So-net無料ブログ作成
検索選択

ポータブルオーディオ ブログトップ
前の5件 | 次の5件

ポータブル音楽プレーヤーも中国製の時代に向かうのか? [ポータブルオーディオ]

ASCII.jp:ウォークマン圧勝だが……ポータブル音楽プレーヤーシェア早わかり (1/2)|高橋暁子の「意外と知らない!? 業界ランキング」

アップルから、ポータブル音楽プレーヤーiPodシリーズの新製品が発表されなくなって久しい。
公式発表はないが、もうiPodシリーズの新製品は出ることはないのかもしれない。

コストパフォーマンスがよく一時は市場をにぎわしたiRiver、iAudio、COWONといった韓国メーカーもほとんど撤退状態。

最近は、ポータブル音楽プレーヤーといえば、一部のオーディオマニア向けハイエンド製品を除けば、ほとんどソニーの市場独占状態が続いていた。

ところが、最近、中国製の手頃な値段で、性能や音質も悪くないように見えるポータブル音楽プレーヤーが続々登場し始めた気がする。

その前に、中国製のコストパフォーマンスのいいヘッドホン、イヤホンが登場し始める現象があったが、これは、日本などの大手AV機器メーカーが、中国メーカーに品質指導してOEM製品を作らせたお蔭で、技術力を身に着けた中国メーカーが増えたことが大きい。

おそらく、ポータブル音楽プレーヤーについても、同じような状況が起きつつあるのだと思う。

最近では、特に、ヘッドホン専門店「e☆イヤフォン」が、最近、立て続けに日本での販売を発表した中国メーカー製のポータブル音楽プレーヤーが、目を引く。

2万9800円のハイレゾプレーヤーも! e☆イヤフォンが中国シャンリンのDAPやポタアンの販売を開始 - ITmedia LifeStyle

まず、8月には、中国のShanling Digital Technology Development(シャンリン)のデジタルオーディオプレーヤー「M5」「M2」をを発表した。

l_ts_shanling03.jpg

「M5」は、DACに、音質に定評のある旭化成エレクトロニクスの「AK4490」を搭載し、最大192kHz/32bitのPCM音源を再生できるハイレゾ対応のポータブル音楽プレーヤー。
DSD音源の再生も、高音質なDSD128まで対応。
3インチ、480×800ピクセルのIPS液晶パネルを搭載し、音楽だけでなく動画再生も可能なようだ。
ストレージはMicroSDXCカードに対応。
本体サイズは57×13.8×120mm、重量は約135gとスマホより一回りコンパクトで、ブラック、ブロンズ、グレーの3色をラインアップ。
販売価格も49,800円と、ハイエンド仕様としてはリーズナブルだ。同等のスペックの商品を、10万円をはるかに超える価格で売っている高級オーディオブランドもあることを考えると、実は激安なのだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いつの間にか256GBのmicroSDXCカードが続々と・・・ [ポータブルオーディオ]

以前取り上げた256GBのmicroSDXCカードについて、最近チェックをさぼっていたら、いつの間にか各ブランドから、続々製品が発売されていてびっくり。

227908_00-525x550.png

過去最安、実売16,980円の256GB microSDXCカードがSanDiskから - AKIBA PC Hotline!

中でも、秋葉原の東映無線系の店舗で販売されているSanDiskの「SDSQUNI-256G-GN6MA」が、税込16,980円で販売されたそうで、今のところ、これが最安値みたいだ(ただし、私が先日行ったときには品切れだった)。

それ以外にも、グリーンハウス「GH-SDMRXCUB256G」も、上記店舗で税込19,980円。

一方、Amazonでは、SanDiskのほか、

・Samsung EVO+ MB-MC256DAの並行輸入品が、税込19,798円

・Teamの製品が、税込19,800円

といった製品が見つかる。だいたい、今だと2万円弱が相場だな。

それ以外にも、

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

上海問屋でハイレゾ対応イヤホン購入 [ポータブルオーディオ]

上海問屋から、1,999円のハイレゾイヤホン発売:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

出張で秋葉原近辺に行く機会があったので、以前、このブログでもご紹介した上海問屋のハイレゾ対応イヤホン(DN-913577)を購入した。

IMG_20161013_215517.jpg

ハイレゾ対応 10mmダイナミックドライバ搭載イヤホン (913577)の通信販売【上海問屋】 | 上海問屋

価格は、税込みで2,999円だった。

10mmという比較的大口径のダイナミックドライバを搭載しているせいか、低音も割と伸びていて、バスドラムやオルガンの再現性もなかなかのもの。
ベースなどの100Hz前後は無理にレベルを上げておらず、一方、多分50Hzぐらいまではフラットに伸びており、ただ、それ以下はほとんど出ていない感じか。
高音についても、ハイハットの音域を強調して目立たせるような小細工もなく、フラットに伸びていて非常に素直。
打楽器の残響なども自然に再現できるのが分かり、フラット指向で、なかなかの優等生だと感じた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大量の音源を持ち歩きたい人に一番コストパフォーマンスがいい音楽プレーヤーは? [ポータブルオーディオ]

