So-net無料ブログ作成

サランラップに書けるペン [文具]

4901670112504_2_sub2_l.jpg

ラップをデコろう! 「サランラップに書けるペン」 - ケータイ Watch

サランラップ?に書けるペン みんなの使い方SHARE!(シェア)|旭化成ホームプロダクツ

旭化成ホームプロダクツが、「サランラップに書けるペン」なる製品を発売した。
黒、白、緑、青、赤、黄色の6本セットで798円。赤、青、黒の3本セット、緑、黄色、白の3本セットもあるようだ。

食器や食品を覆うサランラップにメッセージを書けるというペンで、当たり前だが、インクは口に入れても害のない材質でできている。

それだけでなく、摩擦にも強く、水性だが乾くと水に強いという。
また、電子レンジでそのまま加熱しても問題ないし、冷凍保存してもいい。

使い方はちょっとしたコツはいるようで、まず各ラップの面を平らに張って、表面の水滴などをふき取ってから、書く必要があるのと、書いてから乾くまで約40秒ほど待つ必要があるらしい。

また、インクは不透明なので、渇いた字の上に他の色のペンを乗せても色が混ざらないため、カラーでお絵かきもできる。

そこまで行かなくても、作り置きした料理のラップに、それが何かを、このペンでメモ書きしておけば、冷蔵庫の中を探しやすいだろう。

私の奥さんは、自分でお肉を小分けしてラップして冷凍しておきながら、いざ料理に使う時に、うっかり別の種類の肉を取り出していて、解凍してからそれに気づく、なんてことが多々ある。
でも、このペンで、ラップに何の肉かを書いておけば、そうした間違いもなくせそうだ。

続きを読む


プラス「フィットカットカーブ 万能タイプ」 [文具]

最強のはさみ「鉄腕ハサミGT」を購入:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前、鉄板などの固い素材も楽々切れる「鉄腕ハサミGT」というはさみを以前ご紹介したことがある。

trend_20160727160408-thumb-645x380-91078.jpg

紙から金属まで切れる万能タイプの家庭用はさみ プラスから : J-CASTトレンド

プラスから、「鉄腕ハサミGT」にコンセプトが似た、さらに汎用性の高い家庭用はさみ「フィットカットカーブ 万能タイプ」が発売された。

【文房具】地味にスゴイ!ハサミに訪れた3000年目の進化(1/2) - ウレぴあ総研

「フィットカットカーブ」というと、2012年に発売された、刃先が丸い形状が特徴的なベルヌーイカーブ刃が特徴のはさみだ。
ハサミの刃の根元でも刃先でも、常に刃が開く角度が一定になるために、厚紙などでも軽い力で切れるのが特徴で、当時画期的と大評判になった。

今回発売した「フィットカットカーブ 万能タイプ」は、ベルヌーイカーブ刃に加え、刃先での切断をアシストする新理論「36mmワイドグリップ」を新たに搭載して、いっそう軽くシャープな切れ味を実現しているそうだ。

これにより、厚さ0.3mm以下のトタン板、ブリキ板や、厚さ2mm以下の革、厚さ2mm以下のプラスチック板(PP板)、厚さ0.1mm以下のステンレス板、厚さ0.5mm以下のアルミ板が切断できる。

続きを読む


「Boogie Board rip」BB-3を使ってみて [文具]

IMG_20160731_215216.jpg

BB-3 | ブギーボード | KINGJIM

「Boogie Board」に代わって、電子メモとして「Boogie Board rip」BB-3を使っているが、家族は違和感なく使っているみたい。

内蔵バッテリーがどの程度持つのかが気がかりだが、1か月ぐらい持ってくれればいいのだが。
そのぐらい持てば、Eraseボタンが効かなくなったら、その都度充電するということでも、それほど負担は感じないはずだ。

しばらく使ってみて問題なければ、これで行こう。

4619326_3L1.jpg

実は、BB-3が使い物にならなかったとして、もし買うとしたらBB-2だろうと思っていた。
画面が10.5インチと大きいのが魅力で、BB-1のボタン一発で消せることは継承しながら、電池交換が可能となっている。
ただし、使用電池が単6アルカリ乾電池2本ということで、入手困難なのが残念。
画面サイズもアップした関係で、約213g、5.7mm厚とサイズアップしたが、まあ許容範囲か。
価格も4,500円前後で買えるのだが、今回は「Boogie Board rip」が使い物になりそうなので、パス。

