ドル(約46,000円)というから、「KS-PRO」よりも安い。

20170217221149.jpg

超小型PCの神機「GPD WIN」の新リビジョン「GPD WIN改」が買える販売チャンネル

発売元のGamePad Digital社は、ゲームパッド付きUMPC「GPD WIN」が好評だが、今回は、文字入力がテーマだ。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

これは「VAIO type P」の再来か? [パソコン]

kspro.jpg

【やじうまPC Watch】VAIO type Pの後釜になる? Windows 10搭載8.2型クラムシェル「KS-PRO」 ~Snapdragon 835を搭載。Indiegogoで資金調達中 - PC Watch

クラウドファンディングのIndiegogoで、ポケットサイズのWindows 10パソコン「KS-PRO」と、Android 7搭載モデルの「KS-PROID」が出品され、出資を募っているそうだ。

「KS-PRO」は600ドルで日本語版端末が用意されており、2018年1月に出荷予定。
「KS-PROID」は450ドルで、同じく日本語版端末があり、2017年11月に出荷予定と少し早い(送料別)。

「KS-PRO」と「KS-PROID」は、基本同じハードで、OSのみが違うようだ。
値段の差はOSの差ということになるが、Windows 10が無料版ではないとしても、それでも値段差が大き過ぎる気もしなくはない。

主なスペックを見ていこう。

・筐体:246×150×16mm(幅×奥行き×高さ)、640gのクラムシェル型(折り畳み型)で、CNC加工のマグネシウム合金
・ディスプレイ:8.2型のAMOLEDディスプレイで、解像度はWQHD(2,560×1,440ドット)、Gorilla Glass 3採用、タッチパネル機能
・SoC:Snapdragon 835で、GPUはAdreno 540、RAMは8GB搭載
・内蔵ストレージ:128GB、microSDカードスロット(最大256GBまで)
・通信機能:3G/4G LTE通信(Nano SIMスロット)、IEEE 802.11ac、Bluetooth 4.0
・インターフェイス:USB Type-C×2、USB 3.0、ヘッドフォンジャック
・1,200万画素のWebカメラ、GPS内蔵
・バッテリ容量:10,307mAhで、約12時間動作
・キーボード:指紋認証スキャナ兼トラックポイント、日本版は日本語キーボード

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

AMDの新CPU「Ryzen 7」が久々のヒット [パソコン]

正直、デスクトップPC用のハイエンドCPUなんて、もはや全く興味はなかったので、AMDの新CPU「Ryzen 7」が発表されたときも、ふーんと聞き流した程度だった。

ドスパラ、Ryzen 7搭載ゲーミングPCを4機種投入 - PC Watch

iiyama PC、「Ryzen 7」搭載で約13万円からのミドルタワーPC | マイナビニュース

TSUKUMO、Ryzen 7搭載BTOデスクトップPC 2機種 - PC Watch

「Ryzen 7」が発売されるや否や、各社から「Ryzen 7」搭載のパソコンが、一斉に発売。
こんなこと、最近なかったことで驚き、改めて「Ryzen 7」について調べてみた。

amd.png
ASCII.jp:インテル超え確実!? Ryzen 7最速ベンチその実力とは? (1/2)

【レビュー】AMD「Ryzen 7 1800X」はIntelの牙城を崩せるか? ~各種ベンチマークを実施 - PC Watch

Ryzen 7のラインナップは、Ryzen 7 1800Xは5万9800円、Ryzen 7 1700Xは4万6800円、Ryzen 7 1700は3万8800円とのことだが、ベンチマークを取ると、「Ryzen 7 1800X」が、実売価格約12万円のハイエンドCPU「Core i7-6900K」とタメを張るか、むしろ、トータルでは上回るスコアを出すというから、凄い。

【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】AMD「Ryzen 7」の半導体チップの姿 - PC Watch

「Ryzen 7」は、8個のCPUコアを統合するハイエンドCPUで、CPUコアは、新設計の「ZEN」マイクロアーキテクチャベースで、AMDとしては久々のハイエンド製品。

このところ、AMDは、ローエンドCPUは完全に「Atom」に制圧され、ハイエンドCPUは「Core i7」に完敗の性能のCPUしか出せず、その間で、細々と製品を出しながら、PS4、X-Box Oneのゲーム機用SoCで何とか食いつないでいる感じだった。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - パソコン ブログトップ