So-net無料ブログ作成
検索選択

スマートフォン ブログトップ
前の5件 | -

「YotaPhone 2」にAndroid 6.0.1(Marshmallow)が公式リリース [スマートフォン]

img_02_en.png

「YotaPhone 2」をカスタマイズして使い始める:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

サブのスマホとして、Wi-Fiのみで使用している「YotaPhone 2」だが、

LTE Band 1が使える「YotaPhone 2 (YD206)」のOSアップデート方法と、アップデート後に再度Band 1に対応させる方法: ガジェットレビュー

購入直後、こちらの手順に従って、OSを、日本国内向けのLTE Band 1に対応したAndroid 5.0(Lollipop)にアップデートしたのだが、その時点で、Android 6.0(Marshmallow)はベータリリースの段階だったため、Android 5.0のまま使っていた。

blog of mobile ? Blog Archive ? YotaPhone 2にAndroid 6.0 Marshmallowへのバージョンアップを提供開始

[OFFICIAL] Android Marshmallow 6.0.1 - Yotap… | YotaPhone

ところが、その後、2017年3月29日に、YotaPhone2(YD201)用にAndroid 6.0.1 (Marshmallow) が公式リリースされたようだ。
早速インストールしたいと思い、手順を調べてみたものの、簡単ではないことが分かってきた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コンパクトスマホ「Melrose S9」について補足 [スマートフォン]

s9.jpg

コンパクトスマホ「Melrose S9」:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

主にラジオを聴く用のポータブルオーディオとして使用しているコンパクトスマホ「Melrose S9」について、改めていくつか補足したいことがある。

まず、以前のレビューで、常にイヤホンからブブブブというノイズが出続ける、ということを書いたが、これは、イヤホンジャックを根元まで強く押しこむと、消えることが分かった。
ジャックが少しでもゆるむと、またその音が出てしまうし、イヤホンによっては押し込んでもブブブ音が消えないこともあるのだが。

そして、ブブブブというノイズが出ない状態だと、ノイズレベルは下がり、音もサーッというホワイトノイズに近いノイズに変わる。
スマホを操作すると、ノイズの音が変わるので、デジタルノイズがアンプに影響を与えてノイズが出ているのは間違いない。

ただ、音質的には、割とまともなヘッドホンアンプを使用しているらしく、超低音、超高音は出ないものの、ベースなどの低音はゴリゴリ出るし、ハイハットの音に多少強調感はあるものの、ポップスなどを聴くにはバランスは悪くない。
POSH Micro X S240や、SOYES Mini6などに比べて、かなりまともな音質で、一応音楽が聴けるレベルなので、出張中などで聴くラジオがなくなった時に、Amazon Prime Musicなどで音楽を聴くのにも利用している。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コンパクトスマホSOYES「Mini6」の感想(2) [スマートフォン]

FMラジオを内蔵するが、イヤホンケーブルをアンテナにするタイプ。
FMラジオアプリを起動すると、日本の周波数帯域には対応しておらず、J-WAVEやTOKYO FMは聞けないのは、そもそも日本語ロケールに対応していないのだから、仕方ないところ。
その代わり、TBSラジオなどのワイドFMは受信可能だ。

ただ、普段使っているイヤホンを繋いでみたが、感度が非常に悪く、湘南エリアでは、TBSラジオ、ニッポン放送、文化放送共に、ほとんど入感しない。

IMG_20170806_181712.jpg

ここで、せっかくなので、付属のiPhone風イヤホンを本体に繋いでみたのだが、これだと、何故かイヤホンを認識せず、FMラジオが受信できない。
それどころか、Mapple JBやradiko録音サーバーで、ラジオや音楽を再生してみても、イヤホンから音が出ず、内蔵スピーカーから音が出てしまう。
そこで、他の機器にMini6付属のイヤホンを挿してみたところ、やっぱりイヤホンとして認識しないし、音が出ない。

どうやら、この付属イヤホン、不良品みたいだ。製品についていた「合格証」のラベル、何の意味があったのかね?

IMG_20170806_183158.jpg

ふと、イヤホンを眺めていたら、右耳側のケーブルにボリュームボタンが付いているのだが、これを押してみるとマイナス側はクリック感があるもののプラス側はクリック感がなく不良っぽい。
そもそも、このボリュームボタンの位置、イヤホンを装着すると、操作しにくい中途半端な位置にある上に、こうした安物イヤホンで、二股に分かれた片方のケーブルの途中にボリュームボタンがあること自体が設計上あり得ない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コンパクトスマホSOYES「Mini6」の感想(1) [スマートフォン]

コンパクトスマホSOYES「Mini6」の電源ボタンを長押しすると、システムが立ち上がるが、

IMG_20170807_223550.jpg

Google標準のアプリ以外は、ほとんど何もインストールされていない状態で立ち上がる。
中華端末の場合、よく分からない中国語アプリが多数インストールされているケースも多いが、それがないのは好印象。ただ、トップ画面に時刻表示のウィジェット以外に、アイコンが何も表示されない製品というのも珍しい。

IMG_20170807_224222.jpg

ランチャーメニューは独自のもので、一画面に3x4個のアイコンを配置できる。画面サイズ考えれば妥当なところ。

ところが、ここで早速戸惑い。

iPhoneにデザインを合わせて画面下に丸いホームボタンがあるのはいいのだが、Androidなら当然あるべき、メニューボタンや、戻るボタンがない。
しかも、恐ろしいことに、独立したボタンがないにもかかわらず、画面内にもメニューボタンや、戻るボタンが表示されないので、どうやって戻る操作をしたらしいのか分からない。
Maple JBアプリみたいに、独自でホーム、戻る、メニューアイコンを表示してくれるアプリもあり、そうしたアプリだと「戻る」操作もできるのだが、そんなアプリはごく少数。ほとんどのアプリは、「戻る」操作ができない。
Androidにはあるまじき実装だ。

さて、この端末、日本語ロケールは使えないので、とりあえずデフォルトの英語設定のままで使う。
まずは、Wi-Fi接続をセットアップし、Googleアカウントを設定すると、Google Playが使えるようになった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コンパクトスマホSOYES「Mini6」が届いた [スマートフォン]

中国のノーブランド携帯電話、山寨機はいま - 日経トレンディネット

こちらの記事で紹介されていた中国のコンパクトスマホSOYES「Mini6」が、ポータブルオーディオ代わりに使えないかと思い、早速AliExpressに注文してしまったことは、

s-l300.jpg

コンパクトスマホSOYES「Mini6」なる商品を発見:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

こちらの記事に書いた。スペックの詳細についても書いたので、興味ある方はご一読を。

さて、そのSOYES「Mini6」が家に届いた。1週間ぐらいで届いたので、結構早い方だ。
価格は約52ドルで送料無料。

IMG_20170806_180553.jpg

届いた商品は、頑丈な化粧箱に入り、クッション入りの防水パッキングに入っており、最近のAliExpressは発送に関しては安心できるな。

IMG_20170806_180641.jpg

中を開けるとは言っているのは、本体、充電/通信用のmicroUSBケーブル、イヤホン、そして、合格証の紙切れのみで、マニュアルのようなものはなし。
この中で目立つのは、何と言ってもiPhone付属品そっくりなイヤホンだ。これまたiPhoneそっくりなケースに入っており、見た目は物凄く立派。
果たして音質はどこまでiPhoneに迫れるのか、楽しみだ。

本体は、今回ブラックを購入したので、本来iPhoneそっくりのデザインなのに、全くiPhone感はない。液晶保護シールは標準で貼り付けられている。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - スマートフォン ブログトップ