So-net無料ブログ作成
検索選択

スマートフォン ブログトップ
前の5件 | -

NTTドコモが2017年夏モデルを発表 [スマートフォン]

ドコモ、2017年夏モデル8機種を発表 - ケータイ Watch
NTTドコモが、先陣を切って、2017年夏モデルを発表した。

Androidスマホは、Xperia XZs SO-03J、arrows Be F-05J、Galaxy S8 SC-02J、Galaxy S8+ SC-03、Galaxy Feel、Xperia XZ Premium SO-04J、AQUOS R SH-03Jの七機種、Androidタブレットは、dtab Compact d-01一機種だ。

一時に比べれば、ずいぶん減ったとはいえ、相変わらず、NTTドコモのラインナップは幅広いな。

今回の新製品の共通の特長としては、

ドコモで下り最大788MbpsのLTE、2017年8月~ - ケータイ Watch

まず、LTE Advanced方式で、下り最大682Mbpsまでだったのが、下り最大788MbpsのLTEまで速度向上する。
今回は、帯域を増やすとかMIMOとかではなく、伝送パラメータや、制御信号の挿入量などをチューニングして、実現するそうだ。
「Xperia XZ Premium」「Galaxy S8+」「AQUOS R」が対応し、2017年8月以降に提供予定のソフト更新で対応するらしい。

「そのスマホを使う間はずっと1500円引き」、ドコモが新しい割引 - ケータイ Watch

月々サポートという、スマホを購入する際、スマホ端末の割賦を軽減する割引サービスがあり、これは、通常2年で割賦が終了すると同時に、割引も終了していた。
新たな割引サービス「docomo with」は、購入した機種を使い続ける間は、毎月の支払い分からずっと1,500円が割り引きする制度だ。
2017年夏モデルのうち、「arrows Be F-05J」「Galaxy Feel SC-04J」に適用されるそうだが、ミッドレンジ以下の端末に適用されるのかもしれない。
一つの端末を長く使い続ける人には、これはかなりお得なサービスになりそうだ。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コンパクトスマホ「Polaroid pigu」を使ってみて [スマートフォン]

pigu004_480x-f7d9d.jpg

コンパクトスマホ「Polaroid pigu」を購入:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

「POSH Micro X S240」の代わりに、コンパクトスマホ「Polaroid pigu」を、ラジオの録音を聞くために、試しに使ってみた。

タッチパネルの感度や、操作に対するレスポンスは、ポータブルオーディオとして使っている分には、特に問題ない。
ところが、タッチパネルが敏感すぎるきらいがあり、ネックストラップからぶら下げてラジオを聞いていて、揺れて画面がタッチされたかのような挙動が起きることが、頻繁に起きる。「POSH Micro X S240」でも、同じような現象は起きていたが、「Polaroid pigu」はさらに酷い気がする。これが感圧式ならわかるが、静電式にしては、こうした誤動作が多すぎると思う。

バッテリーの持ちも、「POSH Micro X S240」が650mAhなのに対し、1400mAhと倍以上あるのに、実際の動作時間はほとんど変わらない。朝から聴き続けると、昼過ぎにはバッテリーが切れてしまう感じだ。
中古だからかもしれないので、本来の性能ではないのかもしれないが。

肝心のアプリの動作については、radikoアプリは問題なく動き、タイムフリーも聴ける。全く不満はない。

ラジオクラウドアプリも、動作には問題なし。「POSH Micro X S240」では解像度が低いせいで表示できなかった前後のスキップボタンも表示され、動作する。
ただ、ラジオクラウドをダウンロードしてオフラインで聴くには、実用上問題がある。
「Polaroid pigu」は、初期状態で、内蔵ストレージの残容量は2.5GB程度しかないのだが、ラジオクラウドアプリは、コンテンツのダウンロード先が内蔵ストレージ固定なので、十数個のコンテンツをダウンロードしたところで、残容量がゼロになってしまう。
こまめに聴いたコンテンツは削除しないといけない。

また、ダウンロードしたコンテンツが、パソコンとUSB接続してパソコンにコピーできないかと思って試したのだが、メディアデバイスとして接続しても、マスストレージとして接続しても、ダウンロードしたコンテンツは見えない。
アプリの造りだから仕方ないのだが、アプリの専用ストレージエリアにダウンロードするため、クラウドアプリ以外からはアクセスが不可なのだ。
ラジオクラウドを活用するには、スペック不足と言わざるを得ない。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

iPhone SEをようやく使い始める [スマートフォン]

iphonese-rosegold-select-2016.jpg

iPhone SE - Apple(日本)

iPhone SEのアクティベーション完了後、iPhone 5のバックアップ環境でリカバリしようと、WindowパソコンのiTunesに接続したら、iPhone 5を既にiOS10にアップグレードしてあったのに対し、iPhone SEはiOS 9のままだったこともあり、バージョンが古いためリカバリできなかった。

