So-net無料ブログ作成

ゲーム機 ブログトップ
前の5件 | -

旧型PlayStation VRの値崩れが始まった [ゲーム機]

100000001003708924_10204_003.jpg

PlayStation VRというと、発売以来ずっと、買いたくても手に入らなくて、売っていてもプレミア価格がついている、という状況が続いていたと思うのだが、最近、チェックしたら、どこの店でも買えるし、価格も普通に定価以下で買えるようになったみたいだ。

SIE「PlayStation VR PlayStation Camera同梱版」

昨年10月に発売された、新型「PlayStation VR」(型番「CUH-ZVR2」)とカメラを同梱にした「PlayStation VR PlayStation Camera同梱版」(型番「CUHJ-16003」)は、定価が税込44,980円(税込48,578円)だったが、現在底値は、税込43,780円まで下がっているから、約10%引きということになる。

さらには、既に販売中止となった初代PlayStation VRついては、想像以上の値崩れが始まっているようだ。

例えば、初代モデル (CUH-ZVR1)の中古美品でも、27,800円なんて掘り出し物を見つけた。

余りに安いので、新型の「CUH-ZVR2」と何が違うのかを、改めてチェックしてみると、

・VRヘッドセット後部にステレオヘッドホン端子を移動し、同梱ステレオヘッドホンの接続でケーブル配線をVRヘッドセットに一体化できるようになった。
・VRヘッドセットとプロセッサーユニットを繋ぐケーブルをよりスリムな一本のケーブルに集約した。
・使わないときにに、PlayStation VRヘッドユニットの横に、ステレオヘッドホンのドライバーを挿入して収納できるようになった。
・ヘッドユニットからのびるケーブルの途中にあったヘッドホン入力端子、音量ボタン、マイクオフボタン、電源ボタンが、ヘッドユニットの下側に移動し、ヘッドユニット被ったままでもボタンが押しやすくなった(スコープを前後に調整する丸型の大きなボタンは上部に移動)。
・「プロセッサーユニット」が若干小型化され、ヘッドユニットからのケーブル接続のシンプルな形に変更。
・プロセッサーユニットがHDR映像のパススルーに対応した。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

200ドルのVRヘッドセット「Oculus Go」は本当に出るのかな? [ゲーム機]

22365141_132226874093644_6601311330328641536_n[1].jpg

単体で動く200ドルのVRヘッドセット「Oculus Go」発表、Facebookは10億人のバーチャルリアリティ人口を狙う - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

Oculus VR を買収したFacebookが、「Oculus Go」という新たなスタンドアロン型のVRヘッドセットを、2018年初頭に200ドルで販売する予定であることを発表しており、11月には開発者向けキットが販売開始されるという。

同社が発売しているVRヘッドセットであるOculusとHTC(Vive)は、最新の価格でれぞれ400ドル、600ドルで、最初よりは大分値下げされたものの、「Oculus Go」はそれよりもさらに安い。

「Oculus Go」は、従来のOculus Riftのレンズと視野角は同じで、WQHD(2560×1440ピクセル)のファスト・スイッチ方式のLCDスクリーンを搭載し、サラウンド機能付きのオーディオドライバも組み込まれているという。

スタンドアロン型ということなので、おそらくスマホなどに使われるSoCが搭載されており、AndroidベースのVRアプリやVRコンテンツが利用できるものと思われるが、VRデバイスとしての快適性を考えるなら、3Dグラフィックスも高性能なハイエンドに近いSoCを搭載したいところだし、ジャイロセンサーなども高感度のものを使いたいところ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

PS4でちょっと困ったことが [ゲーム機]

PS4本体を買ってしまった:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

私は、既にPS4を持っている。あまり遊べてはいないが、PS VRが発売される前に、比較的安かった時期にヤフオクで購入したものだが、PS VRの購入を予定していたので、PS4専用カメラ「PlayStation 4 Eye」がセットになったモデルを購入した。
だから、後はPS VRを単体で購入すればいい、と考えつつ、なかなか購入できず今に至っている。

PS VRが5,000円値下げ。PS Camera同梱版が10月14日から44,980円に - AV Watch

そんなときに、PS VRの価格改定のニュースが届いたのだが、これが、PS VRとPlayStation Cameraをセットにした「PlayStation VR PlayStation Camera同梱版」を、10月14日に従来の49,980円から44,980円に5,000円値下げするというもの。
これについて、PS VR自体が品薄でプレミア価格がついているのに、値下げされても意味ないだろう、という不満と共に、PlayStation Cameraを同梱しないPS VR単体の値下げについては全く触れなかったのを不審に思っていた。

PS4 Ver.5.00本日提供開始。PS VRでバーチャルサラウンド対応 - AV Watch

vr.jpg

新型PlayStation VRが10月14日発売。HDRパススルー対応、ケーブル一体化など使い勝手向上 - AV Watch

すると、PS4本体のメジャーバージョンアップに続いて、新型PS VRが発表され、先に値下げが発表した「PlayStation VR PlayStation Camera同梱版」は単なる値下げではなく、この新モデル「CUH-ZVR2」であることが発表された。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ポータブルゲームPC「GPD WIN」も日本で発売 [ゲーム機]

gfp.jpg

リンクス、5.5型コンパクトゲーミングノート「GPD WIN」を9月27日にTSUKUMOで販売 - PC Watch

ミニノートパソコン「GPD Pocket」を発売したリンクスインターナショナルが、5.5型の超小型ノートパソコン「GPD WIN」も、9月27日より、PCショップのTSUKUMOにて先行販売するそうだ。
クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で出資を募り、製品化されたもので、税別価格は46,800円。
海外では随分前から販売されている製品であり、今さらという感じもなくはない。

超小型ノートパソコンとは言っても、「GPD Pocket」とは違い、このパソコンのコンセプトは、Windowsベースのポータブルゲーム機だ。
キーボードは備えるが、リモコンボタン程度のキーサイズのため、「GPD Pocket」とは違って高速入力は不可能。
その代わり、十字キー、2基の3Dジョイスティック、A/B/X/Y/L1/R1/L2/R2/L3/R3といった専用ボタンを備え、Windows上で動くゲームが快適に操作できることを狙ったのが特徴だ。
DirectInputやXinputなどを切り替えるための専用キーも用意しており、Windows用のさまざまなゲームにも対応できるという。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「スーファミ・ミニ」がついに予約受付開始 [ゲーム機]

sfc1_s.jpg

今度は「スーファミ・ミニ」が登場:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前、このブログでもご紹介した、ゲームソフトが21本収録された任天堂のゲーム機「スーパファミコン」のミニ版「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が、いよいよ予約受付が始まったらしい。

「ミニスーファミ」に長い行列 量販店などで予約始まる : J-CASTニュース

予約受け付けが9月16日(土)から始まり、東京都内などの家電量販店では、長い行列ができたという。

発売日は10月5日(木)で、例えばヨドバシカメラでの予価は税込8,610円とわずかに定価より安い。

ところで、今回のニュースで個人的にうれしかったのは、

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - ゲーム機 ブログトップ