So-net無料ブログ作成

「YotaPhone 2」をようやくMarshmallowに更新完了(2) [スマートフォン]

【Yotaphone2】中国版をAndroid 5.0へアップデートする方法 ? GEEK ? KAZU

さて必要なファイルの準備ができたので、こちらの手順に従い、「yotaphone2_flasher.exe」の格納されたフォルダに「firmware」フォルダを作り、その中に「RU1.1.134」を解凍する。

ところが、手順に従い、「yotaphone2_flasher.exe」を起動し、1[Enter]で「RU1.1.134」を書き込もうとしたらエラーが発生し、書き込みに失敗してしまう。
エラーメッセージによれば、そもそも、読み込もうとするファイル名が違うらしく、「RU1.1.134」のファイル構成を確認すると、これは、「RU1.1.124」からの差分ファイルのようだ。
ということは、まず「RU1.1.124」を焼いてから、「RU1.1.134」にアップグレードする必要があるらしい。

そこで、「firmware」フォルダ内に「RU1.1.124」の方を解凍し、再び「yotaphone2_flasher.exe」を実行したところ、今度はエラーが出ず「YotaPhone 2」にデータを転送し始めた。
なお、転送完了には10分ほどかかる上に、その間、PC側のCPUリソースを食うらしく、他の処理がかなり遅くなる。

転送が終わると、「yotaphone2_flasher.exe」に、ユーザデータを書き込むか?[Y/N]のようなメッセージが表示されるので、Y[Enter]を選ぶと、「YotaPhone 2」に再起動が掛かり、ファームを焼き始める。

この処理にも10分ぐらい掛かり、更新が完了すると言語設定画面が、ロシア語がデフォルト状態で表示されるため、ここで日本語を選択し、Wi-Fiのみの設定を行って、トップ画面へ。
トップ画面が表示されたら、ファームウェアのバージョンがAndroid 5.0に、モデルがYD201に変わっていることを確認し、YD201への変更は完了。

ここから、設定-端末の状態-Software Updatesから、ファーム更新を指示すると、「RU1.1.134」が見つかるので、ダウンロードすると、ダウンロード完了後、インストールできるようになり、インストールを指示すると、10分ほどで「RU1.1.134」に更新される。

Screenshot_20170829-230736.png

そして、「RU1.1.134」の起動後、再びファーム更新を指示すると、Android 6.0.1(Marshmallow)「RUI1.1.47」が見つかり、ダウンロードが始まる。ダウンロード時間を除き、30分ほどでAndroid 6.0.1(Marshmallow)に生まれ変わった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「YotaPhone 2」をようやくMarshmallowに更新(1) [スマートフォン]

img_02_en.png

「YotaPhone 2」にAndroid 6.0.1(Marshmallow)が公式リリース:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

「YotaPhone 2(YD201)」のAndroid 6.0.1(Marshmallow)がリリースされたことを既に書いたが、「YotaPhone 2(YD206)」から更新しようと思ったら、簡単にはできなくなっていて困った。

Android 6.0にアップグレードするには、まずはファームが「YotaPhone 2(YD201)」のAndroid 5.0公式リリース(RU1.1.134)である必要があり、この状態でしかOTAで更新できない。

【Yotaphone2】中国版をAndroid 5.0へアップデートする方法 ? GEEK ? KAZU

我が家の「YotaPhone 2」は、安かったYD206で、これを上記サイトの情報に基づき無理やりAndroid 5.0にアップグレードしたのだが、これは、YD201の公式ファームから、モデムファームを、ドコモが使っているLTEバンド1をサポートするYD206のものに差し替えたもので、それではOTAでエラーとなり、Marshmallowには更新できないらしい。

「YotaPhone 2」を Android 6.0 Marshmallow に対応させる方法!と簡易レビュー: ガジェットレビュー

LTEバンド1をサポートしながらAndroid 6.0にアップグレードすることは、上記サイトの手順をたどればいいらしいのだが、結構面倒だ。
そもそも私の場合、「YotaPhone 2」をSIMカードをささずにWi-Fiのみで使っているため、LTEバンド1が使えることは必須ではない。
そこで、これを機に、YD201のAndroid 5.0公式ファームに変更してしまい、Android 6.0.1にアップグレードしてしまうことにした。

ところが、ここで困ったことに。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

NTTドコモ「フォトパネル 06」を購入しようかな [AV機器]

88d11cc17fab327b4a7a8ac9d719c9ea.jpg

フォトパネル 06 | 製品 | NTTドコモ

NTTドコモ「フォトパネル 06」は、もはや「フォトフレーム」と呼ぶよりは「DLNA機能付きのポータブルテレビ」と呼んだ方が正しいと書いたが、そういう商品だとして見ると、もちろん弱点や危惧される点はいくつもある。

