So-net無料ブログ作成

ビデオカメラ ブログトップ
前の5件 | -

ビデオカメラ「iVIS HF11」の感想 [ビデオカメラ]

IMG_20171013_212935.jpg

キヤノン:Q&A検索|【デジタルビデオカメラ】デジタルビデオカメラ iVIS HF11 機種仕様

購入したビデオカメラ「iVIS HF11」は、箱無しで、付属品は、バッテリーと、ACアダプタと、リストストラップのみ。

本来は、それ以外に、ワイヤレスリモコン(WL-D88)、リモコン用電池、D端子ケーブル(DTC-100/S)、ステレオビデオケーブル(STV-250N)、USBインターフェースケーブル(IFC-400PCU)、PIXELA ImageMixer 3 SE Disk、Canon DIGITAL VIDEO SOLUTION DISK、取扱説明書が付属するので、かなり足りていない。

ただ、今更D端子なんて使わないし、ソフトもマニュアルもネットから最新版がダウンロードできるので、なくても何も困ることはないだろう。

一番の不安はバッテリーの劣化だったが、付属のバッテリーを取り付けて、起動してみて、しばらく使ったり、放置してみたが、ほとんどバッテリーが減った様子がない。

このバッテリー、まだまだ使えそうで、ホッとしている。
ちなみに、この製品のバッテリーBP-809は、一応互換バッテリーも売られているので、ダメなら買い足すことも可能だ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ビデオカメラ「iVIS HF11」を購入 [ビデオカメラ]

AVCHDビデオカメラ・キヤノン「iVIS HR10」その後:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

我が家では、子供のイベントや家族旅行などの動画撮影には、キヤノンのビデオカメラ「iVIS HR10」を使用している。8cm DVD-R/RWに、ハイビジョン動画をAVCHD形式で記録できるビデオカメラだ。
当時メモリ記録方式のビデオカメラが出始めている中、光ディスクに書く方式は人気がなく、中古で激安だったので購入したものだ。

ディスクの認識に時間がかかったり、ディスクの脱着が面倒だったり、記録時間が短かったりして、不便な面もあったが、画質は、それ以前に使っていたDVカメラに比べればはるかによかったし、動画を撮影しながら同時に写真も撮影できたり、記録したディスクをDIGAに挿して、簡単にHDDにコピーして編集できる良さもある。

特に、キヤノンのビデオカメラの、フルHDの動画を撮影しながら、フルHDの静止画を撮影できるデュアルショットという機能が気に入っていて、たとえば、子供の運動会で撮影するとき、動画撮影も、写真も撮りたいことはあるのだが、一人で両方を行うのは困難なのだが、キヤノンのビデオカメラだと、基本動画を撮りながら、シャッターボタンを押すことで、ある程度の画質の写真も撮ることができて、とても重宝していたのだ。

ただ、8cm DVD-RWの記録メディアがすでに入手困難になり、今あるディスクを消して再利用するしかなくなっており、コンパクトデジカメやスマホでもそれなりの画質の動画が撮影できるようになった今、「iVIS HR10」を利用する機会が減ってしまった。
利用しなくなったのは、子供たちも成長し、学校行事を見に行くことがなくなったのも大きいが。

基本的には、「iVIS HR10」を壊れるまでは使い続けるつもりだったが、デュアルショット機能が使えて、使いやすいメモリ記録タイプのビデオカメラの掘り出し物があれば、買ってもいいかなぁ、とはずっと思っていた。

最高24Mbpsの高画質撮影が可能なキヤノンのHDカム「iVIS HF11」の画質に増田和夫が迫る - 日経トレンディネット

小寺信良の週刊「Electric Zooma!」

先日、短時間だが秋葉原のお店を巡っていたら、ある店で、キヤノンのビデオカメラ「iVIS HF11」の状態のいい中古を発見。しかも、価格が8,900円(税込9,612円)といやに安い。

01_spx350.jpg

早速、Webでスペックを確認すると、2008年発売の9年も前の製品なのだが、32GBの内蔵メモリ、または、32GBまでのSD/SDHCカードに記録できる、メモリ記録方式のAVCHDビデオカメラだ。
当時としては、AVCHDの規格外の24Mbpsという高ビットレートの記録モードを持ち、フルHD動画の撮影画質がいいと評判だった機種だ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サムスンの360度カメラ「Gear 360(2017)」を購入 [ビデオカメラ]

Galaxy Gear 360 | ウェアラブル - Galaxy Mobile Japan 公式サイト

以前、360度カメラの購入を検討してることを書いたが、結局、掘り出し物があり、サムスンの360度カメラ「Gear 360」の新モデル(Gear 360(2017) SM-R210NZWAXJPの方を購入した。

