So-net無料ブログ作成
検索選択

ポータブルオーディオ ブログトップ
前の5件 | 次の5件

2万円を切るDSD対応ポータブルオーディオ「Cayin N3」 [ポータブルオーディオ]

co2_s.png

19,800円でDSD 11.2MHz対応のポータブルオーディオ「Cayin N3」 - AV Watch

最近、中国製の低価格のデジタルオーディオの品質が向上し、市場をにぎわしている。
お蔭で、ほぼ撤退状態のアップルだけでなく、トップシェアのソニーも、この状況を危機と捉えざるを得ないのではないだろうか。

今回ご紹介するのは、3月17日に、コペックジャパンという会社から発売される、Cayinというブランドのポータブルオーディオプレーヤー「Cayin N3」だ。

サイズが100×54×13mm、重量は93gと、スマホより一回り小さいサイズで、カラーはブラックとシアンの2色。

DACに旭化成エレクトロニクス(AKM)の「AK4490EN」を搭載し、MP3やAACファイルの再生はもちろん、最大384kHz/32bitのリニアPCM(FLAC形式など)ハイレゾ音源や、11.2MHzまでのDSDファイルのネイティブデコードに対応する。

Bluetooth Ver.4.0にも対応し、コーデックはaptXもサポートする。

また、USB Type-C経由での同軸/USBオーディオ出力も可能で、PCと接続してUSB DACとして利用時には、DSD 5.6MHzまでPCM系は192kHz/24bitの再生が行なえるという。

なお、楽曲用のストレージは内蔵せず、microSDカードスロットを装備し、最大256GBまでのmicroSDカードが利用できる、と書かれている。microSDXCカードが利用できると書かれていないところが微妙で、SDXCのexFATではなく、ひょっとしたらFAT32でフォーマットして使え、という趣旨かもしれない。exFATは、MS社のライセンス料の支払いが要るが、それを嫌って中国メーカーがよくやる手だ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

HIFIMANのポータブル音楽プレーヤー [ポータブルオーディオ]

HIFIMANは、米国のハイエンドオーディオメーカーだが、そこがなかなかコストパフォーマンスが良さそうなポータブル音楽プレーヤーを発表している。
これも、おそらく製造は中国メーカーなのだろうと思うが。

hifimans.png

“小さな巨人”、薄さ8.5mmで平面振動板もドライブするHIFIMANのプレーヤー「SuperMini」 - AV Watch

2016年9月17日に発売した「SuperMini」は、薄型のハイレゾプレーヤーで、店頭予想価格は36,944円。

104×45×8.5mm(縦×横×厚さ)で、重量は70gと、サイズや重量はソニーのNW-A20シリーズとタメを張れるコンパクトさ。
メモリは内蔵しておらず、microSDカードスロットを装備し、microSDXCカードに楽曲を保存できる。

サイズの割には、最大約22時間の再生が可能で電池の持ちもいい。

同社の平面磁気ヘッドフォン「HE400i」や「HE400S」も駆動できる高い出力電圧と、ハイピーダンスを実現するため、8個の高音質オペアンプを搭載しているという。
音質を重視し、OSやDACチップ、デジタルフィルタなども自社で独自開発したそうだ。

再生可能な形式は、WAV/AIFF/FLAC/Apple Lossless/WMA/AAC/MP3に加え、DSDの再生もサポート。
PCMは192kHz/24bit、DSDは2.8MHzまで再生できるそうだ。

hifiman.jpg

DSD対応で3万円を切る、69gのHIFIMANハイレゾプレーヤー「MegaMini」 - AV Watch

続いて、12月5日に、HIFIMAN JAPANは、より低価格のハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤーの新モデル「MegaMini」を発売した。
こちらの店頭予想価格は29,160円(税込)と、さらに安い。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハイレゾ対応で3,000円のベリリウム振動板搭載イヤホン [ポータブルオーディオ]

03_sy.jpg

ハイレゾ対応で3,000円を切る、ベリリウム振動板のイヤフォン。ドスパラから - AV Watch

以前にも、ドスパラが発売する上海問屋ブランドのイヤホンのコストパフォーマンスが高いという話を書いたことがあるが、またまた買い得そうなイヤホンを発売してくれた。

ハイレゾ対応のカナル型イヤホン「DN-914266」で、10mm径のダイナミック型ドライバの振動板に、ベリリウムを採用したのが最大の特徴。

ベリリウムというと、軽量で剛性が高い金属で、ハイレゾ再生には最適なのだが、ベリリウム自体レアアースに属し、素材自体の値段が高い上に、形成加工が難しく、量産も効かないこともあり、高級品のヘッドホンや、スピーカーのツイーターユニットにしか採用されないようなイメージがあった。

