So-net無料ブログ作成

ポータブルオーディオ ブログトップ
前の5件 | -

SanDiskの400GBのmicroSDXCカードが出回り始めた [ポータブルオーディオ]

sandisk-400gb-microsd-250-news-001.jpg

SanDiskから、世界初400GBのmicroSDXCカードを発表:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ/a>

SanDiskが400GBのmicroSDXCカード「SDSQUAR-400G-GN6MA」を発表したことは、すでにご紹介しましたが、最近、ようやく市場に出回り始めたようです。

米国Amazonでは購入でき、見たときには、価格は249.99ドル。同じ米国amazonで、256GBが129.99ドルであることを見れば、出始めにしてはそこまでは高くないと思います。

スペックは転送速度は最大100MB/s、UHS-I、A1で、4K動画撮影の記録にも使える高速タイプとなっています。

SDSQUAR-400G-GN6MA

最近になって、日本でも商品を見かけるようになった。
パソコンショップ アークで販売中だそうで、ただ、海外向けパッケージが、店頭価格税込37,800円と、ちょっとお高い。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

iPod Classicの大容量化の準備が整った [ポータブルオーディオ]

iPod Classicの容量増加が可能らしい:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前、「iFlash-Dual」というアダプタを使うことで、iPod Classicの容量を大幅に増やすことができるということを知り、

IMG_20170811_212148.jpg

iFlash-Dual ? iFlash.xyz

早速、こちらの公式サイトから購入した。送料込み50ドルだったが、送料が高いし、思ったより時間がかかるな、と思ったら、なんと!英国から送られてきた。

この「iFlash-Dual」は、2枚のSDカードスロットを備え、ここにSDXCカードを2枚挿し、単一のZIPソケットのSSDとして見せることができるという便利なアダプタだ。

iPod Classicは、i.8inchのZIPソケットのHDDを使用しているため、このHDDを「iFlash-Dual」に差し替えることで、iPod Classicを大容量化できるのだ。

使用するSDXCカードは、256GBの容量までは確実に動作実績があり、どうやら512GBも利用できる模様。しかも、2枚のSDXCカードは、品番が違うどころか、容量が違っても構わないというから、使い勝手がいい。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

SanDiskから、世界初400GBのmicroSDXCカードを発表 [ポータブルオーディオ]

msd.jpg

【イベントレポート】SanDiskが世界初400GBの大容量microSDXCカードを発表 ~249.99ドルで米国から販売開始 - PC Watch

SanDiskを買収したWestern Digitalが、これまでで最大容量のmicroSDXCカード「400GB SanDisk Ultra microSDXC UHS-I card」を、SanDiskブランドで発表した。

現在販売されている最大容量は256GBだったので、約1.56倍も増えることになる。
2015年3月に200GBのmicroSDXCカードを発表してからは、2年半で倍の容量に増えたことになる。
以前だと、2年で次世代では2倍というペースで増えてきたmicroSDXCカードも、プロセス微細化の限界に達し、現在の大容量化は、セルの多値化(TLC)や、メモリの積層によって実現されており、ペースに落ちてきているようだ。
200GBから256GBに増えるのに1年はかっているので、おそらく、512GBのmicroSDXCカードが出るのは、さらに1年後ぐらいに見ておいた方がいいだろう。

まずは米国から販売され、価格は249.99ドル(約27,499円)だそうで、256GBのmicroSDXCカードが出始めた頃と、大差ないので、量産されれれば、順調に価格は下がるものと思われる。
個人的に期待するのは、むしろ、400GBと同じ新チップを使った256GBのmicroSDXCカードが出回り始め、256GBのmicroSDXCカードが1万円を切るぐらいに値下がりすることかも。


製品としては、Class1ないしはUHS-Iの規格に対応しており、最大100MB/sでのリード速度を実現しているという。
SDカードの規格団体SD Associationが定めたApp Performance Class 1(A1)の仕様(ランダムリードが1,500IOPS以上、ライトが500IOPS、シーケンシャル性能が10MB/s以上)も満たしており、スマホで使っても、内蔵ストレージと変わらない読み書き速度が実現出るらしい。

ここまで、速度が上がってくると、microSDXCカードをメインストレージに使用してOSがインストールされ、それを入れ替えることにより複数OS環境が使えるようなミニパソコンやタブレット端末が出てきても不思議ではないな。

400GBという容量が、データを置くためだけに必要な人はそれほど多くないだろうから、実際そういう新たなニーズを発掘しないと、数が売れないと思うけどな。

個人的には、「家の音楽ライブラリを全部持ち歩く」というポータブルオーディオの方針を持っている。
MP3だと、256GBでもまだ余裕の容量だが、既にあるCDも徐々にFLAC化を進めていることもあり、今後容量はいくらでも欲しいから、値段が手ごろになったら買うかも。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

