So-net無料ブログ作成
検索選択

スマートフォン ブログトップ
前の5件 | -

コンパクトスマホ「Posh X S240」の後継機を再度調査 [スマートフォン]

コンパクトスマホ「Posh X S240」の不満について書き、もうちょっとマシな後継機種が欲しいことをこのブログに書いたら、コメントで貴重なご意見を頂き、それに基づき、再度、代わりになる機種を探してみた。

pigu_1.jpg

コンパクトな格安スマホ「Polaroid pigu」:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

まず、私自身も一度取り上げたことがある「Polaroid pigu」を推す方がいた。

Polaroid pigu 発送直前レビュー(笑) - SIMフリー格安スマホとネットワークを紹介する グルーブスクエア

「Polaroid pigu」は、格安3Gスマホで、重さも97gで 116×60m×9.9mmと、軽量コンパクト。
ただ、「Posh X S240」と同じく、RAMを512MBしか搭載しておらず、OSもAndroid 4.4で「Posh X S240」と同じであることもあり、「Posh X S240」ではインストールはできたものの起動で落ちてしまうradikoアプリが、この機種でも動かないのではないかと懸念があり、避けていたのだが、ブログコメントで、「Polaroid pigu」でraikoアプリは動き、タイムフリーも聴けるという情報を頂き、一気に候補に昇格した。
ただ、一時は5,000円を切る値段で買えたのに、古い機種なので今はすでに市場在庫が少なく、値段も上昇気味。
中古白ロムが安くで買えるなら、買ってもいいかな。

FLEAZ POP.jpg

Android5.1(Lollipop)搭載SIMフリースマートフォン FLEAZ POP | covia

その次に気になる存在が、coviaの「FLEAZ POP」という機種だ。
LTEにも対応するスマホ現行機種としては、この機種が一番軽いらしく、約107gだ。
サイズも、124×62.5×10.2㎜もあり、やっぱり「Posh X S240」とは比べ物にならないが、それでもこれがLTE対応ではミニマムサイズみたいだ。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コンパクトスマホ「POSH X S240」で困っていること [スマートフォン]

m_41ZCx2BPDvHL-d8ea0.jpg

Posh Mobile | Micro X S240 - Posh Mobile

ポータブルオーディオプレーヤーとして、radikoの録音などを中心に聴くため、コンパクトスマホ「POSH X S240」を使っていて、パソコンにUSB接続して、録音したファイルをmicroSDカードに転送すれば外で聴くことができるため、とても重宝しているのだが、明確な気になる弱点もある。

最初から分かっていた弱点としては、

・microUSB端子の底が短く、付属ケーブル以外を使うと、端子が短すぎて通信も充電もできない。
・本体の裏蓋が固く開けにくい。ハングアップすると、できる対策はバッテリーの取り外ししかないので、そのたびに面倒だ。
・出張などで電車に乗っている時間が長いと、バッテリーが一日持たない。特に、バッテリー残量が20%が切ってから、シャットダウンするまでの時間の余裕がなく、あっという間に使えなくなる。バッテリー管理のファームウェアの出来が悪いのだろう。
・本体にストラップ穴があるのはいいが、ミニジャックとは反対側にあるので、イヤホンケーブルの取り回しが面倒。
・カメラがパンフォーカスで、解像度も低く、低照度時のノイズも多く、あまり使えない。
・画面が小さすぎて、タッチ操作が困難。

といったところ。
さらに、使い始めると、次のような弱点が目につくようになった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

購入ターゲットをiPhone SEに変更 [スマートフォン]

現在サブで使用している白ロムのiPhone 5が、iOS10にアップグレードして以降、操作レスポンスが限界に達している一方、このところ、iPhone 6が値下がりしていることもあり、今が買い時と考えて中古のiPhone 6の購入を検討していた。

61287vgOdOL._SL1024_.jpg

【スペック比較】「iPhone SE」と「iPhone6s/6/5s」をくらべてみた - iPhone Mania

ところが、iPhone SEとiPhone6がほぼ同時期の製品だったという記憶があり、スペックを比較してみたら、iPhone SEの方が半年ほど後の製品で、SoCも一世代違うし、RAMも1GBから2GBに増えていて、カメラも大幅に性能アップしているなど、思ったよりハードウェア的な違いがあることが判明。
画面解像度はiPhone 6の方が高いのだが、現状、中古市場でもiPhone 6より、iPhone SEの方が高めなのも納得だ。

