So-net無料ブログ作成

ゲーム機 ブログトップ
前の5件 | -

ニンテンドークラシックミニが6月から再生産されるそうだ [ゲーム機]

l_yx_fami_05.jpg

ミニファミコン、2018年6月28日から再販されます! | ギズモード・ジャパン

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の生産開始以来、生産が中断されていた初代の「ニンテンドークラシックミニ」だが、いよいよ2018年6月28日から再販されるそうだ。

一点だけ残念なのは、発売時に不評だった本体と同じ縮尺で縮小されてしまい、ケーブルも短くなってしまったことで、操作しにくくなってしまったゲームコントローラが、改良されるのではないかと期待したのだが、その願いはかなわなかったことか。

5af5974dc27c0.jpg

手のひらサイズのファミコン復刻版が日本でも発売:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

販売価格は、税込6,450円と発表されているが、最初の発売時は税別5,980円(税込6,456円)となっていたので、僅かに値下げされたことになるのかな。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スタンドアロン型VR HMD「Oculus Go」がいよいよ発売 [ゲーム機]

VR HMDは一体型が本命となるか?:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前、このブログでもご紹介したPCやゲーム機を接続せずに使える、激安のスタンドアロン型のVRヘッドセット「Oculus Go」が、いよいよ日本でも発売された。

o02_o.jpg

単体で動作するVR「Oculus Go」発売、23,800円から - AV Watch

価格は、価格は内蔵ストレージが32GBのモデルが23,800円、64GBが29,800円。北米価格は、32GBモデルが199ドルなので、ちょっと割高かな。

ディスプレイには、両目共用の解像度2,560×1,440ドット、538ppiの高速スイッチ液晶を搭載し、SoCにはSnapdragon 821を採用。ハイエンドクラスのSoCではあるが、最上位のSoCではない。

本体には通気性に優れた素材や、射出発泡成形などを使用し、快適な装着感と軽さを実現し、調節可能なストラップも装備するという。

手の自然な動きをVRに伝え、HMDをかぶりながら操作が行えるコントローラーも付属。

スピーカーを内蔵し、ステレオミニジャックのイヤフォン出力も備え、イヤフォンも使えるそうだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

次世代ゲーム機「PlayStation 5」の情報が一部リーク [ゲーム機]

game_vitual_reality.png

次世代ゲーム機「PlayStation 5」の情報が一部リーク、開発キットは既にメーカーへ配布済みか - GIGAZINE

途中、PS4 PROの発売もあって勘違いしていたのだが、PS4の発売から、もう5年が経つそうだ。
それなら当然、既に後継機となるPlayStation 5の開発がある程度進んでいるのも当然か。

過去にも、かなり確度の高いリーク情報を掲載した実績がある技術系メディア「SemiAccurate」の有料者限定記事で、PlayStation 5の予測スペックに関する情報が掲載されている。

First PlayStation 5 Rumors Point To 8-Core Zen CPU and Navi GPU; Lots of Devkits Already Out

Here's Everything We Know About Sony's PlayStation 5 | Digital Trends

それによると、PlayStation 5のスペックは次の通り。

・CPUはAMD製8コアZen CPUをPlayStation 5用にカスタマイズ
・GPUは同じくAMDの次世代GPUアーキテクチャの「Navi」世代のものをPlayStation 5用にカスタマイズ
・PlayStation 5は。PlayStation VRへの対応を根底から想定しているシステムになる
・既に開発用キットがゲームスタジオに配布されている
・山内一典氏は、Finder.comの取材に対して「グランツーリスモSPORTは8K環境でも問題なく動作すると思う」と発言
・次世代のNavi GPUが実際に市場に登場するのは2019年頃となので、PlayStation 5の発売は、最短で2019年秋以降となるはず

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

PS VRが全世界で値下げ [ゲーム機]

playstationvr-top-article01-20171002.png

SIE、PS VRを3月29日から全世界で価格改定--国内は1万円値下げ - CNET Japan

ソニー・インタラクティブエンタテイメント(SIE)は、3月28日、PlayStation 4用VRシステム「PlayStation VR PlayStation Camera同梱版」(PS VR)を、全世界で値下げすることを発表した。

日本では、従来の44,980円(税別)から34,980円(税別)へ1万円の値下げとなるが、海外では、北米では399USドルから299USドルに、欧州では399ユーロから299ユーロに、それぞれ改定されており、感覚的には、若干北米の方が安い感じか。

北米は、PS4の販売台数自体が、日本に比べて格段に多いから、力の入れ具合も違うのだろう。

私自身は、初代のPS VRを、少し前に3万円で購入したので、それよりはまだ高いから、「買って損した!」とまでは行かないが、買う前にこの値下げを知っていたら、買わなかっのは間違いない。

正直、時間もなくて、これまでPS VRで、PS4で、ネット経由で手に入るサンプルゲーム、YouTubeのVRコンテンツをいくつか遊んだ程度で、あまり活用できておらず、早く買った分元が取れた、という感じもない。

せっかく買ったのだから、そろそろ、何かゲームを買おうかな。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

PlayStation VRの初代モデル (CUH-ZVR1)を購入できた [ゲーム機]

PS VR | PlayStation VR | プレイステーション

PlayStation VRの初代モデル (CUH-ZVR1)の中古が、このところ値下がりしているのを知り、中古店やヤフオクで購入できないか検討してきた。

それが、先日、ヤフオクにて、30,000円(送料込)で購入することができた。

IMG_0562.JPG

購入したのは、PlayStation Cameraが付属しないPCUHJ-16000。

私はPlayStation Camera付属のPS4を持っているが、新型「PlayStation VR」は、PlayStation Camera同梱版」(CUHJ-16003)しか発売されておらず、これを買ってもカメラがダブって無駄になってしまう。

そこで、値下がりしている初代モデル (CUH-ZVR1)で、PlayStation Cameraが付属しないPCUHJ-16000を探していたら、全体から見てもマイナーな存在なためか、ヤフオクでも、出品自体がめったにない。
ただ、マイナーだけに、競争相手も少なく、思ったより安い値段で落札することができた。

ゲームに関しては、とりあくず、オンラインで、いくつかPlayStation VR対応のサンプルゲームがダウンロードできるみたいなので、それを試してみてから、本格的にゲームソフトを買うかどうか決めたい。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - ゲーム機 ブログトップ