So-net無料ブログ作成

テレビでスライドショーを見る究極の手軽な方法 [AV機器]

前回、AndroidTV端末を使い、テレビでGoogleフォトのスライドショーを見る方法について説明したが、いろいろと検索しているうちに、もっと画期的な方法を知ったので、それをご紹介したい。

それは、Google Homeに音声で命令するだけで、テレビでスライドショーを表示できる方法だ。

Google HomeでGoogleフォトの写真をテレビで表示する操作方法

AndroidTV端末には、Chromecast同等のGoogleCast機能があり、スマホのアプリ画面をキャストしてテレビに表示したり、Google Homeへの音声命令で、テレビにYouTube動画を再生したりできるのだが、このGoogleCast機能、動画だけでなく、音楽や写真のキャストもできる。

我が家のAndroidTV端末ピクセラSmart Boxにも、もちろんGoogleCast機能が搭載されているのだが、YouTube動画を見るときにしか使ったことがなくて、すっかり忘れていた。

しかも、Google Homeでは、素晴らしいことに、音声で「テレビで(アルバム名)の写真を見せて」と命令するだけで、Googleフォトのアルバムのスライドショーを自動で再生してくれる機能が、すでに実装されているらしい。

実際やってみたら、本当に、自分が作ったアルバムを、アルバムに自分でつけた名前で命令して再生できたし、(アルバム名)の代わりに(日付)や(場所)を使ってスライドショーを表示できる。
スライドショー中に「まえ」「つぎ」「ポーズ」「終了」のような音声コマンドも有効で、なかなか高機能であることが分かった。

スライドショーのトランジッションパターン(写真の切り替わり)や写真の表示時間(5秒ぐらい)は固定で、変更はできないみたいなので、機能面では、DIGAのスライドショー機能や、AndroidTV端末での「Photo Gallery and Screensaver」アプリより劣るが、無料だし、手ぶらで写真を呼び出して見られる手軽さは完全に勝る。

実は、これまで、テレビで旅行などのの写真を見たいという場合、いろんな方法を試してきた。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

AndroidTV端末でGoogleフォトのスライドショーを見たい [AV機器]

AndroidTV端末というと、テレビにつないで使うマルチメディア端末で、現在、ピクセラのSmart Boxという製品を使用中だが、先日、当然できるだろうと思っていたことをやろうとして、それをやる手段が用意されていないことに愕然とした。

我が家では、デジカメやスマホで撮影した写真は、最終的に全てGoogleフォトにアップロードし、同時にAmazonプライムフォトにもバックアップコピーしている。

奥さんから、私が遊びに行った施設の写真を見たいというので、Smart Boxを立ち上げ、当然あるだろうと思ったGoogleフォトアプリを探したのだが、見当たらない。
まあいい、GooglePlayからダウンロードすればいいと思い、検索をかけたら、これも見つからない、ときたもんだ。

どうやら、AndroidTV用には、Googleフォトアプリは用意されていなくて、テレビでGoogleフォト上の写真をスライドショーで見ようと思っても、そうした手段はGoogle側では用意していないということらしいのだ。

Amazon.co.jp ヘルプ: Fire TVのPrime Photosアプリ

Amazon Fire TV Stickには、Amazonプライムフォトを見るアプリはプリインストールされているので、そちらを使えばいいと言われそうだが、Amazonプライムフォトはそれはそれで機能面で不満があり、バックアップ以外には使いたくない。
現状、アルバムはGoogleフォト側のみで作って管理していることもあり、アルバム単位でのスライドショーをしたければ、Googleフォトを使うしかないのだ。

Google Photos App Issues - Sony Android TV (X850C) - Google プロダクト フォーラム

How to browse Google Photos on Shield TV? | nVidia Shield Android TV

みんなどうしているのだろうと思って、ググってみたら、あちこちで同じような質問を見かけるから、けっこう皆さん困っているみたいだ。

BRAVIAには、ソニー独自のアルバムアプリがプリインストールされていて、それでスライドショーはできるらしいが、基本メモリカードの写真を見るための機能で、スライドショーの機能も最低限の機能しかなく、あまり評判もよくない。それよりなにより、Googleフォトの写真を直接再生する機能がないため、今回の目的には使えない。

unnamed.png

Photo Gallery and Screensaver - Android Apps on Google Play

ただ、探すと一応、AndroidTVで動き、Googleフォトの写真をスライドショーで表示したり、スクリーンセーバーで自動表示できる「Photo Gallery and Screensaver」というアプリがあるみたい。これをSmart Boxで試してみた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「LAVIE Tab E TE507/FAW」で電子書籍を読む [電子書籍]

