So-net無料ブログ作成
検索選択

LED蛍光灯への交換にトライ! [DIY]

我が家のキッチンのシンクの前に、20Wの直管の蛍光灯が1本ついているのだが、昔ながらのグロー式で、何回かヒモを引っ張らないと、蛍光灯が点灯しなくなった。
よく考えたら10年ぐらい使っており、蛍光灯の電極もかなり黒ずんでいることもあり、LED蛍光灯に交換することにした。

交換にあたって、工事不要のLED蛍光灯が売られているので、それを買って交換すればいいのだろうと思ったのだが、ネットでググると、どうも思ったより事は簡単ではないらしい。

蛍光灯型LEDの落とし穴:LED・LVD(無電極ランプ)・省エネ照明-わかりやすく徹底解説!知って得するエコ照明生活

電気工事不要のLED蛍光灯の場合、蛍光灯用の安定器を取り外さず、そのまま使うことになるため、安定器が壊れた時点でLED照明が点灯しなくなるし、古い安定器は発火事故を起こす可能性もあるらしい。
また、安定器は常時5W程度の電力を消費するらしく、省エネ的にもよろしくないようだ。

直管型LED蛍光ランプの器具工事とは? 工事不要LED蛍光灯のデメリット

最もエコで簡単なのは、電源内蔵型と呼ばれるLED蛍光灯を購入し、グロー球を外した後、蛍光灯の内部にある安定器への配線を切断し、AC電源をLED蛍光灯に直接接続することのようだ。

ただし、この工事は、AC100Vを扱うため、第二種電気工事士の免許が必要で、素人が勝手に工事してはいけないので、工事は電気屋さんに頼みましょう。

私は、実は元々大学の電気工学科出身ということもあり、大昔に免許を取っており、自分で工事ができるため、自分で工事してしまおおう。

61kDv94TuRL._SL1200_.jpg

Amazon.co.jp : led蛍光灯 直管 20w形 クリアカバ-タイプ 蛍光灯20w形58cm グロー式工事不要 節電長寿命 昼光色 (1本入り) : ホーム&キッチン

今回は、Amazon.comで、工事不要だが工事で直結接続も可能だという蛍光灯型LEDを購入してみた。税込1,000円だった。
20w形の直管の蛍光灯(58cm)と形状の互換性があり、消費電力は9Wと半分以下。グロー式の場合は、グロー球を外し管を交換するだけで使えるが、さらに約5Wの電力を消費する安定器も外せば、消費電力は1/3近くに減る。
色温度は、6000Kの昼光色相当で、照射角は180度と広いのは、アルミの反射板があるからだろう。
寿命は約50000時間とあるが、約50000時間はLED単体の性能であり、管としてどれだけ持つかは、中国製なので何とも言えない。

IMG_20161123_123946.jpg

実際に届いた商品を見てビックリしたのは、商品は一応保護用の段ボールに入ってはいたものの、中に商品が入っているだけで、何の説明書も入っていないこと。詳しい仕様も取り付け方法も分からない。中国製と書かれており、耐久性も不安だが、仕方ない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

我が家の玄関ドアの鍵交換(2) [DIY]

IMG_0084.JPGIMG_0083.JPGIMG_0081.JPG

注文した鍵シリンダー、SHOWAのWXシリンダーというシリーズで「DDZZ2003」を、早速今ある鍵と交換しよう。

IMG_0085.JPG

まず、ドアの内側から、上側の鍵のサムターン(ノブ)のプラスネジを2個外して、外側の鍵穴部を外す。

IMG_0087.JPG

鍵シリンダーを外すとこんな風になる。

続きを読む


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

我が家の玄関ドアの鍵交換(1) [DIY]

我が家の玄関ドアの鍵を交換しようとして、調べていたら、業者に頼むと、最低3万円ぐらいはかかるらしい。

カギの交換はだれでも出来る!!自分で出来るカギ交換はDIYがお得で防犯にも強い - ゼロから始める空き巣対策~自己防衛で守る7つの秘訣

ただ、こちらのサイトの情報を見ると、業者に頼まなくても、ドライバ1本で自分で交換できるようだし、その方が圧倒的に安くつくきそうなので、自分で交換することを検討してみた。

