So-net無料ブログ作成
検索選択

タブレット端末 ブログトップ
前の5件 | -

電子書籍リーダー用のAndroidタブレットの買い替え [タブレット端末]

43dcae33-d8285.jpg

Huawei - MediaPad X1 7.0 - タブレット - 機能

現在、電子書籍リーダー用のAndroidタブレットとして、「MediaPad X1」を3年近く、使い続けているが、そろそろ限界も感じつつある。

ここまで、使い続けている理由だが。

・元々バッテリーの持ちがよく、スタンバイ状態で平気で1週間は持つ(最近さすがにヘタってきて、そこまで持たないが)
・画面も7インチのWUXGA(1920×1200ドット)で、「P8max」や「Zenfone 3 Ultra」の6.8インチでフルHD(1920×1200ドット)のタイプのタブレットに比べて、電子書籍のアスペクト比に近く、実質上紙面が大きく表示される
・画面が狭額縁で、横幅が105mmしかなく、片手で持てる。さらに、サイドに音量ボタンがあり、大抵の電子書籍アプリはこれでページ捲りできるため、電車の中で立ちながら、片手で電子書籍が読める
・処理速度は今となっては速くはないが、電子書籍を読むには支障ない性能を持っている
・OSが、当初はAndroid 4.2で、そのせいで一時買い替えも検討したのだが、Android 5.1.1βがリリースされ、各種アプリもしばらく使えそうな目処が立った

使っていて感じる問題点というと、

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アップルが新型iPad Proを発表 [タブレット端末]

thumb_400_01_px400.jpg

Apple,リフレッシュレート120Hz対応の新型iPad Proを発表。液晶パネルサイズ9.7インチに代わる10.5インチと,12.9インチの2モデルで展開 - 4Gamer.net

大画面化した「新iPad Pro」は買いなのか?  - 日経トレンディネット

アップルが新型iPad Proを発表した。

アップルは、とうとうやることがなくなったのか?:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

iPadは、3月にも新製品を出しているが、値下げ以外は目立った新しさはないアップルらしくない新製品だった。
そこから、3か月で、更なる新製品発表となり、その発表内容を見ると、3月の新製品はあくまで「つなぎ」だったと見るべきかもしれない。

新型iPad Proは、12.9インチ版はそのままに、9.7インチ版に代わって10.5インチ版が新登場した。
しかも、10.5インチ版の筐体のサイズは、9.7インチ版から横幅が4.6mm、高さが10.6mmわずかに大きくなっているだけであり、従来モデルに比べ、画面の左右の縁は狭額縁となった。
iPadのディスプレイは、基本4:3で画面サイズの割に幅が大きくい、しかも、狭額縁化の技術が遅れていて、画面サイズに対して横幅が大きく、手に持ちにくい弱点を抱えていたが、ようやくそれを改善しようという気になったらしい。
今回は、液晶の縁の幅を約40パーセント狭くしたそうだ。

ただし、今回の狭額縁化は、10.5インチ版のみで、12.9インチ版は従来モデルと同じ。3月の新製品も9.7インチ版だけだったが、おそらくアップルとして一番の売れ筋が9.7インチ版なので、ここには力が入れられるが、それ以外のモデルは、毎回、型から起こしたような新モデルを開発できるだけの開発人員は持っていないのだろう。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Windowsタブレット「STYLISTIC Q702/G」を購入 [タブレット端末]

ラジオ録音サーバー用のマシンを探していたが、ヤフオクで「STYLISTIC Q702/G」という富士通のWindowsタブレットが、1.5万円(送料別)で落札できた。
もちろん、背面にはかなり傷もある、かなり使い込まれた中古みたいだが、この値段なら文句ない。
常時AC接続で使うので、バッテリーの消耗は気にしないし、画面表示さえ支障がなければ、私には十分だ。

p11.jpg

富士通 タブレット STYLISTIC Q702/G 製品詳細 -FMWORLD(法人):富士通

「STYLISTIC Q702/G」は法人向けタブレット端末で、OSは、Windows 8.1 Pro (64bit)のはずだが、落札した端末は、既にWindows 10にアップグレード済とのこと。むしろ、ありがたい。

・CPUは、インテル Core i5-3427U(1.80GHz)で、RAMが4GB(増設不可)、SSDは64GB
これなら、Radikool+どがらじ+iTunesを、支障なく動かせるだろう。