ところで、AmazonでBB-2について調べていた時に、こちらの商品が紹介されているのを発見。

続きを読む


「Boogie Board」の寿命が来た [文具]

imge74a031czik0zj.jpeg

「Boogie Board」を設置した | トドのつまりは・・・ - 楽天ブログ

「Boogie Board」という電子メモをリビングに設置したのは、2010年9月のことだったようだ。

BB-1N | ブギーボード | KINGJIM

初代「Boogie Board」BB-1は、指やタッチペンでパネルに書き込むと文字や絵が描きこまれ、ボタンを押すと画面が消去されるだけで、書いたデータの保存さえできないという極めてシンプルな電子メモだが、家族みんなが当たり前に使い倒してきて、早や6年近くたち、書いた文字などが消せなくなった。

内蔵するボタン電池が摩耗したのだろうと思われるが、実は、この製品、簡単には電池は交換できず、基本的には電池が摩耗したら、捨てるしかない、非常にエコに反する製品仕様となっている。

電池の交換方法を探していたら、こちらのサイトを発見。

ブギーボード(BB-1)を分解してみた。: りょう様のブログorz

ボタン電池CR2025を使用しているようだが、交換してみたら、結局消せず、どうやら電池よりパネルの方が寿命が先にいて、消せなくなるようだ、とのこと。だったら、電池を交換しても仕方ないので、諦めることにする。

続きを読む


静電タッチパネル用の細いタッチペン「AluPen Digital」 [文具]

iPhoneなどの静電タッチパネル用のタッチペンというと、これまでペン先が太いものしかなかった。
静電タッチパネルは、原理的に、パネル内の電極と、指やタッチペンとの間の静電容量を計測して、タッチ位置を特定するが、静電容量は接触面積に比例するので、正確な検知を行うには、ある程度接触面積が必要であり、ペン先が太くならざるを得なかったのだ。

このせいで、操作対象のオブジェクトが小さいと、指などで、対象オブジェクトをうまく指示して操作できないような問題が起きやすかったし、書く先の画面が、ペン先で隠れてしまい、お絵かきのときに書きづらい問題もあった。

AluPen Digital.jpg

[新商品] ボールペン並に細いペン先1.8mmの電池式タッチペン! - たのしいiPhone! AppBank

Just Mobile社から発売されたタッチペン「AluPen Digital」(型式:JTM-PD-000019)は、静電タッチパネル用のタッチペンなのだが、写真にもあるように、1.8mmという細いペン先をしているのが特徴。

ペン先に導電性の高いチップを使用し、さらに、内蔵の単4乾電池の駆動回路により、静電容量を増幅することで、細いペン先でも、端末側で位置判定ができるだけの静電容量を発生させたのが、技術的に新しい点だ。

このため、タッチ操作するときに、誤って別のオブジェクトを操作してしまうことがないし、画を描く場合にも、より正確な画が書きやすいはずだ。

ただし、そもそも静電タッチパネルは、原理的に、感圧式などに比べて、指示ポイント位置の割り出し精度は高くない。
たとえ、Retinaディスプレイと呼ばれるような画面解像度が高いタッチパネルでも、タッチペンで、ドット単位の指定が行えるわけではないので、過大な期待は禁物だ。

また、単4アルカリ乾電池1本で、連続使用時間は最大20時間とのことなので、3分使わなければ電源OFFになるオートスリープの機能があるとはいえ、結構電力消費は激しい。
エネループのような充電池が使えるといいのだが。

今のところ、ネット直販のみで、価格は、税込み7,020円と、ちょっと高い。
ただ、実際に触ってみて、操作感がよければ、これは欲しいかも。

関連記事:
iPhone用タッチペンを自作(1) はじめに | トドのつまりは・・・ - 楽天ブログ
100円ショップの定点観測・2014年7月:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