So-net無料ブログ作成

BookLive!Reader Lideo BL-121を使ってみた [電子書籍]

KIMG0050.JPG

電子書籍端末ショーケース:BookLive! Reader Lideo(BL-121)――BookLive - ITmedia eBook USER

電子書籍ストア「BookLive!」専用電子書籍リーダー「BookLive!Reader Lideo BL-121」を早速使ってみた。

KIMG0053.JPG

付属品も全部揃いで、本体もほとんど使われてないのではないか、大変きれいだ。

手に持つと、110(幅)×165(奥行き)×9.4(高さ)mmで、約170gというサイズ、重さはまあまあ。

Androidタブレットよりは軽いし、電子書籍リーダでも、コンパクトで軽い方だ。電子書籍リーダも、大画面化に向かっているせいで、大きく重くなりつつあるから、余計にそう思う。
ただ、厚みはもうちょっと頑張って欲しかったところ。

早速セットアップするが、最初にWi-Fiの設定なしに、WiMAXがつながり、BookLive!のアカウント設定のみで使い始められるのは新鮮。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

BookLive!Reader Lideo BL-121を購入 [電子書籍]

31te0pOehmL._SY450_.jpg

電子ペーパーを使った、電子書籍ストア「BookLive!」専用電子書籍リーダー「BookLive!Reader Lideo BL-121」が、中古ショップできれいな状態で、2,500円で販売されていたので、つい衝動買いしてしまった。

「使えない! Lideoは今年のワーストバイ電子書籍リーダ(後編)」デジほん10冊目 ? すまほん!!

この端末、電子ペーパーの画質が悪いなど、あまり評判がよくなかったのは知っているのだが、「BookLive!」の小説、エッセイなどの品揃えが割とよく、他では買えない電子書籍も多いことから、それなりに買っていて、普段はAndroidタブレット「MediaPad X1」にインストールしたBookLive!アプリで、読んでいる。
だから、この値段なら、より文字が見やすい電子ペーパーのリーダーを買ってもいいかな、と思ったのだ。

「Lideo BL-121」のもう一つの特徴として、Wi-Fi以外にWiMAXを内蔵しており、しかも無料で利用できること。
ただ、WiMAX2+には対応せず、WiMAXのみの対応のため、通信速度は遅いし、エリアもドコモやauに比べれば狭い。
しかも、WiMAXは、2018年3月末で終了予定であり、あと1年ぐらいしか使えない。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

E-inkt搭載Androidタブレット「Onyx Boox C67ML」を購入 [電子書籍]

ONYX BOOX

以前、E-inkディスプレイ搭載のAndroidタブレットがないかと探し、「ONYX BOOX」というメーカーなどにたどり着いたが、汎用Androidタブレットとして見ると、ハードウェアがプアで、OSも古いうえに、値段もかなり割高で、ちょっと手が出ない。

41A74pL1gPL._SY450_.jpg

ただ、その後も、ヤフオクなどで、何か掘り出し物がないか、ずっとワッチしていたら、「Onyx Boox C67ML」という6インチE-inkのタブレットの中古が、ヤフオクで、約1万円で出品されているのを発見。

Cartaという最新のE-inkを使ったモデルで、Androidも4.2と、比較的新しいモデルであることもあり、この値段なら、失敗でもいいや、ということで買ってしまった。

ONYX BOOX C67MLを注文しました^^; 快投乱打な雑記帳/ウェブリブログ

買ってから調べたが、SoCはデュアルコアに向上し、内部ストレージが8GBのタイプだが、RAMはいまだに512MBのままみたい。
バッテリーは、3,000mAhの大容量。
32GBまでのmicroSDHCカードも使用可能。
日本語ロケールも使えるというレポートもあり、少しは改良されているようだ。

ただ、RAMが少ないせいか、Kindleアプリが読書中にコケたり、過充電になると立ち上がらなくなるといったレポートもあり、かなりクセのある製品のようだ。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ソニーからデジタルペーパーの新型「DPT-RP1」登場 [電子書籍]