そのためには、まず自分の家の玄関ドアの鍵が、どのようなメーカーのどのような型番で、それに合う安全性の高い鍵はどういう製品があるかを特定する必要があるのだが、ここでまずつまづいた。

IMG_20160717_233351.jpg

我が家の玄関ドアはTOSTEM(現LIXIL)製だが、モデル名はシール等も貼られておらず不明。
ただ、ついている鍵のブランドは最大手のMIWAの刻印があり、上部刻印はQDC-17、把手刻印はQDC-18、下部刻印はQDC-19と書いてあるので、これだけあれば簡単に、交換できる鍵は分かると思ったら、そうではなかった。

まず、TOSTEM製のドアについているMIWAの鍵は、TOSTEM向けOEM供給品なので、通常のMIWAの鍵とは型番が違うらしい。
そのせいで、最初は、通常のMIWAの鍵の互換表にも掲載されておらず、どれに替えればいいのか分からなかった。

【楽天市場】玄関ドア(一戸建て)-MIWA・TOSTEM・三協立山アルミ・新日軽の鍵?> 住宅メーカーの交換用シリンダー 早見表?> TOSTEM(トステム)玄関ドア交換用シリンダー早見表:鍵の鉄人

色々探して、見つけたのがこちらのサイトで、TOSTEM製ドアの鍵について、判別方法と、互換性のある鍵が分かりやすく解説されている。こちらのサイトで必要な情報を確認すると次の通り。

・ドアの種類:TOSTEM プレナスII23 FA-60 4.5親子 把手=H(ドアにシール等がなく、家の設計図面を見て判明した)
・ドアの厚み:33mm(ドアの下側で実測)
・鍵の型番:MIWA製、上部刻印はQDC-17、把手刻印はQDC-18、下部刻印はQDC-19(鍵側面に刻印されていた)

key.jpg

・ピンタンブラー錠(サイトの写真と比較して判明)

これによると、我が家の現在の鍵は、MIWA URシリーズの「DDZZ1001」という型番らしい。
非常にポピューラーな鍵で、一応、ピッキング対策はされているものの、10年前ぐらいに発売された鍵なので万全とまではいかず、鍵の複製は比較的容易、というタイプだ。

これに互換性のある防犯性能の高い鍵シリンダーは、次の3つがリストアップされている。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

リフォーム(5)-18 冷蔵庫上置きと精米機台の改善 [DIY]

冷蔵庫の上置きについて、「地震で、扉が開いて物が落ちてきそう」という奥さんの不安を解消するため、後付けで、耐震ラッチを取り付けようと探したが、意外にも、ケイヨーD2どころか、コーナンにさえ置いていない。
  • 2013-01-10 00.03.38.jpg
仕方ないので、送料はかかるが、ネットで買うか・・・と思いつつ覗いた独立系の100円ショップの防災グッズコーナーで、このような扉の外側に取り付けるラッチパーツを発見。 このタイプで、扉とは粘着テープで取りつけるタイプの製品は多いが、主眼が赤ちゃんのいたずら対策なので、地震対策としては今一つ信頼性がなさそう。 しかし、これなら金属製だし、扉には6本の木ネジ止めなので、丈夫そうだ。 後は外観が納得できるかどうかだが、奥さんに聞いてみたら、これでもいいとのことなので、買って取り付けることにした。
  • 2013-01-19 02.04.14.jpg
完成後は、こんな感じ。 もう一点、精米機の台だが、奥さんが使い始めたら、設計ミスが発覚。 精米機を台に乗せた状態で、円筒形のぬかケースは問題ないのだが、その奥にある四角い精米後の米が落ちるケースが、手前の持ち手が引っ掛かって、精米機の前を持ち上げないと取り出せないのだ。 これは恥ずかしいミスだな。 ただ、精米機が乗る部分だけに板を追加で重ねて、かさ上げしてやれば、問題なくなるだろう。 板を追加で買ってもよかったが、精米機の脚の部分だけ高くなっていればいいので、今回は、余った木材をカットして、脚の部分に2段重ねることにした。 さらに、防音効果を高めるために、木材の間には、こちらも余った滑り止めシートをミルフィーユのように重ねて、木ネジで固定。
  • 2013-01-14 14.15.44.jpg