仕方ないので、まずはiPhone SEのセットアップをまず単独で完了し、iOS10にアップグレードてから、改めてiPhone 5のバックアップ環境でリカバリを掛けることにした。

iPhone SEのセットアップで、iPhone 5にはない目新しいは、指紋センサーTouch IDの設定が加わったこと。

これが結構手間と時間がかかるのだが、それだけに設定完了後の指紋認識は、とても速くて確実。
先日まで使っていたArrows Z FJL22も指紋認証機能があったのだが、いろんな指で何度も試してようやく認識することも多く、それとは段違いの認識精度だ。
このTouch IDでも、iPhone 6sより1世代古いタイプのままだそうで、iPhone 6sに比べ認識速度は遅いらしいのだが、タッチするだけでほぼ一発で認識するので、十分速い。FJL22の指紋認証機能は、あまり積極的に使いたくないシロモノだったが、iPhone SEの指紋認証機能は全くストレスなく使えそうだな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「POSH X S240」の後継機種はiPod touchもありか? [スマートフォン]

ポータブルオーディオプレーヤーとして、radikoの録音などを中心に聴くため、コンパクトスマホ「POSH X S240」を使っていて、とても重宝しているのだが、明確な気になる弱点もあり、せめて、radikoタイムフリーと、ラジオクラウドアプリがまともに使えるコンパクトなスマホがないが探しているのだが、最近のスマホは、コンパクトと言っても画面サイズは4インチ台で、重さも100gをはるかに超えており、なかなか希望するスマホが見つからず、ずっと探していたのだが。

rfb-ipod-touch-blue-2015.jpg

iPod touch - Wikipedia

そんな中、ふと立ち返ってスペックを見てみたら、案外iPod touchが悪くない気がしてきた。

iPod touchも、第4世代までは100gを超えていたのだが、第5世代、第6世代だと、123.4mm(縦)×58.6mm(横)×6.1mm(厚)とややサイズはあるものの、重さは88gと、なかなか最近のAndroidスマホではない軽さだ。

iPhoneでは現在最軽量のiPhone SEでも、123.8mm×58.6mm×7.6mmで113gあり、iPod touchの方が薄くて軽い。

ストレージ容量についても、microSDカードが使えない弱みはあるものの、第6世代だと128GBモデルもあり、私のようにラジオの録音を聴く専用に使うのであれば、16GBでも十分。

アプリについても、第6世代だとiOS10に対応し、第5世代でもiOS9までは対応しているので、このあたりの世代であれば、私が使いたいradikoタイムフリーや、ラジオクラウド、Dropbox、Amazon Music、i-dioなどのアプリも全く問題なく使える。

弱点というか、面倒なところとしては、「POSH X S240」のように「ベタにファイルを転送してそれを聴く」ようなことができず、聴きたいファイルは、まずiTunesにインポートして、iTunesを介して、iPod touchに同期を取って転送する必要があることだ。
これも、面倒な点があるだけで、使い物にならないという話ではない。

iPod touchも第6世代であれば、最新のiOS10がサポートされており、しばらくは最新OSが使えるはずなので、その上で動くアプリも使い続けることができるだろう。この点は、ほとんどOSのバージョンアップをしてくれないAndroidスマホとは大きく違うメリットだ。

価格も、中古なら、64GBモデルで2万円前後で買え、16GBだと1.5万円を切るから、iPhoneに比べれば安い。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

LTE対応超小型スマホ「Jelly」がKickstarterに登場 [スマートフォン]

Jelly-Kickstarter-2.png

2.45インチでLTE対応のスマホ「Jelly」、Kickstarterに登場、価格59ドルから

LTE対応超小型スマホ「Jelly」が、クラウドファンディングのKickstarterに登場し、あっという間に予定資金を集め、製品化が具体化するようだ。

コンパクトスマホ「Micro X S240」を購入:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

2.45インチ画面や、丸みを帯びたデザインを一目見て、現在使用中のコンパクトスマホ「POSH micro X S240」を連想させるが、クラウドファンディングの企画自体は、POSHではない別の会社。


ただ、実際、広告動画の起動画面を見ると、開発自体にはPOSHが絡んでいるのは間違いなさそうだ。

Jelly, The Smallest 4G Smartphone by Unihertz ? Kickstarter

詳細スペックを確認してみると、RAM1GB/8GBの「Jelly」とRAM2GB/16GBの「Jelly Pro」の2機種が用意されていて、いずれも約89×47×11.6mmで、約52gだった「Micro X S240」に対し、 93.2x43.0x13.3mmで、約60gと、やや細長く厚くなり、重さも少し増えている。
とはいえ、製品化できれば、LTEに対応したスマホとしては、現時点で圧倒的に世界最小、最軽量であるのは間違いない。

続きを読む


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - スマートフォン ブログトップ