電子ペーパー端末「DPT-S1」にちょっとガッカリ:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

デジタルペーパー「DPT-S1」というソニーの商品について、このブログでも何度か取り上げたことがある。

DPT-S1 | デジタルペーパー | ソニー

13.3型の電子ペーパーを搭載し、電磁誘導方式ペンで操作するタブレット端末だが、独自OSで、読めるファイルはPDFのみという機能を特化した端末で、基本は業務用途に販売されていた。
一応個人でも入手可能ではあったものの、実売でも10万円以上する製品で、PDFを見るだけのために、おいそれと手軽に買える商品ではなかった。

「DPT-S1」は、昨年前半に少し値を下げた後、在庫切れになり、静かに市場からフェードアウトしたので、ついぞや買う機会はなかったのだが、その後継機にあたる「DPT-RP1」が、6月5日より発売することが発表された。

sony.jpg

ソニー、“紙のように読み書きできる”A4サイズデジタルペーパー - AV Watch

コンセプト自体はほとんど変えておらず、見られるファイルはPDFのみで、基本は業務用途に販売されるが、個人でも買えるようで、店頭予想価格は8万円前後と、「DPT-S1」よりは少し安くなった。

ディスプレイは、A4サイズ相当の13.3型(1,650×2,200ドット、16階調)の高解像度電子ペーパーディスプレイで、「DPT-S1」とサイズは同じだが、解像度は1,200×1,600ドットからさらに高密度になった。

独自開発したというノンスリップパネルを採用し、ペン先の滑りを抑え、より紙に近い書き心地を実現しているそうだ。
専用タッチペンも、2種類の芯から好みの書き味を選べ、新採用の静電容量タッチパネルと充電式アクティブスタイラスペンの組み合わせで、画面の端まで細かく書き込めるよう工夫したそうだ。

ディスプレイは「DPT-S1」と同じでありながら、本体サイズは、約302.6×224×5.9mm(縦×横×厚み)で、重さ約349g。「DPT-S1」の310×233×6.8mm、約358gより、一回りコンパクトに、軽くなっている。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

他にもあったE-ink搭載Androidタブレット [電子書籍]

以前、E-ink搭載のAndroidタブレット「ONYX BOOX」をご紹介したが、その後、他にも同様な製品を発見した。

ICARUS E-Readers. Android based open E-Ink e-readers. Illumina, Illumina Pro. E654BK, E853BK, E1053BK, M703BK. Compatible with all ebook subscription apps. Install your own Android apps.

日本にはあまり馴染みのない会社だが、「ICARUS」というオランダの会社から、6インチから9.7インチまで、様々なサイズのE-ink搭載電子書籍リーダーや、E-ink搭載Androidタブレットを発売しいるようで、主に、欧州で販売されているようだ。

1_.V1479918178._.jpg

【速報】8インチ画面のandroid電子書籍リーダーを注文しました

日本最速レビュー!? 8インチ電子書籍リーダー「Icarus Illumina XL」開封の儀

日本から実際に注文して入手されている方も出てきていて、これらの方は「ICARUS Illumina XL 8」を個人輸入。

スペックを確認するものの、SoCは不明。
8インチE-ink(1024x768ピクセル)Cartaディスプレイを内蔵し、フロントライトが付いている。
本体の寸法は横145mmx縦200mmx厚さ9mmで、重量は275gなので、通常の8インチAndroidタブレットよりは軽い。
内蔵ストレージは8GBで、32GB microSDHCカードスロットも備える。
バッテリー容量1,500mAh。
Wi-Fiは内蔵するが、Bluetoothは内蔵しない。
OSは、Android 4.2.2を搭載し、Google Playも利用可能なので、各種電子書籍ストアのアプリをインストールし、それらの電子書籍を読むことができる。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感