そのあと、追加した部分を塗装して、修正完了。 これで、精米後のお米が、持ち手に引っかかることなく、スムーズに取り出せるようになった。ただ、滑り止めシートの積層による騒音対策は、あまり効果がなかったなので、敢えてやらなくてもよかったな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

リフォーム(5)-17 つっぱりラックの下への直置き [DIY]

つっぱりラックの下に、分類ごみ箱、30kgの玄米袋、精米機を直置きすることにした。

特に、背の高くて重めのゴミ箱、玄米袋は、引き出して使う形になってしまうので、奥さんにはやや使いにくい。

そこで、正月早々、ペーパーカッター用に作ったのと同じような台を作り、軽い力でラックの下から出し入れできるようにすることにした。

材料の板は、ホームセンターで買ってカットすることも考えたが、今回の工作ぐらいだと板が余ってしまう。なので、今回は、ダイソーの小さな板を必要なだけ買ってカットすることにした。

  • IMAG0184.jpg
精米機の台は、ダイソーの30x60cmのMDF(樹脂に木材繊維をまぜた板)(210円)を、縦長に二つに15x50cmにカットし、2重に重ねて使う。
  • IMAG0185.jpg
なお、精米機の騒音がうるさいので、それを緩和するために、食器棚に使って余ったこの滑り止めシートの切れ端を使うことにした。
  • IMAG0186.jpg
  • IMAG0188.jpg
このシートを、2枚のMDFに3重に重ねて挟み込んで、木ネジで連結した。 こうすることで、多少、騒音を減らた気がする。 玄米袋については、キャンドゥで、米袋にジャストサイズのランドリーかご(105円)を見つけて購入し、米袋をこれに乗せることにした。この下に、台を敷く。
  • IMAG0183.jpg
  • IMAG0187.jpg

台は、ダイソーの25x45cmx9mm厚の合板(105円)を使用し、持ち手の補強にMDFの余った切れ端を重ねて、そこに持ち手を取り付けた。

分類ごみ箱の台も、同様に、ダイソーの25x45cmx9mm厚の合板(105円)を使用。

どれも、裏には、ペーパーカッター台同様、すべりシートを貼って、奥さんでも引き出しが楽なよう、大き目の持ち手をつけた。 もちろん、すべりシートの代わりに車輪を付けてもいいのだが、車輪を付けると高さを取るため、その分、上の棚の位置を1段上げないといけなくなり、スペースがもったいない。 また、車輪は使っているうちに、ベアリングの摩耗などで壊れるため、壊れると交換が面倒。すべりシートなら、摩耗しても、その部分を貼りなおすだけなので、手軽で安い。 そんな理由で、すべりシートが好きなのだ。

台を出し入れするときに使う持ち手も、ペーパーカッター台を自作したときは、ホームセンターで買ったが、一番安物でも178円もして意外と高かったので、今回は、ダイソーのパイプを差し込む金具(2個組105円)と、パイプは在庫がなかったので代わりに10mm径の丸棒の木材(5本105円)を購入した。

持ち手は3か所付けたので、1個当たり140円で済んだし、握りの持ちやすさも、見栄えもこちらの方が断然いいので、お勧めだ。

ただし、行ったお店では、同じ色の在庫がなく、3つの色がバラバラになってしまったのが残念。

余った丸棒は、分類ゴミ箱の台の周囲にストッパーとして貼り付け、全部使い切った。

  • IMAG0190.jpg
塗装は、見える部分を、ダイソーの水性塗料で三度塗りし、完成。
  • IMAG0191.jpg

最後に、一番重い玄米袋の出し入れも、奥さんの力でできることを確認。 これでいいだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感