So-net無料ブログ作成
検索選択

マクセルのiVDR/BD/HDDレコーダー「BIV-TW1000」購入 [AV機器]

将来のテレビの買い替えについて改めて考えてみた:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前、現在使用しているリビングの日立製のテレビは、iVDR-SというHDDカートリッジへの録画やダビングができるのだが、日立がテレビから撤退したに等しい状態なので、次にテレビを買い替える時に、日立のテレビは考えられないが、その場合、iVDR-Sという録画メディアをどうするか、というのが問題になる。

結論としては、テレビは、日立に縛られず、機能や画質などの面でコストパフォーマンスがいい物を買い、iVDR-Sカートリッジに関しては、iVDR-Sが使えるマクセルのレコーダーを買うことで、カバーする方針とした。

ts_ivblue01.jpg

マクセル、Wスロット&スマホ視聴対応のiVDR/BD/HDDレコーダ - AV Watch

その後、具体的な行動には移していなかったのだが、つい先日、iVDR-Sが使えるBDレコーダー「BIV-TW1000」を、中古で購入した。

「BIV-TW1000」は、1TBのHDDの他に、2個のiVDRスロットと、BDXL対応BDドライブを搭載し、相互にダビングが可能なBDレコーダーだ。
チューナーは、地デジ/BS/CSを3系統搭載し、3番組を同時にAVC変換しながら録画でき、さらにプラスして、CATVチューナーやスカパー!HDチューナーからLAN経由で録画ができ、合計4番組の同時録画が可能となっている。
DLNAのサーバ/クライアント機能も搭載し、DLNAダビングも送り/受けの両方になれるなど、ネットワーク機能も充実。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

船井電機がヤマダ電機と組んでAV機器に再参入 [AV機器]

船井電機というと、パナソニックやソニーなどに比べれば、地味な存在で、昔は「安物」というイメージが付きまというメーカーだったが、米国では、FUNAIブランド自体、よく知られており、販売シェアも日本とは比べ物にならないぐらい高かった。

国内勢のVHSデッキ生産終了 最後の船井電機、時代に幕 - 産経WEST

VHSデッキを最後まで作り続けた点でも記憶されるべきメーカーだ。

ただ、ブランド力が弱い体質から抜けきれず、ある時期からOEMベンダに徹するよう方針転換があり、日本の大手家電メーカーのテレビやレコーダーの開発、製造を一手に手掛けるようになる。

『和製ホンハイ』の船井電機 来年度からついに自社ブランドで4Kテレビを国内投入へ [無断転載禁止]?2ch.net

具体的な情報は公開されていないのだが、噂では、三菱のBDレコーダー内蔵テレビは船井製だったり、パナソニック以外のBDレコーダーは、今は皆船井製だといった情報がアンダーグラウンドで飛び交っていたりする。
ニッチなところでは、日立マクセルが出しているiVDRレコーダーなんかも、船井製らしい。

船井電機、過去最大の赤字を受け創業者らが退任 | スラド

ところが、2016年、船井電機、過去最大の赤字を受け創業者らが退任する事態となった。
原因は、AV事業の業績低迷で、それはイコールOEM先のメーカーの業績低迷だった。
三菱はレコーダー事業から撤退し、シャープや東芝のAV事業が外資に売却される事態となれば、それまでのOEM戦略ではうまくいくはずがない。

「私が市場創造する」と山田会長。ヤマダ独占販売のFUNAIテレビ、有機ELは'18年夏 - AV Watch

そこに飛び込んできたのが今回のニュース。

船井電機が、ヤマダ電機と組んで、船井ブランドのテレビやレコーダーを発売し、独占販売するという発表は、驚きはしたが、納得できるものがあった。

デジタルAV家電というのは、今や、ハイテク技術の塊なのだが、長年、各社のOEM開発を受け置く中で、船井電機には、そうした技術をモジュール化し、顧客のどんな要求にも対応した仕様の製品が開発できるノウハウが確立しているのだろうし、しかもそれを低価格に製造できる体制が出来上がってきたのだと思う。
だから、OEMブランドでなくても、最先端のデジタルAV機器を開発、製造する力は、元々持っている会社なのだ。

ただ、船井電機の最大の弱点は、繰り返すが、ブランド力のなさ。それを、ヤマダ電機と組むことで、カバーしようというのが、今回の提携なのだろう。

今回の提携では、フルラインナップのテレビと、BDレコーダーを発表したが、最初から力が入ってんなぁ、という印象。

img_tv.jpg

FUNAIテレビが復活。4K/全録3TB HDD搭載機など11機種をヤマダ電機独占販売 - AV Watch

テレビについては、4Kテレビが、全録対応で55/49型のフラッグシップ「6000シリーズ」、65/55/49型で予約録画対応の「5000シリーズ」、スタンダードな「4100/4000シリーズ」の4シリーズ8モデルに、2Kテレビの「2000シリーズ」という4kテレビメインのフルラインナップを展開する。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

BDレコーダー「DMR-BRG2020」を購入 [AV機器]

s-jn160404-2-1.jpg

パナソニックBDレコーダーDMR-BW850の中古品を購入! | トドのつまりは・・・ - 楽天ブログ

我が家では、リビングで、7年前に買ったパナソニックのBDレコーダー「DMR-BW850」を、未だに使い続けている。
2番組同時録画できるとはいえ、片方はDRモード限定という制約はあるし、HDDは500GBしかなくHDDの増設もできないので、常に満杯状態で、マメにBD-Rへバックアップして番組を削除していかないと、たちまち残量不足で予約録画を失敗してしまう状態が続いている。