インナーイヤー型イヤホン「KZ ZS3」の感想もついでに [ポータブルオーディオ]

ポータブルオーディオ「Shanling M1」の中古を買った時に、オマケで付いてきたインナーイヤー型イヤホン「KZ ZS3」についても、少し感想を書いておきたい。

20170416181317.jpg

ヲチモノ- 【イヤホン】KZ 『KZ ZS3』 レビューチェック

「KZ ZS3」は、Amazonなどでは2,000円前後で買えるローエンドのステレオイヤホンだ。

ドライバ本体は独特の形状をしており、一般的なカナル型に比べて、大きめで重い。

そして、接続ケーブルは脱着式になっており、あまりよく知らないが「リケーブリング」といって、さらに高品位のケーブルに交換できたり、ケーブルが痛んだときにケーブルだけ交換できるらしい。

しかし、実際に使ってみると、このドライバとケーブルの接続が、ケーブルに負荷がかかると簡単に外れやすいのがかえって不便。
しかも、この機種の場合、接続端子が独自仕様で汎用性はないらしく、あまり交換するメリットはなさそう。
音質なんて、特に高音域は、接点が増えれば増えるほど劣化するのだから、無駄に接点を増やす意味が分からない。
2,000円の安いイヤホンなのだから、断線したら買い替えるし、ここまでする必要はなかった気がするな。

ドライバの駆動方式は、ごく普通のダイナミック型で、密閉型。
再生周波数帯域は、20 - 25000Hzとあるので、ハイレゾ対応ではない。
インピーダンスは18Ωで、出力音圧レベル:106dBと、まあ普通なので、iPodなどでも音量不足で困ることはないだろう。

実際に装着してみると、試行錯誤の結果、標準のイヤーパッドで左耳はぴったり収まったが、右耳はしばらくするとドライバの重みで密着性が薄れてしまう。
私の耳の穴は、右の方が少し大きいので、これはよく起きることだ。

この状態で、音楽を聴いてみたが、高音中心のバランスとなり、あまり低音が出ない感じになる。

ただ、両耳のドライバを指で耳に押し付けると、途端に低域のレベルが上がり、バランスがよくなる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ポータブルオーディオ「Shanling M1」の多機能ぶり [ポータブルオーディオ]

1_000000108855.jpg

株式会社伊藤屋国際 | 伊藤屋国際はオーディオパーツを中心に新しいライフスタイルを提案する会社です。

先日の書き込みで、ポータブルオーディオ「Shanling M1」のファームウェアをバージョン2.0に更新したと書きましたが、バージョン3.0の誤りでした。すみません。

「Shanling M1」の多機能ぶりは、ファーム更新でさらに魅力を増している。

基本的な音楽再生に関しては、元々、APE/FLAC/ALAC/WMA/AAC/OGG/MP3/WAV/AIFF/DSF/DIFFといったファイル形式に対応し、最大192kHz/24bitのハイレゾ音源の再生が可能だったが、有線のみ、リニアPCM変換での再生ではあるが、DSD64/128の再生にも対応する。

Bluetooth 4.0を内蔵し、aptXをサポートするので、同じくaptX対応のBluetoothヘッドホンと組み合わせれば、Bluetoothでも比較的高音質で聴ける。

一方、「Shanling M1」のUSB Type-C端子をパソコンやスマホに接続し、USB DACモードに設定すると、いわゆるUSB DACとして使うこともできる。
例えば、スマホやパソコンでダウンロードした高音質のハイレゾ音源を、「Shanling M1」内蔵のDACで復号し、「Shanling M1」に接続したハイレゾ対応ヘッドホンで高音質に再生することができる。

さらに、Bluetoothを受信モードに設定し、スマホなどに接続することで、スマホのBluetoothレシーバーとして使うこともできる。
この場合、さすがにハイレゾの再生は無理だが、スマホやパソコンでダウンロードした音源を、BluetoothのaptXコーデックで受信し、内蔵DACで復号して、接続したヘッドホンで再生できる。音質はUSB Type-C接続に比べれば劣るが、スマホとの間はワイヤレスになる利便性がある。

さらに、「Shanling M1」には、USBトランスポート機能というものがあり、これは「Shanling M1」のUSB Type-C端子に、他のUSB DACを接続し、「Shanling M1」のmicroSDカード内にある音楽データを、接続したUSB DACに伝送してUSB DAC側で再生を行うものです。
最新ファームでは、USBトランスポート出力がDSDにも対応し、「Shanling M1」本体ではネイティブ再生できないDSDファイルを、外付けDACでネイティブ再生することも可能になった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - ポータブルオーディオ ブログトップ