新品だと、3万円弱が相場だが、中古で送料込みで約1.5万円と激安だったのだ。

K0000966515_0002.jpg

旧型の「Gear 360」は、球体をしていたが、新型は、コケシみたいな不思議な形。

筐体の前後に水平に広角カメラを備えており、360度カメラという表現は正確ではなく、足元から天空まで撮影できる。「全天球カメラ」という表現が正しい。
従って、このカメラで撮影した映像をVRゴーグルで見る時も、首を左右に振るだけでなく、上を向いたり、ある程度下を向いても画像が追従して見られることになる。

【徹底比較】360度カメラGear 360 新型 VS 旧型 | Mogura VR - 国内外のVR最新情報

旧型の方が解像度が高いことと、レンズ径も大きいため、明るく撮影できるなど、カメラの基本性能は旧型の方が優れているらしい。
静止画の解像度は、旧型の2,590万画素から、1,500 万画素に落ちた。
動画も、旧型の3,840×1,440ピクセル(30fps)から 4,096×2,048ピクセル(24fps)へと、解像度は少し上がっているものの、フレームレートは少し落ちている。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

360度カメラを買おうと思う [ビデオカメラ]

【これは欲しい!】カメラ「GoPro」スペック比較とアクセサリーおすすめ | Boy.[ボーイ]

一時、GoProのようなアクションカメラを買おうか迷った時期があったが、GoProが生きるような体験を、自分がするとは思えなくなり、気持ちはついえた。
単に動画を取りたいだけなら、AVCHDのビデオカメラも、フルHD動画が撮影できる防水、防塵コンパクトデジカメも持っており、それで十分な気がしてきたのだ。

それに代わって、360度カメラが欲しくなった。用途としては、「GoPro」と重なる部分もあるのだが、360度全周の画像や動画を撮影でき、それをいわゆるVRゴーグルなどで見ることができる点が新しい。

こちらは、例えば、見晴らす限りの絶景を見に行ったとしたら、従来のデジカメやビデオカメラでは撮影できない画像、映像が撮れるのが、すでに利用している方のサンプルを見ても分かる。

撮影した画像や映像も、スマホ+VRゴーグルや、PS-VRなどのHMDがあれば見られるので、見るのもそれほど大変ではない。

似たような盛り上がり状況は、3Dにもあったのだが、その後3Dが廃れたように、360度カメラの人気が今後も続くかどうかは、よく分からない。

ただ、3Dに比べると、カメラも、コンテンツも、ディスプレイも、製品開発もコンテンツも活発な様子が見えるため、3Dのように数年で廃れる状況にはならない気がしてきた。
そこで、どうせ買うなら、360度カメラを買うことにした。

私自身、様々な場所に旅行したり、街歩きをするので、そうした場所を360度カメラに収めたら、面白い映像は取れそうだし、表示するディスプレイに関しても、既にVRゴーグルは持っているし、PS-VRも、品薄が解消されれば購入する予定は変わっていない。

さて、個人が手軽に使える360度カメラには何があるだろうかと調べて見ると、

main_img_01.jpg

360度撮影カメラ 3機種対決、決め手はスマホ連携|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ビデオカメラ市場はどこへ向かうのか? [ビデオカメラ]

【データで読み解く家電の今】ビデオカメラ市場は縮小傾向も、4Kや高倍率ズームに活路 - AV Watch

学校イベントや旅行を記録する伝統的なビデオカメラ市場が大幅に衰退しているという。
その原因は、スマホのカメラ機能の高度化だという。

ビデオカメラメーカーも、3D動画の撮影や、4K対応、超高倍率ズーム、マイクロプロジェクタ内蔵など、様々なニーズ発掘を行ってきたが、3Dのプロモーションはテレビも含めて大失敗に終わり、4K対応はスマホに簡単に追いつかれ、現在は、最盛期の半分しか売れないそうだ。

もちろん、新しいニーズの目も出てきてはいる。

HERO5_Black_45.png

おすすめのアクションカメラ13機種比較2016|リアルな映像を撮影しよう

たとえば、GoProなどに代表されるウェアラブルなアクションカメラ。体に身に着けながら、スポーツをしても綺麗な映像が撮れるということで、新たな市場を開拓した。
カメラモジュール自体は、小型化されたスマホ用のセンサーと変わらないが、手振れ補正の高度化がキモとなっており、現在はそこが一番の差別化要因になっているようだ。

Ricoh-Theta-SC-with-hand.jpg

iPhoneに挿す360度カメラ「Insta 360 Nano」レビュー THETA SやGear 360とも比較 | Mogura VR - 国内外のVR最新情報

そして、もう一つ話題になりつつあるのが、まだ商品の数は少ないが、「360度カメラ」という商品ジャンルだ。
これは、通常のカメラと違い、360度全方向を、写真や動画として記録できるカメラだ。
基本的には、イメージセンサー自体は、平面だから、そこに投射するレンズやプリズムで全方向の映像をイメージセンサーに写り込ませ、その映像を画像補正して、VRディスプレイ用の360度画像を生成する方式となっている。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - ビデオカメラ ブログトップ