So-net無料ブログ作成

ポータブルオーディオ ブログトップ
前の5件 | 次の5件

512GBのmicroSDXCカードの登場と、400GBの価格動向 [ポータブルオーディオ]

01_l.jpg

世界最大512GBのmicroSDカード。英メーカーが発売 - PC Watch

英Integral Memory社が、世界最大容量の512GBのmicroSDカードを発表したのには驚いた。
最近は、最大容量のmicroSDXCカードは、サンディスクまたはサムスンから発表されるのが通例だったので意外だ。
そもそも、microSDXCカード用の最先端プロセスのフラッシュメモリチップが製造できるメーカーが数社しかないので、Integral Memory社がどこからチップを入手するのかも含め、どうしてサンディスクやサムスンを出し抜くことができたのか、興味あるところだ。

ただ、発表時は2月に発売すると言っていたが、未だ製品が出荷された形跡はない。
ひょっとしたら、製造元が先に製品発表するつもりだったものを、出し抜いて先に製品発表をされてしまい、製造元の怒りを買ったのかもしれないな。

さて、一足先に取扱ショップが増えている400GBのmicroSDXCカードの価格は、どんな状況だろうか。

SanDiskの400GBのmicroSDXCカードが出回り始めた:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

昨年11月頭に、SanDiskの400GBのmicroSDXCカード「SDSQUAR-400G-GN6MA」が、米国のみで出回り始め、その価格がAmazon.comで250ドル(送料別)を切る価格であることをお知らせした。

SanDisk、A1対応で容量400GBのmicroSDXCカード ~ウルトラ microSDHC/SDXCもA1対応モデルに刷新 - PC Watch

その後、これまで日本で販売されていたSanDiskの400GBのmicroSDXCカードは並行輸入品だったが、2月8日に、日本でも公式販売開始が発表された。これにより、価格動向はどうなったっか思って調べたら、

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

激安BluetoothイヤホンFiracore「Wireless Sports Headphone」 [ポータブルオーディオ]

IMG_20180203_085718.jpg

Firacoreの「Wireless Sports Headphone」を購入:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

Amazonで購入したBluetoothイヤホン、Firacore「Wireless Sports Headphone」が届いた。

IMG_20180203_090203.jpg

立派な箱を開けると、立派なイヤホンケースが入っており、

IMG_20180203_090136.jpg

中には、イヤホン本体以外に、イヤーパッド、イヤーフックなどのサイズ違いの交換パーツやmicroUSB充電ケーブルが入っている。それ以外には、簡単な英語のマニュアルがついている。

ただし、Firacoreは、日本で公式販売しており、1年間の無料保証も付くらしい。

イヤホン本体は、「SoundPEATS Q12」に比べると大ぶりで、重い。
それを反映してか、耳に巻きつけるようにして、イヤーフックを耳に巻きつけるようにして固定する方式。
きちんと装着すれば、ズレることはないが、そこがいい加減だと、だんだん重さでズレてくる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

Firacoreの「Wireless Sports Headphone」を購入 [ポータブルオーディオ]

71bOYT3a03L._SL1500_.jpg

以前、スマホ「SERVO J5+」用にSoundPEATSのBleutoothイヤホンを買った時「Q12」と最後まで迷ったのが、Firacoreの「Wireless Sports Headphone」だった。

低価格で高性能(`・ω・´) 1700円~3000円の優良bluetoothイヤホンまとめ【2017】

その時は、久々にBleutoothイヤホンを買うこともあり、ベストセラー上位の「Q12」を購入したが、レビューなどを見る限り、Firacoreも決して悪い商品ではなかったようだ。

その後、「Q12」を使っていて、昔に比べてBluetoothの安定度が上がっており手離せなくなったのだが、出張で「Q12」を使っていて、途中でバッテリーが切れることがある。
ところが、他のBluetoothイヤホンもそうだと思うが、「Q12」を充電すると、その間イヤホンとして使えなくなる。
今は、その間、有線のイヤホンも持ち歩いていて、それで代用しているのだが、やっぱり不便なため、バックアップにもう1個「Q12」を買っておくことにした。Bluetoothイヤホンがもう一つあれば、一つをモバイルで充電中にもう一つを使えるからだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

Bluetoothイヤホン「SoundPEATS Q12」のその後 [ポータブルオーディオ]

61UDgTJBo1L._SL1500_.jpg

Bluetoothイヤホン「SoundPEATS Q12」を、コンパクトスマホ「SERVO J5+」との組み合わせで積極的に使っている。

Bluetoothイヤホンの最高峰!?『SoundPEATS Q12』を試してみた!コスパ抜群のスポーツイヤホン | 物欲ガジェット.com

バッテリーの持ちは思ったよりいい。通勤中と昼休みに聞く程度だと、2日間充電不要なぐらい持つ。
都内への日帰り出張でも、往復の電車などで長時間使ったが、帰宅までぎりぎり充電不要だったので、これならかなり実用的。
さすがに、新幹線や航空機で遠方へ出張するときは、途中で充電が必要そうだが。

外観上は、造りもいいし、防水なので、耐久性もありそう。
シリコンゴムのイヤーピース、イヤーフックが、ホコリを吸着しやすく、すぐに薄汚れてしまうのだけがイマイチだが、マグネットで左右のイヤホンがくっついて、収納できるのがしゃれていて、ケーブルも短いので邪魔にならないのはいい。

リモコンは、3ボタンしかないが、長押しなどとの組み合わせでいろいろできる。しかし、それを覚えていられないので、実際には、電源ON/OFF、スタート/ストップ、前後スキップ以外は、ほとんど使ったことがない。
結局それよりは、手元の「SERVO J5+」を操作してしまうから。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

Bluetoothイヤホン「SoundPEATS Q12」の感想 [ポータブルオーディオ]

IMG_0455.JPG

Bluetoothイヤホンの最高峰!?『SoundPEATS Q12』を試してみた!コスパ抜群のスポーツイヤホン | 物欲ガジェット.com

Bluetoothイヤホン「SoundPEATS Q12」が、翌日には届いた。

IMG_0456.JPG

開梱すると、本体以外に付属品は、イヤーピース大中小、イヤーフック大中小、結束パーツ、microUSBケーブル、マニュアルと盛りだくさん。

英語の丁寧なマニュアルのほか、日本語でも簡単な説明書きも入っており、ちゃんと日本国内でのサポート体制についても書かれている。

カナル型で、防水でバッテリーも内蔵しているので、それなりに重さはあるのだが、装着感は悪くない。
イヤーピースを耳に差しながら、イヤーフックを耳たぶの内側に押し付けるタイプとなっていて、私はこのタイプは初めてなのだが、実際に装着してみたら、とても装着が安定していて新鮮。これならジョギングでも落下しないだろう。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
前の5件 | 次の5件 ポータブルオーディオ ブログトップ