So-net無料ブログ作成
検索選択

ホームネットワーク ブログトップ
前の5件 | -

今、無線LANルータを買うなら・・・ [ホームネットワーク]

我が家でも、家族全員のスマホの契約を、徐々にauからMVNO事業者に変更しようと考えている。
最終的に、auスマートバリューに加入するスマホがなくなれば、auひかりから借りているホームゲートウェイのWi-Fi機能が無料で使えなくなる。
ただ、このWi-Fi機能がIEEE802.11b/a/g/n対応で、もはや規格的に古いため、税別月額500円を払って使うのも馬鹿らしい。

となると、このWi-Fi機能を解約して、自分で最新の11ac規格対応の高速無線LANルータを購入して、宅内の端末からそれにアクセスする方がいいだろう。

そこで、最新の無線LANルータ事情を調べてみた。

「スマホのWi-Fi速度」を上げる無線LANルーターの機能は? - 日経トレンディネット

最新の、無線LANルータは、11ac対応であっても、SISO (単入力、単出力)から、MIMO(多入力、多出力)に移行ており、さらには、無線LAN版スイッチングハブとも言えるMU-MIMOへと進化しており、同じ帯域で更なる高速化が進んでいる。
このMU-MIMOを実現するのが、ビームフォーミングという技術で、ビームフォーミングをサポートする無線ルータと端末の間で、通信する端末に向けて電波を強めることができ、さらに速度を向上することができるという。

これらの技術の採用により、最近は、論理速度が1Gbpsを超える速度の無線LANルータも、普通に登場してきていている。

実効速度はそこまでは出ないにしても、現在、ホームゲートウェイに繋がっている端末は30台以上、うち、無線LANで接続している端末だけでも、14台と物凄い数になりつつある我が家には、実効スループットが少しでも向上するのは有難いことだ。

ただ、ビームフォーミングという技術、無線ルータに接続する端末側でもサポートされている必要があり、実際に速度向上の効果が得られる端末は、iPhone 7や6sなど最新のiPhoneや一部のAndroidスマホに限られてしまう。

iPhoneでWi-Fiを使うなら ビームフォーミング&ビームフォーミングEX | BUFFALO バッファロー

WN-AX2033GR | 無線LANルーター | IODATA アイ・オー・データ機器

ただ、バッファローだと「ビームフォーミングEX」、アイオーデータだと「ビームフォーミングW」という、端末側がビームフォーミングに対応していなくても、無線ルータ側で端末位置を推定して、電波強度を最適化できる機能を備えた無線ルータも出てきており、こうしたルータを購入すれば、ビームフォーミングに対応しない端末でも、速度向上が得られるそうだ(この機能、NECにはないみたい)。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

SynologyのNAS「DS115j」を購入 [ホームネットワーク]

DSC_0891.jpg

DS115j - 製品 - Synology - ネットワーク接続ストレージ (NAS)

Synology DS115jレビュー!NASの選び方やバッファローLinkStationとの使用感比較など | ハイレゾスタイル

以前にもご紹介したことがあるSynology DS115jというNASキットを購入した。

DSC_0892.jpg

3.5インチSATA HDDが1ドライブ構成のエントリークラスのNASで、新品だと税込み1.5万円ぐらいするが、オークションで送料込み1万円以下で購入できた。

DSM 5.2 - クラウドと生産性 - Synology - ネットワーク接続ストレージ (NAS)

この製品の最大の特徴は、Cloud Syncという機能で、現時点でも、Amazon Cloud Drive、Amazon S3 Storage、Dropbox、Google ドライブ、Google Cloud Storage、Google Drive、Microsoft OneDrive、OpenStack Swift、Baidu Cloud、Box、hubiC、Megafon Disk、Yandex Disk、WebDAV serversといった多数のパブリッククラウドサービスと、NAS上のファイルの同期を取ることができること。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

Huawei「honor cube」は面白そうに見えるが [ホームネットワーク]

cube_s03.jpg

Huawei - honor cube - Broadband Device - 機能

ファーウェイから「honor cube」という変わり種のNASが発売されたことは、ニュースで知っていたが、すでにNASを2台運用している我が家では、今買う予定はないため、特に興味が湧かず、スルーしていた。

