So-net無料ブログ作成

携帯電話 ブログトップ
前の5件 | -

楽天が日本で第4の携帯キャリアを目指すらしいが・・・ [携帯電話]

2d98e89fdf3721fffc5c9bea5ce2af06.png

楽天が日本で第4の携帯電話事業者(MNO)をめざす!新会社を設立し、1.7GHz帯および3.4GHz帯の周波数帯追加割当に申請予定と正式発表

楽天が日本で第4の携帯キャリアをめざし、1.7GHz帯および3.4GHz帯の周波数帯追加割当に申請するという。

楽天「第4の携帯キャリア」参入の勝算は? 設備用調達額はドコモの7分の1:週刊モバイル通信 石野純也  - Engadget 日本版

1.7GHz帯、3.4GHz帯とは、既にLTEとして既存キャリアが使用しているが、防衛省や放送事業者が使う無線を移行することでさらに一部の周波数帯が空き、これを携帯電話向けに追加で割り当てる予定だったものだ。

ドコモ、再編される1.7GHz/3.4GHz帯の追加割当を申請へ - ケータイ Watch

これに対し、既存事業者では、ドコモが、割り当ての申請を検討していると発表していたが、こうした周波数帯の割り当てについては、競争原理優先の原則から、事業計画さえしっかりしていれば、新規事業者が優先されるのが通例のため、本当に申請すれば、楽天モバイルに割り当てられる可能性は高いはず。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

奥さんのガラケーが壊れた [携帯電話]

000002455.jpg

CA004 - Wikipedia

正月早々の2日、朝5時半、トイレに行くため起きたら、既に起きていた奥さんが、自分の携帯電話(au CA004)が立ち上がらないという。

携帯電話の目覚まし機能で起きたので、そこまでは動いていたらしいのだが、画面が表示されず、充電してみたが、それでも出ないという。

見ると、確かに画面は消えているが、操作に対して反応があり、音も出るので、動いてはいるようだ。
バッテリーを入れ直して立ち上げ直すと、起動している様子はあり、画面に一瞬小さな光が走るため、どうやら画面だけが表示されなくなったようだ。

この携帯電話は、2011年に使い始めたので、1回バッテッリーを交換したが、7年近く使ったことになる。もう寿命だろう。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

au/Softbank 2017年冬~2018年春モデル [携帯電話]

立派な新製品発表会を開催し、新製品の数も多かったNTTドコモに対し、auとSoftbankは、発表会はなく、ニュースリリースのみの発表となった。

au、「Galaxy Note8」「Xperia XZ1」「AQUOS sense」の3モデルを発表 - ケータイ Watch

au「Galaxy Note8 SCV37」10月26日発売、進化したSペンとデュアルカメラ搭載 - ケータイ Watch

まず、auは、「Galaxy Note8」「Xperia XZ1」「AQUOS sense」の3機種のみの発表となった。

au、一括3万円台の「AQUOS sense SHV40」を11月上旬に発売 - ケータイ Watch

au、「Xperia XZ1 SOV36」を11月中旬発売~下り最大708Mbps対応 - ケータイ Watch

色分けとしては、ハイエンドの「Xperia XZ1」、久々の大画面Galaxy Noteシリーズの「Galaxy Note8」、低価格機の「AQUOS sense」ということになるのだろうか。
ただ、いずれも、グローバルモデルや、3社共通モデルであり、auのみの機種はないため、印象は薄い。

au、Android 8.0へのOSバージョンアップ対象機種を公表 - ケータイ Watch

その他は、Android 8.0へのOSバージョンアップ対象機種が発表されたぐらいで、新サービスの話題もなく、寂しい発表となった。

ソフトバンク、2017冬~2018春モデル4機種を発表 - ケータイ Watch

ソフトバンクは、新機種はAndroidスマホが、ハイエンドの「Xperia XZ1」と低価格機の「AQUOS R Compact」、Androidタブレットの「MediaPad M3 Lite s」、フィーチャーフォンの「DIGNOケータイ 2」の合計4機種。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

auがMVNO対抗の「ピタットプラン」を発表 [携帯電話]

au、MVNO対抗を明確に打ち出した「au ピタットプラン」発表会 - ケータイ Watch

auが5段階定額の新プラン「au ピタットプラン」、最安で月額1980円~ - ケータイ Watch

auが、低価格なMVNOに対抗して、5段階定額の新プラン「au ピタットプラン」を発表した。

「au ピタットプラン」は、パケット使用量に応じて、5段階の定額を支払う料金プランとなっていて、最終的に、20GBを超えると通信速度が制限される料金体系となっている。
その一方で、端末の割賦期間中の「毎月割」は適用されない。

「au ピタットプラン」には、音声通話プランのタイプに合わせて「au ピタットプラン(スーパーカケホ)」「au ピタットプラン(カケホ)」「au ピタットプラン(シンプル)」の3種類が用意され、従来のプラン同様、「誰でも割」「auスマートバリュー」に加入するとさらに割引になる。

さらに、12月31日までに端末の購入を伴う新規・機種変更で「au ピタットプラン」に加入すると、「ビッグニュースキャンペーン」により、12カ月間は毎月1,000円が割り引かれるキャンペーンが実施される。

au01_s.png

3種類の中では、無料通話が含まれない「au ピタットプラン(シンプル)」が、月額料金が一番安く、「誰でも割」「auスマートバリュー」「ビッグニュースキャンペーン」の3つを適用すると、月額1,980円(~1GB)~4,980円(5~20GB)となる。

MVNOにも対抗できる安さにも見えるが、「ビッグニュースキャンペーン」の有効期限は1年なので、2年目からは月額2,980円(~1GB)となるため、さほど安いとは思わない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ソフトバンク系格安SIM」が出てきたけれど [携帯電話]

01_px400.jpg

日本通信(b-mobile)から、ソフトバンクモバイルのネットワークを使った格安SIMサービス「開幕SIM」が提供開始されているが、そもそもソフトバンクのソマホは、基本、SIMロックを解除しさえすれば、NTTドコモ系のMVNO SIMサービスが使えるはずで、「開幕SIM」がそれらに比べて、お得なのかどうかが気になっていたのだが、日経トレンディネットに、それに関する記事が掲載されていた。

「ソフトバンク系格安SIM」はお得か? iPhoneで試算 - 日経トレンディネット

「開幕SIM」は、日本通信(b-mobile)から提供されているが、日本通信と提携関係にあるU-NEXTも、「U-mobile S」のブランド名で同じ内容の格安SIMを提供しているそうだ。

また、現時点ではデータ通信SIMのみが用意されており、通信容量は月1GBまで(月額料金880円)から月30GBまで(同4980円)の4種類から選択できる。

上の記事では、「開幕SIM」とNTTドコモ系のMVNOサービスを代表して「楽天モバイル」とを、料金面で比較している。

結果を見る限り、新規契約手数料(それぞれ3000円、3394円)を含み、18か月(1年半)使い続ける場合で見ると、月1GB、月3GB、月7GBのプランでは、楽天モバイルの方が圧倒的に安く、勝負にならない。

ただし、月30GBまでのプランについては、「開幕SIM」がお得になるというが、まあ少数派だろうな。

もっとも、これは日本通信のせいではなく、そもそも、ソフトバンクのMVNO事業者への接続料が、NTTドコモに比べて高すぎるのだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 携帯電話 ブログトップ