So-net無料ブログ作成
検索選択

3Dプリンタは個人に普及するか? [工具]

IDC Japan 国内3Dプリンティング市場予測:3Dプリンタ市場は「終わった」のか? (1/2) - TechFactory

順調に伸びてきた3Dプリンタ市場が、ここ3年、出荷台数では減少傾向に転じているという。

特に、個人向けも含むデスクトップ3Dプリンタの市場の減少が激しいようで、現状の3Dプリンタが、パーソナル市場で簡単に受け入れられるほど成熟した製品になっていないことが明らかになりつつある。

一時のブームみたいなものが過ぎ去り、アーリアダプタ層が購入してしまったら、なかなかそこから市場は広がらないのは、仕方ないところだろう。

プロフェッショナル3Dプリンタの市場については少々事情が異なり、それまで順調に伸びていた市場だけに、ここ3年売れていないのは、それ以前のブームで企業の導入が急増した反動だろう。
そもそも、3Dプリンタは量産に向いていないから、企業でのニーズはほとんどプロトタイピング。なので、そもそもそんなに大量に売れる訳がないのだが、それを上回る売れ方をしたのが異常だったのだ。

2016年国内の3Dプリンタ出荷台数は減少、造形受託や造形材料の市場は成長傾向 (1/2) - MONOist(モノイスト)

一方で、面白いのは、3Dプリンタの出荷が伸び悩む一方で、3Dプリンタを利用したサービスの市場は順調に拡大していること。
プロフェッショナルなニーズだけでなく、個人向けにアクセサリや、フィギアを制作したりという個人向けのサービスも広がっている。
3Dプリンタの出荷台数は減っているのに、それを利用したサービスは順調ということは、ある意味、3Dプリンタの投資効率の良さを表しているとも言える。
何に使うかよく分からず騒いでいた3Dプリンタブームは去ったかもしれないが、3Dプリンタ自体は、地道にこれからも利用が広がるのは間違いなさそうだ。

一方で、個人向けの3Dに挑戦し続けるメーカーもまだあるようだ。

3dp.png

税別約3万円の低価格3Dプリンタ「BS CUBE」 - PC Watch

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フルカラー3Dプリンタ「RoVa4D」 [工具]

1f047a96ca1a773026e848069ababf1e_original.jpg

まだ単色3Dプリンタを使っているの?--家庭でも使えるフルカラー3Dプリンタ「RoVa4D」 - CNET Japan

比較的低価格で、比較的コンパクトなフルカラー出力3Dプリンタ「RoVa4D」が、現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中だそうだ。

シアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)、ブラック(K)に加え、ホワイト(W)のフィラメントを熱で融かして混ぜ、1つのノズルから出して造形する。色自体はCMYKの組み合わせで表現するのだろうが、おそらくそのベースとなる白色を担保するために、Wも必要になるらしい。

また、印刷でよく金色などの「特色」インクを使うように、標準カラー以外のフィラメントを組み合わせて成形することもできるそうだ。

フィラメントの素材も、PLA、ABS、ナイロン、PVA、PET、TPE、HIPSなどさまざまな種類の樹脂フィラメントに対応しているそうで、それらの異なる素材のフィラメントを混ぜ合わせることもできるという(物性的にすべての組み合わせが可能ではないとは思うが)。

RoVa4D Full Color Blender 3D Printer by ORD Solutions ? Kickstarter

スペック表を見ると、最大造形サイズは12×12×12インチ(約30×30×30cm)。プリント精度はXY方向が3.75μm、Z方向が10μm。積層ピッチは10μmから1mmで、10μm刻みで調整でき、基本性能的には、5万円前後の家庭向け3Dプリンタを、遥かに上回るのは当然か。

その分、本体サイズは、家庭向けとは言えず、約86.3(H)x81.3(W)x63.5(L)cmとデカい。

この製品「RoVa4D」を、Kickstarterで約20万円の支援すれば、1台手に入れることができる。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

さらに小型化された3Dプリンタ「ダヴィンチ mini」 [工具]

XYZ、従来機からさらに小型化された3Dプリンタ「ダヴィンチ mini」 ~39,800円から - PC Watch

XYZプリンティングジャパンから、従来機よりさらに小型化された3Dプリンタ「ダヴィンチ mini」シリーズが発表された。

ダヴィンチminiシリーズは、ダヴィンチJr.シリーズから30%小型化されたており、複数のボタンによる操作も簡略化して、ボタン1つで操作ができるようにしたという。

ダヴィンチminiシリーズには、無線LAN搭載の「ダヴィンチ mini w」と、非搭載の「ダヴィンチ miniMaker」の2モデルがあり、mini wは7月22日発売で、44,800円。miniMakerは8月5日発売で、39,800円。

ただし、7月22日より開始される先行予約販売では、miniMakerがさらに安く、37,800円にて購入できるそうだ。

mini.jpg

「ダヴィンチ mini w」は、鮮やかなオレンジ色のボディをしており、これはこれで目立つデザインだが、

maker.jpg

「ダヴィンチ miniMaker」は、子供向けでも狙ったのだろうか、さらに派手派手でオモチャっぽい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

9万円を切る3Dプリント/スキャン/レーザー刻印が可能な複合機 [工具]

パーソナル向け3Dプリンタが、なかなか一般に普及する兆しが見えない中、XYZプリンティングが孤軍奮闘している感がある。

1_s.jpg

XYZプリンティング、9万円を切る3Dプリント/スキャン/レーザー刻印が可能な複合機 - PC Watch

今回新たに発表されたのは、3Dプリント/3Dスキャン/レーザー刻印が可能な複合機「ダヴィンチ Jr. 1.0 3in1」で、価格は89,800円。対応OSはWindows 7以降、およびMac OS X 10.8以降とのこと。

本体サイズは420×430×380mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約15kgと、これまでの「ダヴィンチ Jr.」シリーズの筐体サイズをそのまま継承。奥行を、一般家庭の家具の奥行である450mmに収まる430mmに抑え、家庭向けにポップなデザインとなっている。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トルクスネジなどの精密ドライバーセットを購入 [工具]

明日への最終科学研究所(仮)Last science laboratory for Tomorrow: 変態ノートPC,ASUS TAICHI 21を買って分解する話

[ASUS]ASUSの変態ノート TAICHI21のSSD換装を試みる。 ? 変人窟過去ログ倉庫(HJKLOG)

モバイルノートパソコン「ASUS TAICHI21」が故障したので、中身の状態を見たくて裏ブタを開けようとしたら、2個のプラスネジ以外に、10個のトルクスネジというちょっと特殊なネジが使われていて、それを外すドライバが必要であることが分かった。

上の記事では、T5、または、T4サイズのドライバーが必要と書かれていて、どちらが本当かは分からないが、これを契機に、その辺のサイズも含めて幅広いサイズが使えるトルクスネジ用のドライバーセットを買っておくことにした。

ただ、近くのホームセンターに行ってみたが、品数が少ない上に3,000円近くしたりして高い。

driver.jpg

そこで、Amazonで調べてみたら、1000円前後で買えることが判明したので、こちらの「E-Value 精密ドライバーセット EPS-652」という商品を購入した。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感