So-net無料ブログ作成

パソコン ブログトップ
前の5件 | -

ファイル転送アプリ「Xender」がすごい! [パソコン]

ラジオ番組を録音して、それを持ち出して聞くことを日常やっているが、以前、その手順は次の通りだった。

1.ホームネットワークにつながったWindowsタブレットを常時立ち上げ、どがらじというソフトでRadiko等の番組を、microSDXCカードに予約録音する
2.WindowsタブレットでmicroSDXCカードをウィンドウズ共有で公開しておき、日常使うパソコンから、そのドライブを開く
3.ポータブルオーディオとして使っているスマホ「SERVO J5+」をパソコントUSB接続し、パソコン
で、microSDXCカード上の録音ファイルを、「SERVO J5+」のmicroSDXCカードにコピーする
4.「SERVO J5+」を取り外し、外で持ち歩いて録音ファイルを聞く

コンパクトスマホ「SERVO J5+」のパソコン接続が不安定:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

この3.のUSB接続が不安定なことから、代わりに、Xenderというアプリを使い始めたことは、すでにこのブログでもご報告した。

XENDER-APP.jpg

Xender Web

その後も使っているのだが、とてもいい点が多く、ますます気に入っている。

このアプリのいい点だが、

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

業務用にモバイルノートPC「MateBook X」を購入 [パソコン]

私の職場で、今期予算がまだ余裕があるということで、余った予算で開発およびデモ用のPCを、久々に新調することにした。

現在使っている開発用ノートPCは、他の人から開発環境ごと引き継いだもので、ディスプレイサイズは12インチ、CPUはCore i7の性能重視のデル製で、発熱が酷く、Core i7にしてはあまり速く感じない。
よくく調べると、Core i7なのに、モバイル向けの2コア4スレッドのタイプで、詐欺にあった気分。
しかも、長く使っていたので、完全にバッテリーが死んでしまっていて、ACアダプタを抜くと10分ぐらいしか持たない。
重量も3kg近くあり、職場で使うだけならいいが、これをデモするために出張でも持ち歩いていたから、大変だったのだ。

さて、予算は20万円以内だったが、今期の発注期限も近づいており、手続きが簡単ですぐに届く、職場のオンライン発注システムで扱っているモデルから選ばないといけない状況にあったため、その中で選んだのが次の製品。

thumbnail_l.jpg

初のノートPCとは思えない完成度の高さ! ファーウェイ「MateBook X」を試す - 価格.comマガジン

最近スマホやタブレットで勢力を増している中国のファーウェイのモバイルノートPC「MateBook X」だ。

最初は、2in1タイプのWindowsタブレットも考えたのだが、やはり拡張性に問題ある製品が多く、仕事の上で、色々周辺機器を繋いで実験する必要がある私には、向かないと判断した。

ASCII.jp:MateBook X 試用レポ ファンレスなのにCore i搭載で大丈夫なのか!?

ファーウェイMateBook Xレビュー。Uプロセッサだけどファンレスのスゴイ奴。第2世代で何が変わった? - Engadget 日本版

HUAWEI MateBook Xのレビュー/ファンレスで超薄型・超静音 - the比較

レビューもたくさん上がっていて、評価も軒並み高い。

「MateBook X」の主なスペックは次の通り。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

メインのデスクノートパソコンのCPUファンの騒音がひどくなった [パソコン]

NEC LaVie L PC-LL750MSW-BGの感想:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

私が家でメインに使っているデスクノートパソコン「NEC LaVie L PC-LL750MSW-BG」の空冷ファンの音が、ベアリングが擦れるような音がして、徐々にうるさくなり始めていたが、数日前に、常時ガガガガとうるさくなり始めた。
夜、奥さんが寝られないというので、パソコンが深夜に使えなくなった。

仕方ないので、裏ブタを開けて、ファンを交換できないか見てみたら、ファンがヒートパイプと一体になっており、ヒートパイプの取り付けも特殊ネジで簡単に外せない構造となっている。
ヒートパイプごと取り外せば、ファンだけを交換できなくはなさそうだが、ファン自体の形状も、ノートパソコンでヒートパイプ一体型となると、全く同じ形状のものを手に入れるのは簡単ではなさそう。

