So-net無料ブログ作成
検索選択

電子書籍 ブログトップ
前の5件 | -

他にもあったE-ink搭載Androidタブレット [電子書籍]

以前、E-ink搭載のAndroidタブレット「ONYX BOOX」をご紹介したが、その後、他にも同様な製品を発見した。

ICARUS E-Readers. Android based open E-Ink e-readers. Illumina, Illumina Pro. E654BK, E853BK, E1053BK, M703BK. Compatible with all ebook subscription apps. Install your own Android apps.

日本にはあまり馴染みのない会社だが、「ICARUS」というオランダの会社から、6インチから9.7インチまで、様々なサイズのE-ink搭載電子書籍リーダーや、E-ink搭載Androidタブレットを発売しいるようで、主に、欧州で販売されているようだ。

1_.V1479918178._.jpg

【速報】8インチ画面のandroid電子書籍リーダーを注文しました

日本最速レビュー!? 8インチ電子書籍リーダー「Icarus Illumina XL」開封の儀

日本から実際に注文して入手されている方も出てきていて、これらの方は「ICARUS Illumina XL 8」を個人輸入。

スペックを確認するものの、SoCは不明。
8インチE-ink(1024x768ピクセル)Cartaディスプレイを内蔵し、フロントライトが付いている。
本体の寸法は横145mmx縦200mmx厚さ9mmで、重量は275gなので、通常の8インチAndroidタブレットよりは軽い。
内蔵ストレージは8GBで、32GB microSDHCカードスロットも備える。
バッテリー容量1,500mAh。
Wi-Fiは内蔵するが、Bluetoothは内蔵しない。
OSは、Android 4.2.2を搭載し、Google Playも利用可能なので、各種電子書籍ストアのアプリをインストールし、それらの電子書籍を読むことができる。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

E-inkディスプレイ搭載のAndoridタブレット [電子書籍]

Amazonや楽天KoboのE-inkディスプレイ搭載の電子書籍リーダーは、既に持っていて、電子書籍を読むのに利用している。

液晶画面のタブレットよりは、文字が見やすいし、反射型なので屋外でもくっきり文字が見えるのもいい。

ただ、こうした電子書籍リーダーは、Amazonや楽天Koboなどのサービス専用なので、他の電子書籍ストアで買った本は読めない。

なので、各種電子書籍ストアアプリが動作する、E-inkディスプレイ搭載のAndoridタブレットみたいなものはないのだろうか?と思い、ググってみたら、一応はあるようだ。

ONYX BOOX

ONYXというメーカーが、唯一、様々なサイズのE-inkディスプレイ搭載Androidタブレットから出ているのだ。
GooglePlayが動くので、対応アプリをインストールすれば、各社の電子書籍ストアに、一台で対応できるのが、売りのようだ。

その中で、13.3インチディスプレイ搭載の「ONYX BOOX MAX」、9.6インチディスプレイ搭載の「ONYX BOOX N96 ML」が、Amazonや楽天Koboにもない大画面サイズのE-ink搭載タブレット端末で、異彩を放っている。

04_p00.jpg

13.3インチ電子ペーパー(E Ink Mobius)を搭載した「Onyx BOOX Max」のレビュー動画が公開 | Gadgen

BooxMaxのファーストインプレッション! : チューリップ商人のブログ

13.3インチディスプレイ搭載の「ONYX BOOX MAX」は、325x237x7.5mmで、570gだという。画面サイズがこれだけ大きいと、この重さはかなり軽い。7.5mmという厚みも、かなり薄い方だと思う。
ディスプレイの解像度は、ソニーのDPT-S1と同じ1600x1200ドットみたい。
また、価格も直輸入でも7万円台で、それなりに高く、DPT-S1より少し安い程度となっている。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中国の電子書籍端末「iReader Plus」ってどうなの? [電子書籍]

s01_p1.png

中国・掌閲科技、6.8型の電子書籍端末「iReader Plus」が2016年「10大文化創造商品」に選ばれる ? hon.jp DayWatch

中国・掌閲科技という会社が発売した6.8型の電子書籍端末「iReader Plus」が、中号で、2016年「10大文化創造商品」に選ばれたというニュースを読んで、どんな端末だろうと思いググってみた。

iReader ?致体?,随?随地??

公式サイトは、こちらだが、イメージが多すぎて翻訳も出来ず、なかなか詳細を把握しづらい。

中国・掌閲科技、6.8型の電子書籍端末「iReader Plus」を1.7万円で発売、ネットユーザーは好評価 ? hon.jp DayWatch

變輕變薄的掌閲 iReader Plus 閲讀器又來針對 Kindle 了 | 愛範兒 | 數碼講 - fanpiece

おあちこちのニュースなどから情報を集めると、掌閲科技は、元々、スマートフォン電子書籍ビューワアプリ「iReader」で成長したソフトハウスだそうで、そこが電子書籍専用の端末を発売し、それが人気を呼んでいるらしい。

「iReader Plus」のスペックを拾ってみると、「10大文化創造商品」は大げさではあるが、悪くない商品には見えるな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「Chuwi Hi12」を電子書籍リーダーとして使ってみる [電子書籍]

12インチ画面のAndroid/Windowsタブレット「Chuwi Hi12」のAndroid OSを立ち上げて、Kidnleアプリや、楽天Koboアプリ、PDFリーダー、Perfect Viewerなどインストールして、電子書籍を表示させてみた。

今のところ、アプリのインストールで問題は起きていない。

Screenshot_2016-12-19-08-41-04.png

こちらは、楽天Kobo Readerで、カラーのA4ムック本を表示させたとき。細部も読めていいな。

Screenshot_2016-12-18-09-12-51.png

同じく、楽天Kobo Readerで、マンガを見開きで見てみたが、余裕で文字も読める。デフォルトで見開きでも、ちょうどいい感じだ。

Screenshot_2016-12-18-09-49-00.png

PDFのA4規格書はこのように表示される。これなら、1ページ全体を表示させながら、十分文字が読める。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

結局第5世代「Fire HD 8」を購入 [電子書籍]

IMG_20161017_211014.jpg

【山口真弘の電子書籍タッチアンドトライ】Amazon「Fire HD 8」 ~Fire史上最薄の7.7mmの筐体を持つ8型タブレット - PC Watch

少し前に、先日発売された第6世代「Fire HD 8」を購入しようかと、検討していることを書いたが、結果的には、2015年9月に発売された一世代前の第5世代「Fire HD 8」を購入した。

IMG_20161017_211143.jpg

じゃんぱらに、新品同様の状態のいい中古があり、価格も8GBモデルが8,680円と安かった。

この値段は、第6世代「Fire HD 8」の新品を買うより安いし、第5世代「Fire HD 8」は、発売当初は19,980円した製品なので、半額以下に下がっているのも魅力。

第6世代「Fire HD 8」は、内蔵ストレージが8GBから16GBに増えているので、単純に価格を比較するのは不公平ではあるが、第5世代「Fire HD 8」のFire OSでは、最大200GBのmicroSDXCカードが使え、カードに電子書籍を保存できるようになったため、内蔵ストレージの容量はあまり重要ではなくなった。

それより、以前にも書いたが、第6世代「Fire HD 8」は、第5世代「Fire HD 8」の改良版とは言えず、筐体の薄さや重量、無線LANなど、むしろ改悪の部分も多いことが気になった。
逆に、第6世代「Fire HD 8」のFire OSは、第5世代「Fire HD 8」にも適用されており、使い方の上で、全く劣るところはない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 電子書籍 ブログトップ