・ディスプレイは、11.6型、1366×768ドット、マルチタッチ静電パネルで、電磁誘導方式デジタイザにも対応
解像度は並みだが、番組表を表示し、タッチ操作したいだけなので、これで十分。デジタイザペンは、中古なので付属していないようだ。

・サイズは、302×195×12.7mmで、重さが約850g
11.6型ディスプレイなので、850gはそんなに重い方ではない。サイズは、リビングに置くにはちょっと目立って邪魔かも。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

AmazonがFireタブレットシリーズの新モデルを発売 [タブレット端末]

amazon.png

アマゾンの新5000円タブレット 本、動画、サブ機に最適 - 日経トレンディネット

Amazon.co.jp、4,980円からで購入できる7型/8型タブレット「Fire 7/Fire HD 8」 ~動画のダウンロード持ち出しに対応 - PC Watch

Amazonが、日本で、Fireタブレットシリーズの新モデルとして、7型の「Amazon Fire 7」と8型の「Amazon Fire HD 8」を発表した。6月7日より出荷する

価格は、Fire 7が税込8,980円(8GBモデル)から、Fire HD 8は、税込11,980円(16GBモデル)から。
「Amazonプライム」の会員だと、クーポンを利用して、さらに4000円引きで購入でき、Fire 7は税込4980円~、Fire HD 8は税込7,980円~で購入できる。

 「Amazonプライム」は年額3900円(税込)の会員制サービスで、会員になると動画が見放題のプライム・ビデオ、音楽が聴き放題のPrime Musicなどのサービスを利用できるというものだが、これに加入していなければ、このタブレットを買う意味はほとんどないだろう。
逆に、加入していれば、安く買えるし、買っても損はない。
 
Fire 7は前機種「Fire」の後継モデルで、7型ディスプレー(1024×600ピクセル)を搭載する。ディスプレーを構成しているピクセルの形がほぼ正方形になり、従来モデルより画像や文字が見やすくなったのが特徴。

そのほか最大バッテリー駆動時間が7時間から8時間に伸びた。2.4GHzのみ対応だった無線LAN機能は2.4GHzと5GHzの両対応になり、電波干渉による速度低下が起こりやすい2.4GHz帯の無線LANを避けて、5GHz帯でコンテンツのダウンロードができる。対応microSDカードの最大容量は200GBから256GBに増えた。

ストレージ容量が8GBのモデルと16GBのモデルがあり、価格は8GBモデルで8980円、16GBモデルが1万980円。前述の通り、Amazonプライムの会員はクーポンの利用で4000円引きで購入できる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ラジオ録音サーバ用タブレットでトラブル [タブレット端末]

Windowsタブレット「Iconia Tab 8 W」を、ネットラジオの録音&サーバ専用機として、「Radikool」というradiko予約録音ソフトをインストールし、支障なく使ってきたのだが、2017年4月以降、タイムフリーが録音できるソフト「どがらじ」を追加でインストールしたところ、1週間持たず、メモリ不足が原因と思われるエラーが発生し、予約録音に失敗することがしばしば起きるようになった。

「Iconia Tab 8 W」は、1GBのRAMという、元々Windows 10を動作させるには最低限の容量しか搭載しておらず、その上で2つの録画ソフトに、仮想デスクトップソフトや、DLNAサーバを常駐させており、メモリ環境は厳しい気もしていたが、やっぱり無理だったか。

暫定措置として、「Iconia Tab 8 W」の自動再起動の設定を、1週間に一度から、現状予約録音を入れていない毎日の朝7時に変更し、エラーが起きにくいようにした。

ただ、今後のことを考えると、「Iconia Tab 8 W」をもう少しリソースに余裕があるマシンに変更した方がよさそうだ。

「Radikool」「どがらじ」を動作させるだけなら、RAMが2GBあれば十分だろう。AtomベースのWindowsタブレットであれば、1万円も出せば買える。だが、どうせマシンを買えるなら、もう少し先を見据えたい。

というのも、現在ラジオの録音ファイルを聞くのには、コンパクトスマホ「POSH Microx S240」を使用しているが、いくつかの不満もあり、後継機種を考える中で、「第6世代iPod touch」の購入を考えている。

iPod touchにラジオの録音ファイルを同期してコピーするには、ラジオ録音用のマシンで、iTunesが動く必要があり、正直、iTunesは動作が重いソフトなので、Atom CPUでは、ラジオの録音との並行動作は厳しいと考えている。

そこで、欲しいマシンのスペックは次の通り。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - タブレット端末 ブログトップ