それが、直販価格は2,999円(税込)だというから安い(送料別)。

この値段で出来るというのは、何か技術的なブレイクスルーがあったのだろうか。また、中国国内でのレアアース市場下落の問題が影響しているのかも。

ハウジングにも、軽くて剛性も高いアルミ素材使用し、カラーはピンク、ブルー、グリーンの3色用意されており、シンプルだが決して安物に見えない。

再生周波数帯域は20Hz~40kHzで「ハイレゾ対応」を謳う。
ベリリウムの特性的に見れば、高域はきれいに伸びていると思うが、低域に関しては、剛性が高過ぎる割に、10mm径というそれほど大きくない振動板なので、あまり量感は出ない可能性がある。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ポータブル音楽プレーヤーも中国製の時代に向かうのか? [ポータブルオーディオ]

ASCII.jp:ウォークマン圧勝だが……ポータブル音楽プレーヤーシェア早わかり (1/2)|高橋暁子の「意外と知らない!? 業界ランキング」

アップルから、ポータブル音楽プレーヤーiPodシリーズの新製品が発表されなくなって久しい。
公式発表はないが、もうiPodシリーズの新製品は出ることはないのかもしれない。

コストパフォーマンスがよく一時は市場をにぎわしたiRiver、iAudio、COWONといった韓国メーカーもほとんど撤退状態。

最近は、ポータブル音楽プレーヤーといえば、一部のオーディオマニア向けハイエンド製品を除けば、ほとんどソニーの市場独占状態が続いていた。

ところが、最近、中国製の手頃な値段で、性能や音質も悪くないように見えるポータブル音楽プレーヤーが続々登場し始めた気がする。

その前に、中国製のコストパフォーマンスのいいヘッドホン、イヤホンが登場し始める現象があったが、これは、日本などの大手AV機器メーカーが、中国メーカーに品質指導してOEM製品を作らせたお蔭で、技術力を身に着けた中国メーカーが増えたことが大きい。

おそらく、ポータブル音楽プレーヤーについても、同じような状況が起きつつあるのだと思う。

最近では、特に、ヘッドホン専門店「e☆イヤフォン」が、最近、立て続けに日本での販売を発表した中国メーカー製のポータブル音楽プレーヤーが、目を引く。

2万9800円のハイレゾプレーヤーも! e☆イヤフォンが中国シャンリンのDAPやポタアンの販売を開始 - ITmedia LifeStyle

まず、8月には、中国のShanling Digital Technology Development(シャンリン)のデジタルオーディオプレーヤー「M5」「M2」をを発表した。

l_ts_shanling03.jpg

「M5」は、DACに、音質に定評のある旭化成エレクトロニクスの「AK4490」を搭載し、最大192kHz/32bitのPCM音源を再生できるハイレゾ対応のポータブル音楽プレーヤー。
DSD音源の再生も、高音質なDSD128まで対応。
3インチ、480×800ピクセルのIPS液晶パネルを搭載し、音楽だけでなく動画再生も可能なようだ。
ストレージはMicroSDXCカードに対応。
本体サイズは57×13.8×120mm、重量は約135gとスマホより一回りコンパクトで、ブラック、ブロンズ、グレーの3色をラインアップ。
販売価格も49,800円と、ハイエンド仕様としてはリーズナブルだ。同等のスペックの商品を、10万円をはるかに超える価格で売っている高級オーディオブランドもあることを考えると、実は激安なのだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いつの間にか256GBのmicroSDXCカードが続々と・・・ [ポータブルオーディオ]

以前取り上げた256GBのmicroSDXCカードについて、最近チェックをさぼっていたら、いつの間にか各ブランドから、続々製品が発売されていてびっくり。

227908_00-525x550.png

過去最安、実売16,980円の256GB microSDXCカードがSanDiskから - AKIBA PC Hotline!

中でも、秋葉原の東映無線系の店舗で販売されているSanDiskの「SDSQUNI-256G-GN6MA」が、税込16,980円で販売されたそうで、今のところ、これが最安値みたいだ(ただし、私が先日行ったときには品切れだった)。

それ以外にも、グリーンハウス「GH-SDMRXCUB256G」も、上記店舗で税込19,980円。

一方、Amazonでは、SanDiskのほか、

・Samsung EVO+ MB-MC256DAの並行輸入品が、税込19,798円

・Teamの製品が、税込19,800円

といった製品が見つかる。だいたい、今だと2万円弱が相場だな。

それ以外にも、

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | 次の5件 ポータブルオーディオ ブログトップ