とはいえ、iPhone SEでも、16GBの中古なら2万円台で買えそうなので、長く使うことを考えるなら、断然基本性能が高いiPhone SEがいい。iPhone SEのサイズが、現在使用中のiPhone 5と同じだというのも、使い慣れたサイズなので好印象であり、方針を変更。
iPhone 6ではなく、iPhone SEの中古を探すことにした。

主にヤフオクでワッチしていたら、少し前の時期にヤフオク毎日くじで4等に当選。
落札額の20%がポイント還元(上限4,000円)されるので、2万円以上の商品は4,000円引き相当だ。
その分、高めの金額が付いている商品に手を出しても、結果的に割安なので、結局、iPhone SE(16GB)を強気に21,000円で落札。
送料込みでも22,000円で購入でき、さらに4,000円分のTポイントがもらえ、ジャパンネット銀行での決済で2%のTポイント(424円分)ももらえて、なかなかいい買い物ができた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「YotaPhone 2」を買ってしまった [スマートフォン]

ロシア企業の2画面Androidスマートフォン「YotaPhone 2」 開封の儀&ファーストインプレッション | juggly.cn

blog of mobile ≫ Blog Archive ≫ ハイセンスが両面ディスプレイのスマートフォンHisense A2を公開

電子ペーパー搭載の2画面スマホということで、注目してた「YotaPhone 2」「Hisense A2」だが、「Hisense A2」が、その後もなかなか売られている店が見つからない。

画面サイズ的には、「Hisense A2」の方がいいのだが、まだ発売されていないようだし、価格も高過ぎる。
また、画面が大きいとは言っても、電子ペーパー面は、約5.17インチで960x540ピクセルと、マンガを読むにはキツいレベルなのは変わりない。

一方、「YotaPhone 2」は、OSが古く、画面も小さめだが、1万円強で買える値段は魅力だ。とは言っても、発売当初は2万円台だったので、今は値崩れしてこの値段になったのであり、だとすると、すでに在庫処分の時期に入っているのかもしれない。

00-top2.jpg

YotaPhone 2のAndroid 5.0アップデートが開始、海外では値下げも | juggly.cn

一番の懸念だった、Androoid OSのバージョンも、既にAndroid 5.0へのアップデートが可能らしい。

だとすると、買うなら今かもしれない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

電子ペーパー搭載2画面Andoridスマホ [スマートフォン]

2画面スマホMEDIAS Wの2画面はこう使うのだ - 週刊アスキー

2画面スマホというと、日本でもNECから「MEDIAS W」という機種が出たことがあるが、今一つ使い道がうまく提示されておらず、単発で終わってしまった。
しかし、最近、新しいタイプの2画面スマホが、少し盛り上がりつつあるようだ。

00-top2.jpg

ロシア企業の2画面Androidスマートフォン「YotaPhone 2」 開封の儀&ファーストインプレッション | juggly.cn

yotaphone2 YD206 レビュー 背面ペーパーディスプレイが優秀!

ロシアの端末メーカーYota Devices社は、欧州などで2016年12月に、E-Inkの電子ペーパーディスプレイを搭載したAndroidスマホ「Yota Phone 2」を発売した。1年前に「Yota Phone」が出ているが、その改良モデルとも言えるもので、E-Ink画面がタッチパネル化されたのが、一番の改良点。
現時点で、AliExpressなどで112ドルぐらいからで買えるから、値段も安い。

その値段の割に、E-Ink搭載という特徴を除いても、スペックも悪くなく、

・前面ディスプレイ:5インチSuper AMOLED(1,920×1,080ピクセル)
・背面ディスプレイ:4.7インチE-Inkディスプレイ(960×540ピクセル)
・SoC:Snapdragon 801 2.26GHz クアッドコアプロセッサ
・RAM:2GB
・ROM:32GB
・カメラ:背面800万画素、前面210万画素
・バッテリー:2,500mAh、Qi規格ワイヤレス充電可能
・通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、NFC
・サイズ/重量:69.4(W)×8.95(D)×144.9(H)mm、145g

と、スペックはミッドレンジ並み。というより、発売当初は、まさに2万円台のミッドレンジとして発売されたのだが、発売からしばらく経ち、値段が下がって1万円台で買えるようになっているらしい。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - スマートフォン ブログトップ