イオシスの協賛セールでiPad Airが2万9800円! ZenFoneなどの再生品も安い [8ページ目] - 日経トレンディネット

最近、この製品が、売れなくて在庫処分なのか、秋葉原で、HDDなしのNASキット「WS860s-h20/w」が5,980円、1TBの2.5インチHDD内蔵のNASタイプ「WS860s-h10/w」が、9,980円で売られているのを知り、どちらもあまりに安いので、この製品について改めて調べてみた。

【井上繁樹の最新通信機器事情】ファーウェイ「honor cube」 ~HDD内蔵でNAS機能とHDMI出力搭載の11ac対応無線LANルーター - PC Watch

【清水理史の「イニシャルB」】 ルーターは「ホームサーバー」の夢を見るか? Huawei「honor cube」 - INTERNET Watch

この製品は、基本的には2.5インチHDDを1台搭載できるNASで、HDDに格納した動画、音楽、写真ファイルを、ウィンドウズ共有やDLNAクライアントからアクセスできる。

それに加え、WANが1端子、LANが2端子、IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応の無線LANを備え、ホームルーターとしても使うことができる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モバイルバッテリーとしても利用できるUPS [ホームネットワーク]

BGE50ML-JP.jpg

ASCII.jp:世界初、モバイルバッテリーとしても使えるネットワーク機器向けUPS

UPS(無停電電源装置)最大手のシュナイダーエレクトリック(旧APCジャパン)から、なかなか面白い家庭用UPS「BGE50ML-JP」が発売された。

UPSというと業務向けの武骨なデザインのものが多いが、こちらの製品は、ホワイトで縦置きのスマートなデザイン。一見、ゲーム機のWiiかと見間違うようなデザインだ。

充電池はリチウムイオン電池を採用し、最大出力84VA/50W。

【やじうまミニレビュー】停電や雷から保護するルーター/モデム専用UPS ~モバイルバッテリにもなり、低電力マシンならPCでも使える!? - PC Watch

電源容量が中途半端だなと思ったら、ルーター/モデム専用とのこと。
もちろん、同時に、NASやパソコンを自動シャットダウンさせるための時間稼ぎの機能は、果たせるだろう。

本体に2つの回転機能付きAC出力コンセントを備え、10Wで2.5時間、50Wで33分のバックアップ電源として動作する。
その一方で、バッテリーが本体から取り外せ、3つのUSB充電ポートでスマホなどの充電をすることができる。また、片方のUSB端子は、2.4Aの急速充電にも対応する。

バッテリーも含み、メーカー保証が3年付くのも安心。

続きを読む


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

PCなしで複数のクラウド同期が可能なNAS [ホームネットワーク]

写真と動画専用だが、無料で容量無制限のクラウドストレージサービス「Google Photos」が登場したことで、これに自動的に同期をとってくれるNASはないものかとググってみたが、当然、まだない。
ただ、そうした考えに近いNASを発見し、ちょっと欲しくなってしまった。

パソコン不要でDropboxやOneDriveと同期できる家庭向けNAS「DS415play」 - ケータイ Watch

クラウドと同期を取る機能があるNASは、我が家にもあるが、例えばIODATAのNASは、対応サービスはDropboxのみだったと思う。
それに対し、こちらのレビューで取り上げられているSynologyのDS415playは、Google Drive、OneDrive、Dropbox、Box、hubiC、Baidu Cloudの6種類のクラウドストレージと同期が可能になっており、これほど対応サービスが多いNASは初めて見た。

ちなみに、それぞれの無料アカウントでの最大容量を足してみると、Google Drive(15GB)+OneDrive(15GB)+Dropbox(2GB)+Box(10GB)+hubiC(25GB)+Baidu Cloud(5GB)=72GBとなる。

うーん、これではTBが当たり前のNASに比べ物にならず、何をクラウドにアップロードするかを常に意識して選択していたら、その手間は大変になってしまう。

2TBが無料で使えるオンラインストレージ、「百度云」をやってみた : せうの日記

ただし、Baidu Cloud(百度云)という中国のクライドストレージは、スマホ専用アプリをインストールし、SMS認証を行えば、無料で2TBが使えるようになるという。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - ホームネットワーク ブログトップ