・地デジテレビとしては、解像度が低い。ただ、9inchという小さなサイズを考えればあまり気にはならないだろう。

・外部アンテナ端子は、ミニジャックのようなので、家のアンテナに繋ぐには、F型コネクタへの変換ケーブルが必要だ。ただ、室内専用で使う場合、家のアンテナに繋げば感度は万全なので、是非とも入手したところ。

・動画に関しては、いわゆるネットに落ちている種類の動画から、スマホで撮影した動画まで、大抵再生できそうだが、フルHD動画の再生ができるかどうかは具体的記述がない。たぶん大丈夫だと思うのだが。

・音楽は、HE-AAC(.m4a)に対応するそうだから、radikoの録音も再生できるはずだし、今時MIDIまで再生できるのはちょっと驚きだが、一方、FLACやハイレゾ音源には対応しないようだ。ただ、そもそもストレージが32GBのmicroSDHCカードまでしか対応しないので、対応してもあまり意味がないだろう。

・また、一応ステレオではあるが、スピーカーは本体裏にあり小さいので、音質はあまり期待できなさそうだ。

・画像も、RAW形式には対応しないが、それ以外では困ることはなさそう。GIF対応とあるが、アニメーションGIFとかも表示できるのだろうか。

・こうした汎用OSでないDLNAクライアントの場合、ネットワーク上で参照できるコンテンツ数に制限が厳しいケースがあり、どの程度のコンテンツ数を扱えるのかは不安がある。

・YouTube専用ブラウザについては、今でも使えるのかやや不安。AV機器のYouTube対応については、YouTube側の仕様変更で古い機種については動かなくなっている製品が多いからだ。

・フォトフレームとしては、メールで写真を送り込む機能は、サービス終了で使えなくなくなっているが、個人的には全く使う予定がないので、どうでもいい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

家庭用レーザー加工機「Cubiio」 [工具]

57fed998eec90a4cbee644a42c27af3f_original.png

家庭用レーザー加工機「Cubiio」が登場 デザインデータをもとに精密なカットや刻印が可能 - ねとらぼ

クラウドファンディングサイト「kickstarter」で、家庭用レーザー加工機「Cubiio」が人気を集め、あっという間に製品化が決定したそうだ。

レーザー加工機というと、デカい筐体の箱の中でモーションアームがレーザー光源を動かして加工を行うような業務用装置しか思い浮かばなかったのだが、今回発表された「Cubiio」は、驚きの一辺50mmの小さな立方体だ。

加工する形状は、パソコンやスマホアプリで作成し、microSDカードに書き込んで「Cubiio」に挿すと、それを読み込んでレーザーを照射するという。

紙や板を切り抜いたり、木工品に名前を刻んだりとさまざまな使い方ができ、海苔に穴を開けて模様を刻んだり、パンケーキに焼き印を入れたりと、料理への応用も可能とのこと。

Cubiio: The Most Compact Laser Engraver by Muherz ? Kickstarter

「kickstarter」での説明によれば、木材なら1.5mm以下、紙は0.9mm以下、ダンボール1.8mm以下、フェルト2.0mm以下、皮革0.7mm以下なら切断可能とのことで、結構使い道がありそう。
残念ながら、金属にはつかえないが、レーザーだからな。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ハイパーループ」がいよいよ実証試験段階へ [乗り物]

「ハイパーループ」はいつ実現されるのか?:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

「テスラモーターズ」や民間宇宙ロケットサービスの「スペースX」を創業したイーロン・マスクが構想を発表し、傘下のベンチャー企業で実現に向けて動いている「ハイパーループ」について、以前にも書いたことがあったが、かなりの進展があったようだ。

「ハイパーループ」とは、減圧されたチューブ内を高速で列車を走らせる交通システムで、新幹線やリニア新幹線に比べ、大幅に建築コストを下げられるという触れ込みでスタートしたが、空気浮上、空気推進という最初のアイデアはうまくいかず、結局、減圧したトンネルの中を走るリニア新幹線みたいなものに着地しつつあるが、その場合当初のコスト見込みがどう変わったかについては、イーロン・マスクは未だ明らかにしていない。

一方実証実験という意味では、前回の記事時点よりは大きな進展があった。

米国内での建設計画については、完全に停滞した感はあるが、ドバイで建設する計画でうまくオイルマネーの資金を引き出し、より本格的な試験車両(ポッド)を作り、実証実験を進めているようだ。
確かに中東なら、砂漠の中、まっすぐな路線が引けるから、「ハイパーループ」には合ってはいそうだ。

fav-pod.jpg

Hyperloop One、フルスケールのテストコースで初走行に成功。ただし速度は100km/hちょい - Engadget 日本版

5月には、ネバダに建設されているテストコースで実物大のポッドを公開したが、その際の最高速度は、111km/hにとどまった。

Hyperloop Oneの実物大ポッド、で時速310kmで走行――ネバダのテストコースで記録更新 | TechCrunch Japan

しかし、7月29日にフルスケールのポッドの走行テストを行った際は、これまでで最高の310km/hを達成したという。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感