軸受けに潤滑剤が使えないかとも思ったが、「クレ55」は樹脂部品があるものに使うのは厳禁と聞くので、このファンには不適。

ノートPCのCPUファンから異音がしたらグリーススプレーがおすすめ | 自分に負けないラボラトリー

こちらで紹介されている特殊なグリースであれば使っていいようだが、ヒートパイプもファンも取り外して、軸受けに直接噴射する必要があるらしい。

本格的な対策は、このグリースを手に入れてから考えるとして、とりあえず今すぐにできる対策はないかと考えて、試してみたのが次の方法。

LL850MSB_fsa02_cs1e1_1000x.jpg

簡単だ。CPUファンの電源配線ピン(写真の赤丸)を抜いてしまい、ファンを止めるのだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キーボード付きPDA「Gemini」の魅力 [パソコン]

ミニパソコン「GPD Pocket」が発売された:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

これは「VAIO type P」の再来か?:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

これまでも、キーボード付きで文字入力が快適なミニパソコンについては、いくつか紹介してきたが、今回ご紹介する「Gemini」は、一番欲しいかもしれない。

gemini_02.jpg

キーボード付きの小型PDA!Gemini | will-launch

動画:QWERTYキー搭載スマホ決定版!いち早くGemini実機に触れてきた。日本語配列もチラ見せ - Engadget 日本版

「Gemini PDA」は、Planet Computers社が、クラウドファンディングのKickStarterで資金調達に成功し、製品化されるキーボード付きのスマートデバイスだ。

横型クラムシェルデザインに、ノートPCクラスの押しやすいキーボードを搭載し、文字入力に特化した端末で、「PDA」という呼称も懐かしい。

本体サイズは、171.4×79.3×15.1mmで、重量は約320gと、ワイシャツのポケットにも収まりそうな軽量コンパクトさ。

ディスプレイは、5.99インチで、アスペクト比18:9のFHD+という、フルHDをさらに横に引き伸ばし2160X1080ドットの画面となっている。

また、ディスプレイを開くと、ヒンジが持ち上がり、キーボードに傾斜がついてい、タイプしやすくなるギミックがあるのもいい。

SoCは、Helio X27というハイエンドチップで、RAMは4GB、ストレージは64GBなので、Android端末としては十分でしょう。

通信機能は、Wi-Fi版に加え、4G LTEに対応したタイプも用意され、SIM+eSIM対応。
Wi-Fiは、IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応で、Bluetooth 4.0も内蔵。

そして、なんと!キーボードにはJIS日本語配列版も用意されるらしい。何でも、開発関係者に日本人がいるせいだとか。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2万円を切るモバイルノートPC [パソコン]

01_o.jpg

ドンキ、税別19,800円で約1.2kgの軽量14.1型フルHDノート - PC Watch

ドン・キホーテが、税別価格19,800円と低価格な14.1型ノートPC「MUGA ストイックPC」を発売したが、売り切れるお店が続出しているそうだ。

発売といっても、中国ベンダーの製品に自社ブランドをつけて、一括発注で安く仕入れているだけではあるのだが、一応、日本の技適審査は通っており、今回の製品もキーボードが日本語JISキーボードになっているため、中国から直輸入する製品より安心して使えるのはいいところ。

KBM14HD | 恵安株式会社

今回の製品は、どうやら先に出たこちら恵安製品とほぼおなじものらしく、こちらは2.7万円で売られているが、ドンキの税別19,800円はさらに安い。

今回発売しパソコンは、14.1型の液晶はIPSパネルを採用し、解像度はフルHD(1,920×1,080ドット)もありながら、本体重量は約1.2kgと非常に軽い。
CPUはAtom x5-Z8350で、クアッドコアながら一世代古く、RAMが2GB、内蔵ストレージが32GB(eMMC)と、Windows 10を動作させるには必要最小限のスペックとなっている。
バッテリ駆動時間は、約7時間だからまあまあか。

インタフェースはわりと充実しいていて、USB3.0x1、USB2.0x1、microSDカードスロット(Max 64GB)、Mini HDMI出力を備え、USB3.0があるのは拡張性の上で大きいし、内蔵ストレージが32GBないので、microSDカードで容量を拡張できることは必須。64GBが使えるということは、Windowsの場合、SDXCが使えるはずであり、さらに大容量のmicroSDXCカードも使える可能性は高い。
Mini HDMI出力を備え、テレビにも表示できるしで、ここら辺は値段を考えればよくがんばっている。

無線LANは、IEEE 802.11b/g/nで古くて遅い! Bluetooth 4.0は内蔵。
一応、オマケ程度に30万画素のWebカメラも内蔵する。

ソフト面では、OSは、Windows 10 Homeを搭載し、オフィスソフトのKingsoftのWPS Officeを付属する。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - パソコン ブログトップ