懸案だった256GBのmicroSDXCカードが、内部ストレージとして使えるようになり、ようやく「LAVIE Tab E TE507/FAW」が、電子書籍リーダーとして快適に使える状態になった。

そこで、早速、100GBを上回る、すべての自炊電子書籍と、PDFの規格書などのドキュメント類を放り込んでみた。

microSDXCカードを内部ストレージとしてフォーマットすると、カードを取り外して、パソコンでファイルをコピーすることができないので、「LAVIE Tab E TE507/FAW」をパソコンとUSB接続し、パソコンからファイル転送するしかないのだが、この転送速度があまり速くない。
とりあえず、一晩放置してたら完了したが、今後は、差分をコピーするだけなので、もうちょっと早く済むだろう。

さらに、Kindleストア、楽天Koboストアで購入(あるいは無料で入手)した電子書籍をすべてダウンロードした(これもかなり時間がかかった)が、それでも、まだ内蔵ストレージの半分しか使っていない。

今後、他の電子書籍ストアアプリもインストールして、それらも読めるようにするつもりだが、それはKindleストア、楽天Koboストアに比べて僅かなデータ量なので、大勢に影響はない。

ということで、現状、自分が持っている電子書籍は、すべて「LAVIE Tab E TE507/FAW」に入れて持ち歩ける見通しが立ったと言える。
これは画期的だな。

次に、「LAVIE Tab E TE507/FAW」でのAmazon Kindleアプリでの電子書籍の表示について、「SH-05G」と比べてみよう。

写真 2018-03-25 22 54 24 (1).jpg

活字の本の場合、画面サイズに合わせて文字のリフローが可能なので、画面の余白もなく、文字サイズも可変なので、それほどリーダーとして劣る感じはない。画面の画素密度(dpi)が低いせいで、多少文字が粗くなっているはずだが、読む上で障害になるほどではない。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フットマッサージャー「HM-260」を購入 [ヘルスケア]

奥さんが、ふくらはぎもマッサージできるフットマッサージャーが欲しいということで、結局、価格も手ごろで評価も悪くないオムロンのフットマッサージャー「HM-260」に狙いを決めた。

掘り出し物を探していたら、Amazonマーケットプレイスで、ワインレッド「HM-260-WR」の状態の良い中古で、7,880円と激安なのを発見し、これを購入した。
付属品はすべて揃っていたが、箱や取扱説明書はないということで、値段が安くなっていた。

エアマッサージャ HM-260|マッサージ機器|商品情報 | オムロン ヘルスケア

取扱説明書は、こちらからPDFをダウンロードできる。なお、足裏用アタッチメントの装着場所が分かりにくいので、必ず取扱説明書を読んでセットした方がいい。

20180317_203145118.jpg

付属の収納バッグに入れて保管できるが、折りたたまれていても思ったよりはデカいな。

20180316_195900746.jpg

装着は靴のように履くというよりは、足に巻き付けてマジックテープで止める感じで、簡単。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

要らなくなったスマホで音声翻訳機を作れるか?(2) [スマートフォン]

「Google翻訳」が音声翻訳アプリとして、十分役に立つことは確認できたので、使っていない白ロムスマホを、音声翻訳専用機に仕立て上げることができるか、試してみよう。

61ibZQUW6yL._SL1500_.jpg

ASCII.jp:「iPhone SE」の半分? 極小Androidスマホ「Micro X S240」レビュー&日本語化:週間リスキー (1/6)|週間リスキー

今回、翻訳機として使うスマホは、以前ポータブルオーディオプレーヤーとして使っていたコンパクトスマホ「Micro X S240」にした。
翻訳機として使うなら、軽量コンパクトで、ストラップホールもあり、どこにでも気軽に持ち歩けるのがいいからだ。

写真 2018-03-25 22 47 58.jpg

そこで、ホコリを被っていた「Micro X S240」を日本語環境で初期化して、不要なアプリはすべて削除し、「Google翻訳」アプリのみをインストールしてみた。

SIMカードはささず、Wi-Fiを利用し、自宅のブロードバンドルータ、または、宅外ではモバイルWi-Fiルータを使うことにする。

早速、「Micro X S240」で「Google翻訳」で日本語を英語に軽く翻訳してみたら、翻訳内容はいいのだが、SHV32と違い、やたら時間がかかる。2回目もダメ。
これはリソース不足で駄目かもと思いつつ、繰り返していたら、急に翻訳される速度が速くなり、1秒もかからなくなった。

詳しくは分からないが、最初に翻訳したときに、何か必要なデータが未ダウンロードで、翻訳に時間がかかったのが、それらがすべてダウンロードされて、急激に速くなったのかもしれない。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感