おまけに、最近、Blu-rayの市販コンテンツを入れても認識せず、ディスクをクリーニングしてようやく認識したりすることがあり、さらに、ブランクディスクのフォーマットでエラーが発生することが増えた気がするので、BDドライブ自体もそろそろ動作が怪しい。
そこで、以前から、BDレコーダーの買い替えは検討していた。

全チャンネルレコーダーは嫌いなので、通常の予約録画タイプのレコーダーで、使い慣れていて、経験的にバグも少ない気がするパナソニック製がいい。
DIGAがSDカードスロットがSeeQVault規格対応になれば買おう、と思い、ずっとそれを待っていたのだが、他社互換性がないHDDでは対応済なのに一向にその気配がない。
ここまで対応しないとなると、パナソニックとして対応したくない事情があるに違いなく、いくら待っても無駄だと判断した。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「Caavo」は本物なのだろうか? [AV機器]

2e0a3550-cmb-v2-bamboo.jpg

「Apple TV」も「Fire TV」も──大画面ストリーミングを1本のリモコンにまとめる「Caavo」 - ITmedia NEWS

米国のベンチャー企業Caavoから、ネット動画プレーヤーや、CATV端末、ゲーム機などを接続し、それらすべてを1本のリモコンで操作できるようにするテレビ接続端末「Caavo」を発表した。

Caavoは、8つのHDMIポート、2つのUSBポートを備え、EthernetとWi-Fiをサポートするという。
付属のリモコンとはBluetoothで接続し、リモコンにはマイクも備え、音声での命令にも対応するそうだ。

HDMIポートには、Apple TVや、Amazon Fire TV、Android TV Box、CATV端末、Chromecast、ゲーム機などが接続でき、それらが何かを自動認識し、リモコンで操作できるように設定するという。

と聞くと、HDMIのCECコマンドを使って、接続された機器の操作ができる端末なのかな?と思いきや、「リモコンで、サービスを横断したウォッチリスト、検索が可能。iTunesのアプリからNetflixやAmazonプライムのコンテンツまで、一元管理できる。」というから、そのレベルを超えた機能があるようだ。

また、利用しているストリーミングサービスや、どのデバイスを通してどのサービスにアクセスしたいかといったことまで(例えばNetflixはXboxで、AmazonはFire TVといった感じで)Caavoに登録することができるというから、なかなか高度だ。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

総務省が「地デジの4K化」を検討 [AV機器]

総務省が「地デジ4K化」検討に向けた技術募集。「現行地デジを維持しながら4Kを」 - AV Watch

総務省が、衛星放送に続いて、地上デジタル放送の4K化の技術検討を行うべく、有効と思われる技術手法の募集を行なうそうだ。

記事のように「4K化」と書くと少々語弊があって、総務省としては、「現行の地デジ放送はそのままみられること」という条件の通り、現在のフルHDの地デジ放送を、現行の地デジアンテナと地デジ対応テレビで見られる仕組みは維持することは大前提としており、過去の「地デジ化」ときにアナログ放送が廃止されて見られなくなったように、今の地デジ放送が見られなくなるわけではないからだ。

同様に、「ワンセグ放送についても原則維持」だから、ワンセグ放送も従来通り見られなければならないのだが、「原則」の文言が微妙で完全な否定ではない。なので、技術的にどうしても難しく、他のメリットが際立っていれば、その原則を外す可能性はあるだろう。

「地デジの映像・音声品質は極力維持する」という規定は、多少の劣化は許されるということでもある。これは、従来の地デジ放送のビットレートの一部を割いて、4k放送用のデータを流してもいい、ということを意味するものと思われる。

soumu1.jpg

なお、こちらの図を見る限り、地デジ4K放送は、既存の地デジ放送と別の内容ではなく、同じ内容を解像度が違う形でのサイマル配信するサービスとなる前提のようだ。
ということは、今の地デジ放送の画質で満足している(おそらく大半の)人には、全く魅力は感じない放送となるな。ただ、ワンセグ放送も、当初は地デジのサイマル配信限定だったのが、いつの間にか別の放送を流していいことに決まりが変わったので、4k放送も将来的にはフルHDの地デジとは別の番組が流れるようになるかもしれない。

「地上4K放送用の周波数帯及びチャンネル幅は、原則、現行の地デジと同一(使用周波数帯:470~710MHz 帯、チャンネル幅:6MHz)」という前提になる。放送エリアは、地デジの現状を維持せざるを得ないので、変調方式、変調パラメータは、変えられないだろうから、1チャンネルのビットレートは最大17Mbps程度。
4k放送には、H.265/HEVCでエンコードしても25Mbps以上のビットレートが必要と言われており、1チャンネルでの伝送は無理なため、2ちゃんねるを組み合わせて放送せざるを得ないだろう。

「4K放送用の周波数は、地デジが使用している周波数の削減や、両放送を同一帯域で使用できる手段の活用等を前提とすること」とあり、UHF帯の既存の空いているチャンネルを使用するのが前提だが、その制約の表現からすれば、既存チャンネルの移動もあり得そう。その場合、既存のテレビではチャンネルのスキャンのし直しが必要になると思うが、従来でも起きている事象なので、許容範囲か。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感