以前、10万円以下で、一番大量の音楽ライブラリを持ち歩ける音楽プレーヤーについて、ご紹介したことがあるが、「できるだけ低価格で、しかも、できるだけ大量の音楽ライブラリを持ち歩きたい」という観点で、コストパフォーマンス最強のポータブル音楽プレーヤーは、何かと考えると、私も使っているソニーのウォークマン「NW-A17」だと思う。

K0000698770.jpg

NW-A10シリーズ | ポータブルオーディオプレーヤー WALKMAN ウォークマン | ソニー

「NW-A17」は、2014年11月に発売されたNW-A10シリーズの最上位モデルで、64GBのストレージを内蔵し、microSDXCカードを追加することができるハイレゾ対応のローエンドモデルだ。

ss051_s.jpg

新型ウォークマン「NW-A30」シリーズ10月29日発売。タッチパネル採用しハイレゾ高音質機能を強化 - Engadget Japanese

「NW-Aシリーズ」は、「NW-A1x」から「NW-A2x」を経て、最近「NW-A3x」が発売されたばかりだが、内蔵メモリの最大容量は最新の「NW-A3x」でも変わっておらず64GBのままで、microSDXCカード(現在の最大256GB)と組み合わせた時の最大容量も、320GBで変わっていない。
もちろん、音質面では、大幅にブラッシュアップされているようだが、それが生きるのはあくまでハイレゾ音源のような超高音質な音源の場合で、MP3のような圧縮音源で大きな差が出るとは思えない。
逆に重量は、66gから98gへと大幅にアップし、タッチ操作のために一回り大きくなった感は否めない。
なので、新製品の「NW-A3x」には、全く触手が動かない私だ。

一方で、「NW-A1x」の機能は、ファーム更新で「NW-A2x」と同等になり、機能面でも古くなっていない。

2世代前の製品ということで、店頭で新品はほとんど見かけないが、ヤフオクでは、アウトレットや中古がたくさん出回っており、安くで手に入りやすい。

例えば、64GBの「NW-A27」の新品を今買うと、底値でも3.7万円以上するが、「NW-A17」なら、中古が、程度にもよるが、2万円前後からで買える。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

すべての音楽ライブラリを持ち歩きたいなら、どんな音楽プレーヤーがベスト? [ポータブルオーディオ]

私は、ソニーのウォークマン「NW-A17」に、私が持っているMP3の音楽ライブラリを全て放り込んで、出張や旅行でも常に持ち歩いている。
「NW-A17」は64GBの内蔵ストレージを持つ上に、microSDXCカードを利用できるため、200GBのmicroSDXCカードを挿して、合計264GBの容量を活かして、持っているMP3ファイルを全て放り込んでいるのだ。

私の場合、空きエリアはまだ60GB近くあるため、当面、容量が不足することはないが、もっと音楽ライブラリを持っている人はいるだろうし、音楽ライブラリは無劣化のFLACじゃないと嫌だ、という人もいるだろう。
そうした人にとっては、ポータブル音楽プレーヤーのストレージ容量は大きいに越したことはない。

今買えるハイレゾプレイヤーほぼ全部、20モデルを評論家がガチ評価 ? DIGIMONO!(デジモノ!)

じゃあ、一番、多くのライブラリを収納できて、手頃な価格のポータブル音楽プレーヤーは何だろうと調べてみた。
個人的に、ポータブル音楽プレーヤーに馬鹿高い金額を出すつもりはないので、10万円を超える機種は最初から除外している。

20150903144858.jpg

NW-ZX100 主な仕様 | ポータブルオーディオプレーヤー WALKMAN ウォークマン | ソニー

まずは、ソニーのウォークマン「NW-ZX100」だ。この機種の内蔵ストレージは128GBあり、さらにmicroSDXCカードが使える。
microSDXCカードの最大容量は、現在256GBであるため、合計で「NW-A17」を上回る384GBの音楽ライブラリを放り込んでおくことができる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | 次の5件 ポータブルオーディオ ブログトップ